立憲 民主党 党首。 2020年社会民主党党首選挙

立憲、特措法審議に協力 安倍政権、13日成立目指す―与野党が党首会談・新型肺炎:時事ドットコム

立憲 民主党 党首

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開かれた与野党党首会談。 中央は安倍晋三首相、右は公明党の山口那津男代表、左は立憲民主党の枝野幸男代表=4日午後、国会内 首相は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、野党5党の党首らと国会内で個別に会談した。 首相は「緊急事態宣言」を可能にする新型インフルエンザ対策特別措置法改正に向けて協力を要請。 主要野党は改正不要との立場をそろって表明した。 ただ、立憲民主党の代表は改正案審議には最大限協力する考えを示した。 会談を踏まえ、政府は10日に改正案を閣議決定し、国会に提出。 与党は12日に衆院を通過させ、13日に参院で可決、成立させたい考えだ。 首相は会談後、首相官邸で記者団に「大変建設的な意見もいただいた。 国家的な危機にあっては与党も野党もない」と強調。 野党の協力に期待を示し、「一日も早い(改正案)成立を目指していきたい」と訴えた。 枝野氏は会談で、特措法は今回の新型ウイルスにそのまま適用できるとの野党側の解釈を説明しつつ「審議を急いでやることには協力する」と表明。 協力の条件として安易な緊急事態宣言は避け、国会で質疑時間を十分確保するよう要求した。 首相は、宣言を出す場合は地域や期間を絞り込み、事前に相談する考えを示したという。 与野党党首会談後、取材に応じる安倍晋三首相(左端)=4日午後、首相官邸 国民民主党の代表は「感染の終息に向けて全面的に協力する」との基本姿勢を示しながらも、特措法を現行のまま適用するよう主張。 「改正するにしてもこのままでは問題だ」と述べ、緊急事態宣言を出す場合の事前・事後の国会報告を担保することなどを求めた。 共産党の委員長は「法改正は断念すべきだ」と要求。 社民党の党首も同様の考えを示した。 一方、日本維新の会の共同代表は改正案に賛成する意向を伝えた。 会談には公明党の代表と各党の幹事長・書記局長が同席した。 改正案は特措法の適用対象に「新型コロナウイルス感染症」を追加。 最大2年間の時限措置とする。 首相が期間・区域を定めて緊急事態を宣言すれば、都道府県知事による外出自粛の要請、施設使用停止やイベント中止の指示などが可能となる。 与野党党首会談は熊本地震への対応を協議した2016年4月以来。

次の

立憲民主党と衆・参両院で統一会派結成に合意

立憲 民主党 党首

わたしたちが目指すのは、日本に真の意味での草の根民主主義をつくりだすこと。 そして現場の切実な声に根ざした政治を実現すること。 色々な困難を抱える人たち。 様々な課題に果敢に挑戦する人たち。 現在の政治に失望している人たち。 それでもなんとか政治を変えたいと願う人たち。 この日本社会に生きる多様な人たちとつながり、ボトムアップで新たな未来のビジョンを描きたい。 立憲民主党はまだまだ小さな政党です。 この政党をつくるのは、わたしたち政治家であるとともに、 ほかでもない、国民のみなさん一人ひとりです。 本当の変化は、必ず小さな声から始まります。 新たな時代の日本の民主主義をつくるのは誰か? わたしであり、あなたです。 立憲民主党の挑戦は、あなたなしには成し遂げることはできません。 さあ、ともに新たな挑戦を始めましょう。 わたしたちには、あなたの力が必要です。 立憲民主党 代表 枝野幸男.

次の

2020年社会民主党党首選挙

立憲 民主党 党首

概要 [ ] 任期は、1999年までは1年、2000年から2011年までは2年 、2012年以降は3年 である(党規約11条3項 )。 前任者が任期途中で辞任した場合、新たに選出された代表の任期は、2011年までは前任者の残任期間 、2012年以降は就任翌々年の9月まで (ただし、2016年以降は、が投票に参加しなければ就任翌年の9月まで。 党規約11条5項・7項 )となる。 代表の再選回数に制限はない(党規約11条3項 )。 任期満了に伴う代表選挙は、9月に行うことが通例であり、(2012年以降は国政選挙の公認候補予定者も常に含む )、党籍を有する地方自治体議員、党員およびサポーターの投票で選出する(党規約11条4項 )。 前任者が任期途中で辞任した場合は、任期満了の場合に準ずる党員参加型投票(2012年から2014年まで一時廃止 )での選出のほか、(2012年以降。 国会議員、公認候補予定者、県連代議員による投票 )、(国会議員のみによる投票)での選出が可能である(党規約11条5項・6項 )。 選出方法については「」を参照 党大会で代議員の半数以上の同意があれば、代表は解任される(代表解任の規定は2016年新設。 2018年までは代表解任には党大会による発議と党員参加型投票による可決が必要であった )。 解任された代表は解任後の代表選挙に再出馬でき、再選されれば残任期間中再度解任されない(党規約11条11項 )。 代表が欠け、または事故ある場合には代表が予め定めた代行者(承認ポスト)が職務を代行する。 ただし、残任期間が3ヶ月未満の場合には代表代行(両院議員総会承認ポスト)が職務を代行する(党規約11条12項 )。 なお、国民民主党結党時の経過措置として共同代表制が採用され、任期は2018年9月までとされた(党規約附則2条 )。 代表の一覧 [ ]• は任期中首相に就任した者。 は民主党が政権獲得した時点での代表。 は民主党が政権を失った時点での代表。 代表選の欄、議 は国会議員による投票、地 は国会議員と地方支部代表による投票、般 は国会議員と地方議員と党員・サポーターによる投票、無 は無投票。 国会議員には公認候補予定者を含むケースあり。 決選があった場合は、上が初回投票、下が決選投票の方式。 旧民主党代表 1996-1998 [ ] 代 代表 代 表 選 就任日 退任日 備考 期 1 無 共同代表制(菅が政務担当代表、鳩山が党務担当代表)。 を指揮。 1 2 菅直人 無 1997年9月16日 鳩山が新設の幹事長に就任。 2 民主党代表 1998-2016 [ ] 代 代表 代 表 選 就任日 退任日 備考 期 1 菅直人 無 1998年4月27日 を指揮し、自民党参議院過半数割れでを退陣に追い込む。 参院でされる。 1 地 1999年1月18日 1999年 を指揮。 代表選で鳩山に敗れ退任。 2 2 鳩山由紀夫 地 地 1999年9月25日 を指揮し議席を伸ばす。 3 無 2000年9月9日 を指揮し議席を伸ばす。 4 般 地 2002年9月23日 2002年 代表選後の幹事長人事やとの合併構想()の表明により党内の求心力を失ったため、再選直後の辞任。 5 3 菅直人 議 2002年12月10日 を指揮。 自由党を吸収する形で民由合併。 では選挙を打ち出し躍進。 自身のによる責任を取り辞任。 4 無 2004年5月18日 2004年 として初の代表。 就任直後ので議席大幅増。 無 2004年9月13日 に伴うで敗北し、責任を取り辞任。 6 5 議 2005年9月17日 七奉行として2人目の代表。 による党内混乱の責任を取って辞任。 6 2006年4月7日 2006年 他党()党首の経験者として初の代表。 無 2006年9月12日 、を指揮し後者で大勝、後の政権交代の布石となる。 7 無 2008年9月21日 自身の献金問題のけじめのためと、次期総選挙に向けて挙党一致をより強固にするためとして辞任。 8 7 鳩山由紀夫 2009年5月16日 小沢前代表を選挙担当の代表代行とし、で圧勝し、民主党代表として初のとなる。 選挙後小沢代行を幹事長に転任させる。 をめぐる党内外の求心力の低下や自身の「政治とカネ」問題のけじめのため小沢幹事長と共に辞任。 8 菅直人 2010年6月4日 2010年 を指揮し敗北。 2010年9月14日 直後のを指揮。 に同調する構えの党内反主流派に退陣の言質を与え可決回避。 震災復興との収束が一区切りとして辞任。 9 9 2011年 七奉行として3人目の代表、初の首相。 2012年9月21日 2012年 に伴うで敗北し、責任を取り辞任。 10 10 2012年12月25日 非七奉行・非トロイカとして初の代表。 他党()党首の経験者として2人目の代表。 、を指揮し後者で議席を伸ばす。 しかし自身が、議席を失ったため辞任。 11 岡田克也 2015年1月18日 海江田前代表の辞任後、暫定代表を務め、首相指名選挙では代表代行として投票された。 その後の代表選に出馬し当選。 民主党(旧民主党含む)創設者以外の代表再登板は初めて。 結党により民主党としては最後の代表となった。 11 民進党代表 2016-2018 [ ] 代 代表 代 表 選 就任日 退任日 備考 期 1 岡田克也 無 2016年3月27日 民主党代表から留任。 直後に任期満了に伴う党代表選挙への不出馬を表明。 任期満了で退任する代表としては初。 1 2 2016年9月15日 旧民主党を含め初の参議院議員、女性代表。 野党第1党の党首に女性が就任するのは以来30年ぶり。 での敗北やそれに伴う野田幹事長の辞任により、求心力を回復できず辞任。 2 3 前原誠司 2017年9月1日 2017年 でへの合流を決断するが、への党分裂を招き敗北。 党内の求心力を失ったため、責任を取り辞任。 代表在職日数は旧民主党時代から数えて歴代最短。 4 2017年10月31日 2018年 参議院議員。 結党により民進党としては最後の代表となった。 国民民主党代表 2018- [ ] 代 代表 代 表 選 就任日 退任日 備考 期 1 大塚耕平 無 2018年 共同代表制。 大塚は民進党代表から留任、玉木は他党(希望の党)党首の経験者として3人目の代表。 また、届出上の代表は、大塚のみ。 1 2 玉木雄一郎 2018年9月4日 2• 代表代行、副代表 [ ] 代表代行は、代表を補佐し、その指示に基づき代表の職務の一部を代行して党務を遂行する(党規約12条2項 )。 副代表は、代表を補佐し、その指示またはの要請に基づき党務を遂行する(党規約13条2項 )。 いずれも設置は任意で複数名を置くこともでき(党規約12条1項、13条1項 )、党大会または両院議員総会の承認を得て代表が選任する(党規約12条3項、13条3項 )。 また、いずれも総務会において常任メンバーとなるが(党規約9条6項 )、代表代行は執行役員会においても常任メンバーとなる(党規約10条2項 )。 時代、代表代行は、党大会または両院議員総会の承認を得て代表が選任した副代表の中から代表が指名し、代表の要請に基づき、その職務を代行または補佐するものとされていた(民主党規約12条4項 )。 結党後、代表代行と副代表が規約上分離して規定され、いずれも選任に党大会または両院議員総会の承認が必要となったほか(民進党規約13条3項、14条3項 )、職務遂行は代表の指示(副代表については幹事長の要請も含む)に依拠することが明記された(民進党規約13条2項、14条2項 )。 結党後、代表が欠け、または事故ある場合の代表の職務代行は、原則として総務会の承認を得て代表が予め定めた代行者が担当し、残任期間が3ヶ月未満の場合には代表代行が担当するものとされた(国民民主党規約11条12項 )。 代表代行・副代表の一覧 [ ] 就任時期 代表代行 副代表 備考 時代 1996-1998 菅直人、鳩山由紀夫共同代表時代 1996-1997 1996年9月 (空席) 菅直人代表時代 1997-1998 1997年9月 (空席) 鳩山邦夫 横路孝弘 岡崎トミ子 時代 1998-2016 菅直人代表時代 1998-1999 1998年4月 鳩山邦夫 1999年1月 (空席) 畑英次郎 鳩山由紀夫代表時代 1999-2002 1999年10月 (空席) 中野寛成 横路孝弘 広中和歌子 2000年9月 石井一 鹿野道彦 中野寛成 広中和歌子 横路孝弘 2001年9月 石井一 岩國哲人 鹿野道彦 中野寛成 横路孝弘 2002年10月 石井一 伊藤英成 広中和歌子 菅直人代表時代 2002-2004 2002年12月 (空席) 石井一 伊藤英成 岩國哲人 横路孝弘 2003年12月 石井一 円より子 横路孝弘 岡田克也代表時代 2004-2005 2004年5月 (空席) 中井洽 円より子 江田五月 2004年9月 石井一 中井洽 岡崎トミ子 前原誠司代表時代 2005-2006 2005年9月 (空席) 広中和歌子 小沢一郎代表時代 2006-2009 2006年4月 広中和歌子 山岡賢次 高木義明 赤松広隆 2006年9月 赤松広隆 円より子 2007年8月 菅直人 岡田克也 川端達夫 石井一 高木義明 北澤俊美 円より子 鳩山由紀夫代表時代 2009-2010 2009年5月 小沢一郎 菅直人 輿石東 前原誠司 川端達夫 石井一 高木義明 北澤俊美 円より子 2009年9月 (空席) (空席) 菅直人代表時代 2010-2011 2010年6月 (空席) 石井一 山岡賢次 2011年1月 石井一 山岡賢次 岡崎トミ子 野田佳彦代表時代 2011-2012 2011年9月 (空席) 北澤俊美 直嶋正行 岡崎トミ子 2012年1月 北澤俊美 直嶋正行 山岡賢次 田中慶秋 2012年8月 石井一 北澤俊美 直嶋正行 田中慶秋 2012年10月 石井一 鹿野道彦 川端達夫 赤松広隆 北澤俊美 直嶋正行 仙谷由人 海江田万里代表時代 2012-2015 2012年12月 石井一 岡崎トミ子 北澤俊美 直嶋正行 2013年7月 (空席) 北澤俊美 直嶋正行 増子輝彦 2013年9月 高木義明 北澤俊美 増子輝彦 2014年5月 北澤俊美 前田武志 田中直紀 原口一博 神本美恵子 川端達夫 2014年9月 高木義明 岡田克也 北澤俊美 前田武志 田中直紀 原口一博 神本美恵子 岡田克也代表時代 2015-2016 2015年1月 北澤俊美 田中直紀 原口一博 神本美恵子 2015年12月 大畠章宏 北澤俊美 原口一博 神本美恵子 時代 2016-2018 岡田克也代表時代 2016 2016年3月 長妻昭 蓮舫 大畠章宏 高木義明 神本美恵子 蓮舫代表時代 2016-2017 2016年9月 江田憲司 神本美恵子 前原誠司代表時代 2017 2017年9月 近藤昭一 原口一博 神本美恵子 大塚耕平代表時代 2017-2018 2017年11月 (空席) 原口一博 小林正夫 時代 2018- 大塚耕平・玉木雄一郎共同代表時代 2018 2018年5月 原口一博 渡辺周 小林正夫 玉木雄一郎代表時代 2018- 2018年9月 渡辺周 註:• プレスリリース , 民主党, 1999年7月21日 ,• プレスリリース , 民主党, 2014年9月16日 ,• プレスリリース , 民主党, 2009年5月11日 , 2009年8月12日閲覧。 日本経済新聞 2017年10月23日• スポニチアネックス 2017年10月30日• プレスリリース , 民主党, 1998年4月7日 ,• プレスリリース , 民主党, 1999年10月1日 ,• プレスリリース , 民主党, 2000年9月9日 ,• (2000年9月9日閲覧)• プレスリリース , 民主党, 2001年9月8日 ,• プレスリリース , 民主党, 2002年10月1日 ,• プレスリリース , 民主党, 2002年12月13日 ,• プレスリリース , 民主党, 2003年12月11日 ,• プレスリリース , 民主党, 2004年5月20日 ,• プレスリリース , 民主党, 2004年9月11日 ,• プレスリリース , 民主党国民運動委員会, 2005年9月20日 ,• プレスリリース , 民主党, 2006年4月11日 ,• プレスリリース , 民主党, 2006年9月26日 ,• プレスリリース , 民主党, 2007年8月31日 ,• プレスリリース , 民主党, 2009年5月17日 ,• プレスリリース , 民主党, 2009年5月19日 ,• プレスリリース , 民主党, 2009年9月18日 ,• プレスリリース , 民主党, 2010年6月8日 ,• プレスリリース , 民主党, 2011年1月14日 ,• プレスリリース , 民主党, 2011年9月5日 ,• プレスリリース , 民主党, 2012年7月9日 ,• プレスリリース , 民主党, 2012年1月24日 ,• プレスリリース , 民主党, 2012年8月8日 ,• - (、2012年12月19日)• プレスリリース , 民主党, 2013年7月26日 ,• プレスリリース , 民主党, 2014年4月22日 ,• プレスリリース , 民主党, 2014年9月16日 ,• プレスリリース , 民主党, 2016年2月16日 ,• 日本経済新聞. 共同通信. 2015年12月14日. プレスリリース , 民進党, 2016年3月30日 ,• プレスリリース , 民進党, 2017年4月17日 ,• プレスリリース , 民進党, 2016年9月26日 ,• PDF プレスリリース , 民進党, 2017年9月19日 ,• プレスリリース , 民進党, 2017年11月8日 ,• プレスリリース , 国民民主党, 2018年5月8日 ,• プレスリリース , 国民民主党, 2018年9月11日 , 関連項目 [ ]•

次の