ニンテンドー スイッチ セーブ データ。 任天堂スイッチ引っ越し手順!ユーザーとセーブデータに注意

[Switch]ニンテンドースイッチ セーブデータバックアップ&リストアができるソフト(Checkpoint)の使用法設定

ニンテンドー スイッチ セーブ データ

目次 閉じる 開く• 2台目本体の購入後にやること まずは、家族で1台のSwitch本体を使っていたけれど、自分専用のSwitch本体を新たに購入した場合などに必要な設定や注意点などをご紹介。 ただし、複数の本体でダウンロードソフトを同時に遊ぶことはできないので、注意が必要だ。 続いて、ニンテンドーアカウントの連携の手順について。 もし、セーブデータを使用しない場合は、これで完了となる。 ここでは、ひとつの本体をAとBのふたりのユーザーで使用していて、Aが新しい本体を購入したという状況を例に解説していく。 もともと使用していた本体• Aが購入したダウンロードソフトをAとBの両方がいつでもプレイ可能• Bが購入したダウンロードソフトをAとBの両方がいつでもプレイ可能• 新しい本体• もともと使用していた本体• AはAが購入したダウンロードソフトを インターネット接続時のみプレイ可能• AはBが購入したダウンロードソフトをいつでもプレイ可能• BはBが購入したダウンロードソフトをいつでもプレイ可能• BはAが購入したダウンロードソフトをプレイできない(過去に購入していたものも含めて)• 新しい本体• (3)購入済みダウンロードソフトを再ダウンロードする ニンテンドーアカウントで購入したダウンロードソフトを、新しい本体のニンテンドーeショップで再ダウンロードする。 購入済みダウンロードソフトや追加コンテンツの再ダウンロード方法は。 基本的な作業はこれで終了。 もともと使用していた本体のセーブデータで遊ぶ場合は、セーブデータの引っ越しを行おう。 ただし、セーブデータがユーザーごとに保存されない(ソフト起動時にユーザーを選択しない)ソフトは、セーブデータを引っ越しすることができない(例:『』など)ので注意。 また、セーブデータの引っ越しを行うには、以下の条件を満たす必要があるので、忘れずに確認しておこう。 セーブデータを引っ越しさせたいユーザーに、同じニンテンドーアカウントが連携されていること• 本体のシステムバージョンが最新であること• なお、セーブデータはプレイした本体に保存されるため、複数の本体を使用してつねに最新のセーブデータで遊びたい場合は、前回プレイした本体から毎回セーブデータの引っ越しを行わなければならないことを忘れずに。 そのほか、スマートフォンアプリ『 Nintendo みまもり Switch』でみまもる本体を追加する場合は、。 新しい本体だけを使用する(ほかのユーザーがもとの本体を使用する)場合 続いて、新しい本体だけを使用する(ほかのユーザーがもとの本体を使用する)場合の手順をご紹介。 新しい本体だけを使用する場合は、もともと使用していた本体の自分のユーザーやセーブデータを新しい本体に引っ越し(移動)させた後、これまで使っていたニンテンドーアカウントで購入したダウンロードソフトを再ダウンロードすればオーケー。 (1)ユーザーとセーブデータを引っ越しする 引っ越し方法は、新しい本体(引っ越し先の本体)の初回設定が終わっているかどうかで異なり、 、 のページをチェック。 パッケージ版ソフトのみ遊ぶ人は、これで移行作業は完了。 (2)購入済みダウンロードソフトを再ダウンロードする ニンテンドーアカウントで購入したダウンロードソフトを、新しい本体のニンテンドーeショップで再ダウンロードする。 購入済みダウンロードソフトや追加コンテンツの再ダウンロード方法は。 なお、ソフトを購入したユーザーが引っ越しすると、HOMEメニューにソフトアイコンが残っていても、引っ越し前の本体では、そのソフトをほかのユーザーが遊ぶことはできない(追加コンテンツも同様)。 以下にAとBのふたりが使っていた本体から、Aが新しい本体に引っ越しを行った後のソフトがどうなるのかを記載しているので、参考にしてほしい。 もともと使用していた本体(Aが新しい本体に引っ越しをしたので、こちらにはBのアカウントだけが残っている)• BはBが購入したダウンロードソフトをいつでも遊べる• BはAが購入したダウンロードソフトは遊べない(過去に購入していたものも含めて)• 新しい本体(新しい本体にデータを引っ越したのはAのみなので、こちらにはAのアカウントだけが登録されている)• AはAが購入したダウンロードソフトをいつでも遊べる• AはBが購入したダウンロードソフトを遊べない(過去に購入していたものも含めて) 以上が2台目のSwitch本体を購入したときのデータやアカウントの移行の手順となっている。

次の

ニンテンドースイッチ:「セーブデータお預かり」の使い方

ニンテンドー スイッチ セーブ データ

任天堂switchのセーブデータについて 家族で一台のswitchを使用しています。 同じswitch本体の別のユーザー間でセーブデータは移行出来ないのでしょうか? ユーザーが太郎と花子の2つ作成してあるとします。 花子さんは間違って「ユーザー:太郎」でスーパーマリオオデッセイを始めてしまいましたが、太郎さんはオデッセイをプレイする予定が無かったので、花子さんはそのまま「ユーザー:太郎」でプレイし続けました。 ところが太郎さんも「ユーザー:太郎」で新しくプレイし始めてしまいました。 つまり「ユーザー:太郎」の中に、太郎さんと花子さん、2人それぞれのセーブデータがある状態です。 「ユーザー:太郎」にある花子さんのセーブデータを「ユーザー:花子」に移動したいのですがどうすればいいでしょうか? 今のままだと前回プレイしたセーブデータから自動的に始まってしまうので、太郎さんと花子さんが交互にプレイする場合はゲーム開始後にセーブデータをロードし直さないといけないのと、「ユーザー:太郎」はアカウント連携していないので色々使えない機能があって不便です。 「ユーザー:花子」は連携済み 説明が長くなってしまいましたが、ご回答いただけると幸いです。 これはSwitchに限らずアカウントで管理されているゲーム機全てにおいて ユーザーAのデータをユーザーBのアカウントに移すという事は 不可能になっています。 ですからもしもデータの移動が出来たとしても そのセーブデータを使って遊ぶことがそもそも出来ません。 ユーザーAのデータはユーザーAのアカウントでしか使えない・・・という システムになっているので。 ですから花子さんか太郎さんどちらかが自分のデータを諦めるしかないです。 状況的に言うなら間違えたのは花子さんですから、 花子さんは自分のアカウントで最初からやりなおすしか無いかと。

次の

スイッチライトでソフトとセーブデータの共有はできるのかまとめ!

ニンテンドー スイッチ セーブ データ

(すべての項目) その他• 「」の登録• 引っ越し先の本体のmicroSDカードにも同じフォルダにコピーしてください• 引っ越しするユーザー(に連携しているニンテンドーアカウント)が購入したダウンロードソフトや追加コンテンツは、HOMEメニューにソフトアイコンが残っていても、引っ越し元の本体では遊べなくなります。 ダウンロードソフトや追加コンテンツを、2台目の本体でも遊べるユーザーの情報はをご覧ください。 引っ越し元の本体に残っている別のユーザー(に連携しているニンテンドーアカウント)が購入したダウンロードソフトや追加コンテンツは、引っ越し先で遊べなくなります。 ダウンロードソフトや追加コンテンツは引っ越しされません。 引っ越しするユーザー(に連携しているニンテンドーアカウント)が購入したダウンロードソフトや追加コンテンツは、引っ越し先の本体でニンテンドーeショップから再ダウンロードできます(無料)。 ソフトの更新データは引っ越しされません。 引っ越し先の本体でダウンロードしてください。 Wii Uの引っ越しとは異なり、複数のユーザーを一度に引っ越しさせることはできません。 ニンテンドー3DSシリーズの引っ越しとは異なり、元の本体で使用していたmicroSDカードを、引っ越し後に引っ越し先の本体に差し込んでも、ソフトを遊ぶことはできません。 Wii Uやニンテンドー3DSシリーズから引っ越しすることはできません。 別の本体に セーブデータだけを引っ越し(移動)します。 複数の本体をお持ちの場合に、前回プレイした本体からセーブデータの引っ越しをすると、最新のセーブデータで遊ぶことができます。 ご注意ください。 複数の本体を使用して常に最新のセーブデータで遊びたい場合は、前回プレイした本体から毎回セーブデータの引っ越しをしてください。

次の