ガラス の 仮面 白目。 『ガラスの仮面』50巻はいつ?紅天女はマヤか亜弓か?大胆予想!

『ガラスの仮面』50巻はいつ?紅天女はマヤか亜弓か?大胆予想!

ガラス の 仮面 白目

その連載40周年を記念した「ガラスの仮面展」が8月23日より東京・銀座で開催中(9月4日まで)だが、そのオープニングセレモニーに美内氏が出席し、作品の秘話などをトークしていたという。 「美内氏は作品の主人公・北島マヤのモデルが、幼少の頃に観たという映画『王将』で描かれた棋士・坂田三吉と明かしていました。 普段はダメダメだけどひとつのことに突出した才能を見せる姿に感銘を受けたのだとか。 さらに、美内氏は『ガラスの仮面』の最終回についても言及し、『ラストは20年以上前から、最終ページの構図まで決まっています。 なぜそこまで行き着かないの? というのが問題で』と苦笑いしながら語っていました。 展示会・会場内のVTRでも『決してラストを諦めたわけではありません。 私も元気で頑張って描きます。 良い結末になると思います』とコメントするなど、まだ描き続ける意欲はあるみたいです」(ワイドショー関係者) 1976年から連載は開始され、40年以上にも渡って壮大なストーリーを展開してきた『ガラスの仮面』。 最終回まで描ききるという美内氏のコメントに、ファンも大喜び!……と思いきや、ネット上では怒りの声が散見されるようだ。 「長期休載も多く、40年以上も連載してきて発行された単行本はわずか49冊。 ネット上では『ラストまで読めずにすでに亡くなったファンがいることを考えていないのかな』といった声や、『高校生だった母は50歳を超え、小学生だった私も20歳を超えました』『ついてきてほしいなら描いてくれ』といった、呆れと切望が入り混じった声が多く出ているようです」(サブカル誌ライター) 物語がなかなか進まないうえに、体調を慮ってのこととはいえ、最後に単行本が発行されたのは2012年10月と、もう5年も前のこととなる。 美内も今年で66歳となっただけに、「イベントを開催したり、それにコメントする暇があるのなら、執筆に集中してなんとか物語を完結させてほしい」というところがファンの本音といえそう。

次の

そごう神戸店で「ガラスの仮面展」 白目クリアファイルなどのグッズも

ガラス の 仮面 白目

[広告] 同作は、幻の名作「紅天女(くれないてんにょ)」の主役をめぐり、天才少女・北島マヤと宿命のライバル・姫川亜弓が競い合うというストーリー。 マヤを陰から支える「紫のバラの人」速水真澄や「マヤの師」月影千草など登場するキャラクターも作品の大きな魅力となり、単行本49巻までの累計発行部数は5000万部を超えている。 モノクロ原稿、カラー原画を中心に掲載誌、書籍など300点以上を展示する同展。 同作の代名詞ともいえる「白目」、演技の一瞬一瞬のポーズを表現した「コマ送り」、マヤが台本を覚えている時に発する「ブツブツ」など、おなじみのシーンを集めたコーナーのほか、同作の連載が始まった「花とゆめ」1976年新年号、美内さんが小学生から中学生のころに漫画を描いていたノート、最近のアイデアノートなどを紹介。 美内さんのデビュー50周年を記念して、デビュー作「山の月と子だぬきと」をはじめとするこれまでの作品を振り返るコーナーも展開する。 会場外のグッズコーナーでは、「ガラスの仮面」連載第1回とデビュー作「山の月と子だぬきと」を収録した別冊付きの「連載40周年記念 ガラスの仮面展 公式ビジュアルブック」(2,500円)をはじめ、紙を入れると白目になる「A4白目クリアファイル(全3種)」(324円)、マヤが「夜叉(やしゃ)姫物語」でトキになりきって食べた泥まんじゅう風のクランチチョコ「泥まんじゅうクランチチョコ」(648円)、同展限定「缶バッジ2個セット入りカプセルガチャ」(400円)などを用意。 3種の顔出し看板フォトスポットも設ける。 会場を訪れた美内さんは「せっかく展覧会を開催するのであれば、単に絵を並べるだけでなく何度でも訪れたくなるような楽しい空間にしたかった。 これまでの展覧会ではリピーターも多かったと聞いている。 皆さんに楽しんで帰っていただけるとうれしい」と話す。 連載を長く続ける秘訣(ひけつ)について聞かれると「作者が飽きないこと」と笑顔で話し、「長くお休みさせていただいたりもしているが、頭の中では作品のラストシーンがせりふや構図までできている」と明かした。 開催時間は10時~20時(最終日は18時閉場、入場は30分前まで)。 入場料は、一般=900円、高・大学生=700円、中学生以下無料。 5月6日まで。

次の

『ガラスの仮面』15の事実!50巻掲載予定の内容や、作品・登場人物の魅力

ガラス の 仮面 白目

【2019年10月16日公開2020年1月更新】 昭和50年代の少女漫画で育ちました、です。 そして、そのドラマ作品が再放送。 1.ドラマ「ガラスの仮面」とは ドラマ「ガラスの仮面」は、その名の通り、 美内すずえ原作『ガラスの仮面』をドラマ化した作品です。 1997年7~9月に 安達祐実(敬称略) 主演で テレビ朝日系列で放送され、翌1998年4月に 続編も放送されたというこちらも人気作品。 その人気作品の 第1シリーズの再放送が、2019年10月13日(日)から始まりました。 2.『ガラスの仮面』ストーリーと主な登場人物 冒頭に書きましたが、『ガラスの仮面』は 演劇マンガ。 あらためてスゴイ! 3.ドラマ「ガラスの仮面」キャストと第1シリーズ感想 1997年、1998年の放送当時、観ていたはずなのですが、昨日のことも覚束ない私ですので、20年前となるとついぞ思い出せません。 よって、新鮮な気持ちで拝見することができました、 えっへん。 今観ても、 マンガから抜け出たようなビジュアルで、鳥肌がたちます。 俳優さんは恐ろしい💦 余談ですが、1980年代に 『ガラスの仮面』 舞台化された時の 姫川亜弓役が 藤真利子でした。 とまあ、キャストだけでとっても楽しんだのですが、なぜかセリフがいちいち心に沁みまして、特に 月影千草= 野際陽子の 第1回での台詞 「才能とは自分を信じること」 を聞いたとき、 泣きました。 (笑) 50過ぎたのにww 4.ドラマ「ガラスの仮面」第2シリーズ再放送日時 ドラマ「ガラスの仮面」第1シーズンの再放送は、2020年 1月26日に最終回を迎えました。 しかし、再放送開始当初、放送休止となることが多く、当ブログでも【追記】として放送スケジュールを確認、記事を更新しておりまして。

次の