テーラーメイド sim ドライバー。 テーラーメイド 2020年最新 SIM シムドライバー用ウェイト 4g 6g 7g 8g 9g 10g 11g 12g 13g 14g 16g 送料無料 :293:hatsuyomall

飛ぶと話題のテーラーメイドSIMドライバーをプロとアマチュアが試打評価【2020年新作】

テーラーメイド sim ドライバー

SIMとSIMMAXと悩みましたが構えた感じでSIMのほうを選択。 まず感じるのが振りやすいこと、シャフトの出来が素晴らしいことです。 シャフトが50g台なこともありとても軽く、楽に振りぬけます。 少し軽すぎのためヘッド裏に重りを張ってバランスが良くなりました。 打球は曲がらず、思い切って狙った方向へ振りぬけます。 シャフトは程よくしなり、しなり戻りのタイミングも私にあっているようです。 これならカスタムしなくてよさそう。 今どきのドライバーはこんなにも簡単で楽なのかとビックリしています。 打感、球の高さとも満足しています。 飛距離はそう変わりませんが方向性の安定がはかれたのでシングル定着を目指す強い武器が手に入いり満足してます。 球筋はストレートですが、ややピーキーで安定して飛ばすには難しかった模様 SIM 9度を試打したらスピンも1800ー2200、打ち出しも15? 17度と、安定して飛ばせる弾道に。 初速は僅かに速くなったくらいですが、スピンと打ち出し角度の改善でキャリーが20ー30Y伸びましたし、サイドスピンが3桁前半と非常に少なく、まっすぐ飛んでくれます。 トゥに当たると強めのチーピンが出るのさえ気をつければ攻めのゴルフの強い味方だと思います 先日のラウンドで自己最高302Yを記録しました。 座りもよく、少しだけオープンフェースですが、ペタッとおいてそのままターゲットに向かって打てるので再現性も高いです。 いい買い物でした。 FWも入れ替えたい・・・.

次の

テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』ドライバーの特徴やスペックを詳しく紹介

テーラーメイド sim ドライバー

SIMドライバーとSIM MAXドライバーの違いとは? SIMシリーズに新たに導入された技術は、すでにで紹介をしていますのでここでは割愛致しまして、ここでは SIMドライバーとSIM MAXドライバーの違いについて話していきます! それぞれの顔を見比べるとこんな感じです。 左がSIM、右がSIM MAX 若干、 SIM MAXドライバーのほうが丸顔で大きく見える感じです。 MAXはM6の後継機種なので、SIMよりも捕まり顔をしています。 そして、より 寛容性を上げるためにウェイトはかなり後方に配置されており、ミスヒットに強いモデルになっています!また、ソール側はこんな感じになっています。 性能面以外では、 左右のウェイト位置の調整がSIM MAXにはついておりません!なのである意味シンプルに(ウェイトをどこに置くか考えることなく)迷うことなくドライバーを扱うことが出来ますね。 SIM MAXドライバーのアマチュア評価! ・SIMと比べても構えた感じ違和感がない ・ MAXはヘッドターンし易く捕まえやすい ・ 曲がりが少なく直進性が高い ・スライス系の球でも飛ぶ ・捕まえる技術が多少は必要 テーラーメイドSIM MAXドライバーを試打してみた! 先にSIMドライバーを試打しているので、違いをかみしめるようにSIM MAXを構えてみるとこんな感じでした。 SIMと同じく、 カーボンクラウンの艶がなくなってマット調でいい感じ!やっぱりこっちのほうが右にいかない安心感はあるなという感じです。 やっぱりイナーシャジェネレータが結構でっぱているイメージでしたが、 構えてみると全く見えずにきにならないのもGOOD!これはMAXになっても変わりません! 単品で見ても、逃げ顔であったSIMドライバーに比べると優しそうな印象を受けます。 見た目レビューはこれくらいにして素振りをしてみると、イナーシャジェネレータの本領が発揮されました! 見た目はこれくらいにしてSIMと同じく素振りをしてみると スッ・・・スッ・・・ というような感じで、 かなり綺麗に振り抜けるような感じがします。 これはSIM MAXになっても変わりません。 では、違いは何なのか?クラブ総重量がTENSEI SILVERのSでSIM307gに対して、SIM MAXは297gと10g軽量になっています。 このおかげなのか、SIM MAXのほうが僕くらいのヘッドスピードだと無理せずに振り抜ける感じでした。 体力がなくなってくる夏場のラウンド後半などは、軽量であるSIM MAXのほうが振り抜きやすいですし、そもそもの捕まりもいいので無理せず振れるでしょう! たった10gでも、振り心地や安定感は大きな差がでます! SIM MAXドライバーの試打結果 SIMドライバーの試打結果がこちらです。 ちょっと疲れて触れていないので右にすっぽ抜けているような感じです。 しかし、このSIMシリーズは本当に安定してミート率が高い! 僕の場合、一番よくて1. 45くらいですので、SIM MAXドライバーの場合3球ともすべていい感じでボールスピードが出ています。 さらに、20球以上打っていたのでかなり疲れて計測に向かっていましたが、その割にはヘッドスピードが落ちていないという点も個人的にはびっくりです。 イナーシャジェネレータの効果だと信じたい!(笑)空力は見えないけど確実に効果は感じられます。 また、SIMMAX のほうが軽いので、僕にはちょうどいいかもしれません!すぱっっと振り抜けます! そして、SIMとの一番の違いを感じたのが打感!SIMドライバーも 芯のある柔らかい打感ですっごく気持ちよかったのですが、SIM MAXドライバーは、 やわらっけ! 手に心地よい振動が伝わってくる! イイ!打感がイイ!これはコントロールしやすいかもしれない。 右に行く感じもそんなにしませんし、ヘッドスピードが遅くても球をつぶす感覚を感じられるかと思います。 SIMのように弾道調節機能はついていませんが、それでも扱いやすさを感じることが出来ました!.

次の

【ドライバー研究】Mを超えたスピードと寛容性。テーラーメイド「SIM」はビュンビュン振れて飛距離が伸びる!

テーラーメイド sim ドライバー

Contents• 『SIM』と『SIM MAX』ドライバーの特徴は? 2020年2月7日に発売されたテーラーメイド新モデル「SIMシリーズ」! ドライバーは 『SIM』と 『SIM MAX』の2種類が展開されています。 また、その「イナーシャジェネレーター」の後方にウェイトを置くことで、 低・深重心、高慣性モーメント化を図り、ボールの直進性・ミスヒットの許容性を高めています。 SIMドライバーの特徴 『SIMドライバー』は、Mシリーズのアスリート向けモデル 『M1・M3・M5』の後継モデルで、Mシリーズの中で最もフェース面が小さい シャローフェースの低弾道モデルです。 最大の特徴はソール前方に配置された10グラムの 「スライディングウェイト」! このウェイトを左右にスライドさせることで、ドローとフェードの 弾道調整が可能になっています! SIM MAXドライバーの特徴 『SIM MAXドライバー』は、Mシリーズのアベレージゴルファー向けモデル 『M2・M4・M6』の後継モデルで、SIMドライバーよりもフェース面が8%大きい セミディープフェースの中弾道モデルです。 スライディングウェイトが搭載されていない代わりに、その分の重量をインナージェネレーターのウェイトに追加することで、SIMドライバーよりも 寛容性が高く、低・深重心でボールが上がりやすいドライバーになっています! 『SIM』と『SIM MAX』ドライバーの試打・計測データ スポンサーリンク では、 『SIMドライバー』と 『SIM MAXドライバー』の 試打結果・計測データをご紹介します! シャフトは両クラブとも 「ディアマナZF 70S」を装着しました! シャフトのスペックはこちら。 シャフト フレックス トルク 調子 Diamana ZF70 S 3. 1 中元 ディアマナZF 70S装着後のそれぞれのスペックがこちら。 重心距離が長くヘッドが返りにくい印象で、 フッカー向けだと思います。 打ってみると、Mシリーズのような 柔らかい打感でした! 試打は5球計測したのですが、1球分の記録が残っていなかったので計測データは4球分となっています! では、全4球の計測データがこちらです! No. 2 70. 4 1. 43 14. 5 3. 7R 157R 2244 277 301 32R 2 49. 6 71. 0 1. 43 13. 0 2. 4R 76L 2193 280 305 7R 3 48. 6 70. 3 1. 45 12. 1 2. 5R 328L 2042 271 298 11L 4 48. 1 68. 6 1. 43 12. 5 2. 4R 148R 2138 268 290 15R 平均 48. 9 70. 1 1. 44 13. 0 2. 空気抵抗を軽減する「アシンメトリーソールシェイプ」の効果が気になるところですが、計測データをみてみると、普段と変わらないのかなと思います。 打上角やバックスピンも普段と変わっていませんが、 サイドスピンは普段より抑えられて直進性が高いのかなと思います! SIM MAXドライバーの計測データ 続いてはSIM MAXドライバーを試打しました! 構えてみると、見た目からはSIMドライバーとの違いは感じませんでした。 打ってみると、打感はSIMドライバーと変わりませんでしたが、 少しつかまりが良い印象でした! では、全5球の計測データはこちらです! No. 4 70. 4 1. 44 11. 9 4. 9R 703L 1655 262 295 21L 2 47. 6 69. 0 1. 43 11. 7 1. 4R 222L 1861 271 298 7L 3 47. 7 69. 1 1. 41 12. 9 4. 6R 482L 2092 275 296 7L 4 48. 4 68. 1 1. 43 11. 0 3. 4R 92R 2418 264 276 18R 5 47. 6 69. 3 1. 45 15. 2 3. 2R 46R 1749 283 313 17R 平均 47. 9 69. 2 1. 44 12. 5 3. やはりこちらの方がつかまりが良いようです。 計測データをみてみると、初速や飛距離は変わりありませんが、 フック回転が多くなっています! SIM MAXは低・深重心モデルなので、打上角が高く、バックスピンが多くなるはずですが、フック回転がかかっているのでこちらの方が若干低くなっています。 計測データの比較と感想。 9 70. 1 1. 44 13. 0 2. 8R 25L 2154 274 299 11R SIM MAX 47. 9 69. 2 1. 44 12. 5 3.

次の