桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力。 「桜を見る会」に反社勢力が参加か…半グレや詐欺グループ関係者の目撃談

「桜を見る会」に反社会的勢力か 「とてつもない闇の世界」 野党ヒアリング詳報

桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力

多額の公費を投入した公式行事にもかかわらず、 安倍晋三首相の後援会関係者約850人が招かれていた事実が発覚し、来年度の開催は中止になった。 安倍首相が前日に地元支援者を招いて開いた夕食会の会費と実費が乖離しているとの疑惑もある。 さらに、内閣府が今年の招待名簿を早々に破棄したことも批判を浴びている。 その後、出席者はTwitterやFacebookなどのSNSに投稿した画像を一斉に消去した。 名簿に載っていてはいけない名前でもあったのだろうか。 写真に写りこむ反社会勢力 インターネット上などでは、この問題がメディアに取り上げられ始めた頃から、出席者のSNSの洗い出しが始まった。 その結果、芸能人や起業家などのアカウントがまとめサイトなどでさらされ、炎上し、各自削除対応に追われている。 いずれも、どのような基準で招待客を招いていたのかを政府が明確に公表していないことが原因だ。 菅義偉官房長官は13日の会見で、「さまざまな意見があることを踏まえ、政府として招待基準の明確化や、招待プロセスの透明化を検討したい。 予算や招待人数も含めて、全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行うこととし、来年度の桜を見る会は中止をすることにした」と釈明した。 つまり、「招待プロセスを透明化しなければならない」ほど「不透明な招待」が行われていたということだ。 東京都内の飲食店業界関係者が明かす。 「拡散されている写真に西日本の半グレ界でかなり有名な人たちが複数写っていて、びっくりしましたよ。 すでにチームを解散していますし、今はカタギですが、数年前はそれなりに業界で顔を知られていました。 最盛期には、あの関東連合とも付き合いがあったそうですしね。 まったく関わりのない事業者は少ないでしょう。 だから、『反社と会ったことがある』『飲んだことがある』くらいの人間がいても驚きません。 でも、ガチでその筋の人間が総理大臣主催の観桜会にいるなんてちょっと考えられませんよ。 なんの功績で、どんな業界の代表として呼ばれたんでしょう。 まさか極道の代表とかいいませんよね」 今年の招待客は約1万8000人。 出席者全員の「身体検査」を短期間で行うには少々難しい数字ではある。 招待客の選定は内閣官房と内閣府が各省庁に推薦依頼を行い、取りまとめを行っていたという。 そもそも政府は、暴力団対策法で厳しく反社会勢力と市民社会の接触を戒めている。 にもかかわらず、公費を使った催しに反社会勢力の人物を招待してしまうのはいかがなものなのか。

次の

桜を見る会 閣議決定 菅義偉官房長官 反社会的勢力の定義は困難と回答

桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力

予算超過額 担当者は「準備、設営に最低限必要」「テロ対策強化や参加者数に応じた飲食提供など」と説明。 議員は参加者の増加が主な原因であると指摘した。 一方、保守系の文化人ら(、、等)や関係者や後援会の参加が多数確認されたことから、以前から安倍首相らに私物化されていたのではないかとの批判が広がっている。 問題点の概要 桜を見る会に関しては複数の問題点が指摘されている。 以下に概要を示す。 支援者・関係者の招待 「各界で功労・功績のあった方々を慰労する」という趣旨の会に政治家が支援者を招待していたという疑惑がある。 首相のや同、自民党関係者、自民党議員(での改選議員)などが招待枠を持っていたとされる。 野党の追及本部は支援者の買収による公職選挙法違反の疑いがあるとしている。 参加者・支出額の増加 招待客の数・支出額ともに第二次安倍政権下では年々増加した。 2019年度に至っては予算の三倍にも費用が膨らんだことから、私物化したのではないかと野党が指摘している。 また、 反社 が来場していた可能性が指摘され、についても問題視されている。 招待者名簿と公文書管理 招待客名簿データについて、野党議員が質問をすると通知した約一時間後ににかけられていることから、意図的に廃棄したのではないかという指摘がなされている。 野党議員や識者から行政文書・公文書の管理が都合良く行われていると問題視する声が上がっている。 主な問題点 支援者・関係者の招待• 内閣府は2019年度までの数年間の招待者の内訳を公表した。 「政治家枠」の人数は2005年度には2744人であったが、2019年度は3倍以上の8894人に増加した。 同じ時期に、国際貢献や災害復旧などの功労者は406人から182人に減少した。 税金を使った支援者への接待• 桜を見る会には安倍後援会関係者が850人招待されており、後援会関係者による前夜祭の明細書をホテル側が公開しない点が野党側の反発を招いた。 一部では公職選挙法違反を指摘する声もある。 安倍総理は、2019年の11月8日参議院予算委員会では、「招待者の取りまとめには関与していない」と関与を否定した。 同日、「地元には自治会やPTAなどの役員をしている方々もいるので、後援会の方々と重複することも当然ある」とも述べて、推薦をしたら結果的に後援会の人が含まれたという見解を示した。 しかし、その後の11月20日には「私自身も事務所から相談を受ければ、推薦者について意見を言うこともあった」と説明を変えた。 さらに2020年1月28日の衆議院では、「私が把握した各界で活躍されている方々も推薦するよう意見を伝えたこともあった」と主体的に関わっていたことを認めた。 事務所が推薦した人物が招待にふさわしかったかどうかについては、「事務所のチェックには限界がある。 内閣府でふさわしいかどうかを含めて取りまとめている」とし、最終的な責任は内閣府にあるとの立場を示した。 2019年の桜を見る会では、安倍総理は挨拶の中で「(公明党の)山口代表や皆さんとともに政権を奪還してから7回目の桜を見る会となった」と述べている。 時系列を考えると、内閣府が招待状を参加者に発送した3月10日ごろよりも前の段階で、安倍事務所が支援者に「桜を見る会へのご参加ありがとうございます」という文書を送っている。 2019年11月時点でがこの点を「政府が選考していないのではないか」と追求し、は「と内閣府が取りまとめをしている」と繰り返した。 安倍昭恵夫人の関与• は「参加希望者を募るプロセスで、昭恵氏からの推薦もあった」と答弁した。 なお内閣は、2017年に総理大臣夫人は「」であるとのをし、2019年11月にも改めて「ではなく私人であるという認識に変わりはない」と閣議決定をしている。 招待者の総理枠の中には昭恵枠があったとの指摘が一部であがっていて、は7年で143名だったとの推計を行った。 桜を見る会で出される食事について、総理夫人である昭恵と親しい人物の会社が7年続けて受注していた。 2019年の会で業務受注した2社(飲食物を提供したと会場設営のムラヤマ)と前の19年1月に打ち合わせをしていた。 2社とも14年から連続受注している。 都道府県議会議員の招待 、例年は幹事長等のみだが自民党所属の議員と議員全員に招待状が来た。 2019年は例年通りだ���た。 招待者名簿と公文書管理• 共産党の議員は2019年5月9日、招待者の推移・費用内訳などを示す資料を要求した。 しかし同日に内閣府が要求を受け取った約1時間後に、招待者名簿をシュレッダーで破棄したことが分かっている。 5月21日には、内閣府の幹部が招待者名簿などを「すでに破棄した」と答弁した。 しかしこの時点には名簿のバックアップデータが残っていた。 2013 - 2017年度の招待者の名簿について、「管理簿に記載していない」「ファイルを廃棄する際に首相の同意を得ていない」「廃棄後に廃棄簿に記載していない」ということが明らかになった。 このうち前の2つは、に違反する対応であり、最後の項目は政府の公文書管理ガイドラインに反している。 上記の管理簿未記載の理由について、「事務的な記載漏れ」だと1月10日に菅官房長官は答弁した。 その後14日には、「中止になった11年・12年の扱いが、13年以降も漫然と後任に引き継がれた」と菅官房長官は答弁した。 2014 - 19年の招待者に関し「各界功績者(総理大臣等)」「各界功績者(各省庁)」など区分ごとに人数を記した資料を内閣府が8カ月にもわたって隠蔽していた。 2019年11月に提出した招待者名簿のうち、推薦した部局として「内閣官房内閣総務官室」と原本に書かれていたものを白塗りにして提出していたことが、2020年1月に明らかになった。 内閣府の官房長は「極めて不適切だった」と陳謝した。 上記の管理簿記載漏れ、白塗り加工提出を受けて、内閣府は歴代の人事課長6人を厳重注意の処分とした。 桜を見る会前夜祭 2013 - 2019年の桜を見る会の前日に、安倍晋三後援会の主催で、およびで夕食会を開催していた。 野党側は1人5000円という会費が安すぎるのではないかと指摘し、やに違反する可能性を指摘している。 安倍総理は、「会場入り口の受付にて安倍事務所職員が1人5000円を集金し、ホテル名義の領収書をその場で手交し、受け付け終了後に集金した全ての現金をホテル側に渡すという形で支払いがなされた。 」と説明している。 2020年2月17日の衆議院予算委員会で、はANAインターコンチネンタルホテル東京に質問し、以下の回答を得たと答弁した。 1 見積書を主催者に発行しないケースは無い。 2 宛名は空欄のままで領収書を発行したケースは無い。 3 ホテル主催ではない数百人規模のパーティーで、代金を参加者一人一人からホテルが受け取ることは無い。 4 上記の 1 〜 3 について、主催者が政治家や関連団体であることから対応を変えたということは無い。 以上は首相の従来の答弁と矛盾すると追及した。 首相は同日、「ホテルに確認したところ、辻元氏への回答は一般論で、個別の案件については営業の秘密に関わるため、回答に含まれていないとのことだ」と答弁した。 しかしANAホテルは、毎日新聞や朝日新聞の取材に対して「『個別の案件については営業の秘密に関わるため、回答に含まれない』と申し上げた事実はない」と首相答弁を一部否定している。 政治資金収支報告書 政治資金収支報告書には少なくとも2015年以降、前夜祭に関する記載がない。 安倍晋三は、「後援会としての収入支出が一切ないので、政治資金収支報告書への記載は必要ない」という主張をした。 その後の1月31日にはが「後援会がホテルとの契約主体ではないか」と追及し、「契約」が議題に上がった。 これに対して安倍総理は、後援会主催だが収支は発生しておらず、会費は事務所職員が会場で集金しホテルに手渡しており参加者がホテルに払ったのと同じだとして「契約主体は個人になる」としてに記載する必要はないとしている。 答弁内容 安倍晋三内閣総理大臣• 招待者名簿をシュレッダーで廃棄した問題で、安倍が障害者職員の勤務シフトの問題だと国会で発言し、反発を招いた。 ツアー参加者を募る文書が地元有権者に送られていた問題について、2020年1月28日の予算委員会で共産党の宮本徹議員が募集時期をいつ知ったかと質問したところ、首相は「幅広く募っているという認識でございまして、募集しているという認識ではなかった」と回答した。 さらに同予算委員会で、自身の議員事務所が政府の招待状発送前に招待決定を通知する文書を推薦者に送った事を認めた。 2020年1月30日ので18年4月の桜を見る会に自民党地方議員が多数招待されており9月の対策だったのではないかという質問に対し「総裁選への出馬を最終的に決断し表明したのは18年8月だ。 4月の桜を見る会の段階では、まったく白紙だった」と答えた。 だが2017年にの任期が2期までから3期までに変わり2018年に3期目の自民党総裁になっている。 各界功績者(総理大臣等)は15年は7385人、16年は7605人、17年は7595人、18年は9494人、19年は8894人である。 「長年の慣行」で参加者が増えていったと釈明するが、開催初年と最多年度を3回以上連続で会を開いた歴代首相と比べると増加数(6470人)と増加割合(約1. 6倍)でトップになった。 増加数では2番が小泉純一郎(2576人)、3位は(1686人)。 増加割合2位はの約1. 4倍である。 桜を見る会前夜祭の領収書の宛名を確認するように求められた際に「宛名といった部分的なものでも営業の秘密に関わる事から公開を前提とした資料提供には応じかねるとの報告を受けた」と答弁した。 菅義偉官房長官• 政権の屋台骨で鉄の壁ともいわれる菅であるが、安倍首相サイドの招待への関与を否定する長官の答弁を、大西内閣審議官が 「安倍事務所におきまして幅広く参加者を募るプロセスの中で夫人からの推薦もあったとのことでございます。 」と否定するといったちぐはぐさも目立つようになった。 シュレッダー処理で破棄されたとされる招待者名簿が、電子データとして残っているのではないかという指摘に「削除したデータについては復元をすることはできないと聞いています」と答弁したが、現在の技術からいって疑問だとの声も現役官僚からあがった。 さらに、データ廃棄のログを開示できない理由についても、「同じシステムを国家安全保障局も利用しており国家機密漏えいの危険が増す」と国会で答弁した。 北村地方創生担当大臣• 2020年2月7日の衆院予算委員会で、が野党の質問に対し答弁に窮する場面が相次ぎ、野党側は反発して退席した。 審議時間を約2時間残して委員会は散会した。 北村は前日の答弁が二転三転し、「言葉の使い方や定義を確認していかなければいけない。 普通の大臣としての仕事ができるよう努める」と会見で語っていた。 2月26日、都内のパーティーで「予算委員会で(答弁に)詰まって非常に有名になり、誠にありがたい」と語り、笑いを誘った。 反社会的勢力の参加• 2019年11月21日、の議員が「会に反社会的勢力が参加していたのでは」と指摘した。 26日、菅官房長官は「出席は把握していなかったが、結果的には入ったのだろう」と記者会見で述べた。 12月10日、の定義について「その形態が多様でありまたその時々の社会情勢に応じて変化し得るものであることからあらかじめ限定的かつ統一的に定義することは困難であると考えている」などとした。 2020年2月12日、で業務停止となった「」の関係者と首相夫妻が桜を見る会時に写真を取り、勧誘に使われていた事が判明した。 ジャパンライフとの関連• は業態的にはの所管であるため、元特許庁長官などの先として知られている。 また監視する立場の消費者庁からの天下りも問題視されている。 首相のは、ジャパンライフの会長と個人的関係はないとの答弁を行っている。 一方、いわゆる総理枠とされる招待者に対して付されていたという指摘が一部であがっている「60」という番号(に保管されていた平成17年度のリストで「60」は「内閣総理大臣(当時は)招待枠」であることが確認された)が会長に付されていたかどうかが、国会の議論の焦点の一つとなった。 全国の弁護士らが東京地検特捜部に告発 、全国のや学者約660人が、違反(寄付行為)と違反の疑いで、安倍晋三首相(当時)と後援会幹部の計3人に対するをに提出した。 関連項目• 方式 - 2019年よりに導入された.

次の

桜を見る会に“反社会的勢力の皆様“参加…宮迫と同じの声も

桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力

(写真:アフロ) 菅義偉官房長官(70)は11月26日、「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していたとの指摘について「結果的には入ったのだろう」と述べた。 政府の主催するイベントに反社会的勢力が参加していたと認めたため、ネットでは厳しい声が上がっている。 「桜を見る会」については15年に開催された際、反社会的勢力が出席していたとの疑惑が国会で追及されていた。 産経ニュースによると、26日に菅官房長官は「出席は把握していなかったが、結果的には入ったのだろう」とコメントしたという。 5月、菅官房長官は「桜を見る会」について「昭和27年以来、内閣総理大臣が各界において功績、功労のあった方々を招き、日ごろの御苦労を慰労するとともに、親しく懇談される内閣の公的行事として開催をしているもの」と国会で発言していた。 Twitterでは《政府として「社会的に功績・功労があった」とお墨付きを与えるのが「桜を見る会」に招待するということ。 政府主催の行事が反社の「箔付け」「信用獲得」に利用されるなどあってはならないことですよね》と厳しい声が上がっている。 説明責任を求める発言も相次いだ。 しかし「桜を見る会」に関して菅官房長官は、今月22日と26日に続けて「そういう方が入っていたということはそう言われても仕方がない」「結果的には入ったのだろう」と抽象的な表現に始終。 また20日に野党が招待者名簿を求めたところ、政府側は「シュレッダーで廃棄した」とも回答。 説明責任からは程遠い。 朝日新聞によると、27日の会見で西村明宏官房副長官(59)は「反社会的勢力の皆様が出席されたかどうかは、個人に関する情報であるため、回答を差し控えたい」とコメント。 反社会的勢力を不思議な尊敬語で表現したというがーー。 ネットでは「桜を見る会」について、コンプライアンスの観点からこんな声が上がっている。 《企業のコンプライアンスでも口うるさく言われてることを国が招待では国民にどう説明するのでしょう?》 《今回の桜を見る会事件で露呈したのは一見堅固そうに見えた日本政府のガバナンスやコンプライアンスの悲惨なまでの脆さである》 また宮迫らを哀れむ、こんな声も上がっている。 《桜を見る会に反社きて、みんなは一緒に写真を撮って、そん時は分からなかった、面識はないって言ってるけど。 これって宮迫さんと同じじゃね? 宮迫さんというか吉本の闇営業と同じじゃね???》 《宮迫博之さんも社会的制裁を受け、未だに復帰に至っていない。 総理や国会議員は反社との関係が判明しても社会的責任を取らないのね?》 《反社との付き合い。 お笑いと政治家。 宮迫と安倍。 漫才師がけじめをつけて、政治家のトップである内閣総理大臣が逃げる。 それでも政治家は道徳を説く。 お笑いはどっちだ》.

次の