ホット クック レンタル。 ホットクック、みんなのオススメの置き場所はドコ? 100人のアンケートの結果1位は…

ホットクックと圧力鍋どっち買う?両方使い込んだ私が徹底比較!

ホット クック レンタル

自動調理鍋の中でも、ひときわ人気なのがシャープの「ヘルシオ ホットクック」。 食材を入れておくだけで勝手に調理してくれる便利さに加え、素材本来の味を味わえる調理法でとっても美味しいと評判。 共働きや子育て世帯を中心にたいへん人気となっています。 でも、いざホットクックを購入しようと思ったら、型番(CとかEとか)や大きさ(2. 4Lやら1. 6Lやら)の違いがあって、どれが自分のライフスタイルにあっているのか迷いませんか? そこで、ヘルシオホットクックの初代モデルから最新機種まで購入した僕が、それぞれの特徴、メリット・デメリットをわかりやすくて解説します。 この記事を読めば、自分にあったモデルがきっと見つかるはず!ぜひ参考にしてください。 関連記事• 家族が4人以上(小学生以上を含む)で毎日ホットクックで料理したい人は2. 4L無線タイプの「」• 一人暮らしの人は「」• 無線なしタイプは買うな! どのモデルを買えばいいか悩んでいる人は、 ホットクックを使う頻度と家族の人数を基準に機種を選ぶべきだと考えます。 さらに、僕は実際に無線LAN対応とノーマルタイプの両方を使いましたが、 ホットクックを購入するなら、絶対に無線LAN対応タイプにするべきだと考えます。 詳しくは後述しますが、ホットクックの能力を最大限にフル活用し、家事の負担を減らしたいなら、価格が多少高くても無線LAN対応タイプにするべきです。 一人暮らし用• 仕事が忙しいサラリーマンやOL、学生さん向け• キッチンが狭いけど毎日使いたい人 ヘルシオホットクックの新型・旧型8機種の違いを比較する まずは、シャープが現在までに販売してきたホットクックを比較して機能を確認しましょう。 蓋開け煮詰め• 好みの設定加熱 どちらの機能も最初の頃は使う頻度が少ないですが、ホットクックに慣れてくるとかなり便利な機能です。 価格差もほとんどないので、最新モデルの「」を購入しましょう。 発売当初は最新モデルと旧モデルに価格差があったので旧モデルをおすすめしていましたが、現在は価格差もなくなってきたので、最新モデル「」を購入しましょう! 1. カラーもブラックが登場となり発売当初から人気沸騰しております! ホットクックとは? まずは、ホットクックとは何かを解説します。 無線LAN対応と普通タイプに共通する機能を紹介しますね。 「そんなのはもう知っている」って方は、次の「」に進んでください。 食材を入れるだけで、自動で調理してくれる 何と言っても、鍋に食材を切って入れるだけで、自動で調理してくれるのが超便利。 特に、カレーやシチュー、じっくりと煮込みたい煮物も、今までのように火加減の調整やかきまぜをする必要なし。 最初から最後まで調理をまかせることができるので、お昼寝をしてても大丈夫。 忙しい主婦にはピッタリの機能です。 とにかく家事が楽チンになった• 苦手な煮物料理が、食卓に並ぶようになった• 子供が野菜を食べるようになった• ヘルシー料理でダイエットになった 特に重宝したのが、ワンオペ育児をしているときです。 料理ができない僕でも、煮物や蒸し野菜など簡単に作ることができ、とても助かりました。 購入してからほぼ毎日ホットクックで作られた料理が2〜3品は食卓に並ぶようになりました。 でも、使い続けていくうちに… 毎日使っていると、どうしても機能面で物足りなさを感じるようになったのです。 その為、購入から2ヶ月ほどで無線LAN対応の「」に買い換えることにしたのです。 新しく「」を購入したことで、今まで不満に感じていた使いづらさが一気に解消されました。 ほんと、最初から無線LAN対応タイプを購入しておけばよかったと後悔。 ではここからは、たった2ヶ月でノーマルタイプから無線LANタイプに買い換えたのか、その理由を、「無線LAN対応タイプ()」と「ノーマルタイプ()」を比較しながらみていきましょう。 無線LAN対応タイプのホットクックをおすすめする理由 1、液晶画面が見やすく、案内がわかりやすい ノーマルタイプ()を使っていて、もっとも不満だったのが、液晶画面の使いづらさです。 上記の画像左の通り、調理したいメニューが全て番号で表記されルるため、非常にわかりづらいんです。 ノーマルタイプ()では、準備する材料や作り方の手順を同梱されるレシピ本でわざわざ確認しなければならないので、セットするのにとても時間がかかるんです。 ただでさえ、ごちゃごちゃしたキッチンで、しかも手が汚れているのに、レシピ本で番号を調べるって、かなり利便性にかけていました。 これ、僕だけでなく使っている方はみんな感じてたんですよね。 帰宅時間が思ったより遅くなりそうって時も、スマホから時間変更を送信すればOK。 帰宅時間に合わせて、仕上げ調理を開始してくれます。 残業が多い人や、子供とのお出かけが多い人にはとても便利な機能です。 ホワイトカラーがかっこいい 今まではレッドカラーの販売のみでしたが、新発売の「」からはホワイトカラーの販売も始まりました。 (レッドも有り) やっぱりキッチン家電は白の方がかっこよくないですか? なので、新しいカラーの発売は本当に嬉しかったです。 新発売の小さいサイズ1. 6Lタイプが登場した 今まで無線LAN対応のタイプは2. 4Lのみの発売でした。 しかし使用者からの要望が非常に多かったことから、2018年7月に1. 6Lサイズの無線LAN対応タイプが新発売されました。 大容量2. 4L:2~6人前• スタンダード1. 6L:2~4人前 これは、カレーの量で考えるとわかりやすいと思います。 我が家の家族構成は大人2人と4歳と0歳で1. 6Lを使っています。 使っていて感じるは少し余るぐらいの量が作れます。 子供が2人とも小学生以上になると、1. 6Lでは少し物足りないでしょう。 中学生以上で食べ盛りの子供がいる場合は、3人(大人2人子供1人)でも1. 6Lでは足りないと思います。 4Lサイズでしか作れないカボチャやキャベツを丸ごと使ったメニューがあります。 ホームパーティーをする人などは2. 4Lのほうがお勧めですね。 無線LANタイプホットクックの外寸 ノーマルタイプホットクックの外寸 大きさは、大容量タイプ2. 4Lの方が一回り大きくなります。 我が家は賃貸物件の狭いキッチンなので、2. 4Lだと数cmの差ですが、かなり圧迫感を感じます。 価格差はおよそ2万円!でも、絶対に無線LAN対応がおすすめ ホットクックを安く使う方法 どうしても高価かな買い物になりますので、大きさはどっちがいいのか? 自分の家庭にあっているのか? 使いこなすことができるのか?など心配な方は、お試しでレンタルすることをおすすめします。 レンタル価格も思ってる以上に安いですし、長期レンタルなどもできますよ。 ホットクックがレンタルできる業者を探す場合はこちらの記事を参考にしてみてください。 関連記事 僕がよく利用している家電レンタル業者は、安い料金で保証が充実した「」です。 初めて利用する人でもわかりやすいサイトでおすすめです。 関連記事 まとめ:ホットクックは家族の人数で容量を決めよう! ほんの数ヶ月使っただけですが、ホットクックは我が家の生活には欠かせない家電となっています。 育児で忙しい世帯は買って損はないですよ。 冒頭にも書きましたが、ホットクックを選ぶときは以下を参考にしてください。

次の

水なし・自動・予約調理

ホット クック レンタル

Rentio レンタルの流れ Rentioホームページ ホームページで 1.注文 2.受取 3.最終使用日まで使用 4.返却or購入 という流れになります。 1.注文 ネット上での注文で ネットショッピングと そう変わりなく注文できます。 身分証明書なども必要ありません。 レンタル開始が可能な日 が表示され、そこから開始日を選択。 17時までの注文で 当日出荷もできるとのこと。 最短注文した日の翌日着。 ただし北海道と沖縄は翌々日。 受け取れる配送時間も 指定ができます。 本当に楽天とかアマゾンとか と同じで簡単にできましたよ! 2.受取 指定日時にヤマトが 配達してくれるのを受取ります。 商品・付属品のリストが入っているので 全て入っているか確認。 そして動作に問題がないか確認します。 万が一問題があれば カスタマーサポート 年中無休 に 連絡すれば対応してくださるそうです。 そして、箱はそのまま返却に使うので 取っておくのを忘れずに! でも違う箱に入れて返却するのも 問題はないそうです。 3.最終使用日まで使用 最終使用日まで使います。 最終使用日の24時までに 「発送」「手元を離れれば良い」 ということなので ギリギリまで使うことができます。 4.返却or購入 気に入ればそのまま購入もできます。 レンタル期間の延長もできます。 その場合は注文後都度都度送られてくる メール記載の注文履歴ページのURLから 購入or延長手続きができます。 返却は上でも書いたとおり 返却日の24時までに 手元を離れればOK。 1.ヤマトに集荷を依頼する 先程と同じく注文履歴ページURLから 集荷依頼もできる。 2.コンビニに持ち込む セブン、ローソン、ファミマ 郵便局でもOK。 ただし郵便局とローソンは ゆうパックの送り状が必要。 ヤマトの送り状は最初に送られてくるので 用意の必要はありません。 ただ自分の住所や名前は追記が必要です。 ヤマトの集荷依頼を注文履歴ページからしたら この送り状も必要ないそう またQRコード対応のコンビニもあり。 最初送られてきた段ボールを 送り返す時に止める用の テープまで入っています。 以上の流れになります。 ヘルシオホットクックをレンタルして感想 本当にいいサービスだと思いました。 すぐに買うには高い商品を 本当に使える商品か試すという こういうサービスがあるのか! と見つけたときは驚きと感動でした。 レンタルの流れとしては 注文は簡単。 注文後、 注文受付 出荷 返送日ですよ 返送受付けました 完了 と都度都度メールが送られてきて 丁寧だなとも感じました。 商品自体は毎回それぞれの機械 専用のクリーニングをしている とのことで 商品もキレイで安心して使えました。 流れでも書いたとおり、 返送用に伝票だけでなく 最後に段ボールを閉めるための テープまで入っていて すごいなと思いました。 以上が私の感想になります。 Rentioを使うシーンとしては? 私のようにすぐに購入するには 高いから一度本当に自分にあうのか 試してみたい というのが一つ。 ホットクックだけでなく、 ロボット掃除機や ケルヒャーの高圧洗浄機など 色々ありましたよ! 他に ・旅行用にカメラを借りる ・結婚式の二次会用にチェキを借りる ・ベビー用品レンタル などもあるそうですよ! まとめ 家電やカメラやベビー用品を レンタルできるRentioについて 紹介と自分がレンタルしてみた 感想をまとめました。 おすすめのサービスですので 何かある際は利用されてみては いかがでしょうか? Rentioでレンタル後購入した ホットクックに関する記事はこちら.

次の

ホットクックをレンティオでレンタル。どの機種(モデル)を選べばいい?|ともばたライク

ホット クック レンタル

コロナウイルスの脅威により外出自粛を余儀なくされております。 少し前までは頻繁にテイクアウトグルメにもお世話になっていましたが、外出なしで仕事ができる環境を活かし、自主的な自宅軟禁生活を送っています。 外出せざるを得ない人が、少しでも安心して外に出られますように! そうすると困るのは 食事です。 私はとにかく料理が大嫌いで(時間泥棒だと思っているほどに……)、おからパウダーとタマゴと片栗粉を適当に溶いて焼いて(フライパンからそのまま)食べるとか、焼き芋1本とか、そういう食生活を送りたいのです。 しかし家族がいるとなるとそうも言っていられません。 ましてや私はパート主婦の身、料理もしないようではあだ名が「穀潰し」になってしまいます。 勝間さんも激推し!「ホットクック」が世界を救うらしい 「目の付け所」には一目置かれているシャープさんが送る 電気無水調理鍋、それがホットクックです。 材料、調味料を入れてスイッチポンで「合、体!」と言わんばかりに料理ができあがるという、トム・ブラウンもびっくりの調理家電。 仕上がりが「ダメー」なことはないのだそうです。 「ロジカル家事」「ロジカル料理」でおなじみの 勝間和代さんも長らく大プッシュされており、おいしくヘルシーな料理が簡単に、かつ効率よく作れるとおっしゃっています。 いよいよ欲しくなってきました。 ところが購入をためらわせる最大にして唯一の懸案が、 価格です。 トム・ブラウンの単独ライブは当日券でも3,500円(安い…)ですが、ホットクックときたら、スタンダードな2~4人向けサイズ(無線LAN無し)でも 4万円超です。 我が家の大蔵省への申請と承認がマスト! 上記のスタンダードサイズは 1. 6Lですが、大きめサイズとして 2. 4Lの機種もあります。 さらに、液晶にメニュー名が表示されたりWEB上から新メニューをダウンロードできたりする 無線LAN搭載タイプというものもあるのです(2020年4月28日時点のAmazonでを見てみると、66,000円でした…)。 とにかく欲しい。 ずっとiPadがほしいと思っていたけれど、ホットクックと比べたらあんな電子板どうでもいいやと思えるほどには、 ホットクックが欲しい! 買うにしたって、どのタイプが我が家には適しているのかもわかりません。 LANってそんなに必要? 容量も「大は小を兼ねる」で2. 4Lのほうがいいのでは? などなど、値段を考えつつ悩みます。 そこで思いついたのが、 「レンタル」でした。 私は旅行に行く際、どでかいスーツケースを毎度 から拝借しているのです。 「いろいろレンタル」の名のとおり、ファッション、OA機器、各種家電からゴルフ用品、ベビーグッズなどなど、なんでもレンタルしてくれるのを思い出したのでした。 そうだ、ここで ホットクックをレンタルすればいい! 検索してみたら当然のようにラインナップされていました。 14日間のレンタルで、送料込み4,940円!これならパート主婦でも支払えます。 1ヶ月5,800円で使えるお得なプランもあったのですが、長期間なだけあってレンタル予約できるのがかなり先になってしまうこと、購入する気まんまんなので「試し使い」ができれば十分であることから、14日間のレンタルに踏み切りました。 「DMMいろいろレンタル」でホットクックを2週間レンタル レンタルしたのは「KN-HT99B」という機種です。 「HT99」ってつまり「ホットクック」ってことですね。 なんちゅう型番だよ……目の付け所がシャーp 2018年発売、おそらく現在発売されている2019年モデルのひとつ前のタイプです。 無線LANはついておらず、容量は1. 自分じゃ絶対買わない「赤」を選びました。 ここで「3倍早く調理できる」なんて言っているようじゃあ、イケてるおとなにはなれませんよね、わかります。 配達は佐川急便さんです。 指定した時間に、大きな段ボール箱を届けてくれました。 バランスボールくらいの大きさだったような……(さすがにもうちょっと小さいと思いますが)。 開封してたっぷり入ったビニールの緩衝材をかき分けると、これまた大きなホットクックの箱が入っていました。 箱マトリョーシカ。 困ったのは、これらすべてを返送時に使わなければならないということ。 大きなダンボールはたためましたが、ホットクックの外箱には製品を固定するための発泡スチロールなども入っており、省スペース化はできませんでした。 地味に邪魔でした。 この面でも、1ヶ月のレンタルにしなくてよかったです。 取扱説明書や、返送時の伝票も同梱されています。 注意しなければならないのは、返却日の17時までに佐川急便さんに預けないと延長扱いになってしまうことです。 佐川さん自体はもうすこし遅い時間まで営業されていると思いますが、 「17時までに返却」がDMMさんのルールです。 当日は集荷に来られないというケースもあるでしょうから、 1~2日前には集荷予約をしておくのがベストです。 ほかは特に気になることなどなく、大変便利に2週間使わせてもらいました。 2週間のレンタル生活でわかったこと 最適なサイズ(大は小を兼ねるが弊害もある) 我が家は夫婦2人暮らし、とにかく狭い家です。 食洗機やロボット掃除機も欲しいのですが、断念せざるを得ない規模の家なのです。 当然ながらホットクックの置き場所もなく、渋々地べたに置いて使いました。 6Lのスタンダードサイズでも• 3kg となかなかの大きさ。 いろいろと料理をつくってみましたが、そこそこ大食いの私と少食の主人にとっては、 1. 6Lでも十分な量でした。 たいてい食べきれず、翌日のおかずに回されます。 後述しますが、内鍋ごと冷蔵庫に入れてしまうのが楽ちんでよいのです。 4Lタイプになると内鍋ももちろん大きくなってしまうわけで、そうなると我が家のコンパクトな冷蔵庫には入れづらそうです。 「大は小を兼ねると言うが、我が家には当てはまらなかった……」 これは、 実際に使ってみなければわからないことでした。 また、購入するとしたら新たに置き場所をつくらなければなりません(さすがに地べたは嫌)。 シェルフを買おうということになったのですが、そのサイズを検討するにあたり、実物のホットクックがあるのはとてもよいことでした。 ピッタリサイズのシェルフを無事に発注! 家族に説得力抜群のプレゼンができる なかなかに高額なホットクックですが、とにかく料理が簡単につくれます。 しかも絶対においしい。 煮物にいたっては、根菜の柔らかさに感動しました。 コンロを汚さずに調理できるので、油を飛び散らしがちなワイルド料理人にも安心して料理をまかせることができます。 休日に主人がカレーをつくってくれましたが、メチャクチャ簡単においしくできたとよろこんでいました。 いつもはブーブー言いながら私がコンロ周りを片付けるのですが、その時間が一切不要に!家族全員ハッピーです。 すぐに購入に向けて準備が進んだのは言うまでもありません。 使ってわかったホットクックの魅力 洗い物と掃除が減った 使ってまず感動したのは、 食後の片付けがシンプルになったこと。 ホットクックの構造は炊飯器に似ています。 それをイメージしながらお読みいただければと思いますが、洗わなければならないパーツは• 上ぶた• (使っていれば)かき混ぜパーツ• つゆ受け• 蒸気口 だけです。 「5個もあるじゃん!」などとおっしゃらずに。 つゆ受けと蒸気口は小さなパーツですし、油汚れがべっとりつくような場所ではありませんので負担になりません。 調理はホットクックで完結しているため、 コンロ周りや五徳の拭き掃除も不要! そして「我が家の場合」に限りますが、 なぜかホットクックは内鍋ごと食卓においても嫌がられません。 ドカンとそのまま置いて、おたまや菜箸を突っ込んで、好きなぶんだけ自分で盛り付けるスタイルを採用しています。 つまり、盛り付け皿が不要になったということ! 食べ残しはそのまま 内鍋ごと冷蔵庫に入れてしまうのもアリです。 見張りというお役目からの解放 基本のメリットですが、お釜に具材を入れてスイッチポン、のあとはほったらかしでOKです。 この 解放感は想像以上でした。 ゆで卵が好きなのですが、つくるのは地味に面倒な作業だったのです。 わざわざゆで卵メーカーを買おうという気にもなれませんでした。 ホットクックなら卵をごろごろ入れて水100CCを入れてスイッチポン。 15分でできます。 その間に化粧をしたり掃除をしたり、やっておかなければならないことを「心置きなく」済ませておけるのがうれしい!常に火のことが気になっていると、疲れるんですよね。 ゆで加減に好みのある方は難しいかもしれませんが、私はこだわりがないのでとても助かっています。 メニューによりますが 予約調理も可能です。 寝る前にセットしておいて、朝起きたらカレーができている、なんてことも簡単です。 かぶを入れたらトロトロに…! 見た目があんまり美しくない「家庭感」も魅力です。 これがまあ、機械感たっぷりのしょうもないセリフばっかり(おいしくできますように、とか)なのですが、それがたまらなく愛おしいです。 「このあいだ作ったカレーは、星いくつでしたか?」なんて面倒くさい質問も投げかけてきます。 マチャアキ気分で「星、2つ!」(声は認識しませんので、回答は選択式です。 かわいい! 無線LAN搭載機のウリは 「外出先から、料理のできあがり予約時間を変更できる」「新しい料理をダウンロードできる」なのですが、これらの機能は正直、あまり使わないかも。 ただ、上述の 「ホットクックちゃんのかわいさ」が味わえることと、 液晶にメニュー名が表示されるためにわかりやすいという理由から、無線LAN機を選んでよかったと思っています。 通常のホットクックだとメニュー名ではなく番号で表示されるので、「あの料理は何番だっけ……」となることがあります。 ホットクックで外出自粛期間を彩ってみませんか 私はまだまだ使い始めたばかり(かつ、料理が大嫌い)なのでこんな紹介になってしまいましたが、日々使いこなしているかたの情報に触れると、ホットクックの魅力にさらに惹かれるのではないかと思います。

次の