あなた が 嘘 を つか なく て も 生き て いけ ます よう に。 第80話 あなたが嘘をつくか、正直に生きるかで住む世界は違う。

「嘘を平気でつく人(虚言癖)」に共通する「6つの心理」とは!?セルフカウンセリングで「嘘を平気でつく人の心理」を自己分析してみよう!!

あなた が 嘘 を つか なく て も 生き て いけ ます よう に

「コンプレックス」「プライドが高い」「自分が大好き」!?「嘘を平気でつく人(虚言癖)」に共通する「6つの心理」とは!? セルフカウンセリングで見えてくる「嘘を平気でつく人の心理」 まず、 虚言癖とはどのようなものなのでしょうか? どうしても嘘をついてしまう人間をあらわす専門用語で、1891年にドイツの心理学者アントン・デルブリュックによって提唱された。 「虚栄心や自惚れから、自分を実際よりも大きく見せようと、ホラを吹く」とされる。 引用元: それでは、 嘘を平気でついてしまう人(虚言癖)の心理とはどのようなものがあるのか探っていきたいと思います。 人は信頼関係でできています。 嘘をつかれて平気な人はいません。 では、嘘を平気でつく(虚言癖)の人は どのような心理があるのでしょう? あなた自身、もしくは周りに嘘を平気でつく人がいましたら、チェック項目にいくつ当てはまるか セルフカウンセリングしながら読み進めていってください。 チェック項目が1個でもあるのなら、あなたは 虚言癖の仲間かもしれません。 しかし、この虚言癖の人はそうではなく日常的に嘘をつきます。 その心理として、 コンプレックスを持っている人が多いと言われています。 コンプレックスがあるので、 自分を大きく見せたいと思う心理が働き嘘をついてしまいます。 自分の プライドを維持するために、次から次へと嘘を平気でつくようになるようです。 周りの人にばれていようがそれは関係ないようです。 承認欲求が強いので、 噓をついてでも人に認められたいと考えます。 しかし、あくまでも努力が嫌いで、口だけなので、周りから相手にされません。 嘘をついてしまう本人もついつい口から出てしまい、 認識がないまま嘘をついている人が多いようです。 嘘によって人を傷つけてしまっても 自分が一番なので何も感じません。 そこが虚言癖の人の特徴とも言えます。 注目を浴びるということは快感があります。 その 快感が忘れられない為に次から次へと嘘をついてしまいます。 ですからどんどんエスカレートしてしまい、本当のことが何か自分でもわからなくなってしまいます。 そのために嘘をつき、 自分がとてもすごい人だと思っていたいのです。 ある意味勘違いしていたい、妄想していたい気持ちがあるようです。 いかがでしたか? 嘘を平気でつく(虚言癖)人の心理を書かせていただきました。 チェック項目にいくつ当てはまりましたか? 「嘘をつかないピュアな自分」に生まれ変わりたい!「嘘を平気でつく人(虚言癖)」の「5つの直し方」とは!? あなたの嘘は他人からすでに見抜かれている 自分では 知らず知らずに嘘をついてしまっている人もいると思います。 しかし、それは直さないといけません。 あなたはばれてないと思って嘘をついているかもしれませんが、周りの人は 嘘を見抜いています。 嘘を 嘘だとわかってあなたの話を聞いています。 それなのにあなたは、それに気づかず平気で嘘をついている。 その虚言癖から抜け出さなければいけません。 そこで、これから 虚言癖の直し方について書かせていただきます。 これを参考にして少しずつで構いませんので、直していけるように努力してもらいたいと思います。 人は全ての人に好かれるのは無理です。 嫌われる勇気も必要だと思います。 その 相手の気持ちはどんな思いかを考えてみて下さい。 親しければ親しいだけ傷つきます。 それを考えたら嘘はつけないと思います。 そして、自分が嘘をつかれたらどんな気持ちになるかを想像してほしいと思います。 自分が嘘をつかれても良いと思う人はいないと思います。 だとしたら、嘘をつくのをやめましょう。 それを専門のカウンセラーに相談し、認知行動療法を使い、 何が原因でいつから嘘をつくようになったのか?を探り出してもらい改善をしていきます。 自分で探し出せる人もいると思いますが、できない人はカウンセリングを受けることをオススメしたいと思います。 その場合は、一人で考えても仕方ありません。 精神科または心療内科に行きアドバイスをもらうのも良いかと思います。 病院に行けば、先生とカウンセリングできますので今後の指導を受けることができると思います。 ですので、嘘をつくことで人が嫌な思いをしたり、傷つくことを知りません。 しかし、人は嘘をつかれると嫌な思いをしますし、騙されたということで心が傷つきます。 親しければ親しいほど、裏切られ感は大きいのです。 ですので、 嘘をつくと人を傷つけてしまうことを自覚しないといけません。 嘘を平気でつく(虚言癖)人の心理6個と直し方5個を書かせていただきました。 読んでみていかがでしたか? あなたの心の中に 「引っかかるもの」はありましたか? 【まとめ】「嘘つきな人」を卒業して「魅力的で素直な人」へ!大切なことは自分に嘘をつかない「ありのままの自分」になること!! 自分に嘘をつかないことは「あなたの人生の修行」 人は誰でも嘘をつかなければいけない時も沢山あると思います。 しかし、 日常的に嘘をつくのはどうなのでしょうか? 嘘をついて得になるかと言うと得にはなりません。 どちらかと言えば 損になることの方が多いと私は思います。 人との信頼関係が失われ、虚言癖というレッテルを貼られてしまうことは、 自分にとって汚点だと思います。 その汚点は直さないといけないと思います。 虚言癖というのは病気と言われていますが、どちらかと言えば癖なので直せなくありません。 時には身近な人の力も借りてみよう あなたが本気で直したいと思えば、少しずつでも直していけると思います。 それには 少しの勇気と努力が必要になります。 自分一人ではどうしようもない人もいると思います。 人の力を借りてでも、今直すべきだと思います。 遅くなれば遅くなるほど、直すのも時間がかかってしまいます。 人から信頼され、あなたが あなたらしく生きられるようになるためには変わる必要があります。 上記にも書きましたが、精神科や心療内科に行ったり専門のカウンセラーに相談し、カウンセリングを受けたり、 身近な人に助けてもらったりしながら改善していくことをオススメします。 あなたが誰からも相手にされなくなる前に、嘘を平気でつく(虚言癖)人を直してもらいと思います。 嘘をつかなくても あなたはあなたです。 自信を持って下さい。 嘘で着飾ったあなたは、 本当のあなたでないことを理解して下さい。 最後まで読んで頂きありがとうございます。 遠藤まなみでした。 心の扉メンタルカウンセリング横浜 筆: 心の扉メンタルカウンセリング横浜の無料メールマガジン講座(LINE@)です。 心理学(NLP)や交流分析(TA)、恋愛、インナーチャイルド、ヒプノセラピスト、コミュニケーション、ミラクルタッピング、カウンセリングといった専門的スキルや理論をもとに、毎日を明るく楽しく、そして元気に生きていくための方法や考え方を分かりやすくお伝えしています。 公式メルマガ講座にご登録いただいた方には、カウンセリング系の電子書籍『ありのままの自分を手に入れる心理学テクニック(980円)』をもれなくプレゼントしています! 登録や配信もすべて無料ですので、あなたの日々の生活の一部(セルフカウンセリング)としてお役立てください。

次の

「好きなように生きる」ために。してはいけない30のこと

あなた が 嘘 を つか なく て も 生き て いけ ます よう に

欧米で、幸せに生きる為に「自分にしてはいけないこと」をまとめたサイトが大変な話題を呼んでいます。 これはマルクとエンジェルという男女のライターが書いている「人生を楽に生きるコツ」についてのブログから厳選されたもので、添付された美しい写真の力もあって、多くの人から絶賛を受けているようです。 「間違った」人と時間を過ごさない 人生は短く、あなたから幸せを奪うような人に時間を費やす余裕はありません。 誰かがあなたを必要としているのならば、あなたのことをきちんと評価してくれるはずです。 他人の評価というのは、あなた自身が努力して勝ち取るべきものではないのです。 あなたを過小評価する人に対して、認めてもらうように主張するのは時間の無駄です。 あなたが最高の状態の時に一緒にいてくれる人ではなく、あなたが最悪の時に一緒にいてくれる人こそが、あなたの真の友人なのです。 困難から逃げない 何か問題があればそれを真正面から向かい合いましょう。 もちろん簡単ではありません。 世界中どこを探しても、向けられた敵意に対して何の問題もなく対処できる人間はいません。 人は問題を即座に解決出来るようには出来ていないのですから。 事実、そのような問題に直面すると、私たちは誰でも動揺し、悲しみ、傷つき、時には挫折することになります。 しかしそのようにして困難に直面し、学習し、適応し、最終的に解決することこそが、人生の目的なのです。 こうしたプロセスを通して人間は進化してきたのです。 自分に嘘をつかない 世界中の全人類に嘘をつくことが出来たとしても、あなた自身に嘘をつくことは出来ません。 人生は与えられたチャンスをものにした時にこそどんどんと改善されていくものですが、その中でももっとも手っ取り早く、困難なチャンスこそが、自分に正直でいられるかなのです。 自分自身の願望を後回しにしない あなたが誰かを愛したことで自分を失い、自分の価値を信じられなくなってしまうことがあったとしたら、それはとても痛ましいことです。 もちろん、他人を助けることはとても大事ですが、同時にあなた自身も救われる必要があります。 あなたが追求したい夢や情熱、気になることがあるならば、今こそそれらを実行するべきなのです。 自分ではない誰かになろうとしない 人生において最も難しいことの一つは、自分自身のままでいることです。 周囲はあなたが「みんなと同じ」人になることを求めるからです。 でも、本当はみんな同じではありません。 誰かの方が誰かより可愛く、誰かは誰かより格好よいし、誰かは誰かより若いし、あなたはあなた以外の誰とも違っています。 周りの人から好かれようとして、変わるのは間違っています。 あなたはあなた自身でいることで、あなたに本当にふさわしい人があなたを愛してくれるようになるのです。 過去にしがみつかない 過去にしがみついている間は、何も新しいことは起きません。 それは同じ章を何度も何度も読んでいるようなもので、いつまで経っても次の章に進めません。 失敗を恐れない 何かに挑戦して、間違えてしまうことは恐ろしいことかもしれませんが、何もしないよりも10倍生産的です。 全ての成功には、それまでに重ねた失敗がつきものです。 失敗したことよりも、何もしなかったことの方を最終的には後悔するのです。 失敗した自分を責めない 間違った人を愛したり、どうでもいいことにこだわったり、といった失敗をすることは誰にでもあります。 でも、そんな失敗から私たちは、何が正しいことで、自分にとって正しい人とは誰なのかを知るようになるのです。 失敗して、困難に直面し、後悔することだってあるでしょう。 でも、あなたはあなたの失敗でもなければ、あなたが直面した困難でもありません。 それは過去に起きたことであり、現在のあなたは、未来を変える力をもった今のあなたなのです。 過去に起きたことは、今後起こるであろうことに対する準備をあなたにさせる為のものに過ぎません。 幸せを買おうとしない 私たちが欲しがるものの多くは高価なものです。 でも、本当に私たちを幸福にするものはお金がいりません。 愛、笑顔、そして情熱を持って働くこと、これらは全て無料です。 幸せを求めて他人に依存しない 自分自身に満足していなければ、誰と一緒でも長期的に幸せになることはできません。 幸せになる為に誰かを求める前に、まずは自分自身が精神的に安定する必要があります。 立ち止まらない 考えすぎてはいけません。 考えすぎると、そもそもなかったはずの問題を自分自身で作り上げてしまうことになります。 状況を判断して、行動を起こすべきです。 あなたが問題に直面することを拒んでいる限り、状況を変えることは出来ません。 もちろん前進することには常にリスクが伴います。 でも、考えすぎてはダメ!一塁ベースに足を置いたままでは、いつまでも二塁ベースに進めないのです。 まだ無理だ、と思わない チャンスが訪れた時に、100%の準備が出来ている人なんていません。 でも千載一遇のチャンスがくれば、人は快適な状態から抜け出して、難しい挑戦をせざるを得ないのです。 つまり、チャンスをつかもうとする時は、誰だって最初は快適ではないということです。 間違った付き合いはしない 男女関係は慎重に選ぶべきものです。 間違った相手といるくらいなら、一人でいたほうがマシです。 急ぐ必要なんてありません。 運命の人とは、ふさわしいタイミングで、ふさわしい理由で会うことになるのです。 寂しいからではなく、あなたがふさわしいと思うときにこそ、恋をしましょう。 以前の恋愛が悪かったからといって新しい恋愛を拒まない 人生では、あなたと会う人全てに、会うべき目的があります。 あなたを試す人間もいれば、あなたを利用する人間もいるし、あなたに教訓を残してくれる人もいます。 でも、一番大事な人はあなたの最高の部分を引き出してくれる人です。 他人と競わない あなたより優れた人がいても気にしてはいけません。 毎日、気にするべきは自分自身と向き合い、自己の記録を更新していくことです。 真の戦いはあなたとあなた自身による戦いでしかないのです。 他人に嫉妬しない 嫉妬とは、他人の幸運度を計測する「芸術」です。 自分自身の幸福を測る代わりにそんなことをするよりも、「私の持っている能力で他の人が羨むことは何だろう」と自分に問いかけてみるべきです。 他人に文句を言って、自分を哀れまない あなたの人生に起こるアクシデントは、全て理由があります。 それは、あなたの人生の道筋を変える為に起きたことなのです。 アクシデントが起きた時にはその意味を理解することは出来ないかもしれませんし、とても辛いことでしょう。 でも過去に同じようなことがあった時はどうでしたか?あなたはそれによって、新たな人生の道筋を見いだし、前よりも良い人間になり、精神状態や、周りの環境が良くなりませんでしたか?そうであるならば笑顔でいましょう。 そして周りのみんなにあなたは昨日よりもずっと強くなったし、今後ももっと強い人間になるのだ、ということをわからせるのです。 恨まない 憎しみを心に抱いて生きるのはやめましょう。 あなたが憎む人間以上に、あなた自身を傷つけることになるからです。 許す、ということは「あなたが私にしたことは全然問題ありませんよ」ということではありません。 「あなたがしたこと程度で、私の幸せが永遠に台無しになることを許しません」ということなのです。 許しこそが回答です。 恨みなどはほっておいて、平和を見いだし、自分自身を解放しましょう!そして覚えておいてください。 許しは他人の為だけにすることではなく、あなたの為でもあるのです。 自分のことを許したいのであれば、前を向いて、今後もっといいことをしようと思えばいいのです。 相手に合わせすぎて自分のレベルを下げない 相手と無理に合わせようとしてわざわざ自分のレベルを下げる必要はありません。 相手があなたに合わせようとしてこないのであれば、あなたが自分のレベルを下げすぎないようにするべきです。 他人に理解してもらおうと説明するのは無駄なこと 友人は言葉でいわなくてもわかってくれます。 そして敵はあなたの言うことをどうせ信じないでしょう。 つまりいずれにしても、あなたの心が信ずるままに行動するだけでいいのです。 何度も何度も同じことをするときは休憩を挟む 深呼吸をする暇がない時こそ深呼吸をする時なのです。 今していることをそのまま漫然と続けていても、今まで通りのものしか得られないでしょう。 本当に必要なものが何なのかを理解するために時々、距離を置いて自分を見つめる必要があります。 「素晴らしい瞬間」を軽視しない 今まで見過ごしていたほんの些細なことを楽しむようにしましょう。 その些細なことが、実は大きなことだったと後になって発見することがあるからです。 あなたにとって大切な人と笑顔で過ごしたほんの些細な時間こそが、最高の人生を構成する大切な部分になることでしょう。 完璧主義をやめる この世界で報われるのは、完璧主義者ではなく、必要な物事を成し遂げる人なのです。 楽そうな道に行かない 何かを成し遂げようとする人にとって、人生は簡単ではありません。 楽な道を選ばずに、何か特別なことをしましょう。 平気じゃないのに、平気なふりをしない 少しの間、気弱になってもいいのです。 いつも強いふりをすることはありません。 全て順調です、と常に言い張る必要などないのです。 他の人があなたについてどう考えているのか、心配しないでください。 必要ならば泣けばいいのです。 涙を流すことは健康にもいいことですし、さっさと泣けば、すぐに再び笑えるようになるでしょう。 自分のトラブルで他人を責めない 自分の人生にどれだけ自分で責任を取れるかで、あなたが夢を実現出来るかどうかが決まります。 自分の苦しみを他人のせいにした時、あなたは自分の責任を放棄しただけではなく、自分の人生を決める「力」を他人に譲ってしまったことになります。 世の中の全ての問題を自分でなんとかしようと思わない あなたが一人で、世の中に存在する全ての問題に対処することなど出来ません。 実行することは不可能だし、挑戦してもあなたが燃え尽きてしまうだけでしょう。 しかし誰か一人の人間を笑顔にすることで、世の中を変えていくことは可能です。 全ての世界を変えることは出来ないかもしれませんが、変えられるのはまぎれもなくその世界の一部なのです。 だから何をするべきか、焦点を絞りましょう。 心配しすぎない 心配しても、明日の重荷が軽減されるわけではありません。 今日の喜びを奪ってしまうだけです。 それでも心配する価値があるかどうか、確認する方法が一つあります。 「その問題は1年間、3年間、5年間の長期間に及ぶことですか?」と自分に問いかけてみることです。 もし答えがノーだったら、心配することではないのです。 ネガティブなことばかり考えない 起きてほしくないことではなく、自分に起きてほしいことを考えるようにしましょう。 前向きな考えを持つことこそ、多くの成功者の重要な要素なのです。 毎朝、「今日は何か素晴らしいことが起きる」と思っていれば、本来見過ごしていたような細かいことに注意を払うようになり、結果的に本当にいいことが起きることもよくあることです。 感謝を忘れない 幸運に恵まれていようが、なかろうが、自分の人生に感謝して毎朝を迎えましょう。 今でも誰かがどこかで絶望的な戦いを挑んでいるのです。 自分にないことを考えるのではなく、他の人にない、自分にあるもののことについて考えましょう。 ちなみにこのリストの原文を読んだ海外の人々の反応は... 「全てに賛同するけれど、言うは易し、行うは難しだよね」 「これらのことを理解するのには50年はかかる。 よくまとめてくれた!」 などと大半が好評ではありますが、一方で... 「インターネットで人生についての記事を読まない、っていう項目も加えるべき」というコメントもありました。 執筆:一色崇典 参照: スポンサーリンク.

次の

自分に嘘をつく人へ。自分に嘘をつかない方法は「環境」を変えること

あなた が 嘘 を つか なく て も 生き て いけ ます よう に

本当は言いたいことがあるのに、グッとこらえてもみ消している• 本当はやりたいことがあるのに、気づかないふりをしている• 本当はやりたくない仕事なのに、我慢しながら続けている こんな風に、自分に嘘をつき続けながら、生きていませんか? もし答えがYESなら、警告です。 その生き方を続けていると、あなたは人生で一番大事なものを自然と失っていきます。 「自分に嘘をつく」とは、自分の心を殺すこと 自分に嘘をつきながら生きている人は、自分の気持ちをごまかしながら生きています。 自分の本当の気持ちを、無理矢理おさえつけたり、蓋をしたり、無視したり。 少し過激な言葉で言うなら、自分に嘘をつくってことは、自分の心を殺すこと。 自分の心を殺すなんて、もう考えただけで苦しそうですよね。 だから、自分に嘘をついちゃってる人は、苦しそうに生きているのが1つの特徴です。 自分に嘘をつくのは「他人に嫌われるのが怖い」という心理 じゃあなんでそんなに苦しい、「自分の心を殺す」なんてことをするのでしょうか? 自分に嘘をつくのは、他人に嫌われるのが怖いからです。 本音で話したら、あの人に嫌われるんじゃないか• 本当にやりたいことをやったら、世間からバカにされるんじゃないか• 好きな趣味を公言したら、変な人だと思われて、仲間外れにされるんじゃないか 自分の気持ちや本音を出してしまったら、嫌われるんじゃないかという不安があるわけです。 そんな風に他人から嫌われるのって嫌ですよね。 だから、自分の気持ちを押し殺して、自分に嘘をつくわけです。 みんなが好きなことに合わせてみたり、全然付き合いたくない友達と遊んだりしちゃうわけです。 でも他人に嫌われないようにすると、自分に嫌われる でもそんな風に、他の人から嫌われないように、自分に嘘をついていると、ある大事な人から嫌われてしまいます。 それは自分自身です。 自分にどんどん嫌われていくのです。 そりゃそうですよね。 自分の気持ちに嘘をついて、押し殺しているわけですから。 自分にどんどん嫌われると、必然と「自己肯定感」がどんどん下がっていきます。 そうして、人生で一番大事な「自己肯定感」を失い、幸せに生きられなくなる 「自己肯定感」という言葉の意味はこちら。 自己肯定感とは、 自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉です。 引用: 要は、自分の存在価値をどれだけ、自分で認めてあげているかってことです。 実は、この「自己肯定感」は、人生で一番大事なもの、とも言えるくらい重要なもの。 っていうのも、自己肯定感って、僕らの人生の基盤なんですよ。 だから、自己肯定感が低い人は、何をやってもうまくいきません。 いくらスキルを身につけていても、「自分にはできない」と思っていたら、仕事はうまくいきません。 仕事がうまくいかなかったら、お金持ちにもなれない。 自己肯定感が低いと、好きな人にアプローチもできないから、恋愛だってうまくいきません。 自己肯定感は人生を幸せに生きる上で、超大事なインフラ。 自分に嘘をつくことは、そのインフラをどんどん壊していく行為になります。 だから、自分に嘘をついている人は、必然と、幸せに生きられなくなります。 会社員時代、僕はずっと自分に嘘をついていた。 だから自分が嫌いだった ここで僕の経験談を1つ、お話しさせてください。 今でこそネパールで、自分に嘘をつかずに生きている僕ですが、ほんの数年前までは違いました。 新卒から会社で働いていた3年間、僕はずっと自分に嘘をついていました。 僕が働かせてもらっていた会社は、就活のときからの第一志望。 いわば、僕にとって世界で一番大好きな会社。 そんな超恵まれた環境で働いていたのに、僕は自分の心が満たされていませんでした。 自分がやっていた仕事は、僕にとって全然やりたくない仕事だったんですね。 だからず~っとこんな風に思っていました。 「なんで自分は好きでもない仕事をやっているんだろう?」 「世界で一番好きな会社に入ったのに、なんで今やってる仕事が好きになれないんだろう?」 「本当は他にもっとやりたいことがあるはずだけど、なんではっきりわからないんだろう?」 自分の心から素直に出てきた疑問。 そんな疑問を僕は全部無視していました。 そんな本音を周囲の人に言って、嫌われるのが怖かったからです。 だから、ずっとその本音を隠して、自分に嘘をつきながら仕事をしていました。 当然のことながら、自分のことがどんどん嫌いになっていきました。 辛かった。 3年目の春。 自分に嘘をつくのを辞めた日から人生が好転した。 そして、自分が好きになった そんな中で迎えた3年目の春。 ある大きな転機が訪れます。 僕は恩人ともいえる方から、コーチングのワークショップを紹介してもらい、ひょんなことから参加したのです。 その3日間のワークショップで、これまで嘘をつき続けてきた自分の心と嫌というほど向き合いました。 そして、自分自身が本当は「途上国で働きたい。 今すぐに働きたい」と思っていることに気がつきました。 はっきりと自分の心の声が聞こえてしまったその日から、もう自分に嘘をつくことができなくなったんです。 そして、自分に嘘をつくのを辞めた日から、人生がガラッと好転していきました。 3日間のコーチングが終わってすぐに、青年海外協力隊の選考を受け、合格。 念願だった途上国で働くことを実現するために、会社も辞めました。 そして、ずっと付き合っていた当時の彼女とも結婚。 あれほど嫌いだった自分のことも、どんどん好きになっている自分がいました。 自分に嘘をつかない方法:今の「環境」を変えること 自分に嘘をつかなくなると、人生は圧倒的に楽しくなります。 嘘をつきまくっていた僕自身がそうです。 だから自分に嘘をついてしまっているあなたにも、嘘をつかないで生きてほしいと心から思います。 じゃあどうしたら自分に嘘をつかずに生きていけるようになるのか? 自分に嘘をつかない方法は、1つだけ。 自分に嘘をつかざるを得ない、今の「環境」を変えることです。 キングコング西野さんが書いた、大ヒットしているビジネス書の中に、こんな名言があります。 嘘は「感情」でつくのではない。 我々は「環境」によって嘘をつかされる。 テレビタレントはグルメ番組で出てきた料理が、どんなにまずくても嘘をついて「おいしい」と言うしかない。 それは、なぜかというと、嘘をつかざるを得ない「環境」にいるから。 まずいと言ってしまったらテレビの仕事がなくなっちゃうから、嘘をつかざるを得ないのです。 自分に嘘をついている人も同じ。 自分に嘘をつきたくてついている人なんていない。 でも嘘をつかないといけない「環境」があるから嘘をついてしまっている。 だから、そんな嘘をつかざるを得ない「環境」を変えるんです。 僕は自分に嘘をつかないといけない、「会社」という「環境」を変えて独立しました。 結果、自分に嘘をつくことは自然となくなりました。 自分に嘘をつくことがなくなったので、自分がどんどん好きになり、自己肯定感が上がりました。 自己肯定感が上がったから、基本的に人生が超楽しいですし、幸せです。 自分に嘘をつきたくないなら、嘘をつかないように「感情」で努力しても無駄。 嘘をつかなくてもいい「環境」に変えることが一番です。 自分に嘘をつかない生き方で、もっと楽しく人生を生きよう 自分についている嘘。 あなたを苦しませる嘘。 でもそれは、あなたがつきたくてついてるわけじゃない。 自分に嘘をつきたくて、ついている人なんてこの世に1人もいないんです。 だからもし、自分に嘘をついてしまっているのなら、それは「環境」を変えるサイン。 「生き方を変えよう!」と心が発しているサインなんです。 大丈夫。 人生はもっと楽しくなります。 自分に嘘をつくのを辞めた時、あなたの人生は自然と楽しくなっていきます。 必要なのは、自分に嘘をつかざるを得ない「環境」から抜け出す、小さな一歩を踏み出すだけ。 その小さな一歩を踏み出せるように、ネパールからも応援しています^^ <Googleでも出てこない! たった1時間でやりたいことが溢れ出る感動の雑談!> 1988年生まれ。 鎌倉市出身。 早稲田大学政治経済学部卒。 働くのが夢だった大企業で人事になるも「やりたいことがわからない」で約3年悩むも、ひょんなことからコーチングを受講。 たった3日で「やりたいこと」に気づき、その実現のために退職。 2015年から2年間、青年海外協力隊としてネパールでボランティア活動に従事。 現在は日本とネパールでデュアルライフ。 「やりたいことがわからない」を解決するプロとして、コーチングのプロコーチをやりつつ、ネパールでの事業を準備中。 スターウォーズ、ラーメン、たらこパスタが大好き。 124•

次の