スマートex 料金。 東海道・山陽新幹線ネット予約サービス「スマートEX」の料金・使い方

スマートEX運賃ナビ

スマートex 料金

従来の東海道・山陽新幹線のICカードサービス これまでも「エクスプレス予約」会員に送付されるEX予約専用ICカードを使用すればチケットレス乗車が可能でした。 エクスプレス予約を利用するためには2つの方法があり、専用クレジットカードを契約する方法と、プラスEX会員で手持ちのクレジットカードを登録する方法があります。 どちらの方法も利用するには年会費が1,100円必要です。 専用クレジットカードを作りたくない人や、数年に1度程度しか新幹線に乗らない人がエクスプレス予約会員になると、年会費の支払がハードルとなることから、紙の乗車券・特急券を買うか、次に記載するスマートEXを利用する事になります。 東海道・山陽新幹線に乗るためには次の方法を選ぶ! 1.エクスプレス予約会員(年会費1,100円) 2.スマートEX会員(年会費不要) 3.紙の乗車券・特急券 スマートEXを利用するメリット スマートEXとは、交通系ICカードとクレジットカードがあればインターネットで新幹線を予約してきっぷを引き換えることなく乗車できる新しい仕組みです。 一部を除く幅広いブランドのクレジットカードが使用できることから、東海道・山陽新幹線を利用するかなりの乗客がスマートEXで予約する方法に移行するものと考えられます。 スマートEXを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。 紙の新幹線切符と比較して、スマートEXが便利でお得な点を挙げてみましょう。 いつ購入しても常に200円引き スマートEXで予約すると、普通車指定席とグリーン車の値段は通常価格から200円割引となります。 たったの200円かよ!と感じるかもしれませんが金額面以外のメリットもあります。 きっぷをわざわざ駅へ買いに行く必要がない ネット予約が無い時代の新幹線切符の買い方は、JRの窓口や旅行代理店、格安チケットショップなどへ行く必要がありました。 駅窓口は混雑時に大行列で旅行前の貴重な時間が費やされます。 スマートEXだと、自宅でゆっくりとどの新幹線に乗ろうかと考えながら予約ができます。 予約操作ができる時間は5時30分から23時30分までです。 新幹線発車時刻4分前まで予約購入ができますので、駅に着いたらサクッとスマホを操作してすぐ乗れます。 座席位置を自由に選ぶことができる 窓側にするか通路側にするか座席のイメージを見ながら好きな座席の予約ができます。 混雑具合がよくわかるのです。 予約の変更が何度でも可能 新幹線を予約したけれど、予約時刻より遅く乗りたい。 もしくは予約時刻より早く乗りたいことは良くあることです。 家族旅行などプライベートな新幹線乗車ならば予約時刻まで時間を潰したり、または予約時刻に間に合わせるために観光をあきらめるなどできますが、仕事で取引先との会議が延びて予約時刻が近づいてくると気が気ではありません。 スマートEXならば、その場でスマホを利用して別の新幹線に予約変更ができます。 私個人的には予約変更自由であることが、もし乗車時間に間に合わないのではないかというような精神的に不安になることがなくなりとても助かっています。 予約変更は手数料がかかりませんので安心して何度でも変更してください。 早特商品を利用できる スマートEXで早特を利用できることが最大のメリットではないでしょうか。 航空機予約「早割」のように数日前までに予約すればさらに新幹線乗車が割引となるお得な「早特」を利用する事ができます。 払い戻し手数料(キャンセル料)が安い あまり知らない方も多いのですが、通常の紙のきっぷの場合、キャンセル時の払い戻し手数料が高額です。 JRきっぷの払い戻しルールは 普通乗車券、自由席特急券 使用開始前で有効期間内 220円 指定席特急券、指定席グリーン券 列車出発日の2日前まで 340円 出発日の前日から出発時刻まで 30%(ただし最低340円) 例えば、東京から新大阪間の「のぞみ」指定席を予約日の当日か前日にキャンセルすると、特急券1,740円と乗車券220円のキャンセル手数料が必要です。 スマートEXやエクスプレス予約で購入した乗車券と特急券が一体となった商品は、 指定列車出発時刻前までのキャンセル料は320円だけで済みます。 直前キャンセルする心配があるならば、紙のきっぷよりもスマートEXを利用するほうが良さそうです。 スマートEXの予約を変更するには? スマートフォン・パソコンの操作でスマートEXでの予約を変更するには、• 交通系ICカードで新幹線改札口へ入場する前• きっぷ受取前かつ予約している列車の発車時刻前まで 変更操作ができる時間は 5:30~23:30 の間です。 新幹線改札口へ入場した後や紙のきっぷで受け取った後に予約を変更したくなった時は、予約した新幹線の発車時刻前までに駅の係員へ申し出ましょう。 スマートEXを利用することのデメリットは いろいろとお得な面の多いスマートEXですが、利用条件によってはデメリットもあります。 新幹線と在来線を乗り継ぐ場合 東海道・山陽新幹線の東京駅、横浜駅、名古屋駅、京都駅、新大阪駅、新神戸駅、広島駅、小倉駅、博多駅を乗り降りする行程でスマートEXを利用する際には気を付けていただきたい点があります。 特定都区市内制度というJR運賃計算の特例があるのですが、スマートEXを利用する場合は適用されません。 そのため上記記載の駅で新幹線と在来線を乗り継ぐ場合には乗車区間によりスマートEXと在来線の運賃合計が駅で購入する紙のきっぷよりも高額となることがあります。 例えば、新宿駅からJR中央線で東京駅で新幹線に乗り換えて、新大阪駅からJR線で天王寺駅までにかかる値段を比較するとこうなります。 (通常期の値段) 駅で購入する紙のきっぷ 14,720円 スマートEXサービス 14,938円 EX予約サービス 14,038円 このようにスマートEXだと駅で購入する紙のきっぷよりも高額になってしまいます。 なぜそうなるのか理由は、• 駅で購入する紙のきっぷは東京都区内から大阪市内までの乗車券と特急券合わせて14,720円• スマートEXは新宿から東京198円+東京から新大阪14,520円+新大阪から天王寺220円• EX予約は新宿から東京198円+東京から新大阪13,620円+新大阪から天王寺220円 以上のようになるからです。 専用クレジットカードが必要なEX予約サービスでも同じように値段が高くなる場合はあるのですが、スマートEXより割引率が高いため新宿から天王寺までの乗車では駅で購入するよりもお得になります。 さらにEX予約ならe特急券という予約方法があり、座席の予約はインターネットで行い、駅で紙のきっぷで特急券を受け取り、乗車券は別に購入する方法もあります。 スマートEXは交通系ICカードを利用するのですから、なんとかシステム改善によってこの不便さを解消できそうな気もするのですが、利用する際は注意してください。 スマートEXの値段を確認する方法 先程記載しました特定都区市内制度というJR運賃計算の特例はとてもややこしいため、こちらの公式サイトでスマートEX乗車が得するのか損するのか値段を簡単に比較することができます。 早特の利用期間に違いがある 早特は、3日前まで(EX早特21は21日前まで)に予約すれば、乗車日当日まで予約可能な「スマートEXサービス」よりお安い料金で新幹線に乗車できます。 スマートEXの早特は、年末年始やゴールデンウィーク、お盆の期間は予約することができません。 エクスプレス予約の早特も同様に年末年始やゴールデンウィーク、お盆で予約ができない期間がありますが、スマートEXはエクスプレス予約と比べて予約できない期間が少し長いのです。 これは大したデメリットではありません。 むしろ早特予約がすべての利用者に開放されたという観点からはメリットでもあります。 ご覧いただきありがとうございました。 下のSNSボタンでこの記事を拡散いただけるとブログ更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

次の

スマートEX運賃ナビ

スマートex 料金

「エクスプレス予約」と「スマートEX」を比較! エクスプレス予約とスマートEXには、共通点もあり、いくつかの違いもあります。 では、この各項目について詳しく解説します。 予約できる区間は同じ! エクスプレス予約・スマートEXで予約できる区間は 東海道・山陽新幹線のみ。 東京から博多までの区間であれば、両方とも全区間予約が可能です。 (それ以外の新幹線は予約できません。 ) ただし、どちらとも利用できるのは 新幹線の駅~新幹線の駅のみ。 新幹線の前後に乗る在来線は 別途料金が必要です。 カード・年会費の違いは? エクスプレス予約は、専用のクレジットカード(エクスプレスカードまたはJ-WESTカード)を利用するのが基本です。 このカードに 年会費1,100円がかかります。 しかし、これとは別の方法で、手持ちの対象カードがあれば、年会費のみ別途支払いをしてエクスプレス予約の利用が可能です。 会員登録後に送られてくる専用ICカードを利用して乗車します。 これに対して、スマートEXは 年会費が無料。 手持ちの対象カードがあれば、それを決済用に登録し、交通系ICカードを登録して乗車に利用します。 すぐに予約できるのは「スマートEX」 エクスプレス予約は入会申込後、専用クレジットカードまたは専用ICカード到着までに時間がかかります。 この期間が 2~3週間あり、その間には列車の予約ができません。 これに対してスマートEXは、クレジットカードも交通系ICカードもある状態で会員登録するので、 登録後すぐに列車の予約が可能です。 料金が安いのは「エクスプレス予約」 「早特」ではなく、普通に新幹線を予約する場合、エクスプレス予約とスマートEXでは料金が違います。 スマートEXの通常予約「スマートEXサービス」を利用すると、普通車指定席・グリーン車の料金は通常きっぷの200円引きです。 そして、この料金は繁忙期には+200円、閑散期には-200円。 さらに、「のぞみ」と「ひかり・こだま」では、通常料金が違うため、スマートEXの料金も変わってきます。 例えば、東京-新大阪なら、「のぞみ」指定席は14,520円ですが、「ひかり・こだま」なら14,200円です。 これに対して、エクスプレス予約の通常予約「EX予約サービス」を利用すると、 一年を通して会員価格で新幹線に乗ることができます。 「のぞみ」と「ひかり・こだま」に料金の違いもなく、東京-新大阪間なら指定席は一律13,620円です。 子供料金が安いのも「エクスプレス予約」 エクスプレス予約とスマートEXでは、子供料金にも違いがあります。 スマートEXの子供料金は各区間、通常きっぷの100円引き。 それに対して、エクスプレス予約は大人料金と同じく、 年間通して安いです。 例えば、東京-新大阪なら、スマートEXで「のぞみ」指定席は7,250円、「ひかり・こだま」は7,090円。 エクスプレス予約は全列車6,800円です。 「スマートEX」の自由席料金は割引なし! 自由席の料金には大きな違いがあります。 スマートEXでは、自由席のチケットもネットで購入することができますが、自由席の料金は 通常きっぷと同額。 割引はありません。 しかも、通常きっぷは東京都内や大阪市内など在来線にもそのまま乗ることができるので、スマートEXを使うと損する場合もあります。 これに対して、エクスプレス予約の自由席料金は年間通して安いです。 ただし、自由席の料金と指定席の料金は基本的に同額なので、乳幼児と一緒に自由席に乗る時以外にはあまりメリットはありません。 往復割引で安いのも「エクスプレス予約」 片道600キロを超える区間では、往復分の乗車券を同時に購入すると、で乗車券は1割引になります。 この往復割引は、エクスプレス予約・スマートEXのどちらも利用可。 スマートEXの「スマートEXサービス(往復割引)」は、往復分を同時に予約すると、片道料金は通常の往復割引乗車券利用時の料金より200円引き。 例えば、東京-広島なら、通常料金19,440円が往復割引乗車券で18,250円。 「スマートEXサービス(往復割引)」なら、片道料金は18,050円。 そして、安いのはエクスプレス予約の「EX予約サービス(往復割引)」。 東京-広島なら、エクスプレス予約の通常予約が17,990円のところ、「EX予約サービス(往復割引)」の料金は片道16,600円と安いです。 「エクスプレス予約」は「e特急券」も利用可 エクスプレス予約とスマートEXの違いの一つが「」。 この「e特急券」とは、特急券部分のみが安くなる エクスプレス予約特有の商品。 これを有効に利用できるのは、が使える 学生と、 途中下車の必要がある時。 学生なら、乗車券は学割で購入し、特急券を「e特急券」を利用するとダブルでお得。 さらに、往復割引の適用区間なら、往復割引を併用するとお得です。 そして、途中下車する時も、「e特急券」を使うとお得です。 例えば、東京から広島へ行く途中に京都で下車するとき、エクスプレス予約の通常予約なら、東京-京都13,070円、京都-広島10,330円の合計23,400円です。 しかし、乗車券を往復割引で購入し、「e特急券」を利用すると、片道料金は19,380円なので、片道4,000円以上安くすることもできます。 「早特」は同額で種類も同じ エクスプレス予約・スマートEXには6種類の「早特」があります。 3日前もしくは21日前までに予約することで料金が安くなりますが、条件はきっぷごとに違います。 このきっぷの条件も料金も、エクスプレス予約とスマートEXでは全く同じ。 通常予約時には料金に違いがありますが、「早特」だけは 料金が同じです。 ただし、「早特」には、年末年始・GW・お盆など設定除外日があります。 この除外日は、エクスプレス予約よりもスマートEXの方が多いです。 予約・乗車方法の違いはICカードのみ エクスプレス予約とスマートEXの予約方法は、基本的に同じで、会員専用サイトにログインし、パソコンやスマホなどから予約することができます。 予約方法と乗車方法の中で、唯一違うのが、利用する「ICカード」。 エクスプレス予約では、専用のICカードを使って改札を通り、スマートEXでは登録済みの交通系ICカードで改札を通ります。 なお、2人以上で予約した場合には、専用の発券機で「きっぷ」を発券して新幹線に乗車します。 「エクスプレス予約」か「スマートEX」か? では、エクスプレス予約とスマートEXの違いがわかったところで、「どちらを選べばいいか?」を考えてみたいと思います。 往復+宿泊の旅行で新幹線を利用する場合は? 往復+宿泊で新幹線旅行に行きたい時は、まず、エクスプレス予約・スマートEXを除いて考えておいた方がいいでしょう。 往復の乗車区間が同じなら、 がおすすめです! 料金が安いエクスプレス予約よりも、 「早特」を使うより安いです。 例えば、東京-大阪を往復する場合、エクスプレス予約でも安くなるのは往復で2,200円ですが、 新幹線ホテルパックで安くなるのは往復+1泊で 約9,000円。 このような新幹線旅行が多いなら、利用するのは新幹線パック。 そして、新幹線をいつでも予約できるように、年会費無料の「 スマートEX」を備えておけば十分でしょう。 実家への帰省で新幹線を利用する 実家への帰省などで新幹線を利用する方には「 エクスプレス予約」がおすすめ! エクスプレス予約の料金は年末年始等でも安く、早めに予約すれば座席の確保もできます。 しかし、スマートEXでは座席の確保はできますが、料金は安くありません。 帰省などで年に何度か新幹線に乗る方は、年会費がかかってもエクスプレス予約がお得。 例えば、年末年始(繁忙期)に東京-名古屋を往復する場合、スマートEXなら片道11,300円、往復で22,600円かかります。 しかし、エクスプレス予約なら片道10,310円、往復20,620円。 差額は1,980円なので、年会費1,100円を払ってもエクスプレス予約がお得です。 予約したいだけなら「スマートEX」で十分 利用区間が短く、「とにかく座席を確保したい!」という方は「 スマートEX」でも十分でしょう。 例えば、東京から静岡まで、スマートEXなら6,270円、エクスプレス予約は5,740円。 往復分の差額は1,060円です。 このような短い距離で新幹線を予約したい場合もスマートEXで十分です。 料金重視の方、利用頻度が高い方は「エクスプレス予約」 少しでも料金を安くしたい方は「 エクスプレス予約」の方がお得です。 そして、頻繁に新幹線に乗る方も「 エクスプレス予約」の方がおすすめです。 例えば、東京-新大阪を年に5回往復するとしましょう。 スマートEXなら、片道200円引きなので、年5回の往復で安くなるのは2,000円。 エクスプレス予約なら片道1,100円安いので、5回の往復で11,000円お得です。 なお、5回とも全て宿泊する場合、 を利用すると、5回で 40,000円以上安くなります。 当日にしか予約しない方は「エクスプレス予約」がお得 仕事の打ち合わせなどの都合で、新幹線の時間が事前に決められない場合、当日に予約しても安い「 エクスプレス予約」がおすすめです。 スマートEXの料金は「早特」を利用すれば安くなりますが、当日の予約料金は通常きっぷとあまり変わりません。 それに対して、エクスプレス予約はいつ予約しても安いです。 今すぐ予約したいなら「スマートEX」 エクスプレス予約は申込から利用開始まで時間がかかります。 それに対して「 スマートEX」は登録後すぐに列車の予約が可能です。 しかも、乗車日まで3日以上の日にちがあるなら「早特」の利用も可能。 例えば、東京-広島で「EX早特」(平日)が予約できるなら、スマートEXの通常予約料金19,240円が「EX予約」で16,190円になるので、片道3,050円、往復で使えば6,100円お得です。 このように、共通点も違いもあるエクスプレス予約とスマートEXですが、新幹線の利用頻度や使い方を想像しながら、「どちらがいいのか?」考えてみましょう! なお、同じ区間を往復+宿泊する方は、エクスプレス予約よりこちらがお得です!.

次の

「スマートEX」と「エクスプレス予約」のサービス比較|JR東海

スマートex 料金

登録にはクレジットカードが必要で、完全なチケットレスを実現するには交通系ICカードの登録が必要になります。 交通系ICカードはモバイルSuica、ApplePayのSuicaでもOKです。 登録に必要なクレジットカードは「EX予約サービス」とは違い専用のクレジットカードである必要はありません、あなたのお持ちのクレジットカードでできます。 ただし、年会費(1080円)を払う分、エクスプレス予約会員(EX予約サービス)の方が割引率が高いので年間の利用回数が多い場合は検討される方がよろしいかと思います。 年に3回以上利用するなら元(1080円)はとれそうです。 EX早特 3日前までの予約で長距離区間の「のぞみ」の割引 EX早特21 21日前までの予約で早朝・日中の「のぞみ」 EXグリーン早特 3日前までの予約で早朝の「のぞみ」、終日の「ひかり」のクリーン車 EXこだまグリーン早特 3日前までの予約で「こだま」のグリーン車 EXのぞみファミリー早特 3日前までの予約を2人以上で利用、土休日の「のぞみ」子供用の設定あり EXこだまファミリー早特 3日前までの予約を2人以上で利用、「こだま」子供用の設定あり スマートEXのメリットは、 簡単に既存のクレジットカードで登録が可能です。 (ほとんどのクレジットカードが使えます) みどりの窓口に並んできっぷを買う時間が節約できます。 スムーズに在来線から新幹線に乗り換えできます。 交通系ICカードを登録すればチケットレスで乗車ができるようになります。 (既存の交通系ICカードでOK) 新幹線予約変更手続きは発車時刻直前まで何度でも無料で変更できます。 スポンサーリンク ポイント還元率の良いクレジットカードを設定すると還元されるポイント分お得になります。 (既存のクレジットカードでOK) 早特という割引の利用ができます。 (そんなに割引率は良くない) 回数券と違い繁忙期にも利用できる。 きっぷとの違いと注意点について これまでみどりの窓口で購入していたきっぷでは、例えば、新大阪駅や京都駅から東京駅までのきっぷを購入すれば東京駅で新幹線から降りてJRの在来線に乗り換えても無料で次の下車駅まで行けましたが、スマートEXになると東京駅で降りて在来線に乗り換えると在来線の部分は通常の料金が別でかかります。 つまりは、特定都区市内駅制度が使えないということです。 これは京都駅でも同じで東京駅から京都駅に来た場合はきっぷでは行けた京都市内のJRの在来線は、スマートEXでは行けなくなり別途きっぷの購入が必要になります。 だから場合によってはきっぷの時よりも割高になることもあります、注意しておかないといけないです。 追加料金なしで行ける部分の代わりに指定席の場合は200円割引があるのですが、たった200円なのです。 在来線で遠くへ行く必要がある場合はかえって割高になってしまいます。 自由席にはこの200円割引もありません。 それともう一つの注意点としては、スマートEXで座席予約した場合にその予約した新幹線に乗り遅れた場合はその予約したチケットはもう使えなくなるという点です。 きっぷの場合は座席予約した新幹線に乗り遅れても、別の新幹線の自由席に乗ることができましたが、スマートEXではできないということです。 スマートEXで予約すれば出発時間には絶対遅れないようにしなければなりません。 お金を払ったのに新幹線に乗車する権利が無くなってしまいます、これはゆゆしき問題ですね。 エクスプレス予約会員(EX予約サービス)に登録されている交通系ICカードやクレジットカードはスマートEXの登録に使えないので、どうしても使いたい時は登録変更が必要です。

次の