インコ 放鳥。 インコが喜ぶなで方。放鳥時やケージの外からなでてみよう

セキセイインコの放鳥は大事! でも糞をしたら……?

インコ 放鳥

この記事の目次• 実際にインコを飼っている人は放鳥中のフン処理はどうしている? インコや文鳥を飼ってみたいと思うけど、フンの処理はどうするのか疑問に思っている人もいますよね。 インコに限らず、小鳥は身体を軽くしておく必要があるので比較的頻繁にフンをします。 インコの糞は健康な状態であれば水分が少ないので、ティッシュなどで簡単に取り除けます。 インコの放鳥中の場所をチェック 気に入った高い場所があると、そこに何度もしてしまう可能性はありますので、放鳥後に確認しておきましょう。 水分が多いフンの場合でも、すぐに拭き取っておけば大丈夫です。 白い布などでは後が残ることがあるので、放鳥中は仕舞っておくなど対処するといいでしょう。 インコのフンは、ほとんどの場合跡も残さず取り除くことができますが、衛生的に気になる場合は放鳥のあとに重曹を溶かしたぬるま湯で固く絞ったフキンでざっと拭く程度で充分だと思います。 インコを部屋で放鳥する場合のフン処理はラク? インコのような小さな鳥は、敵から身を守るため常に身体を軽く保ちます。 フンは体内に溜めずに、こまめに排出することになります。 つまり、一定量に達した時点で随時フンをするわけですが、いくつか習性としてフンをしやすいタイミングもあります。 インコがフンをしやすい時• 飛び立つ直前• 着地したとき• 興奮したとき• 同じ場所にじっとしているとき セキセイインコは室内程度の広さを飛んでいるときなら、飛びながらフンを落とすことはほとんどありません。 止まっているときに排泄をするので、放鳥したときに好んで止まる場所を中心に注意しておきましょう。 セキセイインコのフンには尿も固形状になって含まれています。 下痢や水分過多の状態でなければ、比較的コロンとした状態なので動物のフンとしては処理がラクだと言えるでしょう。 インコを放鳥した場合、フン処理は何分に1回くらいしなくてはいけないの? インコは平均すると15~20分おき位でフンをする インコによっては根気よくトレーニングを続けるとトイレのしつけが可能な場合もありますが、なかなか難しいものです。 インコが飼い主の側にいる場合 フンをした時間から10~15分ほど経ったらインコを指に止まらせます。 インコがフンをするときは、全身の羽根が少し膨らんだり、お尻を下げながら左右に振るしぐさをします。 指をつかむ足の力に少しだけ力が入ることもあります。 慣れると飼い主は「今、フンをするぞ!」というのがわかるようになります。 そこでゴミ箱の上や、下に紙を敷いた場所に連れて行けば簡単に処理ができるというわけです。 放鳥中自由に遊んでいる場合 ケージから出して遊ばせている場合も、お気に入りの場所を作ってあげれば対処がしやすくなります。 止まり木を用意し、お気に入りのおもちゃやおやつで定位置として覚えさせましょう。 自由に遊ばせていると、カーテンレールやエアコンなどの高い場所に行きたがります。 そんな場合は止まり木に連れ戻して、行っては行けない場所だと教えましょう。 決まった場所にいることが多くなれば、フンの片付けは簡単になります。 気になるインコのフンの臭いってどうなの? フン処理で気になるのは臭いの問題 でも、インコなど餌として植物の種子類が主食の鳥のフンは、ほとんど臭いを感じません。 ケージの掃除などを怠って溜めてしまうとある程度臭いもしますし不衛生ですが、放鳥中にした1個や2個のフンでは臭いは全く気付かないでしょう。 とはいえ、うっかりすると髪の毛や肩でカリカリになったフンがついていたり、床に落ちたものを踏んでしまうのは嫌ですよね。 健康なインコの正常なフンは、柔らかい粘土状でコロンとしています。 時折、細長くほぐれてしまうこともありますが、ティッシュで簡単に取れます。 うっかり踏んでしまった場合や、こびりついて乾燥した場合でもぬらしたティッシュなどで丁寧に拭けば、ほとんどの場合跡も残さずに処理できます。 インコにフンのしつけをする方法は? インコのトイレトレーニングの一例としては次のような方法があります。 ある程度インコの行動に見慣れると、フンをする直前の変化(腰を振る、羽毛を膨らませるなど)に気付くようになります。 気付いたら「トイレ」と決まったフレーズを呼びかけるようにします。 ちょうといいタイミングでフンをしたら、すぐに褒めてあげてください。 おやつなどを与えてもいいでしょう。 インコは褒めて伸びるタイプ インコは「飼い主に褒められる」ことで、ある程度のしつけが可能です。 フンをしそうな行動を取る• 「トイレ」など決まった言葉を呼びかける• うまくできたら大いに褒める これを繰り返すと、止まり木に止まっている間にしつけるなどすると処理がとても簡単になります。 もちろん、犬のしつけのように完璧にとは行きませんが、この程度できるようになると知らないうちにフンで室内を汚してしまう可能性が低くなりますね。

次の

インコの放鳥しすぎはダメ?放鳥時の注意点と最適な時間について

インコ 放鳥

愛らしい仕草を見せるインコにもっと触れたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 実は、鳥であるインコも飼い主との信頼性によってなでることが可能です。 なでる行為はインコの爪管理や通院の際に役に立つ「握られるしつけ」にもつながります。 もちろん衛生面や力加減、ご機嫌伺いなどインコに最大限の配慮をした上で触れることが絶対条件です。 そこで今回は、インコが喜ぶなで方についてご紹介します。 ケージの外からほっぺたなで みなさんの飼われているインコは、手や指に乗ってくれますか? 「肩や頭までは来てくれるのに手には乗らない・・・」「手を伸ばすと怖がる」など、触れる以前に手乗りになっていなかったり、飼い主の手自体に恐怖感を抱いていたりするインコも多いと思います。 もちろんインコとの信頼関係は、日頃のお世話や遊び方、クリッカー 音の出る成功体験を利用してしつけをする道具 などで築かれます。 成鳥の状態で購入した方はペットショップでしつけがされているケースもあると思いますが、雛から購入した方など好奇心旺盛なインコは、しつけもなかなか大変です。 それでも、ケージの外から呼びかけたり口笛や指を鳴らしたりすると、ケージの柵や止まり木の端まで寄ってきてくれると思います。 「インコをなでる」という目標の為にまずは、ケージの外から触れてみましょう。 シードミックスやペレットなどエサを一粒指先に持ち、インコが寄って来てくれたり近づいてくれたら、いつもの呼びかけやクリッカー音と共にエサを与えます。 毎日数回繰り返しているうちに、飼い主がケージに近づくと柵まで飛びついて来てくれるようになります。 そうなったら体に触れるのはあと少しです。 柵から小指などを差し込みじっと待ちます。 インコが指先をつついたり、自ら指に頭や頬などの痒いところを擦りつけてくれるようになります。 ケージの柵にへばり付くように寄ってきた際には、優しくお腹をさする様に触れてみてください。 決して無理強いせずにインコの様子をよく観察してください。 爪などで傷つけたり強く押したりせずに、優しく愛情を持って触れてあげましょう。 放鳥時の背中なで 放鳥時に皆さんは何をしてインコと遊んでいますか? 放鳥時のインコは部屋のいたる所に興味があり、好奇心の塊です。 おとなしく飼い主の傍にいるインコもいれば、飛び回って手の届かないところに止まってしまうインコもいるのではないでしょうか。 頭に乗ってしまうインコなど「飼い主を下に見ている」という考え方もあると思いますが、インコが落ち着く場所や止まりやすい場所を確保してあげることに注意してあげましょう。 日頃のお世話をしている飼い主との信頼関係は、放鳥時の落ち着きにも関係があると思います。 手乗りインコであっても、そうではなくても、飼い主の手に対してインコの恐怖を取り除くには色々な方法があると思います。 指や手の甲には止まっても、手のひらには止まってくれないインコもいると思います。 まずは手のひらに慣れてもらうことから始めて、背中や頭を撫でる事が出来るようにチャレンジしましょう。 テーブルなどの上で片手をトンネル状 コップを持つような手の形をしてテーブルに指を立てる にして、その中をインコにくぐってもらうトレーニングから始めます。 初めは意味が分からずウロウロとしてしまうと思いますが、手のトンネル出口からインコを覗いて、優しく呼んでください。 根気強く行うことで、インコはトンネルをくぐってくれるようになります。 だんだんと手のトンネルの大きさを小さくする事も有効です。 この手の中を通る遊びが、手への恐怖心を取り除き、背中や頭を触られる事への抵抗感を取ることに繋がります。 お気に入りの呼びかけや音と同時にご褒美のエサやおやつを与えることで、成功体験からのしつけにもなります。 遊びと同時に慣れてくると背中をなでられる事が、喜びへと変わってきます。 放鳥時のインコの頭と飼い主の鼻タッチ インコは、飼い主の声や色々な音を集中して聞いているときに、じっとしていることがあります。 放鳥時に言葉を覚えさせようとしたり話しかけたりしているときも、同様な仕草をすることがあると思います。 一生懸命話しかけを聞いてくれているだけでもとても可愛いですが、話しかると同時にゆっくり顔を近づけてみましょう。 初めは後ずさりしながらも、再び寄ってくるようになると思います。 インコがお気に入りの呼び方や音を利用することで、だんだんと距離が縮まります。 顔を近づけたまま呼びかけても後ずさりしなくなったら、飼い主の鼻をインコの頭に軽く触れるように続けてください。 飼い主の鼻が頭に触れても抵抗しなくなったインコはだんだんと自らも近づくようになり、一層飼い主との距離と信頼関係が強まります。 その結果、インコの頭も触れることができるようになり、愛情表現の一環だと理解してくれるでしょう。 ただし発情期や噛み癖があるインコの場合は、行わないようにしましょう。 インコに警戒心を持たせないなで方を覚えよう 「インコが喜ぶなで方」は、飼い主のエゴであってはいけません。 無理強いせずとも、インコに触れられる状態は、インコが愛情表現であると受け入れている合図であると思います。 しかし、同時にインコは弱い動物であり、人間に触れられる事自体が、自然界ではあり得ない事です。 ましては、「なでる」という行為自体が鳥類にはありません。 くちばしでつついたり肌を寄せ合ったりする行為が、インコにとっては「触れる」事になるわけです。 みなさんも無理強いをせずに、インコとの信頼関係を確認する愛情表現の一環として、「インコの喜ぶなで方」について研究してみてはいかがでしょうか。

次の

インコが喜ぶなで方。放鳥時やケージの外からなでてみよう

インコ 放鳥

スポンサーリンク インコをケージに戻す4つの方法 餌でおびき寄せる インコちゃんにお気に入りの餌がある場合はそれを見せておびき寄せましょう。 餌に夢中で気づかないうちにケージに入っていきます。 しかし、残念ながら繰り返していると覚えてしまい、大好きなおやつを我慢して入室を拒否する事も多いようです。 インコによっておやつの好き嫌いもあり、日本産の粟の穂だと夢中で食べるのに、中国産の粟の穂だと部屋に入らない…なんてこともあるようです。 部屋を暗くする インコは部屋を暗くすると大人しくなります。 暗くして大人しくなったところをそっと捕まえて戻すとよいそうです。 しかし、本当に真っ暗闇にしないと大人しくならない子もいるそう。 あまりにも暗い中動くとかえって危険です。 お腹を減らす ケージの外には食事出来る場所を作らず、インコがおなかを空かせてケージに戻る様に見守ります。 インコは「ごはんごはん!」と激しくねだるかもしれませんがじっと我慢です。 手で捕まえる インコはとっても賢い生き物。 ちょろちょろと動き回って、パタパタ逃げ回って、捕まえるのはとっても大変ですし、嫌われてしまうんじゃないかと不安になります。 しかし、最終的にはこれしかありません!! タイミングとしてはインコがうとうとしているスキにさっと捕まえてしまいましょう。 手は嫌がるようになってしまうかもしれませんが、そもそも頭が良い生き物なので、飼い主を嫌いになることはないでしょう。 もちろん性格はそれぞれなので難しいですが、人間関係もインコとの関係も山あり谷あり。 謝りつつもちゃんと説明してあげれば大好きなあなたの気持ちをわかってくれるでしょう。 嫌がるインコを無理やり大好きなあなたから引き離し、ケージに戻す。 とても辛くてめげてしまいそうですね。 それでも可愛いインコと一緒に暮らすと決めたのですから、そういった辛さともしっかり向き合って、インコちゃんにおやすみなさいと言ってあげましょう。 我が家のアキクサインコぴこはどう? 我が家のアキクサインコぴこも、放鳥からケージに戻すときはいつも一苦労です。 どうしても戻らない場合は、手のひらに大好きなミックスシードを乗せておびき寄せます。 ぴこはミックスシードを食べるために手に乗ってくるのですが、夢中で食べている間にケージの中に入れてしまうのです。 一度ケージの中に入ってしまえば、わがままをいうこともなく、すんなりと定位置に戻って静かにしています。 ですが、無理やりミックスシードでおびき寄せる必要がない場合もあります。 ぴこは基本的に、いつもだいたい同じ時間にケージに戻していました。 するといつの頃からか、ケージに戻る時間帯になると、自分からケージに戻るようになったのです。 自分から部屋に戻るぴこをみると「えらいっ!」と思ってしまいます。 もちろん毎日というわけではなく、気分が乗らないときはいつまででもケージに戻りません。 また、そろそろケージに戻る時間なのに外にいるとき、「そろそろ戻る時間だよ!」声をかけて指を差し出すと、いつもは指に止まることなんてないのに諦めたようにぴょこんと乗ってきます。 そのままケージの入り口まで指を持っていくと、ササッとケージの中に入っていくのです。 もちろん「まだ戻らないっ!!」という時はぜったいに指には乗らないのですが…。 このように、自分で判断してケージに戻るぴこを見ると、インコは本当に頭の良い鳥なんだなぁと思いますし、ますます可愛く思えてきます。 放鳥後のインコをケージに戻すのはいつだって一苦労ですが、それもまたインコと飼い主のコミュニケーションの一環。 よりよい関係を築くためにも、いろんな工夫をして信頼関係を深めるのが大切ですね!!.

次の