ガオガエン。 ガオガエンとは (ガオガエンとは) [単語記事]

『スマブラ SP』にケンとガオガエンが参戦。早期購入特典はファイター“パックンフラワー”

ガオガエン

【ポケモン剣盾】ガオガエンの育成論と対策【サイクル適正が高い獄炎の格闘家】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はガオガエンの育成論と対策を考えていきたいと思います。 はたき落とすが没収されましたが、すてゼリフとインファイトを習得したのでガオガエンは今作剣盾でも活躍しそうです。 ガオガエンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ガオガエンの特徴1】高ステータス ガオガエンは耐久方面がHP種族値95、防御特防種族値90とウオノラゴン・パッチラゴンよりやや高い耐久性能を持っています。 そのため自分と相手の調整次第ではありますがタイプ一致弱点じゃなければ耐えるくらいの安心感があります。 一方で素早さ種族値は60とラプラスやニンフィア、ピクシー、オーロンゲ、ギルガルドなどと同速の激戦区60族です。 80族、60族、30族はかなりの激戦区なのでこのあたりのポケモンのうちどれをメタるか意識しながら調整したいところです。 ただ、アクロバットベースのダイジェットを使えるのでダイマックス前提ならさらに上のミミッキュ抜きも射程に入ってきます。 攻撃方面は攻撃種族値115、特攻種族値80となっていて特攻も特化させれば特殊ギャラドス(特攻種族値60)のように使えるのではないかと思いますが、技範囲がかなり狭いので普通に物理アタッカーとして育成するのがメジャーです。 【ガオガエンの特徴2】鋼・ゴースト半減 ガオガエンは環境でうたれやすい鋼・ゴーストを半減で受けることができます。 強力な物理アタッカーのドリュウズ・ミミッキュ・ドラパルトのいずれもこれらを使ってくるので、半減できるのは強力ですね。 【ガオガエンの特徴3】夢特性:いかく ガオガエンがかなり強いのは夢特性いかくの存在です。 これの強さはウインディやギャラドスでさんざん学習済みのトレーナーが多いと思いますが、もともと高めの耐久もあって物理アタッカーに後出しして1回受けてからの切り返しが可能なポケモンです。 つまりサイクル戦に使いやすいので、他にもサイクル適正のあるポケモンを採用すれば(それこそいかくギャラドスなど)初手選出負けからそのまま負けるような戦いにはなりにくいでしょう。 【ガオガエンの特徴4】新技すてゼリフ・インファイト ガオガエンははたきおとすという強力な技を失いましたが、すてゼリフとインファイトを覚えました。 インファイトは• 鋼(ドリュウズ・ナットレイなど)• 悪(ブラッキー・サザンドラなど)• 岩(バンギラスなど)• ノーマル(カビゴンなど)• 氷(ラプラスなど) といった強力なポケモンに刺さりまくりますし、すてゼリフは相手の攻撃特攻を下げつつ交代できるので、もともと鈍足よりガオガエンが使えば後攻とんぼがえりのような感じで起点作成ができる優秀なクッションにもなるでしょう。 ガオガエンの育成論と戦い方 前作からいるポケモンなのですでにいろいろな育成論がありますが、今作からダイマックスが出たのでそれに合わせた育成論を考えてみましょう。 【ガオガエンの育成論】物理エース受け流し型ガオガエン• 特性:(夢)いかく• 個体値:CS抜け4V(Sは逆V推奨)• もちもの:混乱実(オボンのみ・たべのこし)• わざ:まもる・すてゼリフ()・おにび・DDラリアット 特徴・戦い方: 2番手以降においておき、物理アタッカー対面で後投げします。 そのため初手は相手の特殊アタッカー(ロトムやトゲキッスやサザンドラなど)がきても勝てるポケモンを置くのがいいでしょう。 3発目を耐えるかどうかはもちものと相手の調整に依存しますが、相手のダイマックスターンを1体で枯らす+攻撃ダウンで弱体化できます。 アタッカー型の印象が非常に強いポケモンなのでちょうはつはうたれにくいですが、一応うたれたときのため+最後の詰めで削るためにDDラリアットを採用します。 調整: 物理アタッカーのダイマックス技を受ける想定なのでHBぶっぱ確定です。 残り4はどこに振ってもいいですが今回はこのポケモンでの攻撃をほとんど想定していないのでDに振りました。 Sを最遅にすることで後攻すてゼリフが決まりやすくなります。 ただ、環境次第では微妙に発動しないラインまで耐えてしまうこともあるのでその場合はオボンのみの採用がいいでしょう。 たべのこしはダイマックス受けというよりも居座って鬼火+DDラリアットでの削りをいれていくことを考える場合に推奨です。 今作はいかに相手のダイマックスを攻略するかが勝負なので、うまく使えるようになると勝率アップにつながります。 起点化されるのを防ぐこともできますね。 物理アタッカー・特殊アタッカー両方に効き目があるのも強力です。 ちなみに音技なのでみがわりを貫通します。 タイプ一致かつ相手の能力上昇無視なので無振りでもそこそこはいります。 最遅ガオガエンを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【ガオガエンの育成論】サイクル適正抜群スカーフガオガエン• 特性:(夢)いかく• 個体値:C抜け5V• もちもの:こだわりスカーフ• わざ:すてゼリフ・フレアドライブ・インファイト・DDラリアット 特徴・戦い方: S60族と鈍足よりの素早さのため、上を取れるだろうと出てきたポケモンの意表をついて狩ることができる型です。 スカーフ型は前作からいたのですが、今作ですてゼリフとインファイトを習得したことでスカーフ型の性能が格段に上がりました。 ギャラドスのような物理相手にはいかく+すてゼリフで置き土産同等の起点作成性能を持ち、トゲキッスなど特殊相手にもすてゼリフで全抜き阻止ができます。 また、攻撃するときも非常に火力が高い上に格闘・炎・悪と抜群範囲が広いので削り性能も高くなっており多くの盤面で使いやすいでしょう。 前半戦ですてゼリフ+いかくによる弱体化でエースの起点作成をし、エースを展開したあと後半戦で倒しきれなかった相手をスカーフで上から殴って一掃するスイーパーとしても活躍できます。 調整: こちらの調整はを参考にしていますので、まだ読んだことがないトレーナーは一読をおすすめします。 なお、化けの皮や襷削りに重きを置く場合はとんぼがえりもありです。 技構成が少し違いますがスカーフガオガエンを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 ガオガエンの対策 いかくが効かない特殊弱点で攻めるのがいいでしょう。 ウォッシュロトム• ラプラス• インテレオン• アシレーヌ• etc… ガオガエンは悪・炎・格闘をメインに様々なタイプの技を覚える非常に技範囲の広いポケモンですが、特殊弱点を付けばそこまで困ることはありません。 物理受けで受けるのもありでしょう。 ヌオー• トリトドン• ドヒドイデ• etc… ガオガエンのタイプ一致炎を半減できるので、後出しからでも受けやすいです。 まとめ:【ポケモン剣盾】ガオガエンの育成論と対策【サイクル適正が高い獄炎の格闘家】 いかがでしたでしょうか。 ポケモンホームかマジカル交換、もしくは友達からトレードしてもらって入手しましょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

ガオガエン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ガオガエン

物理アタッカーに対しては、特性「いかく」により攻撃を下げて戦うことができます。 また、 チョッキ型の「ガオガエン」は、ドラパルトに対して有利です。 ガオガエンは火傷状態にならないため、「おにび」型のドラパルトを気にすることなく倒せます。 威力が高く岩タイプに有効。 出たターンのみ先制で攻撃できる。 「ギャラドス」への有効打。 炎技の選択肢であり、「フレアドライブ」に比べて威力は低いものの、反動ダメージが無い。 「ねこだまし」で相手の出方をうかがい、交代してくるようであれば「すてゼリフ」を使って退場します。 有利な相手に対しては、元々の高い攻撃で戦うことが可能です。 フェアリータイプに対しての有効打。 高威力技で、「バンギラス」などに有効。 威力が高く岩タイプに有効。 炎技の選択肢であり、「フレアドライブ」に比べて威力は低いものの、反動ダメージが無い。 特性「いかく」により物理アタッカーを起点にして戦えます。 特殊アタッカーに交代された場合は、ダイマックスを使用し、攻撃を耐えつつ反撃する動きが強力です。 威力が高く岩タイプに有効。 炎技の選択肢であり、「フレアドライブ」に比べて威力は低いものの、反動ダメージが無い。 ガオガエンの役割と立ち回り 対面性能が高い物理アタッカー 技範囲が広く、相手に合わせて攻撃を仕掛けていくことができます。 特性「いかく」で物理アタッカーの攻撃を下げて戦えるため、殴り合いに強いです。 また 「とんぼがえり」を利用することで、特性「いかく」で相手の攻撃を下げつつ、後続のポケモンに交代する立ち回りが強力です。 「悪・炎」でゴーストタイプに強い 「ガオガエン」は「ドラパルト」「ミミッキュ」といった、強力なゴーストタイプに対して有利に戦えます。 例えば「ミミッキュ」に対しては、特性「いかく」で攻撃力を下げた上で、フェアリー技を等倍で受けることが可能です。 ガオガエンの対策 受け切れる性能のポケモンで戦う 物理耐久の高いポケモンで「ガオガエン」の攻撃を受けつつ、戦いましょう。 「ヌオー」や「ミロカロス」などのポケモンは、回復技でHPを回復しながら弱点をつけるため、有利に戦えます。 特に、特性「もらいび」のアタッカーを「ガオガエン」の炎技で受けることで、ガオガエンを起点にできます。

次の

【ポケモンカード】ガオガエンGXを使ったデッキレシピと使い方【ポケカ】

ガオガエン

ガオガエンの基本情報 まずは基本的な部分を抑えましょう。 タイプは炎、悪タイプで悪タイプが苦手な環境に多いフェアリータイプを見事に補っています。 また、攻撃種族値は115とかなり高いです。 それに加え、 注目すべきポイントは耐久力の高さです。 ガオガエンの強みはまだあります。 「いかく」という特性を持っていて、相手と対面した時に相手の攻撃力を1段階下げます。 ただし、すばやさは60とあまり高くはありません。 性格はいじっぱりかわんぱくにする人が多いようです。 4倍弱点がなく、耐久力が高い• 防御、特防共に高い種族値• 攻撃力が高い上、高威力のわざを覚える• 特性:いかくが単純に強い• 対面性能が高く起点作成もこなせる• 環境に刺さる技範囲• 型が多く、1匹で相手を壊滅させられることもある 箇条書きにしましたが、見て分かる通り、 攻守ともに優れているのです!また、「とんぼがえり」や「すてぜりふ」などすばやさが遅いのを逆に生かして後攻から手持ちと交代でき、後続のポケモンにダメージを与えることなく交代できます。 しかも、 ガオガエンは耐久力に優れているので交代を繰り返して戦う、いわゆる「サイクル戦」に強いのも採用しやすい理由です。 雑に使って強いなんてもはやミミッキュじゃないですか! また、型も多様化してきており、 型の判別を間違えるとガオガエン一匹に3タテ、なんてことも珍しくありません。 怖すぎます!このポケモン! ガオガエンの型 では、ここからは環境にいるガオガエンの型を紹介します。 性格補正が何もない場合には特に表記しません。 ダイマックスしている場合にはポケモンの名前の前にGを表記します。 特性はいかく一択です。 相手の攻撃力を削ぐことができますし、ダイマックスして運用するのでより耐久力を上げることができます。 持ち物は弱点保険です。 弱点の技を受けると攻撃、特攻が2段階ずつ上昇します。 ダイマックスポケモンとは非常に相性がいいです。 努力値 ダイマックスした時に物理と特殊の両方に対応できるように耐久力をそこ上げするためにbやdには振らず、hに最大まで振っている型が多いようです。 また、 すばやさを無振りアーマーガアに勝てるようにhやaを削ってsに振っている個体もいるようです。 技構成 基本的には炎の最高火力のフレアドライブ、悪の最高火力のDDラリアットを採用している型が多く、たまにフレアドライブの代わりにブレイズキックを採用している場合もあります。 選択枠は「ダイジェット」ですばやさを上げるためのアクロバット、環境に刺さる格闘技のインファイト、電気技のかみなりパンチ、鋼技のアイアンヘッド、地面技のじしんが多いです。 また、剣の舞をもつ個体や鬼火、サイクル戦に強いすてぜりふやとんぼがえりを持っていることもあるようです。 理由も火力の底上げと耐久力向上で同じなので省略します。 持ち物は突撃チョッキで特防が1. 5倍になる持ち物です。 しかし、変化技は打てなくなります。 努力値 努力値は2パターンあるようでわかりやすくするために攻撃型と防御型とでも名付けましょう。 攻撃型 攻撃型では弱点保険の型と同じで耐久力の底上げと攻撃力の確保のために努力値をh、aに最大まで振っているようです。 しかし、 いかくと突撃チョッキによって耐久力は弱点保険型より遥かに高いです。 防御型 防御型は努力値を攻撃に振らずh:252 b:252に振り、サイクル戦に強くした型です。 また、bの努力値をbとdに振り分けて耐久調整している型も多いです。 このかたは 弱点を突かれてもHPの半分もダメージが入らないほど硬いです。 さらに攻撃力はもともと高いので相手の弱点を突ければ、1撃で倒すこともできます。 技構成 突撃チョッキを持っていることで厄介な変化技は打てませんが、耐久力が上がったのでサイクル戦を想定してとんぼがえりを採用している型がほとんどです。 また、耐久力を下げないためにインファイトではなく、ラプラス対策にもなるかわらわりを採用している型も多いです。 また、弱点保険型同様広い技範囲の選択技からどれか1つを採用しているので要注意です。 持ち物はオボンの実が多いようで、たまに混乱実(バンジの実やフィラの実など)もいます。 努力値 努力値は人によって全然違う振り方で細かく調整している型がほとんどです。 ですので今回の型はさんの育成論に載っていた型を挙げておきます。 対面性能が高く一撃で倒せる相手は倒し、そうでなければ起点作成するといった動きをしてきます。 非常に厄介です。 技構成 技構成は起点作成のためのすてぜりふは確定です。 ねこだましを搭載している型が多く、初手ねこだましをしてとりあえず相手の様子を伺い、相手の意思(交代するかなど)を確認して動くようです。 残りの選択枠は2枠攻撃技にする型とワンウエポンで鬼火を搭載し、より起点作成に特化させた型がいます。 攻撃技はほとんどがタイプ一致で打てる技のフレアドライブ、DDラリアットです。 ごく稀に違う技を持っていることがありますが超限定的なポケモンに絞って搭載しているので、多くのポケモンには刺さりません。 持ち物は食べ残しでビルドアップを積んでいる時により生存能力を高めます。 オボンの実を持たせている型もいるようです。 努力値 この型は相手の物理ポケモンを起点に全抜きを狙う型なので、物理に最大限対応できるようにhとbに最大まで振ります。 基本的に特殊の相手はしないので残りの4をsに振っている個体もあります。 残りの技はフレアドライブ、DDラリアットが圧倒的に多いですが、より相手の物理ポケモンを起点にできるよう鬼火の採用もなくはないです。 また、刺さることの多いじしんも割と採用されているようです。 特性は言わずもがな、いかくが主流ですね。 たまに、もうかの個体もいます。 持ち物は、コンセプト上命の玉です。 これを持たせることにより、 剣舞をした後の火力は恐ろしいほど、高くなります。 カバルドンですら、ダイバーンで吹き飛びます。 努力値 火力特化で全抜きを狙う型なので、a252は確定です。 sは調整する人もいますが、ほとんどは、ダイジェット後に、より多くのポケモンを抜けるよう、素早さに全振りしています。 技構成 火力の出るタイプ一致技のフレアドライブ、DDラリアットは採用されている場合がほとんどです。 また、ダイジェットとして使うために、アクロバットもほぼほぼ、採用されています。 剣舞は、採用していない型も中にはいますが、だいたいは採用しています。 技はこの4つで確定といってもよいでしょう。 この型は、剣舞を積まれると、後出しできなくなり、手が付けられない状態になるので、特に注意が必要です。 対策 では、ここからはガオガエンの対策を紹介していきます! ガオガエンは攻撃力も耐久力も高いので生半可な火力では倒せませんし、逆に倒されてしまいます。 しかも弱点をつけば弱点保険が発動し、もうお手上げです。 ですので、対策としては2パターン考えられます。 超高火力で1撃で倒す• 攻撃を受け切って倒す 1. 超高火力で1撃でたおす 半端な攻撃力では倒せませんので1撃で倒せるのは彼以外にいません。 そう我らがエラガミ様、 鉢巻ウオノラゴンです。 「そこまでしないとダメなの!?」 と思う方もいるかもしれませんが、1撃で倒すには鉢巻ウオノラゴンしかいないんです。 もともとのs種族値は勝っているので、最速ガオガエンには確実に先制エラがみを打てます。 またガオガエン側からの有効打もないので 後出しで勝てます。 攻撃を受け切って倒す ここで思いつくのはミロカロスやドヒドイデだと思います。 が、 ミロカロスやドヒドイデでは対策できません! ミロカロスやドヒドイデはタイプ相性もよくて防御力も高く、回復技も持っています。 しかし、ガオガエンの技次第では弱点を突かれてしまう上、メインウエポンのねっとうで弱点保険まで発動されてしまいます。 さらに、ガオガエンは炎タイプですのでねっとうで火傷することもありません。 そこでおすすめするのが ふくつのこころバイウールーです! 本当は「ぼうじん」がいいんですが、まだ夢特性を入手できないらしいので… もふもふだと炎タイプが抜群になってしまい、ダイバーンを打たれればおしまいです。 しかし、ふくつのこころならば余裕で受けられます。 さらに、 バイウールーのs種族値は88でガオガエンより先にコットンガードを打てます。 例え、インファイトを食らっても1/4程度のダメージしか入りません。 そして、 コットンガードを2回積むとボディプレスでh252、b252のガオガエンですら1撃で倒せます! バイウールーの詳しい育成論はこちら まとめ とても長くなってしまいましたが、環境に存在するガオガエンの型を網羅することができたと思います。 ちなみに、「ガオガエンは進化すると気持ち悪い!」という方は、進化前のニャヒートの型もあります。 私が愛用している型で、結構強いです。 ここまで読んでくださったおまけ程度に紹介させていただきます。 長い間お付き合い頂きありがとうございます。 今後も有益な情報を届けられるよう努力しますので、何かお気づきの点、意見、コメント等ありましたら、お気軽にコメントしてください! では、良いポケモンライフを!.

次の