ツイートをさらに表示 オフ。 ゼロ・オフ・ノン・レス あいまい表示の本当のところ

ACUSTIK

ツイートをさらに表示 オフ

インスタグラムは視覚的・感覚的な投稿ができるSNSですが、コメントをする方法も感覚的にできます。 インスタグラムでコメントを投稿すると、相手の「アクティビティ」にすぐに通知がいきます。 それに対してすぐに返信がもらえることもありますし、お礼にあなたのインスタグラムの投稿に「いいね」を教えてもらえることもあります。 あまり乱暴な言葉を使ったコメントを送ってしまうと、すぐにあなただと特定されてブロックさせる可能性もあります。 とくに芸能人のアカウントへの中傷は多いですが、ネットリテラシーを守ってコメントをしましょう。 ここではインスタグラムでコメントに返信する方法や削除する方法、非表示にする方法、コメントの通知をオフにする方法などを紹介していきます。 インスタグラムのコメントに「いいね」する方法は、コメント欄をタップすると、右側に表示されるハートマークをタップするだけです。 ハートマークを1度タップすると赤くなり、2度タップすると元の白になります。 間違って違うコメントに「いいね」してしまっても、すぐに直せます。 自分のインスタグラムのアカウントにコメントをもらってうれしいけど、返信には抵抗があるという場合は、みんなのコメントに「いいね」しましょう。 また「いいね」の通知をオフにしていないと、投稿だけではなくコメントの方の「いいね」もあるので、スマホが鳴りっぱなしになってしまう可能性があります。 インスタグラムの設定メニューから「いいね」の通知もオフに設定しておきましょう。 ただインスタグラムのコメントを削除したことを知られると、人間関係のトラブルに発展します。 コメントをはじめて読んだときはイライラしても、後日改めて読んでみるとそうでもないということはよくあります。 イライラするコメントで削除したいと思っても、時間を置いてからもう一度読んでみることをおすすめします。 またコメントを削除しても相手が反省していない場合は、同じようなコメントが次からも来る可能性があります。 そういう場合はブロックする方法もありますが、それよりもダイレクトメッセージで「こういったコメントは出来ればやめてほしい」とお願いしてみましょう。 相手に悪気がない場合は、それでトラブルが解決する可能性があります。 インスタグラムは視覚的感覚的にネット上で、いろいろな人とコミュニケーションが取れます。 しかし、直接会っているわけではないのでトラブルが起きやすいというデメリットもあります。 コメント欄に否定的なコメントがあったり、攻撃的な言葉がかかれていたりとショックですが、あなたの相手への態度を柔和にすると、相手も攻撃をやめてくれる可能性があります。 インスタグラム上で人とコミュニケーションをとる場合、仲良くなりたいからと砕けた言葉遣いをする人もいますが、10代の若者でも敬語でやり取りしていることが多いです。 日本人は礼儀正しい人に好感を持つ傾向があるので、フレンドリーさよりも礼儀正しさを重視しましょう。 またインスタグラムを楽しんでいる人の中には絵文字がたくさん入っていたり、顔文字が連続で入っていたりする人を嫌う人が多いです。 コメント欄は短文じゃないと読みづらいので、絵文字や顔文字は控えめにして、簡潔で読みやすいコメントを考えてください。 またインスタグラムで人とやり取りするときは、相手を褒めることを意識しましょう。 インスタグラムで「コメントください」というハッシュタグをつけている人は多いので、みんなコメント欄で投稿をほめてもらえることを期待しているのです。 あなたも自分のインスタグラムでの投稿を褒められたら、うれしいですよね?自分から褒める習慣を持てば、インスタグラム上で有効な関係を築きやすくなります。 インスタグラムは機能の使い方を知らないと、インスタグラムを使いこなすことができません。 しかし、それ以前にマナーを知っておかないと、アカウントを作った後でトラブルに発展する可能性があります。 インスタグラムでのマナーは使い方と同じように、さまざまなサイトで簡単に調べられますよ。 今投稿しようとしている画像に対してのコメントを非表示にする方法は、インスタグラムの投稿画面いちばん下にある「詳細設定」をタップして、「コメントをオフにする」という項目をオンにしてアイコンが青く表示されるようになれば完了です。 これらの方法でインスタグラムのコメントを非表示にすると、コメントを投稿するための吹き出しマークが表示されなくなり、新しいコメントを追加できなくなります。 しかし、これのせいであなたがインスタグラムのアカウントのコメントを非表示にしていることが閲覧する人たちに知られてしまいます。 個人のインスタグラムならいいですが、企業のインスタグラムの場合は「ユーザーの意見を反映してない企業」という印象になってしまいます。 企業アカウントや店舗アカウントでコメントの非表示をするかどうかは、慎重に決めましょう。 インスタグラムの通報機能には「スパムまたは詐欺行為」「不適切なコンテンツ」という2種類の報告する理由が表示されます。 ほとんどは「不適切なコンテンツ」に当てはまるので、そちらを選び通報してください。 通報してもインスタグラム側から連絡が来たり、どうして通報したのか聞かれたりすることはありません。 また相手にはあなたが通報したことが知られないようになっているので、安心して通報しましょう。 あなたが不適切なコメントを通報することで、否定的なコメントをしている人は自分が悪いことをしていると気が付くことができます。 また悪意を持ってやっている人はボーダーラインを越えてしまったことを自覚できるので、相手のためにもなります。 インスタグラムのアカウントにログインできなくなることは、誰にでも起こりえます。 そのときのためにアカウントに投稿してある画像や動画は定期的にパソコンでバックアップを取っておきましょう。 スマホにバックアップを取っておいてもスマホが故障したり、紛失したりした場合にデータも失うことになってしまいます。 必ず二重でバックアップをとり、あなたの大切なデータをきちんと保存しておいてください。 また通知の機能をオフにするだけではなく、インスタグラムのアカウントを開くときは音量もオフにしておきましょう。 投稿した動画が自動再生されることはありませんが、音量が出ていることを忘れて電車の中などで動画を観てしまうと周りに迷惑になります。 あなたが正しいインスタグラムの使い方をしていても、外的要因によってアカウントを削除されてしまう可能性もあります。 大切なデータの管理はきちんとしておきましょう。

次の

藤田ニコル 誹謗中傷への自身のツイートにさらに誹謗中傷「連鎖してて」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ツイートをさらに表示 オフ

戸惑い、我慢できなくなり、とうとうトレンドワードをクリックしてしまった。 そうして目にしたのは、見なきゃよかったと思うような内容だった。 元ポルノ女優のストーミー・ダニエルズことステファニー・クリフォードがで、「トランプ大統領の下半身はマリオカートに出てくるキノコ王国の住人、キノピオに似ていた」と書いたというのだ。 目を漂白剤で洗いたい気分である。 この出来事のプラスの側面を挙げれば、これを自分から見にいかなくてはならない点だ。 2016年に純粋な時系列表示のタイムラインをやめてしまう前のTwitterに戻ったようだった。 アルゴリズムの介入がなくなる 一連の出来事のちょうど前日の9月17日夜、Twitterはタイムラインの仕様を変更した。 真の意味で時系列表示ができる設定が復活したのだ。 眠っている間に、フォローしている人のツイートだけを時系列順に表示する昔のタイムラインが戻ってきたのである。 アルゴリズムに懐疑的な人々は2年前の変更以来、時系列のタイムラインに戻してほしいとずっと訴えてきた。 Twitterはそんなわたしたちをなだめるため、とりあえず「重要な新着ツイートをトップに表示」する機能をオフにする選択肢をつくった。 オフにすると基本的には時系列順にツイートが表示されるが、アルゴリズムがユーザーのTwitter上の行動から「関連性が高い」と判断した、フォローしていないアカウントのツイートも交じって表示されていた。 わたしを含め、多くの人がこうしたアルゴリズムの介入を嫌っていたが、それでもこの選択肢がないよりはいいと受け止めていた。 そして今回、この「重要な新着ツイートをトップに表示」機能をオフにできる仕様は、さらに踏み込んだかたちになった。 すでにこの機能をオフにしている場合も、これからオフにする場合もアルゴリズムによる介入がなくなり、すべてのツイートを新しい順に表示するタイムラインに戻れることになったのだ。 現時点では「設定とプライバシー」のページへ移動して設定を変える必要がある。 だが、今後はアルゴリズムが選んだ表示と新着順の表示をユーザーが簡単に切り替えられるよう、新たなデザインをテスト中だという。 タイムライン表示の切り替えボタンの位置は、現在「モーメント」や「いいね」が表示されているプロフィール画面かもしれないし、タイムラインの上部になるかもしれない。 アルゴリズムを使用したタイムラインがデフォルト設定になるかは不明だが、その可能性は高そうだ。 Twitterがアルゴリズムを導入したがる理由 こうした変更を知らずにTwitterを開いたとき、みんなが見るなと知らせてきた内容もどうせ自分のタイムラインにまき散らされるのだろうと思っていた。 でもそうはならなかった。 タイムラインに流れていたのは、フォローしている人のつぶやきだけだった。 フォローしている人たちは、キノピオをネタにつぶやきはしても、詳細をフォロワーに広めることはしなかったのだ。 だが結局、わたしはトレンドワードを自分からクリックして見にいった。 この事実が、なぜTwitterがタイムラインにアルゴリズムを取り入れたがるのかを明確に示している。 Twitterは、わたしたちユーザーを把握していると考えているのだ。 実際、そうだろう。 わたしたちが何をクリックするか、誰をフォローするか、何にリプライするか、誰をブロックするか。 すべて、アルゴリズムが監視している。 冒頭の場面なら、話題の暴露本に何と書いてあるのか、最終的にはわたしが知りたくて見にいくであろうことも把握していたかのようだ。 だが、わたしたちがアルゴリズムによってツイートを取捨選択されることを嫌う理由は、それが自分の意志による能動的なアクションを奪うことになるからだ。 もしかしたら今日は知りたくないかもしれない。 もしかしたら今日は自分の意志で選んでフォローしている人のつぶやきだけを見たいかもしれない。 誰をフォローし、何をリツイートし、いつ見にいくかを選択するにあたって、「あなたが見たいのはこれですね」とTwitter側に決められることになるのが(たとえ合っていたとしても)腹立たしいのだ。 この予測は、わたしたちにとって好ましくない行動にも及ぶ。 トレンドの「キノピオ」をクリックして何が話題なのかを確認したとき、そのことを意識させられた。 「知りたいだろうか」と自分に問いかける。 「うーん、イエスかな」と、卑しいわたしが答える。 時系列タイムラインとは、自分が選択すれば、自らを救える場になるのだ。 コントロールの権限がユーザー側に Twitterはコントロールの権限を、よりユーザーに委ねようとしている。 発表によるとTwitter側は、重要なツイートを上に表示するとより関連が深まって便利だ、というユーザー評価を示すデータがある一方で、最新のツイートから順に見たいという声もあると述べている。 また発表によると、Twitterはユーザーが2種類のタイムラインを簡単に切り替えられる仕様を近く導入する構想だという。 それ以外ではアルゴリズムを引き続き使ってもらえるのではないかとみているようだ。 さらにアルゴリズムを使ったタイムラインでは、表示される全ツイートに対してことも明らかにされた。 これまでフィードバックができるのは、フォローしていないアカウントのツイートがタイムラインに表示された場合に限られていた。 今後はフォローしているアカウントのツイートを含め、タイムラインで見るすべてのツイートに「表示回数を減らす」の選択肢をドロップダウンから選ぶことができるようになる。 いずれもミュートやフォロー解除をせずに、ユーザー自身が能動的にタイムラインをカスタマイズできる手段である。 つまり、自分が望むコンテンツを能動的にアルゴリズムに教えることになる。 時系列タイムラインの導入に踏み切ったのは、ユーザーからの意見があったからだとTwitterは言及している。 ユーザーはかなり強くこの設定を望んでいたといっていい。 ひと月前、検索機能を使ってタイムラインを時系列表示にする方法が話題になり、多くのユーザーが歓迎した。 今回の変更はそれがきっかけではないというが、多数のユーザーが時系列表示を喜んだ点をTwitterも考慮に入れたようだ。 背景が何であれ、この選択肢ができたのはうれしい。 Twitterはユーザーに愛されているツールであり、同時に深い実存的悲しみとフラストレーションの根源でもある。 ユーザーの希望に会社として応えてくれればくれるほどいい。 情報の流れを自分でコントロールできるようになる仕様であれば特にそうだ。 さて、次は自分がツイートした内容をあとから編集する機能、となるだろうか。

次の

Apple Watch 5の常時表示をオフにする方法!バッテリー節約にはオフがおすすめ【Series 5】

ツイートをさらに表示 オフ

Twitterには、ツイートアクティビティという機能が存在します。 このツイートアクティビティという機能は、アナリティクスとしてTwitterのアカウント投稿による利用状況を表示・解析していく機能です。 この機能は非常に便利なシステムで、このツイートアクティビティでは企業のプロモーションなどがどんな反応をされているか確認することができます。 データとしてとてもストレートに一般の方の反応をチェックできるということです。 とはいえ、この非常に便利なツイートアクティビティ機能ですが、時折表示されない・見れないといった不具合も発生しています。 筆者も日付が随分前の日付になっていておかしいと疑問に思う時がたまにあります。 以前は見れたのに、エラーもしくは不具合で見れなくなったというケースも存在します。 今回は、そんな時の対処法としてTwitterアナリティクスの有効化について解説していきたいと思います。 それでは続いて、ツイートアクティビティが真っ白で出ない、表示されない、エラーかもしれない、何かおかしいと疑問に思った時の対処方法も解説していきたいと思います。 ツイートアクティビティが真っ白で出ない・表示されないおかしいと疑問に思うケースの一例として、別アカウントになっているかどうかをチェックしてみてください。 普段ツイッターをチェックする時は皆さん自動ログインが多いかと思います。 例えば、スマホで常時ログインしていたとしてもパソコンで見ようとした場合はログインする必要がありますよね。 ログインすることを忘れたまま自身のツイッターアカウントページを開いても、ツイートのタイムライン上にあるつぶやきのツイートアクティビティをチェックすることはできません。 ですが、これは単にログインし忘れただけであって、何か設定をしなければいけないとかエラーや不具合でおかしい状態になったわけではありません。 今回のようなケースの場合、ツイートアクティビティが真っ白で出ない、おかしいと感じるのは『ログインしていないから』という実に簡単な答えです。 ログインしていない場合、ツイートアクティビティのマークが表示されることはありません。 他者としてツイートを見ているわけですから、ツイートアクティビティが見れたら逆におかしいわけです。 ツイートアクティビティのマークがない、真っ白なのは当たり前ということです。 エラーや不具合でツイートアクティビティが出ない・おかしいわけではありませんので、自身のツイッターアカウントにログインして再度自分のツイートをチェックしてみましょう。 ツイートアクティビティが表示されない時の対処方法二つ目ですが、ツイートアクティビティはアカウント作成から2週間以上経過しないと見れません。 Twitter作成直後はツイートアクティビティは出ないということですね。 このケースも特に設定が必要なわけではありません。 このケースも、ツイートアクティビティのマークがなくて出ない・真っ白なのは当然ということです。 不具合やエラーでおかしい状態になっているわけではありませんし、何か設定しないといけないというわけではありませんのでご安心ください。 Twitter作成から一ヵ月後には何の問題もなく表示されていることでしょう。 むしろ、一か月後には真っ白な状態からツイートアクティビティが見れるようになることを忘れないように注意してくださいね。 ツイートアクティビティはエラーさえ出ない状態あれば、今後他のユーザーにツイートを見てもらう為の情報を拾ってくれる非常にありがたいシステムですから、設定はありませんが楽しみに待っていてください。 ツイートアクティビティが出ない・表示されない時の対処方法として最終手段ではありますが、不具合が改善されるのを待つというのも一つの方法です。 Twitterは世界中で利用されている大人気アプリです。 特に、エラーや不具合のチェックは厳しいでしょう。 迅速な対応をしてくださると思いますので、不具合やエラーがでておかしいといったケースやツイートアクティビティが出ない・表示されない・見れないと・マークが無くて真っ白というようなケースになっても、ひとまずTwitterが正常に動作するのを待ってみましょう。 Twitterの不具合やエラーが解決されたら、またTwitterを楽しめば良いのです。 もしかしたら新たな設定項目など出てくるかもしれません。 便利な機能を楽しむ機会も増えますので、これからのTwitterを楽しみにしていてください。 ツイートアクティビティを向上させる運営方法についても記載しておきましょう。 ツイートアクティビティを向上させる為には、Twitterアナリティクスと合わせてツイートを分析していく必要があるかと思います。 Twitterアナリティクスでは、過去28日間でのパフォーマンスの変動を折れ線グラフで確認することができます。 前述しましたが、Twitterアナリティクスには専用のページが4種あり、ホームやツイート、オーディエンス、イベントなど、ツイートアクティビティのデータを向上させる為のヒントがたくさん詰まっています。 どのツイートが一番ユーザーからの反応が高かったのか、逆にユーザーからの反応が低かったのはどのツイートかなど、非常に勉強にある要素です。 企業ツイッター・エンゲージメント率ランキングというものもあるほど、エンゲージメント率は注目を浴びるデータとなっています。 理想的なエンゲージメント率は恐らく5%前後でしょう。 とはいえ、ユーザー毎に満足度は違いますから、自分がどの程度エンゲージメント 反応 で満足を得られるのか見比べるのが一番かと思います。 エンゲージメントを高めるには、発言の内容やターゲットを明確にしたり、写真や動画を付ける、自分の言葉でつぶやく、定期的にツイートする、ハッシュタグを使うなど、様々な手法が存在します。 貴方に合ったツイート方法を選択し、ぜひTwitterを楽しんでみてください。 ツイートアクティビティが真っ白で見れない、エラーで表示されないといった時の対処法も今回たくさん解説しておきましたので、解決方法としてぜひ参考にしてみてください。 ツイートアクティビティが見れない、出ない、おかしいと悩んだら、ひとまずはTwitterアナリティクスでログインしてアクティビティをチェックしてみてください。 それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。

次の