はくたか 予約。 東京から金沢 時刻表(JR北陸新幹線(長野経由)) / 新幹線チケット予約

料理写真 : はくたか亭

はくたか 予約

インターネット予約「e5489」、電話予約、北陸地区のJR西日本の主な駅のみどりの券売機、主な旅行会社でのみ発売いたします。 <駅のみどりの窓口での発売はいたしません。 ただし「e5489」「電話予約」で予約・購入したきっぷの受け取りは可能です。 > 「e5489」では、発売・変更・払戻など取扱いがみどりの券売機での購入(「e5489」で予約せずに購入する場合)と一部異なります。 詳しくは、本文のご案内およびJR西日本ホームページ「おでかけネット」内の「e5489ご利用ガイド」ページをご覧ください(トップページ>予約>e5489ご利用ガイド)。 ご購入の前に、ご利用の条件に関する以下の内容を必ずお読みください。 「ゆき」券は未使用の「かえり」券を伴っている場合に限り有効です。 券片に表示された方向にしたがって使用する場合に限り有効です。 乗継割引の適用や各種割引証による割引の取扱いはいたしません。 「e5489」でご購入の場合は、必ず予約したきっぷは必ずお受取りのうえ、ご利用ください。 (お受取り期限は有効期間開始日までです。 )受取らずにご乗車された場合は、別途、乗車区間に必要な運賃・料金をお支払いいただきます。 詳しくは、JR西日本ホームページ「おでかけネット」内の「e5489ご利用ガイド」ページをご覧ください(トップページ>予約>e5489ご利用ガイド)。 きっぷの効力.

次の

臨時はくたか運行時間や乗り継ぎは?北陸新幹線かがやき水没復旧はいつまで?

はくたか 予約

指定券の発売開始日は1ヶ月前 指定券やグリーン券などの予約は、乗車予定日の1ヶ月前の午前10時からスタートします。 つまりこの日が新幹線チケットの発売日です。 たとえば、4月1日の列車の予約は3月1日に開始されます。 一ヶ月前に同日がない場合(例:3月31日の1ヶ月前に2月28日はない)、同月1日です。 3月31日の予約は3月1日午前10時開始です。 お金を払わずに予約することはできない 新幹線の予約を行う場合は、原則として同時に購入もしなければなりません。 指定券やグリーン券を購入することで、予約が成立します。 お金を払わずに予約することはできません。 予約場所と予約方法 みどりの窓口 新幹線予約でもっとも簡単なのが「みどりの窓口」での予約です。 「みどりの窓口」はJRの駅の窓口のことで、全国の主要駅にあります。 みどりの窓口では、利用したい日時と区間を伝えると、係員が候補の列車を挙げてくれます。 事前に時刻表を調べておいて、希望列車を伝えるとよりスムーズです。 空席があれば、その場でお金を払って購入できます。 慣れていない人は、みどりの窓口で購入するのがおすすめです。 指定席券売機 JR駅にある「指定席券売機」でも新幹線の指定席・グリーン席・グランクラスが予約・購入できます。 利用したい日時と区間などを、画面の指示に従って入力していくと、候補列車が表示されます。 空席があれば、お金を投入したりクレジットカードで購入できます。 みどりの窓口が混雑しているときや、閉まっている時間にはとくにおすすめです。 旅行会社 JTBなどの一部旅行会社でも、新幹線の指定席・グリーン席の予約・購入ができます。 要領は「みどりの窓口」での予約と同じです。 旅行会社の旅行券が使えるというメリットがあります。 しかし、払戻や変更などの際に、JR駅で取り扱ってもらえない場合もありますので、注意が必要です。 みどりの窓口以外の駅窓口 JRの小さい駅では「みどりの窓口」がない場合もあります。 その場合でも、その駅の窓口に問い合わせてください。 最寄りのみどりの窓口に連絡して指定席の手配をしてくれます。 インターネット JR各社のウェブサイトでも新幹線の指定券・グリーン券・グランクラス券の予約ができます。 一部の会社のサイトでは、指定席券・グリーン券・グランクラス券の申し込みを予約開始日より早く行うこともできます。 インターネット予約についての詳細は、「」の項目をご覧ください。

次の

料理写真 : はくたか亭

はくたか 予約

指定券の発売開始日は1ヶ月前 指定券やグリーン券などの予約は、乗車予定日の1ヶ月前の午前10時からスタートします。 つまりこの日が新幹線チケットの発売日です。 たとえば、4月1日の列車の予約は3月1日に開始されます。 一ヶ月前に同日がない場合(例:3月31日の1ヶ月前に2月28日はない)、同月1日です。 3月31日の予約は3月1日午前10時開始です。 お金を払わずに予約することはできない 新幹線の予約を行う場合は、原則として同時に購入もしなければなりません。 指定券やグリーン券を購入することで、予約が成立します。 お金を払わずに予約することはできません。 予約場所と予約方法 みどりの窓口 新幹線予約でもっとも簡単なのが「みどりの窓口」での予約です。 「みどりの窓口」はJRの駅の窓口のことで、全国の主要駅にあります。 みどりの窓口では、利用したい日時と区間を伝えると、係員が候補の列車を挙げてくれます。 事前に時刻表を調べておいて、希望列車を伝えるとよりスムーズです。 空席があれば、その場でお金を払って購入できます。 慣れていない人は、みどりの窓口で購入するのがおすすめです。 指定席券売機 JR駅にある「指定席券売機」でも新幹線の指定席・グリーン席・グランクラスが予約・購入できます。 利用したい日時と区間などを、画面の指示に従って入力していくと、候補列車が表示されます。 空席があれば、お金を投入したりクレジットカードで購入できます。 みどりの窓口が混雑しているときや、閉まっている時間にはとくにおすすめです。 旅行会社 JTBなどの一部旅行会社でも、新幹線の指定席・グリーン席の予約・購入ができます。 要領は「みどりの窓口」での予約と同じです。 旅行会社の旅行券が使えるというメリットがあります。 しかし、払戻や変更などの際に、JR駅で取り扱ってもらえない場合もありますので、注意が必要です。 みどりの窓口以外の駅窓口 JRの小さい駅では「みどりの窓口」がない場合もあります。 その場合でも、その駅の窓口に問い合わせてください。 最寄りのみどりの窓口に連絡して指定席の手配をしてくれます。 インターネット JR各社のウェブサイトでも新幹線の指定券・グリーン券・グランクラス券の予約ができます。 一部の会社のサイトでは、指定席券・グリーン券・グランクラス券の申し込みを予約開始日より早く行うこともできます。 インターネット予約についての詳細は、「」の項目をご覧ください。

次の