おはよう 日本 和久田 休み。 和久田麻由子(NHKアナ)の2020年のお休みの理由は?おはよう日本の出演最終日も気になる!

和久田麻由子アナ、父が凄い?Bカップ水着や美脚画像!

おはよう 日本 和久田 休み

2020年の春にNHKの和久田麻由子アナが、朝の「NHKニュースおはよう日本」を 降板することになりました! 2020年3月からは和久田アナが「ニュースウォッチ9」を、 桑子アナが「おはよう日本」を担当する事になると言います。 気になるのが、なぜこのような人事になったのかという事ではないでしょうか? そこで今回は、和久田麻由子アナと桑子真帆アナがいつから交代するのか? なぜ人事異動になったのかについて ネットの声もあわせてまとめていきましょう! 『NHKニュースおはよう日本』で6年間を務めてきた和久田麻由子アナが 2020年の新年度から『ニュースウオッチ9』に、 そして3年間『ニュースウオッチ9』を担当した桑子真帆アナが 『おはよう日本』を担当することが発表されました。 いつから交代するのかは、3月30日からで、NHK異例の番組の交換トレードで 和久田アナと桑子アナの明暗はどのようになるのでしょうか? 最初この和久田麻由子アナの降板について聞いた時には、ビックリしましたが、 6年もの間、朝の顔として頑張ってきたのですが、何か理由があるのでしょうね。 それでネットや対面調査で徹底リサーチした結果、今回の人事異動の結論に いたったそうなのです」 つまりNHKアナウンサーの好感度を調査したという事なのですね。 そして、この新しい人事について飛び上がらんばかりに喜んでいるのが、 朝から夜への異動になった和久田アナだといいいます。 実は、NHK内部の情報では、報道のニュース番組としては 『ニュースウオッチ9』のほうが格上なのだそうです。 なんと予算やスタッフも2倍違うようです。 ちなみに、NHK関係者によると制作費は『ウオッチ9』の方が1本につき3000万円も違うし、 何といっても年収も手当の差で300万円は違ってくるみたいなので、 この差は大きいですよね。 和久田麻由子アナが喜ぶのも当然でしょうね! その一番の大きな理由は視聴者の支持率でした。 これまでは『おはよう日本』で主婦層には圧倒的支持がありましたが、昨年の『紅白歌合戦』で 若い層から名前と顔を知られるようになった事が大きく、 幅広い年齢層の支持が得られるようになりました。 あとバラエティー担当や報道局員の信頼も厚いし、 何といっても東大卒業と言う経歴も大きいのではないでしょうか。 NHKの番組の担当アナウンサーが変わる様だ。 自分は朝の「おはよう日本」を見ながら準備して出社するし、夜は「ニュースウォッチ9」を観る。 おはようから和久田麻由子アナ、ウォッチ9から桑子真帆アナがチェンジするそう。 色々噂もあるらしいが、両方観ているから朝の顔・夜の顔が逆転って感じだ。 ブラタモリの頃が一番良かった。 平昌オリンピックの時、開会式を閉会式と言い間違えたり、 一昨年の紅白の司会の時も、白組が勝ったのに紅組と言い間違えた。 アナウンサーとしては最悪だと思った。 〇アナウンスの正確性・聞き取りやすさ・緊急ニュース対応等、 アナウンサーの資質実力は明らかに和久田麻由子の圧勝。 個人的にはさばさばしている和久田のほうが好き。 後、夜11時の井上あさひも一応エース級なんだけど 〇和久田アナと高瀬アナのコンビが好きで朝はNHKにしてました。 和久田アナはニュースも聞き取りやすいし、 明るいニュースと真剣なニュースとの切り替えも キチッとされているので見ていて清々しく好感を持てるアナウンサー。 桑子アナは嫌いではないけど、朝の顔かと言われると。。。 うーん、、、とりあえず一週間ぐらいは見てみようかな。 〇桑子アナは、硬い番組より、バラエティーや あさイチみたいな情報番組のほうが向いてると思う。 ニュース番組では彼女の良さは活かせないと思う。 まあ、NHK辞めてフリーに成るのも選択肢ではあるかも。 〇NC9での安倍総理への対応ぶりなどやコメントなど見てても、 桑子アナには常識が欠如してるようだ。 短い間ならそれも面白みや親しみに感じるかもしれないが、 ある程度時間が経つとそれも欠点にしか見えなくなる。 タモリもその一時の非常識さが面白く見えただけだろう。 〇桑子アナ云々より、経歴、品性、将来性を見込める実力そして容姿の総合面で、 和久田アナに敵う女性アナウンサーは、民放を含めてもほぼ存在しないのでは? レベルが明らかに違いすぎる。 〇ニュースウォッチ9には桑子さんの軽さがあっていなくて、 早く誰かと交代してほしいと思っていたのでよかった。 これからは落ち着いたニュースが見れそう。 桑子さんはバラエティー番組の方がいいと思う。 〇ニュースウォッチ9が落ち着く番組になるのは大歓迎。 桑子アナは儀式のように毎晩必ず噛む。 他にも最近は気を付けているようだが場違いに気負い込んだ声の出し方が 幼稚でとてもじゃないが夜の報道番組には合ってない。 ここでも散々言われているようにバラエティ向き。 僅か一年で離婚した事からも明らかなように思い込みの激しい性格だと思う。 ハッキリ言ってNHKを辞めて民放に行った方がいい。 〇桑子さんは今の9時のコンビで11時台に戻るのがよい。 あの頃は見てました。 生き生きしてました。 9時では要らないリアクションが邪魔に感じます。 〇桑子アナは、報道よりもバラエティー向きだと思うから、 NW9よりもバラエティーっぽい要素がある、おはよう日本の方が合うと思いますよ 一方、和久田アナは、正統派アナウンサーの風が感じられますから、 NW9の方が合うと思います 〇何故だが和久田さんの方が好感がもてる。 なんて言うかおくめかしい。 のが和久田さん。 私が私がってのが桑子さん。 こんなイメージなんだよね。 〇事情は分からないけど、この交代は意外と合うと思う。 いつも笑顔で明るいイメージのある桑子アナと夜のニュースの雰囲気は どうも合っていなかったように思うし、和久田アナなら問題なく合いそうだし、 この人事異動がお互いにとって合う様な気がします。 NHKでこれからが大いに注目されるであろう和久田アナの今後の活躍に期待したいと思います。 おすすめ関連記事•

次の

和久田麻由子(わくまゆ)が結婚した旦那は早稲田で駅伝出場?子供、休みの理由は妊娠?

おはよう 日本 和久田 休み

NHKが1993年から放送している朝の情報番組「NHKニュース おはよう日本」。 基本的には月曜~日曜まで全ての曜日に放送しているが、平日と土日祝日では放送時間や出演者が異なる。 NHK総合のほか、海外向けであるNHKワールドプレミアでも放送される。 民放が同時間帯に放送する朝の情報番組やワイドショーに比べるとNHKらしい堅実な中高年向けの手堅さが作られている。 2000年代に入ってからは女性キャスターを積極的に起用しており、担当者の配置換えが行われるたびに注目されている。 現在はNHKの高瀬耕造アナ&桑子真帆アナを番組の看板キャスターとして全面に展開する。 この記事では「NHKニュース おはよう日本」に出演するNHKアナウンサーやキャスター、リポーターの情報についてまとめて掲載する。 月曜・火曜・水曜・木曜・金曜日 4:30 ~ 8:00(祝日は7:00 ~ 8:00)• 土曜日 6:00 ~ 8:00• 特に年配者は「ニュース=NHK」という図式が完成しているため、情報番組も含めたニュース・報道のジャンルには強いという特徴がある。 関東地区の報道部門は、毎週トップ10の多くをNHKが占めており「おはよう日本」もランクインする。 「めざましどようび(略称:めざど)」は、平日の朝に放送されている「めざましテレビ」の土曜日版として放送開始された姉妹番組。 代々、MCはフジテレビの男性アナとフリーの女性アナウンサーorキャスターが務めている。 番組では「めざましテレビ」と同様で、ニュース・芸能エンタメ・生活情報などを取り扱う。 姉妹番組なので番組のカラー、テイストといったものは本家「めざましテレビ」を踏襲していることが伺える。 番組の存在意義としては、1週間のニュースやエンタメ、スポーツを始めとする情報のまとめと「めざましテレビ」で放送できなかった内容のフォローアップ的な役割を果たしている。 出演者については「めざましテレビ」同様、フジテレビのアナウンサーやセントフォースのタレントが中心の構成。 メンバーが入れ替わる際にはインターネット各メディアがニュースとして報じる注目度である。 この記事ではアナウンサーやキャスターなど現在と歴代の「めざましどようび」出演者についてまとめている。 2014年にNHKへ入局、松山放送局や広島放送局を経て2019年4月より東京アナウンス室に異動となったのが同局の女性アナウンサー・中山果奈(なかやまかな)アナ。 入社4年目には「広島平和記念式典」の実況や音楽フェス「いのちのうたフェス」のサブMCを担当。 西日本豪雨の際には特設ニュースでキャスターを務め、全国向けに災害を伝えた実力派の女子アナと言えるでしょう。 そんな彼女。 2017年~2018年には何度も東京で制作されている番組に代理キャスターとして出演しており、その頃から東京への異動候補に挙がっていたのかもしれません。 しかし、NHKとはいえ地方の放送局の女子アナ。 学生時代の派手な活動も見られないことからプロフィールデータやプライベートな話題がほとんど無い状態です。 そこで、この記事では中山果奈アナに関する情報を可能な限り収集してまとめました。 「みんなのニュース ワンダー」の低視聴率を受けて、2017年度から放送が開始された関西テレビのニュース・報道番組。 新実彰平アナが在阪局で初の平成生まれキャスターに抜擢されたことで各スポーツ紙がこぞって取り上げたことで話題になった。 これは「FNNスーパーニュースアンカー」の初代メインキャスター・山本浩之アナ以来26年ぶりの出来事だ。 なお、週末版は「みんなのニュース Weekend」が放送され、前半が全国パートとしてフジテレビ制作、後半が関西ローカルパートとして関西テレビ制作に切り替わる。 フジテレビ「みんなのニュース」が終了し「プライムニュース」ブランドに統一したのを受けて、2018年4月より「報道ランナー」に改題した。 この記事では「報道ランナー」に出演するアナウンサーやキャスターの情報をまとめた。 「麻呂」こと登坂淳一アナやNo. 1人気を誇った有働由美子アナといったタレント性の高いアナウンサーがNHKを去っていく中で、真面目なルックスながら新しいタレント性を持つ注目株です。 彼の魅力は「NHKらしからぬ言動」でしょう。 秩序がありつつも既存のNHKの慣習に囚われないフリーダムな発言や応対に視聴者はインターネット上で盛り上がりを見てせています。 一方で、高瀬耕造アナは時折見せる「心に闇を抱えているのでは?」と思わせるコメントがポイントです。 ネガティブな内容でありつつも、何故かふんわりと癒されるとさえ思えてしまうのが高瀬耕造アナの魅力と言えるでしょう。 この記事ではそんな高瀬耕造アナに関する基本情報から気になる話題までをしっかりと取り揃えてご紹介します。 「スーパーJチャンネル」(よみ:すーぱーじぇいちゃんねる)は、1997年から開始されたテレビ朝日、夕方のニュース番組。 現在はテレビ朝日のアナウンサーを中心に構成されているが、開始当初はタレントをキャスターに起用していた。 月~木は俳優の石田純一、金曜は元タレントの田代まさしという、今では絶対に実現できないメンバー起用である。 石田純一&田代まさしの降板後は、小宮悦子が長らくキャスターを務め、その後を受けて現在の渡辺宜嗣が起用されている。 番組は時間ごとに3枠で区切られており(公に明示はされていない)、そのうちANN枠はテレビ朝日系列の各局が全国ニュースのパートとして編成し各地で放送される。 スーパーJチャンネルは、放送時間前に人気ドラマの再放送を設けており高視聴率を確保している現状がある。 ドラマ終了後の流れでスーパーJチャンネルが開始されるため、ドラマ視聴者をそのまま取り込みやすくなっている。 現在出演者の多くはテレビ朝日のアナウンサーで構成されている。 ここでは現在「Jチャンネル」に出演するキャスター・アナウンサー・リポーターの一覧と番組情報をまとめる。 毎回ひとつのテーマごとに取材を行い、問題を掘り下げていくNHKの報道情報番組。 1993年から放送されている人気の高い長寿番組である。 NHKらしく堅実にひとつの問題をクローズアップして深く掘り下げており、イメージ的には敷居が高かったものの視聴率を見ても好評だったことが伺える。 人気を堅調していたのは開始以来出演していた国谷裕子キャスターの存在も大きかったが、2016年3月をもって降板。 彼女の降板に合わせて2016年からは番組が大幅にリニューアルしたものの失敗。 視聴率も低迷したことから2017年4月に再度リニューアルし現在の形となっている。 この記事では「クローズアップ現代+」の主要な出演者についての情報をまとめた。

次の

和久田麻由子(NHKアナ)の2019年の休みは新婚旅行?結婚相手の経歴・職業がフライデーで判明!

おはよう 日本 和久田 休み

2019年3月5日、結婚していたことがわかったのだとか。 NHK朝のニュース情報番組「おはよう日本」の平日キャスターを務める同局の和久田麻由子アナウンサー(30)が、一般男性と結婚していたことが5日、明らかになった。 広報局では「職員のプライベートに関しては、お答えしていません」とコメントしているが、複数の関係者によると、お相手の男性とは今年に入ってから婚姻届を出したという。 4月以降も同番組に出演、仕事を続ける。 sanspo. html というわけで、和久田麻由子アナは結婚してしまいました。 この世は闇に包まれた…(包まれたとは言ってない) これ以降は、結婚がわからなかった時の記事なので、読みたい人だけ読んでください。 ただ、気になるのはYahoo! で検索すると「結婚」に加えて 「横山」という文字が出てきます… 多くのひとが 「旦那さんの名前なのでは!?」 と勘違いしてしまったようですが、これも結婚のときと同じく、ある程度検索されてしまったからなんですね。 和久田麻由子アナがお休みしていた理由とスッピン休み画像! 土曜の和久田麻由子アナかわいいよね。 休みだけど早起きしちゃうよね。 — いぴろTypeBEAT ichiro2002002 和久田麻由子アナが時々、NHK朝のニュース「おはよう日本」から姿を消していたことがあったそうです。 主に、9月下旬、1月下旬、そしてGWの途中の平日などです。 これらについては、特に深い理由はなく、単にまとまった休みだったり、あらかじめ決められたお休みなのだとか。 その画像では、小さなお子さんと一緒に映っていて、そのため、結婚説に拍車がかかってしまったのだとか。 もちろん、そのお子さんは、親戚か友人かのお子さんで、結局のところ、和久田麻由子アナのお子さんでもなんでもなかったわけです。 なので、その彼氏歴や、妊娠説の意外な関係について調べてみたところ… 「男子ラクロス部のマネージャーをズッとやっていたのですが、部活オンリーで男の噂は聞いたことがない。 ラクロス部でもマドンナ的存在で部員が手を出せる雰囲気ではなかった」 「彼女自身『男の人とお付き合いしたことがない』と入局当時、同僚に話しています」 これらは2015年の情報なのでちょっと古いです。 他に考えられる理由としては、NHK内部の職員の名前ではないかとも考えられますが…どこにでもある名前なので、個人を特定することは難しいですね。 なので、この「横山」といった名前の出所については、まったくの謎でした。 ちなみに、2018年4月の段階になると、 彼氏いない説が崩 れ たとの噂が浮上したそうです。 ・どうも最近、カレ氏と別れたみたいなんです。 ・セクシーさを前面に出すようになったのは、失恋による心機一転のパフォーマンスではないかともっぱらです 出典: そして… ・各男性週刊誌に取り上げられるようになり、人気が上がると、NHKもガードを強化するよう忠告したそうです。 ・『交際厳禁』まで言い渡されたとか。

次の