牛 すじ 柔らかく する に は。 牛肉すじ肉は固くて困っている人!朗報です|牛すじ煮込みがお手頃価格で絶品です!

外国産の牛肉を柔らかくする方法。激安のアメリカ牛が美味しいステーキに変身!|しゅふのわ.com

牛 すじ 柔らかく する に は

固い肉、安いステーキ肉などを柔らかくする方法色々! まず肉を叩くか肉の筋を切って柔らかく 肉料理などの工程を見ていくと 「肉をよく叩く」とか 「肉の筋を切る」などが あります。 ミートハンマーで肉を叩いたり ミートソフターで肉の筋切ったりですね。 どっちもない場合は 包丁の背の部分で肉を叩き 包丁の先端先っちょの部分で 筋の部分を切っていきます。 この工程をしておくことで ・火の通りが早くジューシーな焼き上がりに ・焼いても肉が縮まない ・ソースや下ごしらえの調味料がよく馴染む ・柔らかく仕上がる などなどやっぱり肉を 柔らかくしていく上で大事な工程のようです。 そしてこの下ごしらえを済ませたら 次から肉を柔らかくする方法 いくつかあるんですよね~。 順に見ていきましょうか。 「Sponsored link」 コーラやビールなどの炭酸系飲料に漬け込む 肉をコーラ、ビールなどに漬けておくと 柔らかくなるって話は割りと有名かもですね。 コーラやビールなどに 含まれている酵素によって 肉のタンパク質が分解されるため 柔らかくなります。 漬け込む時間は 約10分程度でOKです。 肉を焼く際にはちゃんとコーラやビールなどは 軽く水で洗い流しておきましょう。 焦げ付く恐れがありますからね。 牛乳を使用する場合 牛乳に含まれている乳酸が肉の繊維質をほぐして 肉を柔らかい状態にしてくれます。 あと臭みを取る場合にも牛乳は有効ですから 肉を柔らかく&臭みを取るで一石二鳥です。 深さのあるボウルに肉を入れて 牛乳をしっかり浸かるくらい入れます。 漬け込み時間は 約2時間と少々長めです。 調理の際には汁気をしっかり クッキングペーパーなどで 軽く拭き取っておきます。 パイナップル、パイナップルジュースを使用する 生のパイナップルや 果汁100%パイナップルジュースを 使用する方法です。 パイナップルには 「ブロメレイン」という 成分が含まれていて これが肉のタンパク質を分解する 酵素に働きかけることで 肉の繊維が崩れていき 結果お肉が柔らかくなります。 漬け込みの時間は 約30分~1時間程度 あまり長く漬け込んでいると 肉がズタボロ状態で 焼けなくなるので要注意です。 煮込み料理のシチューとかなら 3時間位漬け込んでも大丈夫ですかね。 「Sponsored link」.

次の

肉を柔らかくする13の方法で安価なお肉もおいしく!重曹に炭酸水、玉ねぎや酒で簡単に!

牛 すじ 柔らかく する に は

通常の肉であれば1時間も煮込むとずいぶん味が染みて柔らかくなります。 ですが、牛すじの場合は2時間ほど煮る必要があります。 一般的に牛すじは3回程煮込みます。 1回煮込んでザルで切り、新しく水から煮込という工程が3回です。 これはにくが固いというだけでなく、 灰汁もかなり出ますから、それを処理するため必要な工程でもあります。 そのため、柔らかくしたのであれば、 とにかく時間をかけて煮ることを試みるべきです。 時間をかけるといっても、2時間ものあいだ、 ずっと火をつけているとガス代や電気代がもったいない。 なにより体力的に辛い。。。 さらに、こういった作業は夏の季節になると大変です。 長時間火を使用するため部屋の中が蒸し風呂のようになり暑くなります。 そこへきて部屋を冷やすためのエアコン代も重なるとなると大変です。 ・まず下準備 時間を短縮して柔らかくする方法として下準備があります。 その方法として、最初に行うのはパイナップルなどに一晩つけ込みます。 その後紅茶と一緒に煮ることが重要になります。 紅茶をいれる場合には、そのまま鍋の中にティーバッグを入れてもよいのですが、 途中でティーバッグは取り除かなければなりません。 その手間を惜しみたいならば、 コップなどに紅茶を作りその紅茶を鍋の中に入れてみてもよいです。 「なんでパイナップルと紅茶なのか?」 パイナップルは酵素の働きで肉を柔らかくしてくれます。 一方、紅茶は茶葉に含まれるタンニンが肉を柔らかくしてくれるのです。 ・煮込み方 煮込むときには最初の10分間は弱火にせず中火で煮ることがコツになります。 この時の10分間は鍋あら離れることなく灰汁取りを行います。 そうするとスープに透明度が出てきます。 合計で1時間も煮こむことで、十分に柔らかい牛すじを完成させることができます。 あまり時間を掛けすぎると肉がとろけてしまいます。 あれだけ固い牛すじは一旦柔らかくなると今度は煮崩れを起こしやすいのです。 そのため注意したいこととして時間が経過するごとに、 串などで刺してみて柔らかさを確認しておく必要があります。 程よく軟らかくなったら、鍋から取り出し冷まし、ジップロックで冷凍保存。 そうしておいて、いろんな料理(カレー、おでん、など)に使いましょう。

次の

牛バラを柔らかく

牛 すじ 柔らかく する に は

お肉を柔らかくする3つのポイント お肉を買おうと思っても霜降りは油が多くてしかも高いし、でも安いお肉を選ぶと固そうで、おいしくなかったらどうしようと、買うのにためらったり、悩むことがありますよね。 そんな時、固いお肉でも柔らかくおいしくなる方法があれば、うれしいですよね。 お肉を柔らかくするには、主に3つのポイントがあります。 1.道具を使って柔らかくする方法 肉料理のレシピで良く見かける 「肉をたたいて」と 「筋を切る」という工程。 筋を切ったお肉をさらにたたくことで、肉の 繊維がほぐれて柔らかくなります。 硬いお肉というのは、 筋繊維がしっかりしすぎているものが多いので、この筋繊維を断裂させていくために行うのが道具を使う方法です。 こうする事で、 下味がなじみやすくなり、焼いても 縮まなくなります。 専用の道具も売られていますが、包丁や、家にある瓶の底の部分などを使っても出来ます。 この方法、どこかで聞いたことがあるな、と思ったら、生タコの下処理でも同じようなことをします。 タコをできるだけ柔らかくするために、塩をたっぷりつけて 30分ほど手で揉むのですが、考え方は同じですね。 参考までに、こちらもぜひご覧ください。 タンパク質は、 酵素によって分解され柔らかくなり、うまみ成分も出てきます。 この性質を利用して、 酵素を含む食品に肉をつけておくことで、中から浸透して肉を柔らかくします。 野菜や果物に多く含まれている酵素ですが、 はちみつやオリーブオイルまたは、 ヨーグルトや塩麹、味噌などの発酵食品にも含まれています。 酵素がたくさん含まれているほど、つけ置き時間が短くすむのが特徴です。 忙しい時や時間のない時に便利ですね。 そこで使うのが、酸性の性質を持つ 炭酸飲料。 肉を炭酸飲料につけて置くことで、PH値を5より低くして、肉を柔らかくする事ができるのですね。 これで冒頭のコーラがお肉を柔らかくするのに役立つということが理解できましたね。 お肉を柔らかくする方法は? 大きく3つに分類されたお肉を柔らかくする方法でしたが、それぞれの手順をご紹介していきます。 今回は 2㎝ほどの厚さの牛肉を対象に漬ける時間などを表示していますが、お肉の厚さや大きさによって、浸漬する時間が変わってきますので、ご了承ください。 また、お肉を漬ける際は、密閉袋や密閉容器などに入れてお肉の全体がしっかりつかるようにしましょう。 お肉をたたいて柔らかくする方法 まな板の上にお肉をのせ、その上にラップをかぶせます。 あればミートハンマー、なければ重さと厚みのある瓶や包丁の裏側などを使い、肉の繊維を潰すように、 軽くトントンと 全体をまんべんなく叩いていきます。 叩きながら筋のある場所を確認しておき、少し切り込みを入れる程度に包丁を入れ、筋を切ります。 切り込みすぎると肉汁と旨みが出てしまうので注意しましょう。 叩くことでお肉が柔らかくなるだけでなく、味がしみこみやすくなります。 玉ねぎでお肉を柔らかくする方法 すりおろした玉ねぎにお肉をつけておきます。 お肉の厚さにもよりますが、厚いお肉は半日ほどつけた方が柔らかくなります。 焼くときは玉ねぎをキッチンペーパーなどできれいに 拭き取ってから焼きます。 下味もつくので、玉ねぎを落とさずそのまま炒め物にも使えますよ。 また使い終わった玉ねぎはソースを作る際に一緒に炒めると無駄にもならないのでおすすめです。 ヨーグルトで柔らかくする方法 お肉に ヨーグルトを両面に塗って、半日ほどつけます。 焼く前に表面のヨーグルトをキッチンペーパーなどで 拭き取るか、または 洗い流します。 濃い味付けの料理に使うとヨーグルトの香りも気になりません。 牛乳で柔らかくする方法 全てのお肉と 相性が良いとされていて、柔らかくなるだけでなく、お肉の アクや臭みも取り除いてくれます。 つけ時間は 30分以上です。 1日置くとさらに効果があります。 赤身の柔らかいランプステーキなどに使う場合は、仕込みをしたら、焼く前にキッチンペーパーなどで牛乳をしっかりふき取りましょう。 塩こうじで柔らかくする方法 お肉に塩こうじを 全体に塗って、ジップロックなどに入れ1時間~半日ほど冷蔵庫で寝かせておきます。 下味もつきますが、焦げやすいので焼く前には塩こうじをキッチンペーパーなどで軽くふき取ります。 塩こうじを使う方法が 一番お肉を柔らかくすると言われています。 はちみつで柔らかくする方法 お肉の表面に うっすらはちみつを塗り、 30分程おきます。 肉の 臭みを取り除く効果もありますが、たくさん塗りすぎると甘くなってしまうので、表面に薄く塗るようにしましょう。 スポンサーリンク ビールで柔らかくする方法 ビールにお肉を漬け込みます。 ビールは飲みかけや余ったものでももちろんOKです。 焼いている最中に振りかける程度でも大丈夫ですし、飲み残したビールでお肉を煮るという方法もあります。 ただ、ビールは 開栓して時間のたっていないものに限ります。 最近では、ビールに肉を漬け込むと 発がん物質のレベルが下がることも明らかになっているようです。 コーラで柔らかくする方法 コーラに お肉を30分程浸けておくことで、お肉が柔らかくなります。 調理する際には、コーラをきれいに洗い流すか、キッチンペーパーでふき取ります。 コーラの味やにおいが気になる場合は、 無味の炭酸水でも同様の効果があるのでそちらをお勧めします。 煮込み料理などに適しています。 赤ワインで柔らかくする方法 お酒が続きますが、肉の 臭み取りにも効果的な ワイン。 浸け時間は1 時間以上です。 ワインを単体で使うより、ヨーグルトや玉ねぎと組み合わせるとさらに柔らかくなります。 お酢で柔らかくする方法 ジップロックなどの密閉袋にお肉を入れて、 お酢に1時間以上浸けておくことで、お肉が柔らかくなります。 焼く方法の他、お酢と他の調味料を加えて煮込むという調理方法もおすすめです。 砂糖でお肉を柔らかくする方法 下ごしらえで、砂糖を少量、お肉の表面にもみ込むことで、お砂糖の保湿効果で加熱した時に肉が硬くなるのを防いでくれます。 関西ではすき焼きをするときにお肉に砂糖をまぶして煮込むのですが、これもお肉を柔らかくするのに一役買っていると言われています。 果物で柔らかくする方法 使う果物は キウイの他、 パイナップルや梨、リンゴでもOKです。 薄い肉を浸け過ぎるとお肉が ボロボロになるので注意が必要です。 果物はできるだけフレッシュなものを使いましょう。 重曹で柔らかくする方法 水に 重曹と塩を加えよくかき混ぜたものに、お肉を付けて少なくとも 2時間ほど漬けます。 調理する際は、お肉の塩分をきれいに水で洗い流し、キッチンペーパーなどで水気をふき取って調理します。 材料は、重曹 小さじ1:塩 小さじ1: 水 400㏄ですが、お肉がつからない場合は、量を調節してくださいね。 参考レシピ: 最近は味の素からでている調味料、お肉を柔らかくする粉があるので、そういったものを使うという手もありますね。 急ぎの場合は、家庭にあるものでできると助かりますね。 また、お肉は70度以上の高い温度で長く煮ると柔らかく煮ることができます。 煮込んだすじ肉もおいしいですよね。 敬遠しがちなすじ肉の下処理は意外と簡単です。 すじ肉も煮込むと柔らかくおいしく仕上がりますよ。 牛すじ肉を柔らかくする方法はこちらをご覧ください。 こちらはフライパンを使ったスペアリブのレシピですが、調味料に漬けこむことでお肉が柔らかくなり味が染みておいしく仕上がります。 強火で焼くと焦げてしまうので焼き加減を見ながらひっくり返して両面焼きます。 大きさにもよりますが、約20分~30分ほどで焼きあがります。 お肉の量が多い場合は、調味料を多めに作ってください。 調味料が少ないと味が薄くなりおいしくないです。 お気に入りのこちらのレシピでスペアリブはいつもフライパンで作っています。 できれば、一晩置いた方が柔らかくて美味しく仕上がります。 漬けこんでおくだけの簡単レシピで、翌日やわらかくておいしいスペアリブが期待できます。 漬けこむ時間が長ければ長いほどお肉も柔らかくなっておいしくなるので、ぜひ試してみてください。 まとめ 今回はお肉を柔らかくする方法についてご紹介しましたが、硬いお肉を柔らかくする方法、またはお肉をより柔らかくしておいしく食べる方法は、どれもわざわざ買い足さなくても、一つや二つくらいは家の中にありそうなもので、すぐに実践できますよね。 特価で激安のステーキ肉や外国産の牛肉、また、焼肉にするときやカレー用の牛肉の下ごしらえなどにも使えます。 また、牛タンや牛バラ肉、牛もも肉、ブロック肉に肩ロースやトンテキなどにも使えるので、これらの方法でお肉をより一層おいしく召し上がってくださいね。 スポンサーリンク•

次の