ヘパリン類似物質。 ヘパリン類似物質の効果と副作用

【薬剤師が解説】保湿剤の種類まとめ【保存版・ヒルドイド・ワセリン・尿素】

ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質油性クリーム0. 乾皮症、皮脂欠乏性湿疹 アトピー性皮膚炎 湿疹(皮膚炎) ヘパリン類似物質油性クリーム0. 血行障害による痛みや 炎症をやわらげるお薬です。 打撲、 捻挫などのはれや痛み、筋肉痛、関節痛を治療するお薬です。 保湿効果があり、皮膚の乾燥を防ぐ働きがあります。 傷跡の肉のもりあがりの治療や予防、皮膚のかさつきやしもやけなどの治療をするお薬です。 血流量を増やして、痛みや炎症をおさえる働きがあります。 ヘパリン類似物質油性クリーム0. 注射後硬結• 注射後 疼痛• 皮脂欠乏症• 外傷の関節炎• 外傷の筋肉痛• 外傷の 血腫• 外傷の 腱鞘炎• 外傷の 腫脹• の治療• の予防• 挫傷の関節炎• 挫傷の筋肉痛• 挫傷の血腫• 挫傷の腱鞘炎• 挫傷の腫脹• 進行性指掌角皮症• 打撲の関節炎• 打撲の筋肉痛• 打撲の血腫• 打撲の腱鞘炎• 打撲の腫脹• 捻挫の関節炎• 捻挫の筋肉痛• 捻挫の血腫• 捻挫の腱鞘炎• 捻挫の腫脹• の治療• の予防• <乳児期>• 血行障害の疼痛• 血行障害の 炎症性疾患 ヘパリン類似物質油性クリーム0.

次の

ヘパリン類似物質ゲル0.3%「テバ」

ヘパリン類似物質

薬局では「乾燥肌、手足の荒れ、ひび・あかぎれなどの簡単な治療を市販薬ですませられない?」といった質問を時々受けます。 保湿や血行促進によく処方される「ヒルドイドソフト軟膏」は処方薬(医療用医薬品)なので薬局やドラッグストアで購入することはできません。 しかし、ヒルドイドやジェネリックのビーソフテンと同じ成分「へパリン類似物質」が同じ量配合されている薬は市販薬にも多数あります。 ヘパリン類似物質の効果や、処方薬と同じ成分を持つ市販薬をタイプ別に紹介します。 は、乾燥肌や皮脂欠乏症の治療、傷跡(外傷後の腫脹)の治療などに使われる処方薬です。 保湿剤として使われることも多いヒルドイドは、皮膚科で処方される薬の中でも絶大な知名度と人気を誇る薬のひとつでしょう。 代表的な効果は、肌の保湿や角質内の水分を保持して柔らかくする働きがあげられます。 ヒルドイドのさまざまな効果 肌の保湿以外にも、ヒルドイドにはさまざまな効果があります。 血流量を増やす作用、血液凝固をおさえる作用、組織の癒着をおさえる作用(線維芽細胞増殖抑制作用)、青あざなどの血腫を治す作用などがあります。 怪我の後のむくみの治療や、血流を改善することで肌の新陳代謝を高め傷跡の治りを良くすることにも使われています。 病院では、使う患部や症状にあわせて、、、など使用感の異なる基剤をうまく選んでもらえます。 ビーソフテンはヒルドイドのジェネリック ヒルドイドにはさまざまなメーカーからジェネリック医薬品が販売されています。 ジェネリックの中でも、が代表的な商品です。 いずれも処方薬なので医療機関で処方してもらう必要があります。 ヒルドイドと同成分「ヘパリン類似物質」を配合した市販薬には、各商品100g中0. 3g(0. そのため、ヒルドイドと同等の効果が期待できるといえるでしょう。 また、ヘパリン類似物質が含まれている「医薬部外品」も販売されていますが、処方薬のヒルドイドと同様の濃度となっているのは「市販薬(OTC医薬品)」のみです。 乳液 ・クリームより水分が多く伸びが良い ・肌になじみやすい クリーム ・ベタつきすぎない ・手や足などどこにでも使いやすい ローション ・サラッとしてベタつかない ・毛が生えている部分に使いやすい 乳液タイプ ミナハダ ヘパリン類似物質 乳状液「JM」は、ヘパリン類似物質配合の市販薬では珍しい乳液タイプです。 乳液の特徴は、肌の潤いを保つ水溶性成分と、油分の膜で肌を保護する油性成分が配合されていること。 乾燥した肌を保湿し、乾燥や肌荒れで傷んだ肌を修復しながら、油分の膜で外部からの刺激から患部を守ります。 クリームも乳液と同じく、水溶性成分と油性成分が配合されていますが、乳液のほうが水溶性成分が多く、伸びが良く使い心地が良いことが特徴です。 無香料・無着色・ステロイド無配合 無香料・無着色で、ステロイド無配合なので、赤ちゃんや子供でも安心して使うことができます。 洗顔後や入浴後など、肌を清潔な状態にしたあとに塗りましょう。 特に、冬場に起こりやすい乾燥肌には、1日に複数回塗ることで効果を感じやすくなります。 HPローション・HPクリームに代表されるHPシリーズは、保湿・抗炎症・血行促進を特徴としている商品です。 「おでこや手足・首などのお肌の乾燥に使える」「ステロイド無配合で赤ちゃんから使える」ことも打ち出しており、保湿剤としての使用を検討されている方に最適です。 ローションタイプとクリームタイプが販売されており、おでこなどにはローション、手足などにはクリームといった使い分けも可能です。 安心できる情報提供の質と量 HPシリーズの販売元は、数々の医療用医薬品も手がける製薬メーカー、ノバルティスファーマです。 ノバルティスファーマのHPローション・HPクリームの紹介ページは、情報提供の質が非常に高く、ヘパリン類似物質を知る上でもとてもわかりやすいことが特徴です。 HPローション&クリームを利用したことのない方も一度チェックしてみると良いでしょう。 ノバルティスファーマ: ヒルドイドの有効成分は「ヘパリン類似物質(へぱりんるいじぶっしつ)」です。 ヘパリン類似物質は、文字通り「ヘパリン」と似た作用を持った天然由来成分のことです。 ヘパリンとは、ヒアルロン酸などと同じ「ムコ多糖類(むこたとうるい)」と呼ばれるグループの物質です。 肝臓で生成され、私たちの体内にもともと広く存在しています。 保湿だけではなく血行促進・抗炎症作用もあり 一般的に市販されている保湿系のクリームは、以下のように肌の保湿がメインになります。 ・肌の油分を補うもの(ワセリンなど) ・肌の細胞間の水分や油分を保ちうるおいを補うもの(セラミドなど) ・保湿し角質を柔らかくするもの(尿素など) それに対してへパリン類似物質は、保湿だけではなく、以下のような乾燥や肌荒れを修復する働きをもっています。 ・血行を良くし、肌の新陳代謝・再生をうながし傷跡などを修復する作用 ・肌の潤いを取り戻し外部から保護する保湿作用 ・炎症を抑えて肌荒れを正常化する作用 乾燥肌だけでなく、ひびやあかぎれなど荒れてしまった手足の改善や、角質が硬くなりやすいかかと・くるぶし・ひじ・ひざの角化の改善や、かゆみのあるしもやけの改善などに効果を発揮します。 また、血行促進や血が固まることを防ぐ働きもします。 安全性が高い ヘパリン類似物質は体内に存在する成分に似た構造を持っているため、安全性が高く敏感肌やアトピー性皮膚炎に広く使われています。 非ステロイド性で、赤ちゃんでも安心して使用できる薬です。 ヘパリン類似物質は、副作用がほとんどない安全性の高い薬ですが、使用方法を間違えると悪化してしまう場合があります。 それは、出血している部分への使用です。 ヘパリン類似物質には血液が固まるのを防ぐ作用があります。 また、血行促進作用もあるため、出血している部分に使用すると傷が治りにくくなってしまうのです。 ヘパリン類似物質は、掻きむしり出血してる部分や、ジュクジュクした傷がある部分などには使用しないでください。 また、副作用が少ない成分とはいえ、医薬品である以上副作用がゼロではありません。 薬の使用時には必ず使用上の注意を読み、用法用量を守って使ってください。 万が一異変や違和感が起きた時は皮膚科などに相談しましょう。

次の

ヘパリン類似物質ってどんな成分?ドラッグストアで買える?毒性は?

ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質とは ここ最近よく聞く、『 ヘパリン類似物質』。 私は、ひどい乾燥肌の持ち主ですが、唯一 乾燥してると感じなくなった 成分が、 ヘパリン類似物質です。 その、ヘパリン類似物質配合の製品として代表的なものは『 ヒルドイド』です。 私の息子も赤ちゃんの頃、乾燥による痒みで顔中がただれてしまった時に、病院から保湿剤として処方されました。 画像引用元: こちらですね。 これは、ローションタイプでサラッとしたつけごごちですが、冬場の保湿効果としては少し物足りないかも。 でも、夏場はこういったローションタイプや、ヒルドイドのジェネリック版、ビーソフテンのスプレータイプが最適です。 画像引用元: スプレータイプというのは、こちらです。 このスプレータイプは、夏場にエアコン等で乾燥した肌にとても重宝します。 そして冬になると、外気の乾燥により水分を保持し続けるのが困難になります。 そうすると、油分も必要になってきます。 水分を保持し続けないといけませんので、冬場は油分が多く配合されている、クリームタイプのこちらがベストです。 画像引用元: こちらがヒルドイドソフト軟膏で、ワセリン等の油分保湿剤も多く配合されています。 基本的には病院から処方してもらわなければなりませんが、市販でもヘパリン類似物質が配合された商品が購入出来ます。 では、劇的に乾燥を改善してくれるヘパリン類似物質という成分について、解りやすく説明させて頂きますね。 ヘパリン類似物質の原料や働きは? ヘパリンとは、一言で言うと ムコ多糖類の1つです。 ムコ多糖類とは、細胞や組織の表面を覆って保護する役割や、運動等を潤滑にする役目をします。 よく聞く、グルコサミンやコンドロイチンなんかもムコ多糖類です。 要は、関節の動きや眼球の動きを円滑にする為の、ネバネバした感じの物質ですね。 関節の痛みの原因は、ムコ多糖類が不足している!なんて言われるのは、水分等の保湿成分を保持出来なくなったからといった感じです。 ヘパリン類似物質は、 ヘパリンというムコ多糖類に、似た働きをするという意味で ヘパリン類似物質と呼ばれています。 主な原料は、豚の気管軟骨や肺等の臓器から成分を抽出して作られています。 ヘパリン類似物質の最も優れた点は? ヘパリン類似物質の最も優れた部分であり、主な特徴ともいえるのが、 角層に水分を蓄える作用です。 しかも、かなり 持続する保湿効果が特徴です。 ヘパリン類似物質には、多くの親水基(水と結合しやすい基)があります。 その為、水分を抱え込む力が優れているのです。 ワセリンは、角層に水分を付与する作用はありませんが、ヘパリン類似物質は水分を付与出来るため、乾燥肌がどうしても保持し続ける事が困難な 水分を蓄える力があるのです。 後は、 血行促進と抗炎症作用があります。 顔に塗って大丈夫?乾燥肌がヘパリン類似物質で改善される! 乾燥肌というと、 顔が一番気になる部分です。 そして、少しの刺激でもすぐ荒れてしまうのも 顔の肌です。 私自身も顔の肌の乾燥は、とにかくひどいってもんじゃありませんでした。 ひどい乾燥から皮がめくれて、痒みもひどく、小じわだらけ。。。 本当に悩みのタネでした。 でも、このヘパリン類似物質で 劇的に変化があったのです。 皮膚科の先生も常に使ってると言っていたので、早速、化粧水代わりにビーソフテンスプレータイプを使用しました。 使用していくうち、少しずつ皮膚を保護していく力が戻ってくるのが解りました。 1年程使用してからは、自分自身の肌で、水分保持出来るまで回復しました。 ただ、ヘパリン類似物質の作用の1つに、 血行促進作用があります。 例えばアトピーがひどく、血行が良くなると痒みが出てしまうといった方には不向きです。 私は、ステロイド軟膏を使用する事も度々ある様なアトピー体質だったのですが、血行促進によって痒みがひどくなるタイプではなかった為、ヘパリン類似物質はとても合っていました。 1年以上使用していますが、トラブルはありません。 逆に以前あったトラブルが無くなったという方が大きいので、顔の肌に使用し続けて本当に良かったと思っています。 何十年も悩んでいたひどい乾燥肌が改善された唯一の成分だったのですから。。。 もちろんヘパリン類似物質が合わなかったりする場合もあるでしょう。 それは基本的に、 血行促進によるトラブルが主だと思います。 出血性血液疾患などの症状を持っている方は、血が固まりにくく、出血を助長する恐れがあるので使用してはいけません。 もちろん、じゅくじゅくした傷などがある場合も使用出来ませんし、唇や粘膜にも使用しないでください。 スポンサーリンク ヘパリン類似物質は湿疹にも効果があるの? 湿疹と一言で言っても、原因も症状も違います。 赤くプツプツしたものがたくさんあって、痒みを伴うといった場合に、『 湿疹』と呼んでいる方が多いと思います。 一見、見た目は同じ様に見える湿疹でも『 脂漏性湿疹』もありますし、外的要素からの湿疹という場合もあります。 脂漏性湿疹は、基本的には乾燥肌が原因で、水分不足により油分で補おうと過剰な皮脂が出てしまい、その皮脂を餌にした菌が増殖して赤みと痒みを引き起こします。 ひどい乾燥が原因で、湿疹の様な皮膚炎になったりする場合もありますし、皮膚疾患というのは原因が様々です。 基本的には、湿疹が出ている時にヘパリン類似物質を使用しない方がいい場合もありますが、私は使用していましたし、特に問題もありませんでした。 湿疹の種類も、乾燥のひどさも、人それぞれです。 少しだけ試し塗りをして、刺激を感じる様でしたら止めておく。 そんな判断で良いと、私は思っています。 一概に、この場合はダメで、これなら良いと言い切れる訳ではないからです。 使用を控えて悪化する場合や、使用して悪化する場合もありますので、自分自身で試すのが一番です。 ちなみに私は、乾燥が原因の湿疹でしたので、使用した事によって改善しました。 ですので、私にとってヘパリン類似物質は、効果があったという事です。 気になるヘパリン類似物質の副作用とは? それでは、ヘパリン類似物質の気になる副作用についてです。 こちらは、ヒルドイドについての副作用概要です。 3% 総投与症例2471例中、23例 0. 93% に副作用が認められ、主なものは皮膚炎9件 0. 36% 、そう痒 8件 0. 32% 、発赤5件 0. 20% 、発疹4件 0. 16% 、潮紅3件 0. 12% 等であった。 3% 総投与症例119例中、本剤による副作用は認められなかった。 3% 総投与症例121例中、本剤による副作用は認められなかった。 maruho. pdf 上記の通り基本的に、副作用は無いと言われています。 ですが、ヒルドイドクリームに関しては、皮膚炎などの報告が数件、過去に発生していた様です。 ヒルドイドクリーム 画像引用元: ヒルドイドソフト軟膏 画像引用元: ヒルドイドローション 画像引用元: ヒルドイドの中では、ヒルドイドクリームが一番最初に発売されたという事もあり、それ以降に発売されたヒルドイドソフトやローションの方が保湿剤としての効果も高く、添加物も肌に優しい成分に改良されている様です。 他に副作用という事ではないですが、 血行促進作用が肌に合わないという方もいます。 血行促進により肌のかゆみが伴う体質の方です。 それ以外にヘパリン類似物質を使用して、大変な事になったという話は聞いた事がありません。 私も毎日使用して2年になりますが、全く副作用などはありませんし、息子も10年前から使用していますが、副作用どころか、すっかり乾燥肌が改善されました。 ヘパリン類似物質配合の製品について 副作用については、特に心配する事はありません。 ですが、ヘパリン類似物質配合製品の成分についてお話させて頂きます。 医師から処方される『 ヒルドイド』や『 ビーソフテン』は、ヘパリン類似物質の含有率が0.3%という事ですが、要はそれ以外は他の保湿剤や添加物が主な成分という事になります。 それぞれの添加物が肌に合わないという場合がありますので、ヘパリン類似物質の副作用や肌に合わない。 というより、その他の添加物などの成分が肌に合わない。 といった可能性はあります。 こちらは、ヒルドイドの成分表です。 製品名 ヒルドイドクリーム ヒルドイドソフト軟膏 ヒルドイドローション 添加物 グリセリン ステアリン酸 水酸化カリウム 白色ワセリン ラノリンアルコール セトステアリルアルコール セトステアリルアルコール・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物 ミリスチルアルコール チモール パラオキシ安息香酸メチル パラオキシ安息香酸プロピル イソプロパノール グリセリン スクワラン 軽質流動パラフィン セレシン 白色ワセリン サラシミツロウ グリセリン脂肪酸エステル ジブチルヒドロキシトルエン エデト酸ナトリウム水和物 パラオキシ安息香酸メチル パラオキシ安息香酸プロピル グリセリン 白色ワセリン スクワラン セタノール 還元ラノリン セトマクロゴール1000 モノステアリン酸グリセリン パラオキシ安息香酸エチル パラオキシ安息香酸プロピル カルボキシビニルポリマー ジイソプロパノールアミン 添加物は上記の通りになっていますが、特に心配する成分はありません。 ですが、何度も言います様に体質は人それぞれ。 界面活性剤や防腐剤でも、成分によっては合わない場合もあります。 市販の製品でも、ヘパリン類似物質の含有率はヒルドイド等と同じく0.3%ですが、その他配合されている成分によって自分に合うものを試す方が良いと思います。 市販の製品は下記の様なものがあります。 ですが、多少の添加物が入っていても、結果的に 自分の肌のターンオーバーが正常になる事が重要だと思ったのです。 その為にはオーガニックの成分にこだわるより、今の自分の乾燥肌にはどうしてあげる事が一番なのか?それを考えて、角質層の改善から始めた事が結果的には功を奏したのです。 自分の肌のターンオーバーを正常にする為には、添加物にこだわるより(自分の肌に合わなければ本末転倒ですが)、角質層の潤い(水分)をどれだけ蓄える事が出来るかどうかを理解して、決めるべきだと思います。 そして、肌のターンオーバーが正常になってから、希望するオーガニック製品を使っていけば良いと思います。 成分にこだわって使用していても、肝心の乾燥肌が改善しなければ、その成分は結局自分に必要では無かったという事です。 私の経験からもそうでしたが、ヘパリン類似物質は顔の乾燥肌を劇的に改善してくれた成分でしたし、副作用もありません。 大切な事は角質層の水分維持力です。 その水分を角質層に留める力が高い成分がヘパリン類似物質なのです。 スポンサーリンク.

次の