アレクサンドロス 大王。 アレクサンドロス[大王](アレクサンドロス)とは

英雄史観は危険、アレクサンドロス大王の真実を見よ 【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第2回)(1/5)

アレクサンドロス 大王

であったとされているが、変化を論拠にであったという説もある。 また、では星ではなく角が生えていたともいわれ、 遺跡から出土したにも角が描かれている [ ]。 また、偽の『マケドニア人アレクサンドロスの生涯』系統伝説は、 ()馬であったと記している。 の『』によると、ブケパロスはペラスギティス産(の馬の産地)でアレクサンドロスの父へのであったが、で誰も乗りこなすことはできなかったという。 若きアレクサンドロス(のち、アレクサンドロス3世)はブケパロスが彼自身の影に怯えていることに気付き、父とをし、馬の視線をの方向へ向かせることで落ち着かせ、見事に騎乗馴致してみせたという。 以来、ブケパロスはアレクサンドロスの愛馬となる。 なお、ブケパロスのは産の種であるとする説がある。 、アレクサンドロス3世軍と王の軍がぶつかったにて、ブケパロスは戦死した。 戦いに勝利したアレクサンドロス3世は、愛馬を丁寧にし、この地に築いた新都市()をブケパロスにちなんで「 ()(異称:アレクサンドリア・ブケパラ、ブケパラ、ブケパリア等)」と名付けた。 伝説 [ ] のうち、偽カリステネスの『マケドニア人アレクサンドロスの生涯』系統によれば、ブケパロスは人を食べ、乗りこなせれば世界を支配できるとされていたという。 アレクサンドロスはブケパロスとともに4頭のでに出場し、アレクサンドロスを侮辱したうえで挑戦してきたニコラオスを轢殺し、優勝したとされる。 の系統伝説によれば、アレクサンドロス伝説では死んだときに30歳であったという。 の口述をが著した『』をがに訳した " The Travels of Marco Polo" 1巻29章 に、バラシャン国(現在のの相当地域にあった。 『東方見聞録』の英訳以外の・訳でもアレクサンドロス大王(および、の娘。 イタリア語・英語版)の子孫と記述される。 ただし、ブケパロスやその伝説の記述はない)の馬は足が速く、なしに山を走る。 そこにかつてブケパロスの子孫である一本角をもつ馬種を国王の伯父が飼育していたが、国王に譲らなかったがために殺され、伯父の妻はそれを恨んで係る馬種を皆殺しにしたという記述がある。 ギャラリー [ ]•

次の

幾多の伝説を持つ英雄の言葉|アレクサンドロス大王21の名言[英語と和訳]

アレクサンドロス 大王

であったとされているが、変化を論拠にであったという説もある。 また、では星ではなく角が生えていたともいわれ、 遺跡から出土したにも角が描かれている [ ]。 また、偽の『マケドニア人アレクサンドロスの生涯』系統伝説は、 ()馬であったと記している。 の『』によると、ブケパロスはペラスギティス産(の馬の産地)でアレクサンドロスの父へのであったが、で誰も乗りこなすことはできなかったという。 若きアレクサンドロス(のち、アレクサンドロス3世)はブケパロスが彼自身の影に怯えていることに気付き、父とをし、馬の視線をの方向へ向かせることで落ち着かせ、見事に騎乗馴致してみせたという。 以来、ブケパロスはアレクサンドロスの愛馬となる。 なお、ブケパロスのは産の種であるとする説がある。 、アレクサンドロス3世軍と王の軍がぶつかったにて、ブケパロスは戦死した。 戦いに勝利したアレクサンドロス3世は、愛馬を丁寧にし、この地に築いた新都市()をブケパロスにちなんで「 ()(異称:アレクサンドリア・ブケパラ、ブケパラ、ブケパリア等)」と名付けた。 伝説 [ ] のうち、偽カリステネスの『マケドニア人アレクサンドロスの生涯』系統によれば、ブケパロスは人を食べ、乗りこなせれば世界を支配できるとされていたという。 アレクサンドロスはブケパロスとともに4頭のでに出場し、アレクサンドロスを侮辱したうえで挑戦してきたニコラオスを轢殺し、優勝したとされる。 の系統伝説によれば、アレクサンドロス伝説では死んだときに30歳であったという。 の口述をが著した『』をがに訳した " The Travels of Marco Polo" 1巻29章 に、バラシャン国(現在のの相当地域にあった。 『東方見聞録』の英訳以外の・訳でもアレクサンドロス大王(および、の娘。 イタリア語・英語版)の子孫と記述される。 ただし、ブケパロスやその伝説の記述はない)の馬は足が速く、なしに山を走る。 そこにかつてブケパロスの子孫である一本角をもつ馬種を国王の伯父が飼育していたが、国王に譲らなかったがために殺され、伯父の妻はそれを恨んで係る馬種を皆殺しにしたという記述がある。 ギャラリー [ ]•

次の

マケドニア王国の銀貨

アレクサンドロス 大王

Contents• 偉大な大王アレクサンドロス アレクサンドロスの生い立ち アレクサンドロス3世は紀元前356年に生まれます。 出生はギリシア北部のマケドニア王国です。 父親はフィリッポス2世。 ギリシア神話に登場するヘラクレスを祖とする家系です。 マケドニアを支配していた王フィリッポスも名君でした。 マケドニアの領土を広げギリシアに名を轟かせます。 フィリッポスはアテネをも支配下に入れる程、マケドニア勢力の拡大に成功しました。 アレクサンドロスの即位 父王フィリッポスは栄華を決める中、凶刃に倒されます。 娘の結婚式にて、暗殺されます。 父王が突然の死でアレクサンドロスは20歳の若さで即位します。 先王の死を利用してギリシアで反乱因子が起きます。 アレクサンドロスは即位するや、反乱因子を排除しギリシアを統一します。 君主交代の隙を全く許さないアレクサンドロスは逆に他国への侵攻を進めます。 ペルシアとの激闘 アレクサンドロスはギリシアを支配するとエジプトも支配下におきます。 エジプトではファラオ 王 の座を受けギリシアとエジプトの王になります。 その他、シリア・メソポタミアと勢力を広げていきました。 古代にて最大図版を築いていたアレクサンドロスは遂に大国とペルシアと対峙します。 ダレイオス3世との戦い ギリシアとペルシアの抗争は根深いです。 この歴史に終止符を打ったのがアレクサンドロス。 ペルシャ王、ダレイオス3世との度重なる激戦にアレクサンドロスは連勝します。 常に寡兵の状態で戦闘したギリシア軍。 時にアレクサンドロスが最前線で敵将を打ち取り、時に野戦で正面衝突でペルシャ軍を蹴散らします。 アレクサンドロスは遂にペルシャ軍を追い詰め、滅亡させます。 アレクサンドロスの死 20歳の若さで即位したアレクサンドロスは連戦連勝を重ねます。 支配領域はギリシアからアジアの広範にわたりました。 そんなアレクサンドロスですが栄華は続きません。 33歳の若さでこの世を去ります。 死因ははっきりとしませんが病死、毒殺など諸説あります。 大王の没後、広大な領域は軍隊の中で特に優れた将軍に分割されます。 アレクサンドロスの功績 ヘレニズム文化 父王フィリッポスはアレクサンドロスに英才教育を施します。 アレクサンドロスの先生はなんとアリストテレス。 アレクサンドロスはアリストテレスから多大なる影響を受けます。 将軍、大王として出世する大王とアリストテレスの関係は長らく続きました。 アリストテレスがアレクサンドロスに色濃く影響を与え誕生したのが「ヘレニズム文化」といわれています。 ヘレニズム文化はギリシア文化とペルシア文化の融合で生まれました。 融合文化の誕生 古代ギリシアでは都市国家の滅亡は文化の滅亡を意味しました。 アレクサンドロスはアリストテレスという大賢人に師事しており文化の滅亡を消失と捉えます。 滅ぼした都市国家から文化を吸収することで自国の文化を発展させる道を選びます。 文化の吸収と融合により誕生させたヘレニズム文化。 広範なギリシア領域に共通文化が誕生したことにより1つの言語が誕生します。 それがギリシア語です。 後世の評価 アレクサンドロス大王はギリシア、エジプト、ペルシアで王となります。 アレキサンダー大王の名で欧州圏では無類の人気を誇ります。 後にはハンニバル、ナポレオンといった名君が影響を受けた人物です。 武勇に優れて、知略に富み、仁政を施した稀代の名君がギリシアの繁栄を支えたのでした。 「快刀乱麻」という四字熟語はアレクサンドロスのゴルディアズの結び目の話が起因しているとされます。 決して解けない麻の結び目をアレクサンドロスが一太刀したという逸話です。

次の