パラボラ。 建物に弱いWiMAXの電波が、自作パラボラアンテナで速くなるのか?

BS・CSアンテナは自分で取り付け簡単!ベランダの内側にアンテナ用ポールやスタンドで室内設置もできる

パラボラ

2020年「カルピスウォーター」CMソング「 パラボラ」。 冒頭の「ダンボールだらけから…」。 余計な言い回しをしなくても新生活が想像できていて、つかみの時点で気になってしまいます。 新しいことを始めるタイミングは期待感と同時に、不安もあるもの。 ジャケット画像にもあるパラボラアンテナで、全てを受け止めてあげる優しさを感じます。 大人の男性だからこその、思いであり、お手本じゃないでしょうか。 受け止めてくれる人がいると知っていれば、思い切って前に進めちゃいますね。 たった1文字の違いでも君との特別な歌だと分かりますし、多くのメロディが思い浮かびます。 思いは一定で直線ではないからと考えると、より興味をそそられてしまいます。 いろいろ想像ができるのもいいですね。 「いつかきっと」がリアルであり、一緒にねという優しさがあります。 新規に撮られた映像ではなく、アーカイブを元に作成されたMVが歌詞の世界にぴったり! 過去があるからこそ、新しいことが始められるんですよね。 曲はもちろんいいのですが、映像がより深みを加えています。 あとがき 「パラボラ」公開に合わせて、新アーティスト写真が公開されました。 深い青の寒色が基本になっていて、クールなカッコよさがあります。 イメージもありますが、冷たさではなく優しく見えてしまうのも興味深い。 歌詞にある「眩い光放ってみせるよ」。 特別な言葉は使っていないのに、歌詞がやっぱりいいですね。 その上で包み込んでくれるような歌声が、心に響いてきます。

次の

パラボラアンテナ

パラボラ

パラボラアンテナとは? パラボラアンテナは、電波を集めて遠くに飛ばすときに使われるアンテナです。 街でよく見かける、おわんの型をしたやつです。 衛星や海外に電波を送るパラボラアンテナには、直径30メートル以上の巨大なものもあります。 まずは、パラボラアンテナの仕組みを簡単に説明します。 電波はパラボラアンテナの中に入ると、入ってきた角度と同じ角度で出ていこうとします。 そのときにすべての電波が必ず、ある同じ一点を通過します。 この点を焦点といいます。 この電波が一点に集中する原理を使って電波を効率よく受信し、送信するときは強くて真っ直ぐな電波を押し出す、これがパラボラアンテナの仕組みです。 ちなみに「パラボラ」とは、放物線という意味です。 パラボラアンテナがおわんの型をしていることで、上のイラストのように電波を一点に集中させ、集まった電波を一定の方向に送信することができます。 この電波が焦点に集まる原理を、WiMAXの電波受信に応用してみようというわけです。 WiMAXの電波の特徴 WiMAXの電波は、スマホの4GやLTE回線よりも高い周波数の帯域を使用しています。 高周波数の電波は通信速度が速く、大容量のデータ通信に向いていますが、直進性が強く、障害物に当たると反射しやすい性質があります。 これが、WiMAXが建物内でつながりにくい理由でもあります。 詳しくはこちらのページで紹介しています。 直進性が高く通信速度が速いというWiMAXの性質は、電波を反射させて一点に集中させるパラボラアンテナの原理を活用しやすいのです。 では、WiMAXの受信感度がアップするか実験開始です。 パラボラアンテナの作り方 作り方は簡単です。 キッチンにある金属製のボウルを用意し、近くにモバイルWi-Fiルーターを置きます。 ボウルとルーターを少しずつ動かしながら、電波が集まる場所を手探りで見付けていきます。 作業的に難しいことはありませんが、ベストな位置を見つけるのに意外と時間がかかりました。 このポジションで測定します。 ボウルに入ってきた電波が上手く、ルーターの位置に集まってくれるといいのですが…。 パラボラアンテナは本当に効果があるのか? パラボラアンテナをつける前の数値 パラボラアンテナをつける前の速度は、下り2. 80Mbps、上り1. 37Mbpsでした。 63Mbps、上り3. 03Mbpsです。 予想していた以上に速くなっています。 これはパラボラアンテナ効果なのでしょうか? もう一度測定してみます。 10Mbps、上り0. 36Mbpsです。 さっきよりは遅くなりましたが、下りのスピードはパラボラアンテナをつけないときよりも速いです。 念のため、もう一度測定します。 51Mbps、上り2. 07Mbpsです。 2回目よりは速い速度が出ました。 自宅で下り4Mbps以上の速度で使えるなら、上出来です。 測定結果から感じたこと 測定結果ではパラボラアンテナをつけたほうが、通信速度は速くなりました。 アンテナとルーターを感覚的に置いただけの自作パラボラアンテナでは数値にバラツキがあり、この実験をもって「効果アリ」と断言することはできませんが、電波を集めるパラボラアンテナは十分に納得できる原理なので、正確な距離を計算して行えばWiMAX電波の受信度を高めることは可能なのかもしれません。 自宅でWiMAXの通信状況が安定しないという人がいれば、ぜひやってみてください。 最後に余談ですが・・・ パラボラアンテナの実験をしていて、1つ思い出したことがありました。 ガリレオの映画版「真夏の方程式」で、湯川先生が携帯をアルミホイルで包んで電波を遮断するというシーンがあったのです。 ためしに自分のスマホでやってみると、電波がまったくつながらない状態になりました。 この方法が役立つシチュエーションはまったく思いつきませんが、 実におもしろい!•

次の

建物に弱いWiMAXの電波が、自作パラボラアンテナで速くなるのか?

パラボラ

2020年「カルピスウォーター」CMソング「 パラボラ」。 冒頭の「ダンボールだらけから…」。 余計な言い回しをしなくても新生活が想像できていて、つかみの時点で気になってしまいます。 新しいことを始めるタイミングは期待感と同時に、不安もあるもの。 ジャケット画像にもあるパラボラアンテナで、全てを受け止めてあげる優しさを感じます。 大人の男性だからこその、思いであり、お手本じゃないでしょうか。 受け止めてくれる人がいると知っていれば、思い切って前に進めちゃいますね。 たった1文字の違いでも君との特別な歌だと分かりますし、多くのメロディが思い浮かびます。 思いは一定で直線ではないからと考えると、より興味をそそられてしまいます。 いろいろ想像ができるのもいいですね。 「いつかきっと」がリアルであり、一緒にねという優しさがあります。 新規に撮られた映像ではなく、アーカイブを元に作成されたMVが歌詞の世界にぴったり! 過去があるからこそ、新しいことが始められるんですよね。 曲はもちろんいいのですが、映像がより深みを加えています。 あとがき 「パラボラ」公開に合わせて、新アーティスト写真が公開されました。 深い青の寒色が基本になっていて、クールなカッコよさがあります。 イメージもありますが、冷たさではなく優しく見えてしまうのも興味深い。 歌詞にある「眩い光放ってみせるよ」。 特別な言葉は使っていないのに、歌詞がやっぱりいいですね。 その上で包み込んでくれるような歌声が、心に響いてきます。

次の