川崎 キャンディーズ。 レッツゴーヤング

南区にあるキャンディーズファンが集う店ってどんなとこ?

川崎 キャンディーズ

スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。 スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。 重複スレッドは削除対象となります。 重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。 個人タイトルは「店舗名 個人名」とし、必ず店舗名を入れるようにして下さい。 個人についての話題は各1スレにまとめて下さい。 店舗についての話題はに書き込みして下さい。 店舗、個人以外の話題はに書き込みして下さい。 誹謗中傷による書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。 求人または求職に関する書き込みは禁止となります。 求人掲示板に書き込みして下さい。 一回の書き込みでアクセス禁止措置と致します。

次の

キャンディーズ・ヒストリー 昭和52年(1977)

川崎 キャンディーズ

ご存じの方も多いかと思うが、元キャンディーズのメンバーで、スーちゃんの愛称で親しまれた女優の田中好子(たなか・よしこ、本名・小達好子=おだて・よしこ)さんが4月21日午後7時4分、乳がんのため東京都内の病院で逝去された。 テレビなどで流されたその印象的な肉声に、思わず涙された方も多いことだろう。 そんな中、横浜市南区にお別れを惜しむキャンディーズファンが集う「BEZ RECORD」というバーがあるとの情報を得たので、我々は早速現場へ向かった。 アイドルに青春を賭けた男の記録、それが「BEZ RECORD」 一見、レコード屋かと思えるその外観 「スーちゃん」の遺影が店頭を飾る 伺ったのは告別式翌日の4月26日。 告別式に参加したマスターの阿部氏は、昨日着ていた喪服のパンツにYシャツという姿のままで迎えてくれた。 店内には、噂に違わず様々なキャンディーズグッズが溢れている。 この人は一体どういう人なのか…その辺から聞いてみることにしよう。 手元に残っているのはキャンディーズしかなかった キャンディーズがデビューすると、ほぼ同世代であった阿部氏は、アイドルというよりもむしろ友達に近い感覚で、またたく間にその魅力の虜になってしまったという。 現在56歳の阿部氏と店内の様子 所狭しと並べられる、お宝グッズの数々 阿部氏は、もともと中華街などで食品卸をする普通のサラリーマンだったそうだが、ある日突然、元々持病のあった足が急に動かなくなってしまったとのこと。 早速病院へ行ったのだが、なんと、そのまま入院を余儀なくされてしまったのである。 「地獄の痛さというのは、まさにあの時のことですね」 と、阿部氏は言う。 退院後も足は以前のようには戻らず、会社に迷惑をかける訳にもいかなかったので悩みぬいた末、2006年1月に辞表を提出。 しかし、彼の手元には僅かな退職金と、青春を賭けて集めたキャンディーズグッズしか残っていなかった。 「その時、今まで気付かなかった、本当にやりたい事が見えてきたんですね」 以来、交流のあった多くの方達に支えられ、2006年の3月この地に「BEZ RECORD」をオープン。 まさにアイドルに身を捧げた男の記録 レコード という訳である。

次の

山里亮太、川崎麻世・カイヤ離婚に驚き「まだしてなかったんだ?」

川崎 キャンディーズ

ご存じの方も多いかと思うが、元キャンディーズのメンバーで、スーちゃんの愛称で親しまれた女優の田中好子(たなか・よしこ、本名・小達好子=おだて・よしこ)さんが4月21日午後7時4分、乳がんのため東京都内の病院で逝去された。 テレビなどで流されたその印象的な肉声に、思わず涙された方も多いことだろう。 そんな中、横浜市南区にお別れを惜しむキャンディーズファンが集う「BEZ RECORD」というバーがあるとの情報を得たので、我々は早速現場へ向かった。 アイドルに青春を賭けた男の記録、それが「BEZ RECORD」 一見、レコード屋かと思えるその外観 「スーちゃん」の遺影が店頭を飾る 伺ったのは告別式翌日の4月26日。 告別式に参加したマスターの阿部氏は、昨日着ていた喪服のパンツにYシャツという姿のままで迎えてくれた。 店内には、噂に違わず様々なキャンディーズグッズが溢れている。 この人は一体どういう人なのか…その辺から聞いてみることにしよう。 手元に残っているのはキャンディーズしかなかった キャンディーズがデビューすると、ほぼ同世代であった阿部氏は、アイドルというよりもむしろ友達に近い感覚で、またたく間にその魅力の虜になってしまったという。 現在56歳の阿部氏と店内の様子 所狭しと並べられる、お宝グッズの数々 阿部氏は、もともと中華街などで食品卸をする普通のサラリーマンだったそうだが、ある日突然、元々持病のあった足が急に動かなくなってしまったとのこと。 早速病院へ行ったのだが、なんと、そのまま入院を余儀なくされてしまったのである。 「地獄の痛さというのは、まさにあの時のことですね」 と、阿部氏は言う。 退院後も足は以前のようには戻らず、会社に迷惑をかける訳にもいかなかったので悩みぬいた末、2006年1月に辞表を提出。 しかし、彼の手元には僅かな退職金と、青春を賭けて集めたキャンディーズグッズしか残っていなかった。 「その時、今まで気付かなかった、本当にやりたい事が見えてきたんですね」 以来、交流のあった多くの方達に支えられ、2006年の3月この地に「BEZ RECORD」をオープン。 まさにアイドルに身を捧げた男の記録 レコード という訳である。

次の