藤田 まこと 最期。 楽天ブックス: 最期

藤田まことの死因は?妻や娘・藤田絵美子、息子の現在は?家族が崩壊していた?!

藤田 まこと 最期

「必殺仕事人」の中村主水(もんど)の最期はどういう形がふさわしいでしょうか? 「必殺! 主水死す」の主水はかつての仲間、旧知の女と刺し違えて小屋ごと爆死(行方不明? )で、それを秀と勇次が見届けて終わりでした(細川ふみえも出ていました)。 「主水死す」の主水は、まるで順之助か銀平のようなあっけない「最期」で、役者が早く降板するための、間に合わせの殉職シーンという感じです。 そのせいで藤田まこと氏はファンから「主水が死んだ姿は見ていない。 どこかで生きている」と言われていたようです。 テレビ局(たぶん朝日放送)の偉い人が「なんで主水をテレビで死なせてしまったんだ」と激怒したようで、そういったことが「必殺仕事人2007」「〃2009」につながったのでしょう。 それで主水の最期はどういうのがふさわしいでしょうか? 壱・藤田まことが考えた案。 主水がある日行方不明になり、ドブに半分埋まって息絶えている。 弐・1995年当時まで、さるプロダクションが企画し、FC会長・山田誠二氏が脚本を書いたが実現しなかった壮絶な最期。 主水の裏稼業が奉行所にばれ、それで最終的に中村家三人全員が傷だらけで絶命。 中村家は断絶で現代版はパラレルワールド? 参・後期のプロデューサーの案とされるもので、年取った主水が周りの人に「自分は昔仕事人だった」を言っても誰も信じてくれないという話。 やはり赤井剣之介のような裏稼業の罪を背負った壮絶な最期がいいでしょうか? それとも明治まで生きて天寿まっとうというのがいいのでしょうか? 作品そのものでは、藤田まことさんも何度も主水役から引退しようとしてもできず、結局、ブランクをはさみながら生涯演じ続けることになるのでしょうね。 補足訂正 年取った主水が周りの人に「自分は昔仕事人だった」を言っても誰も信じてくれないという話。

次の

藤田まことの死因は?葬儀は?白木みのるのコメントは?

藤田 まこと 最期

中村主水 藤田まこと 初トップクレジット「新・必殺仕置人」 まずは最終回の話題に行く前に簡単に「新必殺仕置人」についてご説明しておきます。 「新・必殺仕置人」は1977年1月から同年11月まで放送された、中村主水出演作品5作品目にして必殺シリーズ通算10作目のドラマです。 そして、これまではクレジット上は主役ではなかった トップクレジットではない 藤田まことさん演じる中村主水が、クレジット上の主役になった作品でもあります 鉄役の山崎努さんはトメ。 藤田さんのクレジットタイトル問題など、新仕置人制作危機については以下の記事もご覧ください。 以下がこの新必殺仕置人の主なレギュラー出演者です。 中村主水 藤田まこと 念仏の鉄 山崎努 巳代松 中村嘉葎雄 正八 火野正平 おてい 中尾ミエ せん 菅井きん りつ 白木万理 死神 河原崎健三 元締・虎 藤村富美男 主水、鉄、巳代松が殺しの実行部隊、正八とおていが密偵役、この5人が仕置人グループです。 そして江戸の仕置人グループたちを取り仕切る仕置人の集まり、寅の会の元締めが虎、虎の配下の凄腕の殺し屋が死神です。 鉄や主水ら仕置人グループと、元締めである虎との関係という新機軸も描いた辺りが、大人気ヒットシリーズとなった大きな要因でもあると思いますが、まあ人気の一番の要因は鉄と主水という、必殺史上屈指の人気キャラが2人も揃ったのが大きいと思いますね。 他の俳優さんや演出、脚本が素晴らしいというのはもちろんとして。 同心・諸岡と殺し屋・辰蔵を演じる清水紘治と佐藤慶の悪役演技の凄さ 必殺シリーズの最終回の御多分に漏れず、この新必殺仕置人の最終回も中村主水らの仕置人グループに解散危機が襲い掛かります。 いってみれば、必殺シリーズ最終回におけるお約束的展開が繰り広げられることとなるのですが・・ とにかくその展開のドラマティックさやハードボイルドさといい、仕置人たちを襲う危機の大きさといい、仕置人たちのその後の運命の過酷さといい・・ この「解散無用」は全てが別次元の面白さと衝撃なのです。 まず物語は、巳代松 中村嘉葎雄 の仕置シーンから始まります。 いつものように手作りの短筒でターゲットを仕留めて現場を去ろうとした瞬間、巳代松は殺しの現場に踏み込んできた大勢の捕り方とその捕り方を指揮する同心・諸岡左之助 清水紘治 によってお縄にされてしまうのです。 そしてこの諸岡は寅の会に所属する殺し屋・辰蔵 佐藤慶 とグルであり、辰蔵は元締めの虎に代わって江戸の仕置を牛耳ろうと考える悪党だったのです。 辰蔵のタレコミによって巳代松はお縄になり諸岡の熾烈な拷問の餌食となってしまいます。 そして辰蔵は巳代松の釈放を条件に鉄に仲間になるよう迫る・・という展開となるのですが・・ まあこの諸岡と辰蔵が最強の悪役コンビなのです。 とにかく必殺シリーズ最強の悪役コンビといっても差し支えないでしょう。 最強の悪役あってこそ最高の仕置人が光るのです。 その意味からしてもこの「解散無用」は悪役からして最高傑作の条件を兼ね備えているといっていいでしょう。 軽いトラウマ? 巳代松 中村嘉葎雄 の衝撃の拷問場面から廃人へ・・ ぶっちゃけますとこの新仕置人の「解散無用」、問答無用の神回であることは間違いないのですが、個人的には軽いトラウマ回でもあります。 その原因は、前述した悪徳同心・諸岡佐之助の熾烈かつ残虐非道な巳代松に対する拷問場面、そしてその結果として巳代松が廃人となってしまう場面です。 この拷問場面と拷問によって廃人同然となってしまった後の巳代松の演技が凄すぎて、軽いトラウマとなってしまっているのです。 それほど巳代松役の中村嘉葎雄さんの演技はリアルです。 拷問で苦しむ場面と、熾烈な拷問によって全ての機能を失ってしまった後の表情は凄いの一語です。 特に廃人となった巳代松を迎えに行った中村主水との対面シーンの巳代松の表情、さらにその変わり果てた巳代松と対面した主水の表情、これは忘れることが出来ないほどの名場面ですね。 トラウマといいましたが、それほどにショッキングな展開だったというのが一番大きな要因であり、それに拍車をかけたのが中村嘉葎雄さんのリアルな名演技だったというのが正解かもしれません。 命綱の右腕を黒焦げにされ、女郎の布団の中で絶命した念仏の鉄のらしさ 巳代松、主水とともに仕置人メンバーとしてお馴染みの念仏の鉄。 この必殺シリーズ屈指の人気仕置人もこの最終回で命を落とすこととなります。 この最終回での鉄は、巳代松を諸岡の魔の手から救うために辰蔵の元へと趣き、逆に罠に落ちて右手を焼かれてしまいます。 骨外し、骨砕きを行う右手を焼かれてしまったことによって仕置人としては再起不能と思われた鉄でしたが、最後はそんな手負いの状態で辰蔵と相討ちとなります。 匕首で腹部を刺されながらも辰蔵を仕留めた鉄は、その傷ついた体で女郎宿へと向かい、女郎の床で絶命しました。 金と色を好んだ念仏の鉄にこれほどふさわしい最期はないでしょう。 これもまた壮絶な最期でした。 あの鉄が・・あの鉄の右腕がまさかあんなことに・・ この場面もまた軽くトラウマになりそうな場面でしたね。 巳代松シーンと同様に衝撃的でした。 しかし黒焦げにされてとても仕置など行えないだろうと思われた右腕で辰蔵を仕留めた最後は必殺シリーズ屈指の人気殺し屋の最期に相応しいものでしたね。 あの仕置シーン、さらにそのあとの女郎の布団の中での絶命によって念仏の鉄という殺し屋は誰も手の届かないレジェンドとなりました。 普段は一突き、一刺しで仕留めることの多い中村主水ですが、この最終回「解散無用」では熱く魂の籠った大立ち回りを演じてくれています。 それはそうでしょう、幾多の死線をともに潜り抜けてきた巳代松と鉄という仲間があんな目に遭わされたのですから・・ 中村主水のこの解散無用での立ち回りの詳細についてはこちらの記事に詳しく書いていますのでご参照ください。 さらに密偵役の正八 火野正平 もいい演技をしています。 松の処遇を巡って鉄に突っかかる場面、さらに鉄の手を焼かれる場面を目にして一人で立ち向かうところを主水に止められる場面、そして巳代松の乗る大八車を一心不乱に押す場面・・。 どれもが火野正平という俳優の凄さを思い知らされる名シーンです。 この「解散無用」を見れば数多くの密偵役が生まれた必殺シリーズの中でも正八が屈指の人気を誇っているのがわかると思いますね。 主水も正八もこの過酷な辰蔵との戦いで生き残る側です。 生き残ったからこその切なさや悲しさをこの二人は存分に示してくれています。 必殺仕置屋稼業最終回と並ぶ最高傑作回、「解散無用」 巳代松は廃人となっておてい 中尾ミエ とともに江戸を去り、鉄は女郎屋でその人生を閉じました。 元締めの虎も辰蔵によって 実行犯は配下の吉蔵ですが 闇に葬られました。 残った中村主水と正八は続く「必殺商売人」で再びタッグを組むこととなったのですが、やはり主水、鉄、松、正八、おていというこの五人の存在感の強さは改めて思えば奇跡のタッグに近いものがありましたね。 この「新・必殺仕置人」の元となった「必殺仕置人」でのメンバー、中村主水、念仏の鉄、棺桶の錠、おひろめの半次、鉄砲玉のおきんも素晴らしかったですが、新仕置の五人も甲乙つけがたいメンバーでした。 個人的にはこの新仕置の解散無用は、と並ぶ必殺シリーズ最終回の中でも屈指の傑作回だと思っています。 必殺ファンの間でも神回として未だに語り継がれるこの新必殺仕置人の「解散無用」。 見たことのない必殺ファンにはまさにマストの回であることは間違いありません。 月日が流れた現在、先入観抜きで見直した結果。 (必殺仕掛人は別格) 主水が出る作品ではやっぱり仕置人です。 原点の一つでありパイオニアですので。 以後の作品では主水人気に依存している感が否めません。 新仕置も虎の会で殺し屋がクローバル企業化している設定になっている時点でリアリティ的な疑問を抱きます。 そもそもやくざ映画みたいな組織闘争見るために必殺観ているわけではありませんよね? むしろ70年代までの主水が出ない必殺の方が人間臭く、よく作りこまれているように思います。 それ以後の作品は従前の感想しかありませんが、今なお語り継がれるのはそれら苦悶しながらマンネリ化した駄作が継承してくれたからに他なりません。 ジャニーズから入った人はさぞや旧作がどぎつく感じる事でしょう。 近年は俳優も時代劇経験がなく、かつての作り手もいないから、からくり人以前のような作品を見ることが出来ないのは残念至極です。

次の

楽天ブックス: 最期

藤田 まこと 最期

Sponsored Link 食道ガンが判明 藤田さんは、2008年4月、体調不良を訴え、検査したところ、 「食道ガン」が判明。 同年6月に出演予定だった東京・明治座公演 「剣客商売」を降板し、入院されると、同年5月25日には、8時間に及ぶ手術を受けられます。 長女の敦子さんによると、藤田さんは、手術後、ICUに運ばれ、麻酔から目覚めると、まだ、意識が朦朧としているにもかかわらず、 すまなかった ありがとう と、集まったご家族に両手を合わせ、 その後、病室を訪れた執刀医にも、 ありがとう と、言いながら、力を振り絞るように手を出し、握手されたそうです。 死因は大動脈瘤破裂 それでも、藤田さんは、手術から5ヶ月後の2008年10月下旬には、 「必殺仕事人2009」で仕事復帰。 再び、中村主水役でレギュラー出演を果たされるのですが・・・ 2009年11月に出演予定だった連続ドラマ 「JIN~仁~」を、 「慢性閉塞性肺疾患」のため降板。 その後、体調が回復したため、2010年1月には、ナレーションを務め、2010年3月に撮影を予定していた 「必殺仕事人2010」での復帰を目指し、療養生活を送られていたのですが、 2010年2月16日、大阪府・箕面市の自宅で夕食後の家族団らんの中、突然、吐血。 大阪大学医学部付属病院に搬送されるも、翌17日の午前7時25分、 「大動脈瘤破裂」のため他界されたのでした。 白木みのるのコメント この訃報に対し、1960年代、コメディ時代劇 「てなもんや三度笠」で、小坊主の珍念役で藤田さんと共演し、お茶の間を沸かせた、白木みのるさんは、 数日前に再び入院したと聞いたが、こんなに早く亡くなるなんて。 本当にショック。 今は実感がわかない。 と、語ると、 1963年、藤田さん(左)と白木みのるさん(右)。 2人がメーンの番組だから一緒に戦っていかないといけなかった。 毎週大変だったが、そのうち視聴率も上昇、お互い助け合ってそこまで行けたんだろうと思う。 だんな(藤田さん)は私にとってはライバルであり仲間であり、戦友。 2人とも貧しくてね、劇場の楽屋を出たらお客さんが落としていったお菓子がいっぱいあって。 一緒に拾うて食べたこともあった。 と、思い出にふけり、 ずっと「あにい、あにい」と言って慕っていました。 76歳だなんて、あまりにも短い。 もっと活躍してほしかった。 と、悲しみのコメント。 晩年の藤田さんと白木さん。 そして、最後には、 時間がたったら実感がわくかな。 今晩あたり、思い出が吹き出て寝床で枕を濡らすかも。 と、おっしゃっていました。 お二人は、一時期、金銭問題で絶縁していた時期もあったようですが、2007年10月14日に行われた 「御堂筋パレード」では、ともに 「てなもんや三度笠」号に乗って登場するなど親しげなご様子でした。 Sponsored Link 密葬は100名、偲ぶ会には600名以上参列 ちなみに、通夜・葬儀は、長男の原田知樹さんが喪主を務め、近親者のみで執り行われたのですが、葬儀は密葬にもかかわらず、約100名が弔問に訪れ、 その後も、政財界や芸能関係者からは、 藤田さんにお別れを言いたい との声が多く寄せられたことから、 遺族は、藤田さんの78回目の誕生日にあたる、翌年の2011年4月13日に、お別れ会を計画。 ただ、東日本大震災が発生したことで、いったんは取りやめられるのですが、さん、野中広務さん、さん、森喜朗さんらが発起人となって、同年11月24日、東京国際フォーラムで、 「藤田まこと 役者人生最後の花道」として、藤田さんを偲ぶ会が行われると、 さん、さん、さんなど、藤田さんと親交のあった関係者が出席し、藤田さんを偲ばれたのでした。 「偲ぶ会」で藤田さんへの手紙を読む黒柳徹子さん。 さて、いかがでしたでしょうか。 藤田さんの、• 年齢は?出身は?身長は?酒?本名は?• 生い立ち• 少年時代は継母に反抗• 養子縁組するも兄の死で実家に• ヒロポンで逮捕も• 歌手を目指す• 「ダイラケのびっくり捕物帖」でテレビドラマデビュー• 「てなもんや三度笠」のあんかけの時次郎役でブレイク• 「てなもんや」ブームが去ると人気低迷• キャバレー巡りの日々• 時代劇「必殺仕置人」で同心・中村主水役• 「必殺シリーズ」中村主水役で大ブレイク• はぐれ刑事純情派• 剣客商売• 出演作品(テレビドラマ)• 出演作品(映画)• 歌手としても• 嫁との結婚式の費用は無断CMと引き換えだった• 嫁の借金は30億• 死ぬまで借金返済• 息子は覚醒剤取締法違反で逮捕• 娘は?• 孫娘は花リーナ• 食道ガンが判明• 死因は大動脈瘤破裂• 白木みのるのコメント• 密葬は100名、偲ぶ会には600名以上参列 について、まとめてみました。 決して幸せとは言えない少年時代を過ごし、長い下積みを経て、テレビドラマでは何度も大ブレイク、そして、晩年は、病気に苦しみながら借金返済という、とても波乱に満ちた人生を送られた藤田さん。 藤田さん自身が幸せだったかどうかは知る由もありませんが、少なくとも、大勢の人達が藤田さんの人柄を愛していたのは間違いありませんね。 藤田さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

次の