ハンバーグ ソース 赤ワイン。 母の日にもぴったり!!ハンバーグと赤ワインで贅沢気分になりませんか??

手軽でおいしい赤ワインソースのハンバーグの作り方

ハンバーグ ソース 赤ワイン

Contents• ハンバーグに合うワインとその ハンバーグは家庭料理? ハンバーグは牛や豚のひき肉に玉ねぎや香味野菜のみじん切り、ナツメグなどのスパイス、小麦粉、パン粉、牛乳などで合わせて整形し、フライパンで焼き揚げる料理です。 高級洋食店などの例外はもちろんありますが、基本的にはどの食材も日常気軽に購入できるもので、手間はかかりますが大衆的な家庭料理ととらえて問題ありません。 そのためハンバーグに合わせるワインは価格的にも2000円以内の気軽なワインがいいですし、コンビニやスーパーのワインでも十分に合わせられます。 もちろん付け合わせやソースによっては高級ワインにも合わせられますが、基本的には一本5000円を超えるようなワインは合わせづらいといえるでしょう。 合わせるワインとは? では、具体的にどのようなワインがいいのでしょうか? ハンバーグはひき肉と野菜から来るうまみと肉の風味が感じられ、そのため よりはもちろん が良い です。 ただし脂分が強烈に感じるかといえばそうではありません。 野菜のうまみと調和がとれているのでハンバーグ単体で食べやすく、そのため日本の食卓にも合わせやすいのです。 そう検討すると、 や果実味が強すぎる よりは、若干渋みが押さえめでまろやかな味わいのワインがいいのでは、と考えることが可能です。 もっとも、2000円以内で探そうとするとそこまで の強いワインは見つけるのが難しいでしょう。 そのため、例えば の赤や などの南 の は最高の組み合わせですね。 ややしっかりしたワインですと の などもいいでしょう。 コンビニワインであれば やチリや の もしっかり合わせられます。 ソースや付け合わせを検討しよう ハンバーグは、肉と野菜が合わさっているので味わい的には中庸で、そのためソースや付け合わせで様々な味わいに仕上げることが可能です。 トマトで煮込めば やヴィーノノビーレーディ でもいいでしょうし、赤ワイン風味のデミグラスソースで煮込めば のワインでもいいでしょう。 チーズで煮込めば樽熟成させた の風味とも合わせることができます。 「ハンバーグは家庭的だけど、せっかくいただいたワインは高級なので、どうしても合わせたい」 ということであればいっそのことトリュフを数枚散らしてみてはいかがでしょうか? やや無理がありますが、一気に高級感のある味わいになり、 やブルゴーニュの高級ワインとも合わせやすくなるでしょう。

次の

【あさイチ】ハンバーグソースの格上げレシピ2種

ハンバーグ ソース 赤ワイン

作り方• 玉ねぎはすりおろし、ベーコンはみじん切りにしてボウルに入れる。 ひき肉、Aを加えて粘りが出るまでよく練り、2等分にして小判型にととのえる。 つけ合わせのじゃがいもは皮つきのままラップに包んで電子レンジ(600W)で4分加熱。 ブロッコリーは小房に分けて耐熱皿にのせて塩をまぶし、ラップをかけて電子レンジで3分加熱する。 フライパンにサラダ油を中火で熱し、ハンバーグを並べ入れる。 焼き色がついたらひっくり返し、ふたをして弱火にし、5分ほど蒸し焼きにしていったん取り出す。 フライパンに赤ワインソースの赤ワインを加え、残りのソースの材料を加えて混ぜ合わせる。 水溶き小麦粉を加えて混ぜ、とろみがついたらハンバーグを戻し入れ、さっとからめてでき上がり。 皿に盛り、4等分に切ったじゃがいもとブロッコリーを添える。

次の

煮込みハンバーグのワインを使わないレシピ

ハンバーグ ソース 赤ワイン

バターをひいて火をかけて、溶けてきたらみじん切りした玉ねぎを投入します。 火加減は中火くらいにして、玉ねぎを焦さないように炒めていきます。 最近この玉ねぎを炒める作業が生活している中で指折りで楽しいです。 あ、別にヤバい人じゃないですよ。 写真だと本来の色とは若干違うのでわかりにくいかもしれませんが、一般的にきつね色と呼ばれるくらいの色味になるまで炒めましょう。 木べらに近い色くらいですかね。 炒め終わったらボールにあけて冷まします。 荒熱を取ることで、肉に火が通るのを防ぎます。 実は写真では分量より多めの玉ねぎを炒めています。 このバターで炒めた玉ねぎは料理にめちゃくちゃ使えるので、まとめて炒めて冷凍・冷蔵しておくと便利です。 (これで作るオニオンスープとかおいしいです。 ) 冷ました玉ねぎとタネの材料をすべてボールに入れます。 パン粉を入れすぎると、食べたときに後味で結構パンの味します。 昔失敗してパン粉を入れすぎて、パンって意外と主張強いんだなと思ったことがあります。 (分量内なら大丈夫です) これを混ぜていきましょう。 ここで重要なのは手早く混ぜることです。 手の熱で肉に火が通らないようにしましょう。 手を氷水などで冷やしてから混ぜるたり、ボールを冷やしながら混ぜるといいのですが、冬とかだと結構しんどいのでそこまでやらなくてもいいとは思います。 粘りが出てくるまで混ぜます。 ちなみに塩を入れることで粘りが出るのを助けてくれるらしいですよ。 昔何かで読んだ気がします。 これをまるめて形を作っていきます。 ポイントはパンパンと両手でキャッチボールをして空気を抜いてあげます。 野球をやるときに自分のグローブにボールを投げる感じをイメージしてください。 これをすることで、焼いている間に破裂するのを防いでくれます。 また、真ん中にくぼみをつけます。 焼いたときに肉が膨らむので、くぼませておくことで完成時にはちょうど良くなります。 え、写真のお肉の形が悪いって? 焼く前に直すからいいんです。 あと洗い物増やしたくなくてボール内に置いたらこんなになっちゃいました。 フライパンにサラダ油(分量外)をひいてお肉を並べていきます。 オリーブオイルとかで焼くとおしゃれですかね?今度試してみます。 焼く前にお肉の形を整えていきますが、この時に周りを滑らかにしてあげると均等に焼け、肉汁を閉じ込めてくれます。 中火~強火で2分間焼いて焼き目を付けます。 素早く表面を焼くことで肉汁を閉じ込めてあげます。 壮大にひっくり返すのをミスりました。 でも大丈夫です。 こんなんでもおいしくできます。 同じく中火~強火で2分くらい焼いて焼き目を付けます。 その後弱火にしてふたをして蒸し焼きにします。 7~10分くらい私は焼きますが、お肉のサイズ感などによりまちまちです。 竹串などでお肉に穴をあけて、透明な肉汁が出てきたら火が通っている証拠です。 火が通り切っていない場合は赤い肉汁が出るので、その場合はまたふたをして焼きましょう。 若干割れたせいで肉汁が多めに出てしまっている気もしますが、しっかりソースで使っていくのでプラマイゼロということで。 これでハンバーグ自体は完成です。 ソースは残ったハンバーグを焼いたときに出た肉汁とケチャップ、中農ソース、赤ワインで作っていきます。 赤ワインを入れて煮詰めます。 スーパーのプライベートブランドのやっすい赤ワインで大丈夫ですが、辛口のものの方が合うと思います。 その後ケチャップ、中農ソースを入れます。 関東人なのでブルドックの中農ソースを使っていますが、ウスターソースでも大丈夫です。 中国地方にいたときにもわざわざブルドックの中農ソースを探して買っていた人間なので、オタフクソースでも代用できるか試したことはありませんが、ソース系なら何でも大丈夫な気はします。 完成したソースをハンバーグにかけてあげたら完成です。 補足:ソース ちなみにソースを作るときに何か具を足してもおいしいです。 例えばお店でキノコの入っているソースあるなーと思ったので、舞茸を入れてみました。 赤ワインを煮詰めるときに具を入れましょう。 ちなみにこの時小さいフライパンで赤ワインを煮詰めていたのですが、火が強すぎて勝手にフランベされていて焦りました。 ワインってちゃんと燃えるんですね。 ワインの煮詰め具合で味も色味も変わってきます。 お好きな煮詰め具合を探してみてください。 そういえばこないだ友達と話しているときに、料理用にやっすい赤ワインは家にあるって話をしたら若干引かれました。 私にはまだまだおしゃれな人への道のりは遠いみたいです….

次の