コロナ 美容院行きたい。 おうち時間で新型コロナウイルスが収束したらやりたいことリストを作成しよう。

コロナで美容院に行っていいかor行かないか|美容室がキャンセルを求める理由

コロナ 美容院行きたい

もみあげ周りも処理しやすくなる「ひと工夫」 東京・銀座にあるヘアサロン・ネイルサロン「」はスタッフ・客全員のマスク着用が必須だ。 顔周りの毛をカットする時はやりにくそうだが...。 「マスクのゴムひもをクロスさせ、バッテンにして耳にかけてもらう(画像2)と、もみあげ周りのスタイリングもしやすいですね。 このポイントに気付いてからは特に不便なくやっています。 施術後にマスクが汚れていたら、無料で新しいものと交換しています」 洗髪時は客にマスクを外すかどうか選んでもらっているが、外した場合でも医療用ガーゼを客の顔面に乗せたうえで「おしゃべりはしない」などの工夫を凝らし、飛沫飛散防止に努めているという。 マスクの上にフェイスシールドも着用 谷澤氏はマスク着用のほか、スタッフと客の検温、店内の換気、「ドリンクサービスを使い捨ての紙コップでの提供に切り替え」、「トイレを通常の3倍の頻度で掃除する」などの対策を打ち出し、「利用者の心のケア」を重視した運営を行っていると語る。 2020年5月27日現在、同店は予約が取りづらい状態だが、それでも通常の8割~9割程度に抑えて稼働させている。 理由は「今は、『徹底した感染対策を行っていること』を理解してもらい、安心して利用していただくことが重要と考えているため」。 「スタッフにはマスクだけでなく、さらにフェイスシールドも装着して『二重防護体制』で施術に臨んでもらっています。 頭につける医療用とは違い首にかけるタイプで、下に穴が開いていないので飛沫が落ちるのを防いでくれるものです。 利用客の不安が少しでも和らげばと思って導入しているものですが、気温上昇に伴って熱中症のリスクも高まるので、各人で休憩を取る間はマスクを適宜外すなどしています」.

次の

自粛中でも美容院へ行っても良い?【コロナウイルス・緊急事態宣言】

コロナ 美容院行きたい

突然ですが、あなたは「コロナで美容院に行けない 行きづらい 」というお悩みをお持ちですか? もっと噛み砕いて言うと、あなたは「髪を切りたくても切れない」のではないでしょうか? 実は、この記事で紹介する「コロナで美容院に行けないと思っている方に試して欲しい事3選」を実践すると、「髪を切りたくても切れない」という思いを消す事ができます。 なぜなら、私や身の回りの方、そしていつも髪を切ってもらっている美容師さんが実際に実践して、「髪を切りたくても切れない」と思わなくなったからです。 この記事では、コロナのせいで美容院に行けない(行きづらい)と思っている方にむけて、伸びた髪が気にならなくなる方法を3つ紹介します。 記事を読み終えると、「髪を伸ばすのも悪くない」「髪を切りたくても切れない」などの悩みを解決する事ができます。 ブラシ(コーム)、髪を切るハサミ(シザーズ)を用意する。 できれば、すきバサミ(セニングシザーズ)を用意する• ブラシ コーム で前髪をとかす• 刃の中間部でカットする(刃先はNG)• 自分の髪の流れにそって少しずつ切る(一気に切ろうとしない)• 毛先をランダムにする為に、縦にハサミを入れる(チョップカット)• ナチュラルな感じにする為にすきバサミ(セニングシザー)を使って、毛先を2〜3回すくイメージで切る 上手く前髪を少し切るポイントは、2つあります。 まず1つ目は、大袈裟すぎるくらい少しだけ切ることです。 バッサリ切ると、高確率で失敗します。 パッツンになったりなど、見た目が非常に悪くなってしまいます。 以前私もバッサリ切って失敗した経験があります。 その時は学生だったので、学校に行くのが嫌になったぐらいです(笑)。 髪を切っていると意外と気持ち良くてバッサリ切りたくなりますが、気持ちを抑えて大袈裟なくらい少しずつ切りましょう。 2つ目は、上記で紹介した道具(ブラシ、髪を切るハサミ、すきバサミ)は全部そろえて欲しいのですが、どうしてもという方は髪を切る用のはさみ シザーズ だけは用意してください。 なぜなら、普通のはさみと髪を切る用のはさみ シザーズ では、全然切りやすさ 切れ味 が違うからです。 髪に負担をかけたくないのであれば、普通のはさみではなく、髪を切る用のはさみ シザーズ を用意しましょう!.

次の

美容院に行ってもいいのか?本当に大丈夫?感染が怖い。『新型コロナ対策』

コロナ 美容院行きたい

不安を抱えたまま無理にお店にいく必要はありませんし、近々何かの用事があってその前にどうしても髪を整えておきたいとか、髪が伸びすぎてガマンできないなど、どうしてもという理由がないのでしたらキャンセルは大いに有りだと思います。 コロナウィルスが落ち着いてもう安心だと思えるまで待つのも賢明な判断です。 美容院・理容室が実施しているコロナ対策例 美容院・理容室によって、実施されているコロナウィルス対策は様々です。 実際にお店で行われているコロナ対策を見ていきます。 このような対策をしている美容院・理容室があります。 これらすべてを徹底して行っているお店もあれば、今の時点では何も対策をしていないお店もあります。 ですので、心配であれば自分の行きつけのお店や、これから行こうとしているお店のウェブサイト ホームページ を見てみたり、メールや電話で問い合わせてみるといいですね。 ウェブサイトに情報がない場合は、一番早いのは電話で聞くのが早いです 美容院・理容室におけるマスクの問題 スタッフがマスクをしている店もしていない店もある 各お店によってスタッフがマスクを着用しているところもあれば、していないところもあります。 マスクは着用していれば感染しないものではなく、どちらかというと人にうつさないためにするための意味が大きいです。 なので、施術をしてもらうお客さんの立場からすると、少しでも感染リスクを減らすためには自分の髪を担当してくれる人にマスクをしていてもらいたいところですよね。 となると、スタッフがマスク着用している美容室を選択するというのもありだと思います。 お店にマスクをして行き、着用したままでも対応してもらえる? 中には、美容室にマスクをしていきたい方もいると思います。 さらにマスクをしたままカットやカラーをしてもらいたい方もいるのではないでしょうか? これに関してもお店によって対応は様々ですし、うける施術内容によってもマスクを着用したままでもできるかどうかが変わってきます。 マスクを着用しているとカットやカラーがやりずらいし、カラー剤や髪の毛が付いて汚れてしまうという理由でマスクを外していただくというスタンスのお店もありますし、、 マスクが汚れても大丈夫で、マスクを付けたままでできる施術内容であればマスクを着用したままでOKというお店もあります。 中には、お店側でお客さん用のマスクを用意しておいて、汚れたりした場合にマスクをくれる親切なお店もありますし、本当にいろいろなお店がありますので、この件に関しても、気になる点をあらかじめお店に問い合わせておくと間違いなです。 コロナウィルスの理美容室への影響や対策まとめ いろいろ見てきましたが、まとめますとお伝えしたい要点は3つ。

次の