エポスカード 楽天カード 比較。 最強のゴールドカードはどれ?エポス・オリコ・楽天の人気の3カードを比較

エポスカードのメリットとデメリット

エポスカード 楽天カード 比較

年会費無料の海外旅行保険付きクレジットカードの中で、人気上位のエポスカードと楽天カードを比較しました。 どちらを作るか迷っている方は、ぜひ、参考にしてください! エポスカードと楽天カードの年会費を比較 クレジットカードを作る上で、最初に気になるのが年会費ですが、エポスカードと楽天カードはともに年会費永年無料です。 どちらのクレジットカードを作っても、クレジットカードの維持費用は1円もかからないのでお得です。 項目 エポスカード 楽天カード 年会費 永年無料 永年無料 ただし、 将来的にゴールドカードを持ってみたいなら、年会費無料のエポスゴールドカードを持てる可能性のある、エポスカードが断然おすすめですよ! 年会費無料ゴールドを持てる可能性があるのはどっち? 先ほど少しご紹介しましたが、年会費無料のを作ると、なんと年会費無料のままエポスゴールドカード(通常年会費5,000円)を持てるチャンスがあるんです! ステータス エポスカード 楽天カード カードを作る 年会費無料 年会費無料 早くて4ヶ月くらい 無料のエポスゴールドへ招待! (通常年会費5,000円) ずっと楽天カードのまま 実際に、私もインビテーションを受けて、今は年会費無料のエポスカードを持っていますが、とても満足しています! 私の場合は、約4ヶ月でインビテーションが来ました。 楽天カードには年会費無料ゴールドへのインビテーション制度はなく、ずっと普通の楽天カードのままです。 エポスカードを日頃からコツコツと使い続けていると、早ければ3~4ヶ月くらいで年会費無料のエポスゴールドへのインビテーション(招待)が来る可能性があるんですよ! 年会費無料でゴールドカードを持ちたいなら、エポスカードはとても作る価値の高いクレジットカードですね。 エポスカードと楽天カードの海外旅行保険を比較 と には、海外旅行保険が付帯しています。 しかし、付帯条件には大きな違いがあり、エポスカードは 自動付帯で楽天カードは 利用付帯です。 海外旅行に持っていくだけで、充実の海外旅行保険が有効になるエポスカードの方が簡単で便利ですね。 補償内容についても、 海外旅行で一番利用する可能性が高い、ケガと病気の治療費用の補償が充実しているエポスカードの方がおすすめです。 ゆくゆくはゴールドカードを持ってみたいとか、無料で可能な限り補償が充実した海外旅行保険を使いたいと思っているなら、を作ってエポスゴールドカードを目指しましょう! 項目 エポスカード エポスゴールドカード 傷害治療(ケガ) 200万円 300万円 疾病治療(病気) 270万円 300万円 救援者費用 100万円 100万円 賠償責任 2,000万円 2,000万円 携行品損害 20万円 20万円 傷害死亡・後遺障害 500万円 1,000万円 エポスカードの500万円の傷害死亡・後遺障害補償が低くて気になっていた方でも、エポスゴールドカードの1,000万円なら、満足できる方は多いのではないでしょうか。 エポスカードと楽天カードでポイント還元率が高いのはどっち? エポスカードと楽天カードで、ポイント還元率が良いのはです。 楽天カードはいつでも、どこで使ってもポイント1%が貯まります。 項目 エポスカード 楽天カード ポイント還元率 0. エポスカードはポイントが0. 5%と低めですね。 しかし、エポスカードは、マルイやモディで年4回行なわれる「マルコとマルオの7日間」セールで買物をする方の場合、ほとんどの商品を10%オフで買える強力なメリットを得られますね。 ちなみに、海外旅行用にカード付帯の海外旅行保険を活用したくて、 エポスカードと楽天カードのどちらを作るか迷っているなら、治療費用300万円のエポスゴールドカードをねらえるエポスカードを作るのをおすすめしますよ。 選べる国際ブランドの多さで比較 選べる国際ブランドの種類で比較すると、エポスカードはVISAのみで、楽天カードはVISA、MasterCard、JCB、Amexの4種類から選べるので選択肢が多いですね。 項目 エポスカード 楽天カード 国際ブランド VISA VISA、MasterCard、JCB、Amex ちなみに、はじめてクレジットカードを作る方は、こだわりがなければ国際ブランドは世界一番使えるVISAを選ぶのがベストです。 もし、海外旅行に持って行こうとしているなら、 海外旅行保険がより充実していて、なおかつ、自動で保険が有効になるエポスカードの方がお得&便利でおすすめですよ。 エポスカードと楽天カードでハワイ旅行でお得なのは? ハワイ旅行でお得になるのは、国際ブランドがJCBのです。 JCBの楽天カードを持っていると、ハワイ旅行中に2つの便利でお得なサービスを利用することができます。 ワイキキ・トロリー・ピンクラインが無料• 楽天カードラウンジが無料 楽天カードがあるとお得な1つ目のサービスは、 ワイキキトロリー・ピンクラインが無料で乗り放題になることです。 トロリーバス(ピンクライン)に乗るときに、楽天カード(JCB)を見せるだけで無料で乗り放題になります。 無料になるのは、本人と同乗の家族大人1名と子供2名(11歳以下)が対象です。 ちなみに、家族と乗るときにはワイキキ・トロリーのスタッフさんに「ファミリー」と言えばOKです。 ピンクトロリーの料金は1人2ドルなので、ワイキキ滞在中に何度も乗ることを考えると、かなりお金の節約になりお得です。 楽天カードがあるとお得な2つ目のサービスは、 ワイキキやアラモアナセンターにある楽天カードラウンジを無料で利用できることです。 項目 楽天ワイキキラウンジ 楽天アラモアナラウンジ 場所 Tギャラリア2階 アラモアナセンター3階 時間 9:30-20:00 9:30-18:00 休業日 年中無休 アラモアナセンターに準ずる 楽天カードラウンジでは、以下のような会員サービスを提供しています。 カード盗難・紛失時の相談• 温かいコーヒーや冷たいジュースのご提供• Wi-Fi接続• PC、プリンター利用• 荷物の当日一時預かり• ウォシュレット付きトイレ完備• マッサージチェア• 傘の貸出し• キッズスペース、授乳室• 特にハイシーズンの混雑時には、2カ所から選べるのはメリットが大きいです。 楽天とJCBのラウンジは、ワイキキのど真ん中にあるので、休憩や困りごとの相談になにかと役立ちますよ。 海外キャッシングの便利さで比較 エポスカードも楽天カードも、海外キャッシングを利用することができます。 アメックスブランドの楽天カードは、海外キャッシングができないのでご注意ください。 手数料や金利は同じ条件ですが、違いが出たのは金利手数料を減らすための、繰り上げ返済の方法です。 は、ネットでリボ変更をして、同じくネットで手数料無料のペイジー払いにすれば繰り上げ返済が完了するのに比べ、楽天カードの場合は電話で繰り上げ返済の額を確認後に、銀行振込をする必要がある点が不便ですね。 電話代と振込手数料がかかるのは、デメリットです。 セディナカードは、海外キャッシングのATM利用手数料が無料で、手数料なしのペイジー払いで繰り上げ返済できるので、海外キャッシングの手数料も格安にすることができるので、とても便利です。 海外旅行保険に強いエポスカードと、海外キャッシングに強いセディナカードの組み合わせのも相性が良いので、エポスカードを作ってから、しばらくたってセディナカードを作るのもおすすめです。 実際に私も、基本、海外キャッシングはセディナカードを使っています。 海外ショッピングの増枠ができるかの比較 エポスカードも楽天カードも、海外旅行時のショッピング利用枠の一時増枠が可能です。 項目 エポスカード 楽天カード 申込期間 利用開始日の1ヵ月~2日前まで 最短即日 上限 現在の利用枠の2倍か、現在の利用枠+100万円のどちらか少ない方 最大2倍まで カード発行してから半年~1年など、一定期間経過後でないと申し込みができない可能性があります。 海外ショッピング保険で比較 エポスカード、楽天カードともに、ショッピング保険は付帯していません。 商品の破損や盗難を補償するショッピング保険の付帯を希望する場合は、商品の破損・盗難等による損害を年間で最高50万円まで補償してくれる、年会費無料のを検討するのもおすすめです。 項目 エポスカード 楽天カード 保険内容 ー ー カードの紛失・盗難保険で比較 エポスカードも楽天カードも、海外・国内問わず、クレジットカードの紛失や盗難がおこった場合、以下の通り補償してもらえます。 ポイントは、発覚しだいすぐに窓口に連絡することですね。 警察への届出も必須なので、必ず行ないましょう。 項目 エポスカード 楽天カード 補償内容 エポスカード紛失受付センターへ届け出た日を含め、61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額補償。 カードの紛失・盗難専用ダイヤルに紛失・盗難をお届けいただいた60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を負担いたします。 国内・海外空港ラウンジが使えるのかで比較 エポスカード、楽天カードともに、国内・海外の空港ラウンジを使うことはできません。 しかし、エポスカードについては、空港ラウンジを使えるようにする、ちょっとした裏ワザがあります。 それは、年会費無料のエポスゴールドカードに招待(インビテーション)されることです。 を作りコツコツ使い続けていると、早ければ3~4ヶ月で空港ラウンジを使うことができる、年会費無料のエポスゴールドカードに招待される可能性があります。 私も実際に4ヶ月程度で、エポスゴールドカードのインビテーションを受けました。 エポスゴールドは通常年会費5,000円ですが、インビテーションを受けてアップグレードしたエポスゴールドは、年会費が無料で空港ラウンジが使えるだけでなく、海外旅行保険の補償内容もアップし超お得です! 今現在、エポスゴールドカードにはとても満足しています! エポスカードを作ったら、あなたも年会費無料のゴールドに招待されるように、普段使いのカードとしてコツコツ利用実績を積み上げて、インビテーションを受けましょう! エポスゴールドカードで使える国内・海外の空港ラウンジは以下の通りです。 国内空港ラウンジ• 羽田空港• 成田国際空港• 新千歳空港• 函館空港• 仙台国際空港• 小松空港• 中部国際空港(セントレア)• 伊丹空港• 関西国際空港• 神戸空港• 広島空港• 松山空港• 福岡空港• 北九州空港• 長崎空港• 阿蘇くまもと空港• 大分空港• 鹿児島空港• 那覇空港 海外空港ラウンジ• 仁川空港(韓国)• ホノルルラウンジ(ハワイ) エポスカードと楽天カードの発行期間を比較 カードを作るまでにかかる時間が早いのは、マルイやモディで即日発行できるエポスカードです。 項目 エポスカード 楽天カード 発行期間 最短即日(宅配は約1週間) 約1週間 海外旅行前に急いでクレジットカードを作りたい場合は、即日発行でエポスカードを作るのがおすすめです。 ポイントをマイルに交換できるのか比較 貯まったポイントを、どこの航空会社のマイルに交換できるかの比較です。 エポスカードは、多くの日本人が貯めている、ANAマイルとJALマイルの2社から選べるのですが、楽天カードはANAマイルのみ交換可能です。 JALマイルを貯めたい方は、楽天カードしか選べません。 項目 エポスカード 楽天カード 交換できるマイル ANAマイル、JALマイル ANAマイル 後から分割払いに変更できるかを比較 エポスカード、楽天カードともに、1回払いで購入したものを後から分割払いにできます。 項目 エポスカード 楽天カード 後から分割払いに変更 3~36回の分割、リボ 3~36回の分割、リボ レジで分割払いにして欲しいと言い出しにくい時や、来月の支払いが心配だけど購入したい・・・、といった時に、後から分割払いにできるのはとても便利ですね。 分割回数は両カードともに36回まで可能ですが、支払い回数が増えるとその分、金利分の支払い額が多くなり負担が重くなるので、分割払いにするにしても回数はなるべく少なくなるようにするのがおすすめです。 リボ払いも金利負担が多いので、リボの仕組みを理解して使いすぎをしない自信がある方以外は、基本的には利用しない方が良いでしょう。 【まとめ】あなたにはこのカードがおすすめ! エポスカードと楽天カードのどちらを選べば良いのか、ポイントをまとめました。 エポスカードなら年会費無料で補償がさらに手厚いのエポスゴールドカードを持てる可能性が高いですからね! そして、楽天市場でよく買物をする方は、ポイントが3倍貯まりお得なを作るのがおすすめです。 もちろん、両方とも年会費無料なので併用して、それぞれのカードのメリットを活用することもできます。 特に、海外旅行保険はエポスカードと楽天カードの保険を上乗せ合算できるので、併用はおすすめですよ。

次の

エポスゴールドカード

エポスカード 楽天カード 比較

楽天が発行するクレジットカード、「楽天カード」は、楽天市場や楽天トラベルなどで使える「楽天スーパーポイント」をお得に貯められることで人気の一枚です。 年会費がかからない点も大きな魅力で、 「 持っていて損はない一枚」として気軽に所有できます。 しかし、巷では 楽天カードを解約して、他のクレジットカードに乗り換える方も増えているといわれます。 一体なぜ楽天カードの解約した方が増えているのでしょうか。 そして、楽天カードを解約した方が新しく発行しているクレジットカードはどんなカードなのか詳しく紹介していきます。 まずは楽天カードの メリットとデメリットについて簡単に再確認していきましょう。 楽天カードのメリット 楽天カードのメリットをまとめました。 楽天グループでのショッピングで 常時3. 0%の還元率 SPUプログラムで楽天市場でいつでも 最大14倍 お得な キャンペーンが豊富 年会費が 無料 特に楽天カードで一番の支持を集めている点は、「 ポイント還元率」にあります。 楽天市場でお買い物をすると常にポイントが 100円につき3ポイント付与されるほか、SPUプログラムで条件を達成すれば 最大14倍です。 また、ポイントがさらに付与されるキャンペーンも頻繁に企画されるので、いつでもポイントを多く獲得できるチャンスがあります。 楽天市場を支えている柱は、この驚くほど高いクレジットカードのポイント還元率にあるといっても過言ではないでしょう。 これだけの還元率でありながら 年会費が永年無料という点も、人気の理由の1つです。 楽天カードのデメリット 楽天カードのデメリットをまとめました。 期間限定ポイントが短い ポイントの 移行先が少ない ETCカードが 有料 JALマイルを貯められない 多岐にわたる トラブルの頻発 楽天カードは高還元率で有名なクレジットカードですが、 メリットだけでなくデメリットも話題となっています。 例えば期間限定ポイントの有効期限についてです。 「通常ポイント」は有効期限が1年間ですが、そのうち「期間限定ポイント」の有効期間はかなり短く、 最長でも約10日ほどしかありません。 ポイントに関することで言えばもう一点、移行先が少ないということも挙げられます。 楽天スーパーポイントを使えるお店や、別のポイントを楽天スーパーポイントにすることは問題なくできるのですが、貯めた 楽天スーパーポイントを別のポイントプログラムに移行しようとすると、選択肢がかなり狭まってしまいます。 また、 ETCカードは年会費が500円(税別)がかかるので、これについてもデメリットとして評価されることが多いです。 ポイントのマイル移行に関しては、楽天スーパーポイントの場合は ANAマイルにしか移行することができません。 JALマイルユーザーにとっては手痛いデメリットです。 最後に一番注目されるデメリットとして、 多岐にわたるトラブルの頻発が上げられます。 電話での問い合わせ窓口で数時間待たされる• オペレーターの態度が良くない• 獲得できるはずのポイントが付与されていない• 通知が無く急に強制解約になった• 年収が約1,000万円以上でも1度の数日延滞で強制解約される• 不正使用後のアフターケアが甘いなど 楽天カードは高還元率のかわりとして経費削減のために、機械による自動審査やオペレータースタッフ人員削減を取り入れてるとも言われています。 そのために あらゆる所で不評が噴出しているので、大きなデメリットとして注目されることが多いのです。 また、2019年11月23日(土)に楽天カードと楽天ペイで障害が発生し、一時利用停止となる事態が発生しました。 土日分の決済ボリュームが一度に流れてシステム負荷がかかり、25日も再度システム障害が発生。 楽天カードに紐づけているユーザーも多かったため、楽天ペイまでも停止したとのことです。 これに困ったユーザーもかなりいたため、乗り換えを考え始めた人も少なくないのではないでしょうか。 楽天カードからは、主に以下でご紹介する 2枚のクレジットカードに乗り換える方が多いです。 ポイント還元率重視の「三井住友カード RevoStyle(リボスタイル)」 三井住友カード RevoStyle(以下リボスタイル)は数あるクレジットカードの中でも、安定したポイント還元率を誇る人気の一枚です。 年会費 年会費は永年無料、家族カードも永年無料なのでとても入会しやすいクレジットカードです。 「ポイントUPモール」を利用することで還元率を10%まで引き上げることができ、とにかくポイントを貯めたいという方におすすめです。 すぐに手元にカードが届く「三井住友カード」 最短翌営業日で発行されます。 申し込んでからすぐにカードを受け取ることが可能で、 審査内容も厳しくないことから、手軽に発行できる人気の高いクレジットカードです。 年会費 年会費は発行した翌年度から1,250円(税別)かかりますが、条件によって無料になります。 ETCカードや家族カードも翌年度から年会費がかかりますが、どちらも利用するだけで無料にできます。 申し込み基準 18歳以上(高校生不可) 国際ブランド VISA、Mastercard ポイント還元率 普段のお買い物では200円につき1ポイントで、 還元率は0. 5%と、あまり魅力を感じづらいクレジットカードです。 10〜20%に還元率を上げる詳しい方法は、以下のコラムもチェックしてみてください。 しかし、ポイントをより高い価値にしたいなら、より還元率の高い商品を選びましょう。 5% こんなユーザーはこのカードがおすすめ! 三井住友カード(旧クラシックカード)や三井住友カード RevoStyle(リボスタイル)で手に入れた Vポイントは、さまざまな使い方が可能です。 カタログから好きな商品と交換することもできますが、 おすすめは他のポイントへ高還元率で移行させる方法です。 欲しい商品が決まっていない方は、ご自身の利用用途に合わせてポイントを移行してみてはいかがでしょうか。 メインで貯めている ポイントやマイルへ移行する、 欲しい商品と交換する、 ふるさと納税に使用するなど、目的に合わせて移行することでお得にポイントを運用しましょう!• 世界シェアNo. 1のVISAブランド• オンライン入会で初年度年会費無料• 最短翌営業日で発行! 三井住友のスタンダード、三井住友カード。 日本初の 番号裏面化とアプリで簡単にカード利用を制限できる安心安全のクレジットカード! セブン・ファミマ・ローソン・マクドナルドの獲得ポイントが常に5倍!さらに選んだ3店で常にポイント2倍! 「ポイントUPモール」ご利用でも 2倍〜20倍のポイントが貯まります。 5%〜2. 5 最高2000万円 - 年間最高100万円 10-80万円.

次の

楽天カードとエポスカードを比較!作るならどっちがいいか調べてみた

エポスカード 楽天カード 比較

この記事の目次(もくじ)• ルミネカードとの比較 ルミネカードは、ファッションビルであるルミネのクレジットカードで、JR東日本系列のクレジットカードです。 年会費 エポスカードは年会費とETCカードが永年無料です。 一方、ルミネカードは初年度無料、次年度からは953円(税抜)、ETCの年会費は477円(税抜)です。 ポイント還元率 両者のポイント還元率は共に0. エポスカードでは、200円のカード利用につき1ポイント(1円)が加算されます。 ルミネカードでは、1,000円のカード利用につき、2ポイント(5円)が加算される仕組みです。 それぞれのポイントアップ制度 エポスカードは、「たまるマーケット」というエポスのポイントアップサイトを利用してショッピングをすると、 通常の2~30倍のポイントをもらうことができます。 たまるマーケットには、400以上の店舗が加盟しており、楽天市場やYahoo! ショッピング、Amazonなどもその一例です。 一方ルミネカードは、Suicaチャージ、オートチャージ、JR東日本でのクレジットカード利用で、1000円利用につき6ポイントが加算されます。 これは 通常の3倍のポイント加算にあたります。 また、全国に7,000軒以上もあるカラオケ店や飲食店では、カード払いや提示で飲食代の割引や一品サービス、ポイントの加算などのサービスを受けることが可能です。 海外旅行傷害保険の付帯 エポスカードもルミネカードも 海外旅行傷害保険が自動付帯されています。 ただし、両者の違いは補償内容にあります。 傷害死亡・後遺障害の最高500万円は共に同じですが、 エポスカードの傷害治療費用200万円、疾病治療費用270万円(共に1回の限度額)にたいして、 ルミネカードは共に50万円の設定です。 両者を比較した時のエポスカードの強みは、 カード年会費とETCカードが無料であること、海外旅行傷害保険が手厚く付加されていることです。 JR東日本を日常的に利用する人にとっては、ルミネカードはポイントアップの機会を多く得ることができるでしょう。 ただし、エポスカードではたまるマーケットの利用で、ネットショッピングをする人ならば誰にでもポイントアップをはかるチャンスがあります。 楽天カードとの比較 年会費 楽天カードとエポスカード共に 年会費は永年無料です。 ポイント還元率 楽天カードのポイントは、 通常ポイント還元率は1. エポスカードは 通常ポイント0. 発行手続きの早さ エポスカードは審査に通過すれば即日発行が可能です。 もちろん発行されたその日からカードを利用することができます。 一方、楽天カードはインターネットで申込みをします。 審査を通過して自宅にカードが届くまで、約1週間です。 海外旅行傷害保険 両カードとも海外旅行傷害保険がついていますがその違いは補償金額と付帯のスタイルです。 エポスカードは エポスカードを持っているだけで保険が適用される自動付帯です。 それに対し 楽天カードは旅行代金等をカードで支払うことにより保険に入ることができる利用付帯です。 補償内容の主な違いは、 傷害死亡、後遺症傷害が最高500万円であるのに対し、楽天カードは最高2,000万円の補償がついています。 自動付加されているエポスカードは、旅行前のカード利用や手続きは不要です。 楽天カードと比較した時に、 エポスカードは発行が早いこと、海外旅行傷害保険が自動付帯されていること、ネットショッピングでの最大ポイントが高いことが強みです。 まとめ エポスカードとルミネ・楽天カードとの比較をしました。 全てのカードにそれぞれ特徴があり、生活スタイルなどによってはルミネカードや楽天カードが便利だということもあるでしょう。 しかしエポスカードはネットショッピングのポイント加算や多くの提携先での優待など、お得な特典が沢山あります。 また、海外旅行をする際にも必ず持っておきたい一枚です。 どのクレジットカードを作るか悩んでいる時は、まずは汎用性の高いエポスカードを選択してみてはいかがでしょうか。

次の