存じ ます 使い方。 「存じます」の意味とは?正しい敬語の使い方や類語を例文で紹介

「存じます」の意味と使い方をレクチャー!ビジネス用に例文付きで紹介!

存じ ます 使い方

ありがとう存じますの意味とは? 「ありがとう」の意味 「ありがとう(有難う)」は日常の中でも使用されることが多いフレーズです。 意味は「感謝を表す言葉」であり、「感謝」というのは「有難いと思うこと」や「有難さを感じて謝意を示すこと」を言います。 「有難い」は「有ることが難しい」意味で、「有るのが当たり前では無い」ことを表します。 「有難う」も同様の意味です。 つまり「ありがとう(有難う)」は、「有ることが当たり前ではない相手の良い行いや気持ちに対する感情」を表す言葉なのです。 有難うの感情は言葉で説明するのは難しい部分もあるため、実際に「感謝」と呼ばれる感覚を心に感じることがあって初めて成り立つ意味および言葉とも言えます。 「存じます」の意味 「存じます」は、端的に言えば「思います」の謙譲語です。 分解するとなれば「存じ」と「ます」に分けられます。 「存じ」は「思う・考える」や「知る・承知」の謙譲語である「存ずる」の連用形です。 「ます」は丁寧語の助動詞で、「です」と同様に断定の意味を持ちます。 「ありがとう存じます」は感謝の思いを伝える謙譲語 さて、「ありがとう」と「存じます」それぞれの意味をご紹介した所で「ありがとう存じます」の意味をまとめます。 「ありがとう存じます」の意味は、簡単に示すと「感謝の思いを伝える謙譲語」となります。 要は、敬語では無い一般的な感謝の表現「ありがとう」の謙譲語が「ありがとう存じます」です。 ありがとう存じますは正しい言葉? 違和感があっても正しい言葉である まず第一に、「ありがとう存じます」は正しい言葉です。 言い慣れていない・言いにくいということもあって「ありがとう存じます」に対して違和感を覚える方は少なくないようですが、謙譲語としての使い方さえ間違えていなければ指摘される理由の無い正しい言葉遣いとされます。 「ありがとう存じました」について 「ありがとう存じました」の「存じました」は「存じます」の変化形ですが、変化したのは「ます」の形です。 まず、「ました」は「まし」と「た」に分解することが出来ます。 「まし」は「ます」の連用形で、そこに「動作・作用・その結果がある状態で存続する」意味を持つ「た」を組み合わせたのが「ました」です。 「存じました」が表すことは「思うことが存在し続ける」ということになりますが、端的に言ってしまえば「ました」は「既に過ぎたこと・済んだこと・終わったこと」に使用します。 そして、「ます」の方は「これからのこと」に対して使うと言われています。 つまり「ありがとう存じました」は「感謝する物事の終わり」に使用し、「ありがとう存じます」は「感謝する物事の節目」に使用する表現です。 しかし「ありがとう存じました」は「ありがとう存じます」以上に違和感を覚える方が多いため、「ありがとう存じます」で十分だと言われています。 お嬢様言葉の一部に含まれている表現 「お嬢様や品のある若い女性が使う言葉遣い」を俗に「お嬢様言葉」と呼ぶことがあります。 お嬢様言葉に対しては「異様な言葉遣い」といった否定的な意見もありますが、「究極の謙譲語」という肯定的な意見も存在します。 確かに、お嬢様言葉は全体的に謙譲語です。 「お嬢様言葉の心得は謙譲の姿勢」ということでしょう。 お嬢様言葉には「ありがとう存じます」も存在し、この表現は「丁寧な印象の強い謙譲語」の一種とされています。 また、お嬢様言葉では「すみません」や「どうも」は禁句です。 「感謝」を示すなら気持ちや行為の程度を問わず「ありがとう存じます」、「詫びる」意味なら「申し訳ございません」や「恐れ入ります」を使用するのが基本になります。 お嬢様言葉のような女性の言葉遣いについて気になる方は、以下の記事もおすすめです。 ありがとう存じますの使い方・例文は? 使い方「手紙やメールなど文語使用が基本」 「ありがとう存じます」は正しい言葉ですが、一般的には「ありがとうございます」が主流となっています。 自らが手紙・メールといった文章や口頭で使用する際も、他者が手紙などで使用しているのを見聞きする際も、「ありがとうございます」の方が登場回数が多いでしょう。 「ありがとう存じます」は慣れない人が多いように、「堅め」の印象を与えます。 文語(主に手紙などの文章で用いる語)は堅い表現が基本であるため、「ありがとう存じます」は「基本的に手紙やメールなどの文章物に使用した方が良い」と言われています。 会話などの口語(発声で用いる語)では「ありがとうございます」手紙などの文語では「ありがとう存じます」といった使い分けをすると、相手や自分に違和感を与える可能性が低減します。 しかし、文章であっても「ありがとう存じます」の存在に違和感を覚える方はいます。 ただ、それでも正しい言葉ではあるのです。 使い方「謙譲語の表現であることを忘れずに」 「ありがとう存じます」は正しい言葉なので、たとえ違和感があったり違和感を持たれたりしても使用に際しては全く問題ありません。 ただし、口頭にしても手紙やメールなどの文章にしても「謙譲語表現である」ということは忘れないようにして下さい。 敬語の一種である謙譲語は、一般的に「目上の相手に対して自分のことを表す時」に使います。 「目上の相手のこと」を表す時には尊敬語、目上の相手に「自分のこと」を表す時には謙譲語を用います。 上司は勿論ですが、仕事上では「お客様や取引先」にも使用します。 お嬢様言葉では自分と相手の立場は関係無く全員に対して謙譲語を用いる形となりますが、一般的に敬語を使用する場面である仕事の中でお嬢様言葉と呼ばれる言葉遣いをすることはまずありません。 単に敬語を用いるのが一般的ですので、尊敬語・謙譲語・丁寧語といった基本を使い分けるだけで良いと言えます。 使い方「ありがとうを有難うと書くのは?」 「有難う」は確かに「ありがとう」の漢字表記ですが、ビジネスシーンでは平仮名表記にするのが標準とされます。 辞書にも「平仮名表記が多い」とあり、ビジネスマナーの研修などでも「有難うでは無く平仮名表記が基本」と言われます。 言葉的に間違いではありませんが、印象的に平仮名表記の方が良いと言われているようです。 例文「お返事ありがとう存じます」 「お返事ありがとう存じます」は、その言葉通り「返事をもらった時」に「返事をくれるのは当たり前ではないから感謝しています」という気持ちを込めて使います。 また、似た表現に「お返事をありがとう存じます」や「お返事いただきありがとう存じます」があります。 「お返事をありがとうございます」にある「を」は「返事に対する感謝」の「に対する」を表すものですが、あっても無くても表現的には問題ありません。 「お返事いただきありがとう存じます」が最も一般的な印象で、この「いただき」は「もらうの謙譲語(いただく)の連用形」です。 例文「ご心配をかけてありがとう存じます」 「ご心配をかけてありがとう存じます」は、「心配をかけてくれたこと」に対する「感謝の気持ち」を表すフレーズです。 また、「お世話になりましてありがとう存じます(世話をかけてくれたことに感謝している)」や「ご心配をかけてありがとう存じます(心配りをしてくれたことに感謝している)」という表現もあります。 例文「お越しくださりありがとう存じます」 「お越しくださりありがとう存じます」は、「来てくれたこと」に対して「感謝の気持ち」を表す時に使います。 来店してくれたお客様などに使用出来ますが、違和感の問題で一般的にはあまり見聞きしないかもしれません。 しかし、正しい表現ではあります。 使える時には使ってみると良いでしょう。 ありがとう存じますの類語表現は? ありがとうございます 「ありがとうございます」の意味は「感謝の気持ちがある」です。 「ございます」は「ある」の丁寧語「ござる」の連用形「ござい」に、丁寧語「ます」を付けた表現です。 つまり、敬語の分類では丁寧語に属します。 「存じます」は「思う」や「知る」の謙譲語「存ずる」の連用形「存じ」に丁寧語「ます」を付けた表現なので、敬語の分類では謙譲語になります。 「ありがとう」は「伝える側の気持ち」を表す言葉なので、目上の相手に自分のことを表す際に使う謙譲語の方が敬意の意味は強いです。 しかし、一般的には「ありがとうございます」が主流です。 それはなぜかと言えば、「見聞きした時にどう思うのか」すなわち「印象」が理由になります。 「存じます」は「堅い・響き的に違和感がある・言いにくい」といった印象があるために、違和感なく言いやすい印象の「ありがとうございます」が主流になっているのです。 ありがたく思います 「ありがたく思います」の意味は「感謝の感情がある」で、表現は違いますが「ありがとう存じます」や「ありがとうございます」と表す内容は同じです。 ただ、言葉遣いとしての丁寧度に違いがあります。 「思います」は「思う」の連用形「思い」に丁寧語「ます」を付けた表現なので、言葉としては丁寧語と呼ばれる敬語の類になります。 「ございます」も丁寧語ですが、丁寧語には「敬意のレベル」があります。 「ございます」は「思います」よりも丁寧な印象を与えるとして、「より丁寧な言葉遣い」という扱いになっています。 感謝しています 「感謝しています」の意味は「ありがたいことに対して謝意を示す」です。 「当たり前ではない物事にありがとうを示す時に使う」のが「感謝しています」ですが、伝える内容的にはこれまでの「ありがとう存じます」「ありがとうございます」「ありがたく思います」とそう変わりません。 敬語のレベルとしては、「ありがたく思います」くらいに当たります。 要は「標準的な丁寧語」です。 「います」を「おります」にして「感謝しております」と表現した場合は、丁重語と呼ばれる言葉遣いになります。 丁重語は「自分を低めて聞き手を高める敬語表現」で、謙譲語の一種とされます。 丁寧語は「単に失礼がないよう丁寧に表す」敬語なので、敬意を込めてより丁寧に伝えたい場合は「おります」を用いましょう。 ありがとう存じますは違和感のある正しい謙譲語! 違和感があるとして疑問視されることが多い「ありがとう存じます」ですが、言葉遣いとしては指摘の理由が無い正しい表現です。 しかし「違和感」といった印象を覚える方が多いために、一般的には「ありがとうございます」が主流化しています。 そして「ありがとう存じます」を使うならば、手紙やメールなどの文章に適すると言われています。 お嬢様言葉としては口語でも使うようですが、一般的な敬語表現では文語の使い方を基本にした方が良いとされます。 また、ビジネスシーンでは漢字表記「有難う」を避けて平仮名表記を用いるのが標準です。 「ありがとう存じます」は、「日本語における敬語や言葉遣いは相手に与える印象も重視する」ということがよく分かる表現です。 違和感があるから「ありがとうございます」だけ使用していれば良いと言えばそうですが、「ありがとう存じます」も正しい日本語表現なので使える時には堂々と使用すれば良いのです。

次の

「存じます」の意味と使い方|ビジネス敬語を解説!【例文】

存じ ます 使い方

知らないということを敬語で表現すると、「存じ上げない」になります。 「存じ上げない」は敬語上は問題ない言葉ですが、使用する時を間違えやすい敬語です。 すなわち、全ての「知りません」に「存じ上げない」を使用することはできないということです。 「存じ上げない」は使用することができる会話内容およひ相手が決まっているため、使用には気を付ける必要があります。 「知らない」の謙譲語 「存じ上げない」は、「知っている・思う」などの謙譲語「存ずる」が含まれ、目上のことを示す「上げる」も存在している言葉で、「知らない」の謙譲語に当てはまります。 「上げる」は敬語以外でも用いられる言葉ですが、敬語の際に使われると、「目上からのこと」を表します。 目上の立場になる存在は、物や場所ではなく必ず人なので、「上げる」が含まれる敬語は人にのみ使用することができます。 読み方 「存じ上げない」は「ぞんじあげない」と読みます。 「存じ上げない」は「知らない」という意味ですが、人対象にのみ使用することができるため、ニュアンスとしては「その人のことは知りません」の意味になります。 単純に「知りません」のニュアンスで使われるのは「存じません」です。 「存じ上げない」の使い方5つ 「存じ上げない」は謙譲語なので、基本的に目上の人に使用します。 ビジネスシーンにおける目上の人といえば上司など、自分が置かれている立場よりも上の立場にいる人がイメージされやすいのですが、社外にも目上の人として扱うべき存在はいます。 その存在というのは、取引先の人やお客様です。 取引先の人やお客様は会社にとって大切な存在です。 取引先の人やお客様対しても「その人を知らない」ことを「存じ上げない」で表します。 使い方1:存じ上げません 「存じ上げません」は人対象のみ、使用可能です。 物や場所を知らないことを伝える時には、使用しません。 「存じ上げません」は謙譲語なので、基本的に目上の人に対して用いる言葉遣いになります。 使い方2:存じ上げておりません 「存じ上げておりません」の例文を以下に挙げておきます。 早急に確認をして参ります」 部下や同僚など、目下または同等の誰かが会議などを無断欠席した設定です。 使い方3:存じ上げませんでした 「存じ上げませんでした」の例文を以下に挙げておきます。 「存じ上げません」の前に「申し訳ありません」といった謝意を示す言葉を添えることで、低姿勢の印象をさらに与えることができます。 「存じ上げません」の前置きおよびワンクッションとして「申し訳ありません」などの言葉を添えるとよいでしょう。 使い方4:存じ上げず 「存じ上げず」も「知らない」「思わない」の謙譲語です。 存じ上げるの未然形「存じ上げ」に、「ぬ」という打ち消しの助動詞が付いた言い回しです。 「お名前を存じ上げず、失礼致しました」などと使用します。 使い方5:存じ上げないことと申しながら 「存じ上げないこととは申しながら」は、知らなかったとはいえという意味で、謝罪のときに使用する言い回しです。 「存じ上げないことと申しながら、ご挨拶が遅くなりたいへん申し訳ありませんでした」などと使用します。 敬語を使いこなしたいあなたにおすすめの本はこちら 「大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる」は、存じ上げないなどの謙譲語を上手に使いこなしたい人におすすめの、敬語の本です。 「存じ上げない」は「知る」の謙譲語「存ずる」に目上を示す「上げる」が組み合わさっており、最後にそれらの言葉を否定する「ない」が付いています。 自分を低くして相手を持ち上げる謙譲語である「存じ上げない」には、目上からのことを示す「上げる」も存在しているため、自分を低くしながらも相手を立てている言葉遣いになります。 「存じ上げない」には言い換え表現がありますので、以下に挙げておきます。 表現1:分かりかねます 「存じ上げない」と似た意味で用いられることがある「分かりかねます」ですが、2つの言葉のニュアンスには違いが見られます。 また、敬語としても敬意の強さが異なります。 「分かりかねます」の「かねます」には、「しないとはいえない」という意味があります。 「分かる」という動詞につなげて使用すると、「分かるとはいえない」という意味になります。 「分かりかねます」は、「存じ上げない」よりも弱い否定の表現です。 表現2:分かりません 「存じ上げない」の言い換え表現である「分かりません」は、理解できないさまをストレートに表現した言葉です。 「存じ上げない」とは違い敬語ではないので、使用する場合は、自分の立場をよくわきまえて使ってください。 表現3:失念していました 「存じ上げない」の言い換え表現である「失念していました」は、ビジネスシーンでよく使われる表現です。 「失念」は、物忘れや気付きを失った心という意味で、うっかりミスなどをしたときに使用する単語です。 忘れてしまったことで迷惑をかけた場合に、丁寧な表現として使われています。 メールにおいても「存じ上げない」は使用できます。 また、人対象にのみ使用できるという注意点も同じです。 ただ「存じ上げない」や「存じません」は、「存じ上げておりません」や「存じておりません」に言い換えられることもあります。 「存じ上げない」は、特にビジネスではよく出てくる表現です。 「存じ上げない」という言葉の使い方をしっかりとマスターして、正しく使用していきましょう。 「分からない」時に使える敬語 「存じ上げません」は「知りません」の意味でしたが、「存じません」と違って、人対象にのみ使用することができる謙譲語だとわかりました。 捉えられる意味としては混同されることもありますが、ニュアンスが似て非なる「分かりかねます」「分かりません」「失念していました」「存じません」などとの違いもわかりました。 各言葉を適切に使い分けながら「知りません」「分かりません」といったことを相手に伝えていきましょう。

次の

「存じます」の意味と使い方|ビジネス敬語を解説!【例文】

存じ ます 使い方

1-2.「させていただきたく」は「させてもらいたい」という意味 「させていただきたく」は、この一文が敬語表現で、「相手にその行為をする許可をもらい、相手に遠慮しながらする」という意味です。 「」だけでも相手を敬う表現ですが、「存じます」をつけることでよりな表現になります。 また「」と、「させて」がつかない場合には、「して欲しいのですが」と相手にお願いをする意味になります。 1-3.「頂く」と「いただく」の違い 漢字表記の「」は謙譲語ですが、ひらがな表記の「いただく」は謙譲語ではありません。 「いただく」は、漢字で「頂く」と変換すると「食べる・飲む・もらう」のになります。 一方、ひらがなの「いただく」は「」のように動詞につけて使います。 ひらがなの場合は「何かを〜してもらう」という意味です メールなどで使う場合、変換してしまいがちなので注意が必要です。 違いについて、例文で詳しく見てみましょう。 <例文>• 「いただく」を使う場合 「担当者が不在ですので、改めてお電話 させていただきたく存じます」 最初の例文では、「ジュースをもらった」ということを丁寧に表現して「頂く」と漢字に変換しています。 この場合はあったことをそのまま表現しているだけなので、漢字でもひらがなでもかまいません。 2つめの例文では、「電話をしてもいいか」相手に許可を願っていますので、漢字ではなくひらがなの「いただく」を動詞の「電話する」につけて使います。 この場合の「いただく」は補助動詞として使います。 補助動詞は動詞と結びつくことで意味を持つ言葉です。 「謙譲語」は漢字表記、「補助動詞」はひらがなというルールを覚えておきましょう。• <使いがちな二重敬語と正しい表現>• しかし、 「させていただく」は、助動詞の「させる」+接続助詞「て」+補助動詞「いただく」で、「敬語連結」と呼ばれ、正しい敬語表現として認められています。 2.「させていただきたく存じます」の使い方 「させていただきたく存じます」は、目上の方や上司に対して使うことができる謙譲語です。 ただし間違った使い方をすると、相手に失礼になるばかりでなく正しくこちらの気持ちが伝えられないことにもなりかねません。 そこで「させていただきたく存じます」を使う際に、注意したいポイントをご紹介します。 2-1.謙譲語を重ねない 「させていただきたく存じます」を使う場合、「させていただきたく」の前に謙譲語を使ってはいけません。 「させていただきたく」は一つの表現で、謙譲語です。 そして「させて」の前には「相手に了解を得てする行動」である動詞がつきます。 この動詞が謙譲語だと、二重敬語になってしまうのです。 例文で正しい使い方を見ていきましょう。 2-3.相手にお願いするときに使う 「させていただきたく存じます」は、「相手に許可を得た上で、自分がそれをおこなう」ため、相手にお願いをする場合に使います。 「相手のや許可が必要な場合」や「相手の意に反したりそぐなわない場合」に使います。 相手に許可を取る必要がないことにまで「させていただきたく存じます」を使うと、くどい表現になってしまいます。 どういった場合が当てはまるか、例文で見ていきましょう。 逆に「ことでもない」と思われることに対しては、「させていただきたく存じます」ではなく「いたします」など別の表現を使った方が、相手に伝わりやすいので、そちらを使いましょう。 続いては、「させていただきたく存じます」の言い換え表現をご紹介します。 3.「させていただきたく存じます」の言い換え表現 「させていただきたく存じます」を多用すると、くどくなったり、相手にこちら側の意図を伝えづらくなってしまうことがあります。 そこで「させていただきたく存じます」の言い換え表現を4つご紹介します。 <例文>• できればご参加 いただきますようお願い申し上げます。 お忙しいとは存じますが、アンケートにお答えいただきご返送 いただきますようお願い申し上げます。 「いただきますようお願い申し上げます」と似た表現に「いただけますようお願い申し上げます」があります。 「き」と「け」の違いですが、「いただけ」の場合は「~してもらえるよう」という可能の表現となり、「もしよければ~」という意味が加わります。 「いただき」でも「いただけ」でも間違いではありませんが、「いただけますよう」のほうが丁寧な表現です。 言い換え表現3.「なさってください」 「なさってください」は「してください」の丁寧な表現です。 相手に依頼をする際、「させていただきたく存じます」の繰り返しをしたくない場合に、言い換えることができます。 例文で詳しく見てみましょう。 言い換え表現4.「願いたく存じます」 「願いたく存じます」は、「お願いしたいと思う」の謙譲語です。 謙譲語は自分がへりくだり、相手を敬う表現のことです。 「存じます」は「思っています」「知っています」という意味があるほか、相手に何かをお願いするときに使います。 「願いたく存じます」は、「させていただきたく存じます」と同じように、相手に許可を得る必要がある場合に使うことができます。 「させていただきたく存じます」を何度も繰り返さないように、「願いたく存じます」で言い換えるといいでしょう。 文例で見ていきましょう。

次の