約束のネバーランド ごほうび。 約束のネバーランドのエマに鬼説があるが正体は?鬼の血が流れているから殺したくないと言いごほうびにも関係がある?|ワンピースネタバレ漫画考察

約束のネバーランドのエマに鬼説があるが正体は?鬼の血が流れているから殺したくないと言いごほうびにも関係がある?|ワンピースネタバレ漫画考察

約束のネバーランド ごほうび

「食用児全員で人間の世界に行き、それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にする」という約束を破らないもの• 「人間と鬼がともに生きていける世界にしたい」という欲望を阻害するもの• 「 その年に実った一番質の良い肉を献上すること 」を守り続けるもの では他にもいくつか条件を挙げましたが、主に重要となるのはこの3つかと思います。 もっと正確にいうと 「きみの邪血がほしい」 です。 「邪血??」と思う方も多いかと思いますが、 実はエマはムジカと同様、邪血を持っていたという展開予想です。 エマはムジカと妙に仲が良かったり、ソンジュがエマに対して意味深なリアクションをしたりするところから、エマもムジカと同じような邪血を持っているのではないか、と考えました。 また、「エマは実は鬼である」という考察をされている方もいるようです。 まず1つ目の条件、「食用児全員で人間の世界に行き、それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にする」という約束を破らないもの、という条件には問題なく当てはまります。 このエマのお願い、 鬼については何も言及していない点をあのお方に突かれるのではないか、と感じてしまいます。 次に2つ目の条件、「人間と鬼がともに生きていける世界にしたい」という欲望を阻害するもの、という条件にも当てはまります。 人間は平和に生きていけますが、鬼の世界では今以上に争いが起こってしまいますので、「鬼も助けたい」というエマの本来の欲望には反するものになっています。 そして3つ目の条件、「その年に実った一番質の良い肉を献上すること」を守り続けるもの、という条件についてですが、これに関しては当てはまりません。 しかし、約束を結んだイヴェルクはノーマンたちに殺されてしまったので、 この約束は無効になったと考えることもできます。 むしろそう考えなければ、もしエマがこのタイミングで約束をしに来なかったらイヴェルクの約束は放棄されたまま、ということになります。 そのため、約束をした相手が死んだ場合は無効になると考えて良さそうです。 (ラートリー家に関しては代々調停役をするという約束をしたので、約束を結んだ張本人が死んでも代々受け継がれてきました。 ) あのお方はなぜ「邪血」を欲しがるのか 仮にこの予想が正しく、エマが邪血だった場合 エマの邪血を「あのお方」はなぜ欲しがるのでしょうか。 それは、 邪血を求めて鬼たちを争わせるためだと考えます。 王家がほぼ全滅した今、鬼たちを統制する存在がいなくなりました。 これでは世界はごちゃごちゃになってしまいます。 そこで、「一番強い鬼に邪血を与える」とした上で鬼たちを争わせることで、 鬼のトップを決めようと「あのお方」は考えたのではないでしょうか。 ただし「あのお方」は鬼のトップを決めるためだけに鬼たちを争わせるわけではありません。 「鬼たちの争いを見て自分が楽しむため」でもあります。 「あのお方」はエマたちに「あそぼ」と何度も話しかけていることから、どこか退屈しているような雰囲気が感じられます。 そこで暇つぶしのためにも「鬼のトップを決める争い」を起こしたいのではないでしょうか。 かなり面白い考察ですので是非ご覧下さい。

次の

約束のネバーランド179話ネタバレ感想!エマが消えた!代償は何だったのか?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

約束のネバーランド ごほうび

約束のネバーランド【第178話】のネタバレ 再会する友と友 『 エマ!』 名前を呼びながら駆けてくるのはムジカだ。 隣にはソンジュもいる。 ムジカとエマは抱き合いこれまでの経緯を簡単に話した。 ここの地下はラートリー家が行き来する際や、物資の運搬に使われていた通路。 そこで出した答えは『 いいよ とくべつ ごほうびはなにもいらない きみたちは1000ねんずっと うばわれてきたからね』 それをそのまま子供たちへ伝えるエマであったら誰一人としてエマの話しを信じなかった。 ノーマン『 エマ もしエマだけが何か犠牲になるような取引なら皆で残ればいいんだよ鬼の世界に』 しかし本当になにもないと言い張るエマ。 農園もなくなり、ムジカが王になっても民の食欲は統治できない。 なぜなら 鬼がヒトを食べること自体は悪でも毒でもないからだ。 なので少しでも早くに人間の世界へ戻るべきだとエマは考えていた。 エマ『 本当に私は犠牲になっていない 私だけじゃない他のみんなもだれも』 ノーマンとレイだけは未だに腑に落ちない様子。 ひょっとしたら人間の世界は平穏ではないのかもなど様々な憶測が飛び交う。 エマ『 どんな不安も困難も皆と一緒なら乗り越えられるから 明るい未来にしていけるから』 そうして皆覚悟を決め人間の世界へ行くことを決意する。 そして鬼の世界に残るソンジュとムジカに別れを告げる。 ムジカ( エマ あなたに会えて本当によかった あなたのこと忘れないわ 違う世界に暮らしても私達ずっと 友達よ) そして舞台は人間の世界へ 海辺にフィルたちが倒れている。

次の

約束のネバーランド【第178話】人間の世界へのネタバレ!”ごほうび”の内容とは?|漫画市民

約束のネバーランド ごほうび

エマの要求と「ごほうび」 人間が自由に暮らせる世界を作るため、エマは鬼の頂点と言われる「あの方」と会い、世界を変えてくれるよう約束の結び直しを頼むのですが、「あの方」から履行する代わりに「ごほうび」という名の代償を要求されます。 「ごほうび」とは 引用元:原作16巻179ページより なんでも望みを叶える代わりに、「あの方」へ捧げる「ごほうび」が必要なのですが、「ごほうび」とは一体何を指すのでしょうか。 「あの方」曰く「ごほうび」とは、その人にとってとても大事なものであり、野望・欲望・渇望などその人の大切なものであると言います。 願いを叶えたいエマですが、一体エマが差し出せる「ごほうび」が一体何なのかはずっと明かされておらず、約ネバの中でも最大の謎となっていました。 エマの要求 引用元:原作16巻181ページより エマが世界を変えるために「あの方」に約束を結び直しにきたエマが、「あの方」へ頼んだ願いは 「食用児全員で人間の世界へ行きたい。 それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にして」というものでした。 「あの方」はこの望みを快諾。 エマに「ごほうび」を差し出すよう要求します。 ちなみに1000年前、ラートリー家が「あの方」に頼んだ望みは「世界を二つに分けてほしい」というもので、これは鬼と人間の世界を分け、食用児を鬼へと差し出すかわりに、食用児以外は食べないという安全を手に入れたいという考えでした。 「あの方」はこのときもラートリー家の望みを快諾しますが、エマと同じように代償(ごほうび)を求め、その内容 は「その年に実った1番良い人間の肉がほしい」と「ラートリー家は鬼と人間の調停役を担う」というものです。 ラートリー家ユリウスは世界を二つに分けることさえできれば、不安のない生活が待っていると期待していたのですが、「あの方」のごほうびのせいで未来永劫人間が「食べられる」恐怖から逃れられないことになりました。 世界は平和になるかもしれませんが、ある一定の人間は殺され食べられるという残酷な環境をユリウスは死ぬまで見続けることになったのです。 ついに明かされた「ごほうび」 週刊少年ジャンプ本誌最新話にて、ついにエマ自身の口から要求された「ごほうび」について明かされました。 まだ読んでいない方、単行本派の方は以下は読まないようご注意ください。 エマが明かした「ごほうび」とは 引用元:原作16巻140ページより エマたちが育った施設グレイス・フィールド農園の地下に、実は人間の世界へ続く道があり、エマは仲間とともに人間の世界へと向かうのですが、エマたちが人間の世界へ向かうということはつまり、エマの願いが履行されることを意味します。 仲間たちがエマに「ごほうびは一体なんだったのか」と問うてエマだけがいなくなるのではないかと心配を隠せないでいると、エマは 「大丈夫だよ」と否定し「誰も死なない」と回答しました。 では一体「ごほうび」は何だったのでしょうか? みんなが核心に迫ったところエマは「 きみのかぞくをちょうだい」と言われたとのことでした。 しかし、エマにとっての家族は周りにいる仲間たちであり、仲間たちは人間の世界へと渡ることがエマの願いであるため「あの方」に家族を提供することはエマにとって矛盾が生じてしまいます。 すると「あの方」は「いいよ、特別に何もいらない」と答えたのです。 つまりエマは何も要求されずエマ自身も仲間も誰も犠牲にならなかったと言いますが、 レイはそんなはずはないと納得せず、エマが一人で姿を消して隠れて死ぬのでは?など疑いますが 、 エマははっきりと否定します。 なぜ「ごほうび」はいらなかったのか? 引用元:原作16巻174ページより 世界を変えるほどの望みを叶えるのに、代償は特別に何もいらないと言われたエマですが、なぜ特別扱いをされたのでしょうか? 「あの方」曰く、エマが大切にしているもの(家族)をもらうことができないことに加え、エマたちは「1000年ずっと奪われてきたから、その1000年が代償(ごほうび)」と発言しています。 これは、1000年前ラートリー家が「あの方」と約束を結んだことでエマたち食用児という食べられるための人間が誕生した歴史を指します。 確かにエマたち食用児は、ラートリー家と「あの方」との約束のせいで人権を無視した理不尽な扱いを受け続け大切な仲間を失いましたが、それにしてもエマだけ「ごほうび」がいらないというのはどうも腑に落ちません。 「あの方」がエマや食用児に同情し、 子どもだから、と譲歩したのでしょうか? どうしても本当の「ごほうび」が別にあるか、何か真実が隠されているのではないかと考えずにはいられません。 エマには鬼の血が流れているのでは?と考察していたので、エマだけ人間の世界に渡らず鬼の世界に残るのでは?と思っていましたがその予想ははずれたようで、 そうなると他に考えられる可能性は、エマの脳(記憶)を「ごほうび」として差し出すことでしょうか。 エマの高級品とされる優秀な脳は、鬼の頂点である「あの方」から見ても「とても美味しそう」と評価されていることから、「あの方」がエマの脳を欲しがる可能性は考えられます。 しかし、人間の世界へ行きたいというエマの願いを叶えつつ、脳を手に入れるには「記憶」だけエマからの「ごほうび」として受け取る可能性はないでしょうか。 エマが仲間たちに本当の「ごほうび」を隠した理由は、いずれすべて忘れてしまうのだから必要ないと判断したのではないかと考えます。 まとめ 長い間約ネバファンの間で考察されていたエマの「ごほうび」についてついに明かされましたが、なんとも腑に落ちないままです。 鬼の頂点である「あの方」が1000年間という歴史だけで「ごほうび」を無しにするのは考えにくいと思いますね。 私はまだエマは何か隠していると思いますが、あなたはどう思いますか?今後も約ネバから目が離せないです。

次の