エースバーン 厨ポケ。 ダブラン育成論 : エースバーンも倒せちゃう?起点作り細胞|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング|使用率まとめ【鎧の孤島】|ゲームエイト

エースバーン 厨ポケ

以下はバトルで勝つことを目的とした場合にオススメのポケモン達です。 ポケモンの強さはただ単に種族値や技の強いというだけでなく、バトルの中で相手ポケモンにどれだけ交代出ししやすいかということや、パーティとの組み合わせによっても左右されます。 ポケモン 用途 備考 エンペルト 特殊エース 「げきりゅう」発動ハイドロポンプは強力。 砂パとの相性も良いです。 カイリキー 物理エース 「ばくれつパンチ」の混乱で受けを許しません。 カバルドン 物理受け 特性「すなおこし」が強力。 カビゴン 特殊受け ハピナスより高火力。 ガブリアス 物理エース 交代出ししにくいです。 対策されすぎている。 ギャラドス 物理流し ゴウカザル流し 「いかく」を使い物理アタッカーを流せます。 キングドラ 特殊エース 雨パのエースです。 ゲンガー ノーマル流し 特殊アタッカー 「きあいだま」「だいばくはつ」によるカビゴンの流し。 ゴウカザル 二刀流エース 「いのちのたま」などで決定力を補う二刀流エース。 交代出ししにくいが受けられにくいです。 シャワーズ 鋼岩地炎流し 「ねがいごと」による味方のサポート。 スイクン 物理受け 準伝説。 「めいそう」による決定力UP。 スターミー 特殊エース 「いのちのたま」などで決定力を補う特殊エース。 ソーナンス スターミーなど特殊アタッカー狩り 狙ったポケモンをほぼ確実に倒すことができます。 砂パで砂を起こす前にスターミーを狩ることができます。 ドータクン 物理受け 耐性が多く覚える技が優秀です。 ドサイドン 物理エース そこそこ交代出ししやすい。 6匹見せ合い3on3向き。 ハッサム 超霊狩り 氷草流し 蜻蛉サポート 「おいうち」で超霊を逃がさずに倒します。 交代読みor後攻「とんぼがえり」サポートもできます。 バンギラス 物理エース 攻撃力、耐久力がどちらも高いです。 特性「すなおこし」が強力。 フーディン 特殊エース 「アンコール」「めいそう」が使える器用なエースです。 死に出しで使うことが多くなります。 ヘラクロス 物理エース 「こんじょう」で「おにび」も効きません。 「こだわりハチマキ」による撃ち逃げと「こだわりスカーフ」型がメジャーです。 ボーマンダ 二刀流エース 受けられるポケモンはほぼいません。 格闘タイプなどに交代出しできます。 対策されすぎています。 ポリゴンZ 特殊エース 「トライアタック」が強力。 マンムー 物理エース 「じしん」「こおりのつぶて」の組み合わせは結構受けられにくいです。 メタグロス 物理エース そこそこ交代出しできます。 「こだわりハチマキ」での撃ち逃げが強力。 ラティアス 特殊受け 準伝説600族。 「めいそう」による決定力UP。 「ねがいごと」による味方のサポート。 ラティオス 特殊エース 準伝説600族。 「りゅうせいぐん」が強力。 ルンパッパ 特殊エース 雨パのエースです。 水ポケモンで止まりにくいです。 上記以外の対策必須ポケモン 50音順 上記ポケモンほどパーティに貢献できませんが、敵に回すと厄介なことがあるポケモン達です。 ポケモン 用途 備考 エアームド 物理受け 特殊技による対策は必須です。 クレセリア 物理受け ゴウカザル受け 準伝説600族。 堅いが火力はありません。 嫌われやすいので自重しよう。 トドゼルガ 霰パで「まもみが」無限トド 「ほえる」など対策していないとキビシイです。 ハピナス 特殊受け 唯一の完璧な特殊受けと言われています。 火力はありません。 ミロカロス 特殊受け 特殊アタッカー 「さいみんじゅつ」「ミラーコート」が使えます。 ヨノワール ノーマル格闘流し 「いたみわけ」で1匹はボロボロにできます。 ラグラージ 岩鋼電タイプ流し そこそこ攻撃力もある受け。 「じしん」「ハイドロポンプ」で二刀。

次の

エースバーン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

エースバーン 厨ポケ

エースバーンの欠点は 火炎ボール 飛び膝蹴り 跳び跳ねる 全部命中不安な技しかないこと 不意打ちは決まれば強いが、相手が攻撃しなければ失敗してそのターンを無駄にするから隙が出来る。 まあダイマックスさせれば良いんだけど、エースバーン以外にもダイマックス使いたいポケモンがいる場合はって考えるとかなり使うのが難しいポケモン何だよね。 後はエースバーンで怖いのは、エレキボール持ちが一番怖いね。 自信過剰ダイジェットギャラドスかなり使うが、エレキボール持ちのエースバーンだった時はもう事故だと思って諦めている。 物理1本ならまだ救い用はあるのかな?ってのが俺の感想。 もし今の時代にめざめるパワーがあれば、めざ氷が使われていたかもしれないね。 変幻自在のゲッコウガは俺はよくめざ炎を使っていたが、エースバーンならエレキボール使えるし、エースバーンの技構成って地面やドラゴンには弱いからめざ氷はまず候補に上がるだろうね。 ってかもしめざパがあれば、俺ならめざ氷にする。 まあ対戦バランスの関係上めざめるパワーが消されたが、エースバーンやゲッコウガの夢特性見たら消されたのも仕方がないって感じだ。 ドラパルトは使って思った感想は やはり600族にS142を与えてしまったことは失敗 ゼラオラと似た種族値だが、孵化600族に与えて良い種族値ではないし、禁止伝説じゃないと許されない種族値な為 例えばもしSの種族値今より50下げて 98 130 85 110 85 92とかにすればまだ良かった。 まあ合計種族値が600族だから、この配分にしても強いのには変わりはないが、明らかに今より採用率は減る。 後はタイプをギラティナと同じにしてしまったせいで、弱点も多いが耐性も多くて、攻撃面では特に優秀な組み合わせにしたこと しかもギラティナと違って、炎技が使えるのはやり過ぎだしそれも強すぎる原因 メタグロスと同じクリアボディも通常特性で与えちゃうし、そこもやり過ぎたよね。 ドラゴンアローもチート技だから、どうしても鋼ポケモンよりもフェアリーポケモンが必ず1体は欲しくなる。 鋼の翼持ちのドラパルトは事故だと思って諦めて、俺はこれからかちきプクリン使って終わらせようか悩んでいる。 ドラパルトのメイン技をどちらも無効に出来るから優秀なタイプだしね。 本当はポリゴン2も良いけど、俺はボッチプレイしてるからゲット出来ないので諦めた。 何時かピックアップレイドでポリゴン2来たら沢山ゲットして、ドラパルト対策に使いたいね。 ドラパルトが理不尽なのはS142だからじゃねぇの? 合計種族値500未満なら許せるけど、600族に与えてはいけない種族値何だよね。 仮にドラパルトの種族値が、アギルダーやマルマインみたいな低種族値なら、S142も理不尽だとは思わないね。 ってかインテレオンはAの種族値以外は全てムゲンダイナの劣化 インテレオン 70 85 65 125 65 120 530 ムゲンダイナ 140 85 95 145 95 130 690 そしてアーゴヨンの種族値はムゲンダイナの完全下位互換 アーゴヨン 73 73 73 127 73 121 540 ムゲンダイナが悪巧みとか10万ボルトや大地の力や特性がプレッシャーじゃなくて、ザシアンみたいな特性でいきなり場に出たらCが1段階上昇みたいな感じじゃなくて本当に良かった。 まあムゲンダイナはCS252D6も勿論強いが、H204S252B4D20残りC30のコスモパワー 自己再生 マジカルフレイム 毒々 黒いヘドロ持ちも強い。 シングルで使うならね。 ってか準速だと最速115族にすら抜かれるしそれがイヤなので こんなムゲンダイナもドラパルトのせいで弱く感じるのが辛いね。 ドラパルトのS142と竜の舞やバトンタッチや襷あるいは弱点保険やられたら、本当にムゲンダイナ側が負けるので コスモパワーも速く2回積めれば良いんだけど、中々難しいのとドラパルトはクリアボディ持ちだから能力下げる技 追加効果やら威嚇 が効かない。 そこが本当に厄介で難しい。 CSムゲンダイナは最近メガネやら珠も良いが、パワフルハーブと合わせてメテオビーム使うのも面白くてロマンがある。 ただし命中率90が痛いんだけど.

次の

ダブラン育成論 : エースバーンも倒せちゃう?起点作り細胞|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

エースバーン 厨ポケ

特性「リベロ」により、全ての技をタイプ一致で打てる上に、覚える技範囲が広いので、多くのポケモンと対面で戦えます。 さらに、ダイマックスした場合は「ダイナックル」や「ダイジェット」でタイプを変化させながら、攻撃力や素早さを上げることができるので、弱点を突かれにくい強力なエースアタッカーとして活躍することができます。 ただし、カビゴンは「まもる」を採用している型が多いため、「とびひざげり」をすかされないように注意しましょう。 きあいのタスキやばけのかわを削れる点も使いやすい。 対フェアリータイプ用。 ダイマックス時にダイスチルで防御が上げられるのも利点。 対フェアリータイプ用。 アイアンヘッドと違いアシレーヌに対しても弱点を突ける。 対毒タイプ用。 ダイマックス時にダイサイコでドヒドイデ対策として優秀 特殊技だが、ギャラドスやドビドイデなどに有効。 ダイサンダーであくび対策も可能。 タスキを持つことで相手の攻撃を耐えつつ安全に「もうか」圏内に入れることができます。 もうか発動後は、高い攻撃種族値と相まって瞬間火力に期待できるので、特性「リベロ」との差別化を図ることが可能です。 きあいのタスキやばけのかわを削れる点も使いやすい。 対フェアリータイプ用。 ダイマックス時にダイスチルで防御が上げられるのも利点。 相手のリフレクターやひかりのかべ効果を奪ったり、自身の場のステルスロックを相手に押し付けたりする。 きあいのタスキとの相性が良い技。 エースバーンの役割と立ち回り 全ての技をタイプ一致で打てる 自分の技を出す直前に自分のタイプが技と同じタイプになる強力な夢特性「リベロ」により、全ての技をタイプ一致で打つことができます。 技範囲が広いので、パーティ構成によっては炎技を切って別のタイプの技を入れるなど、カスタマイズ性が非常に高いポケモンです。 高火力専用技を持つ高速アタッカー エースバーンは、攻撃と素早さが高い高速アタッカーのポケモンです。 覚える技のタイプ範囲も広く、ほとんどのポケモンに等倍以上の技で攻撃することができます。 更に専用技である「かえんボール」は、命中は少々低くなっているものの反動がない「フレアドライブ」といえる威力を持っている、非常に強力な攻撃技となっています。 エースバーンと相性の良いポケモン エースバーンの退き先になるポケモン 「エースバーン」は高い素早さから、苦手な相手と対面した場合も「とんぼがえり」で交代できます。 エースバーンとの相性補完に優れたポケモンで、エースバーンの苦手な攻撃を受けましょう。 ポケモン 説明 ・岩と水タイプの攻撃を、半減して受けれる ・高い防御と特防を持った耐久ポケモン ・地面技は特性「ふゆう」で無効にできる ・特殊アタッカーとして優れており、地面や岩タイプのポケモンに、切り返して反撃可能 ・地面技を無効にする ・物理耐久が高く、岩タイプに強い ・「はねやすめ」でHPを回復できる 対面性能の高いポケモン 数的優位を確保しやすくなるので、「エースバーン」と同じように対面性能の高いポケモンと相性がいいです。 数的優位を作ることで、相手の交代先になり得るポケモンを潰し、こちらの有利なポケモンを押しつけやすくなります。 ポケモン 説明 ・特性「ばけのかわに」よる行動保証があるため、「つるぎのまい」で攻撃を上げやすい ・トップクラスの素早さを持っているため先制しやすい ・技範囲が広く、豊富な選択肢で戦える ・「からをやぶる」で素早さと攻撃を2段階上げれる ・特性「スキルリンク」により、複数回攻撃が強力 ・特性「ごりむちゅう」で攻撃が高い ・技範囲が広いため攻撃を通しやすい エースバーンの対策 弱点を突かれにくいポケモンで対策する リベロは技を出す直前に技と同じタイプになる強力な特性なので、エースバーンの覚える技を把握して弱点を突かれにくいポケモンで対策を行いましょう。 また、タイプがほのおタイプ以外に変化すれば「おにび」が入るので対策として有効です。

次の