料理 うまく なるには。 料理上手になりたいです。新婚1年目です。毎日自炊してますが、レ...

料理がうまくなる方法

料理 うまく なるには

この記事では、私自身が毎週色々な料理をし、レパートリーを増やす中でわかった、料理が上達するためのレシピサイト(または本の)活用方法を紹介します。 料理初心者の人にとっては、適当に作っておいしいおかずができたり、色んなレシピを考案している人を見ると、何でそんな事ができるようになったのか、不思議に感じると思います。 私もはじめは、レシピを見ながらじゃないと作れない、料理初心者でした。 いつまでレシピを見ながらじゃないと作れない状態が続くのか。 どうにかレシピを見ずに作れるようになりたい。 こんな状態から、今では自分でレシピを考えられるようになりました。 自分のレベルに合わせて、レシピの見方を変えると、ちゃんと料理が身につきます。 では、私がおすすめするレシピサイト活用方法を、4つのレベル別に紹介します。 もくじ 1.レシピを見ながら作れるレベル 料理をほとんどしてこなかった人は、まずは見ながら作る。 これで良いと思います。 でも、ここでレシピを見ながら作る癖がついてしまうと、上達するスピードが落ちてしまいます。 今ではネットで検索すれば、色んなおいしいレシピが出てきます。 そして、作っておいしかったレシピをまた検索して作る。 結果、レシピを見ないと作れないサイクルからぬけ出せなくなる。 そうならないために、 レシピは覚えることを意識しないといけません。 私がおすすめするのは、基本的な和食、、、などを、まずは覚えること。 基本的なレシピと言えども、色んなレシピがありますよね。 はじめは困惑しますが、おいしそうと思ったレシピを作ってみたり、気に入った著者がいれば、その人のレシピをいくつか試してみれば良いと思います。 色んな人が色んなことを言って、頭に入るわけがないですから、まずは基本となるレシピを決めてしまうのです。 数あるレシピに埋れてしまわないように、自分の基本を作ることが重要です。 覚え方については、でもう少し詳しく紹介しています。 2.レシピを見ずに何品か作れるレベル 基本的なレシピを覚えることができれば、基本のレシピを増やしつつ、応用していくことができるようになります。 例えば、。 何かひとつ、自分の中で一本基本のレシピとして覚える。 そうすると、同じからあげでもや、 の違いがわかり、レパートリーをどんどん増やすことができます。 このレベルでは、似てるレシピの差異とか、自分の好みとかが段々とわかってきていると思います。 同じ食材で違う味付けのレシピや、違う食材で同じ味付けのレシピを試し、 どんどん類似レシピを見つけて、作ってみることをおすすめします。 3.レシピの分量だけ見れば味がわかるレベル 基本的な味付けと類似の味付けがある程度頭に入ってるので、新しいレシピを探す時には、レシピの分量だけでおよその味の想像がつくようになってきます。 料理初心者の頃は、レシピサイトを検索し、手順を何回も見ながら作っていましたが、このレベルになると違います。 慣れてくると、タイトルから調味料を連想できるようになります。 詳細ページをみる時は答え合わせをしてるような感じ。 手順もだいたい想像通り。 で、詳細ページを見た時に、 自分の予想を外れた発見があると、それを覚えておきます。 そして、自分の料理に取り入れてみます。 レシピ通りに作らなくても、一部を取り入れるだけで充分。 どんどん応用力が身につきます。 4.レシピを考えられるレベル レシピサイト通りに作ることよりも、自分であれこれ考えたくなるレベルです。 こうなると、 レシピサイトは新鮮さがあるレシピがあるかという視点でしか見ません。 そして、レシピサイトに限らず、外で食べたものも取り入れてみようと考えます。 私が結構よく見るのは、お惣菜やソースなどの原材料。 味と素材を覚えるには役立ちます。 ここまで、4つのレベル別に書きましたが、他に未知のレシピ、全く作ったことのない料理をする時は、初めのレベルからの繰り返しになるのです。 料理初心者の頃には考えられないかもしれませんが、まずは基本から覚えていくと、もっと自由に料理ができるようになりますよ。

次の

「お料理を作る事が好き」になる方法を教えて下さい。

料理 うまく なるには

しかし、それを目標にするのはいいですが、すぐに実践するのはやめましょう。 なぜなら、それは応用編だからです。 やってTRY! という某番組のコーナーです。 お題があり、それをレシピを見ずに作ってみるというコーナーなんですが、失敗する人は本当に酷いもの が出来上がります。 もちろん、レシピを知らないのを作ろうとしてもちゃんとしたものはできません。 なので、私があれをやってもそうなる確率は高いんです。 なので、レシピを完璧に覚えるまでは何度もレシピを見てそれ通りに作りましょう。 英単語を覚えるのに何度も書いたり、発音したりして覚えていきますよね? それと一緒です。 料理の場合はレシピを見て、作っての繰り返しで覚えていきます。 また、最近の料理サイトは優秀なので、冷蔵庫の中身を入力して調べるだけで おいしそうな料理を教えてくれます。 計量カップを使う いちいち、計量カップを使って測って入れるのは面倒だし、洗い物もふえるので面倒ですよね。 しかし、このめんどくさいものはとても大切なステップになっています。 よく、漫画などで「なんでレシピ通りに作ってこうなったんだ?」というセリフを目にしますが最近は そんなことがありません。 なので、レシピ通りの分量ときっちりと入れて作ってみましょう。 それが基本となります。 もし、分量をレシピ通りに作ったときに、少ししょっぱいなと思ったら次作るときはお醤油を減らそう とか、味が薄かったら次はもう少し多めに調味料を入れようと思うはずです。 そこで、分量通りに作らなければ前回自分がどれくらい入れたかの目安が分かりません。 なので、よりおいしい料理を作るためにも分量をきっちり測るのは大切です。 きちんと味見をする 意外と見落としがちですが味見をするのは大切です。 以前、典型的なんですが砂糖と塩を間違えて入れたことがあります。 (自分でそんなミスするわけないだろうと思い込んでました。 ) その時に味見したところしょっぱすぎたので食卓にでて、人に食べさせることなく終わりました。 このように、事件を事前に回避することができるだけでなく、調理中であれば変更が可能なことが多いです。 前例のように砂糖と塩を間違えた場合には軌道修正が不可能ですが 味見をして少し甘みが薄いなと感じたときは砂糖を足すことは可能です。 なので、より自分好みの味に近づけることが可能になります。 しかし、一点気を付けたい点があります。 それは、味見の時点で味が薄いと感じたときは味を濃くしないことです。 調理後に温度が下がると味が染み込んでいきます。 そして、染み込んだ後に食べた場合しっかりとした味になっている場合があり、 その前に味を濃くしてしまうと、出来が濃い味になってしまうからです。 継続すること 何をするときにも共通していえることだと思いますが、継続は力なりです。 ずっと料理をし続けるという意味ではありません。 しかし、先に述べたレシピを見て計量カップを使って料理するのを続けていくとどうなると思いますか? そう、レシピは自然と頭の中に入っていき、調味料の分量も測らずにどれくらい入れたかがわかるように なってきます。 そうすると、レシピを見ず、計量カップも使わずにパパっと料理ができる人間になります。 つまり、そこまでいけば周りから見ても料理上手な人間と言えると思います。 さらに、レシピを見たり、測ったりする時間も減り、手際もよくなるので時短になり時間を有効に使えるようになります。 そうなると、洗い物をしたりする時間にも当てられるので有意義な時間を十分に過ごすことができるようにもなります。 料理を楽しむ これがはっきり言って1番大切かもしれません。 楽しむのが1番といってしまうときれいごとに聞こえるかもしれませんが何事も取り組むには楽しみがないとやってられません。 料理は料理を作り上げられたことの達成感を感じたおきや、自分がレシピを覚えて成長を感じられたとき、他人にふるまったときに美味しいと言ってもらえた時など多く喜びを感じる場面が多々あります。 そういった場面に遭遇したときに、また、料理を作ろうとか、今度はこれに挑戦しようとか思うように なると思います。 そう思えると、ひとつ前の継続するモチベーションにもつながっていきます。 料理をするときはとことん楽みましょう。 もし、面倒だと感じたときは最低限の用意だけして食べるようにしましょう。 無理してやることは本当にうまくならないと思います。 まとめ いかがだったでしょうか?料理が上手くなるコツを紹介しました。 料理はやってしまえば意外と簡単にできます。 しかし、時には疲れてしまうことだってあります。 そこで、休んでしまったと思うのではなくいつもこんなことしている自分偉いなと思ってあげましょう。 そして、気分が上がったときなどにまた料理を再開しましょう。 今どきのレシピはどれも丁寧に作り方を教えてくれますし、動画でやり方を紹介していることも多いので より。 わかりやすく手順を知ることができます。 皆さんが料理を楽しんでつくれるように応援しています! でも、大変な時は無理せずおやすみしましょう! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

【初心者向け】料理が上手くなる方法。3つのコツを紹介してみる。

料理 うまく なるには

もちろん基本的なお料理・調理法を基礎知識として知っている必要はあるでしょう。 しかし,単にいろいろ憶えても,ご質問のような事態で前に進めなくなってきます。 その基本の料理のひとつひとつの作業について,いちいち「なぜそんなことをするのか」ということを知っおくことでレシピなしの応用が利くようになります。 一例をあげましょう。 カレーを作るとき,玉ねぎは最初に焦げ目のついた程度に炒めるのが定石です。 ニンジンは炒めません。 結局グツグツ煮てしまうなら,なぜ玉ねぎをニンジンといっしょにそのまま煮てしまわないのでしょう。 逆になぜニンジンは炒めないのでしょう。 これは玉ねぎの辛味成分が,急激な加熱によって甘み成分になり,炒めることによって甘くなるからなのです。 じっくり加熱するのではなく,急激に高熱で加熱しなければならないのです。 (実際にやってみてください。 炒めた玉ねぎはそれ自体に甘みがあるので,調味料がなくても食べれてしまいます) ニンジンはそういう性質がなく,むしろ高熱での加熱によってビタミンCなどが壊れてしまうため,低温から加熱してアミノ酸系の旨みを引き出す方法をとるのです。 こうしたことを知っていると,たとえば,味噌汁にしてもすき焼きにしても,玉ねぎではなくネギを使おうということになった場合,少し焦げ目のついた程度に炒めた方が美味しくなるはずだと類推がききます。 実際,料理屋に行って鍋物を頼むと,ネギだけ焼いてあるものが出ることがありますよね。 それは,玉ねぎと同じ理由で加熱しているわけです。 とても良心的な店だということです。 こんな具合で,ひとつひとつの食材の性質と加工法の意味について理解しておくと,それを組み合わせたらどうなるかということがなんとなく想像できるようになって,いちいちレシピを見なくても冷蔵庫にある余り物でも美味しい料理が作れるようになります。 私は自炊をして10年になりますがわからない料理はレシピを見ますよ。 特に普段あまり作らない料理や分量が間違うと失敗に繋がる料理は何回か作っていても念のため確認します。 料理歴30年以上の料理上手の母(50)もそうです。 個人的にレシピを見ようが見まいが出来た料理が美味しい事が一番大切だと思います。 レシピを見ないで作るには同じレシピを何度も繰り返して作るうちに自然と覚えていくと思います。 数学で言えば数式を覚えるようなもので料理の手順や意味、材料の特徴を作業する中で覚えていくしかないと思います。 九九を覚えてないと掛け算が入る問題は全く出来ないのと同じです。 作る時にどうしてこれを先に焼くのかとか何故こうするのかを考えてやると覚えが早いかもしれません。 また違う料理でも途中まで行程が同じ物もあります。 煮物と味噌汁は出汁を取って具材に火を通す所までは同じで味付けが違う、とか。 チャーハンとチキンライスは具材と味付けは違うけど行程はほぼ同じ、とかそういった共通点を探す事から基本の作業とアレンジ出来る部分がわかってくるのではないかと思います。

次の