プロバイダー 変更 注意 点。 分かりにくい!プロバイダの乗り換えのための手順や方法とは?

ドコモ光のプロバイダ変更手順と5つの注意点、オススメの変更先を解説!

プロバイダー 変更 注意 点

Microsoftが発行する、Hotmail. comやOutlook. comのメールアドレスをご利用の場合には、そうそう変更する必要もないと思いますが、メールアドレスをそんなにたくさん持ちたくないなどの諸事情もあって、プロバイダーなどの発行するメールアドレスで、Microsoftアカウントを取得されているケースも多々見受けられます。 もちろんそれも問題ないのですが、そんな時に注意しないといけないのが、プロバイダーの変更です。 プロバイダーが変わって登録したメールアドレスが変わってしまう... 変わる前にきちんと手続きをしていれば問題ないのですが、その手続きを怠るととんでもないことになります。 ということで、今回は、Microsoft アカウントの変更とその注意点について取り上げてみました。 【変更の際には必ずセキュリティコードが必要になる】 Microsoftアカウントで登録している個人情報へのアクセスの際、連絡先として登録されているメールアドレスや電話番号にセキュリティコードを送ってもらい、本人確認を行った上でアクセスできる仕組みになっています。 つまりそうしたことを考えずにプロバイダーを変更し、Microsoftアカウントで使用していたメールアドレス(仮にプロバイダーの発行したメールアドレスだった場合)が使用できなくなってからだと、連絡先として登録されているのが、そのメールアドレスだけで、電話番号の登録などもない場合には、自分でアカウントを変更することが大変困難になります。 何事も事前準備が大事ってことですね。 【Microsoftアカウントで使用しているメールアドレスの変更手順】 では、まず事前にきちんとした手順で変更する場合の流れをご紹介します。 セキュリティコードが受け取れさえすれば手順は簡単です。 1 現在のMicrosoftアカウントにサインインします。 今回はMSNのトップページからOneDriveにサインインしてみました。 2 サインインしたら、右上の自身のアカウントのアイコンをクリックして、"アカウントの表示" をクリックします。 "あなたの情報"のところから、"サインイン用のメール アドレスまたは電話番号を管理" ページに移動します。 3 本人確認のためのセキュリティコードを入手します 連絡先のメールアドレスや、連絡先に登録されている電話番号に連絡して、セキュリティコードを受け取る必要があります。 4 入手したセキュリティコードを入力して、"送信" をクリックします 5 "セキュリティコードの待機状態を停止しますか?" という画面は、今回は必要ないので、"必要ありません" をクリックして進みます 6 "Microsoftにサインインする方法の管理" の画面になったら、"アカウントエイリアス" のところで "メールの追加" をクリックします 7 "エイリアスの追加" 画面になります。 この際、新規に取得されているプロバイダーなどが発行するメールアドレスを指定する場合には、"既に取得済みのメールアドレスを〜" の方を選択して、新しいメールアドレスを入力します。 新規にOutlook. comのアカウントを作成する場合には、上の "新しいメールアドレスを作成して〜" のところに、お好みのアカウント名を指定します。 最後に、"エイリアスの追加" をクリックし、問題なければ追加されますが、新規に指定したアドレスが利用できない場合には再度指定しなおしてください。 8 アカウントが追加されると、"プライマリエイリアス" として使用しているアカウントの下に追加したものが表示されます。 この脇にある、"プライマリにする" をクリックするとプライマリエイリアスが変更されます。 9 プライマリエイリアスが変更されたら、仮にプロバイダーの変更などで使用できなくなってしまったアカウントエイリアスは、削除しましょう。 【アカウントの新規取得に際し注意したいこと】 1 "既に取得済みのメールアドレスを〜" の方を選択しても、すでに取得済みの、Hotmail. com や Outlook. com などのメールアドレスを、エイリアスとして追加することはできません。 ここで指定できるのは、Hotmai. comやOutlook. jpなどのMicrosoftの発行するメールアドレスではなく、それ以外のものになります。 あくまでも Outlook. com のアカウントは新規に取得する場合のみに限られます。 2 新規に取得する際に利用可能なドメインは、表示されたものしか選択できません。 現在は、Outlook. com のみになっているようです。 そうなるとまずは、以前にもご紹介しましたが、 上記のあるように専用フォームにアクセスして個別に対応をしてもらう必要が出てきます。 こうなるとフォームを利用してやりとりして、本人確認ができてからでないと自身では変更できなくなりますので、当然ながらかなり面倒になります。 こうならないためにも、アカウントのメールアドレス変更の際には事前に準備しておく必要があることを忘れないようにご注意ください。 今回のようにメールアドレスが使えなくなってしまった場合でも、他に登録があれば、セキュリティコードは受け取れるので、事前に、別のメールアドレスや電話番号なども登録しておくというのも一つの方法ですね。 ・ 【パスワードについて】 こうして追加したエイリアスですが、手続きを進めていくとお気づきかもしれませんが、新規に追加したエイリアスに対して、パスワードを設定するところがありません。 つまり、 パスワードは変更されません。 プライマリエリアスを変更して古いアカウントを削除したとしても、それだけでは、パスワード自体は古いアカウントのアドレスの時のままの状態です。 プライマリエイリアスを変更したら、パスワードも変更する必要がある場合には、別途パスワードの変更手続きも行う必要がありますので、忘れることないようご注意ください。 ・ ・ <参照> ・ ・ ・ ・ ・.

次の

プロバイダ変更の設定方法は?乗り換えのメリットや注意点を解説!

プロバイダー 変更 注意 点

ほとんどの人はドコモ光のプロバイダ変更に、 手数料として3,000円と約10日前後の日数がかかります。 ただし、契約プランや時期によってはこの数値も変わってきますので、ここからはそういった内容も踏まえつつ費用と期間について見ていきましょう。 ドコモ光のプロバイダ変更にかかる費用は手数料3,000円 ドコモ光でプロバイダを変更する場合、新しいプロバイダの契約事務手数料が発生します。 基本的な契約事務手数料は3,000円ですが、単独タイプからタイプAもしくはタイプBに変更する場合のみ手数料が無料になります。 詳しくは以下の通りです。 ただし、後ほど紹介しますが単独タイプの場合、契約前のプロバイダ解約料が発生する可能性がありますので、単独タイプを利用している人は覚えておきましょう。 プロバイダの変更タイミングは指定可能!最短で10日~ ドコモ光のプロバイダ変更が完了するのは、 申し込みから最短で10日前後と言われています。 ただし、混雑時や正月などの大型連休の際は2週間~1ヶ月程かかる場合もありますので、混雑を避けたい人は違う時期に申し込みをすると良いでしょう。 ドコモ光のプロバイダの変更手順についてはここまで紹介してきた通りですが、実はプロバイダを変更する際に注意しなくてはいけない点がいくつかあります。 ここからはプロバイダを変更する際に気を付けたい部分を紹介していきます。 注意点1:変更前のプロバイダの有料オプションを解約する まず1つ目は、変更前のプロバイダの有料オプションについてです。 ドコモ光では、プロバイダ変更を申請することで自動的に変更前のプロバイダを解約したことになりますが、 一部有料オプションは解約したことになりません。 そういったプロバイダを契約している場合は、別途解約の手続きをする必要があります。 例えば、OCNとDTIの契約書には以下のように記載されています。 プロバイダ契約およびOCNのオプションサービスは解約となります。 プロバイダを継続してご契約されたい場合は、別途プロバイダ窓口へお申し出ください。 ・ 「ドコモ光」を解約されてもオプションサービスのみ自動継続となります。 オプションサービスの継続意向がない場合は、別途プロバイダ窓口へお申し出ください このようなケースも少なくはありません。 そのため、本来必要はありませんが、 プロバイダを変更する際は変更前のプロバイダに「変更後に有料になるオプションはありますか?」などを確認しておくと、安心して変更することができるでしょう。 注意点2:メールアドレスが使えなくなってしまう 2つ目は、メールアドレスについてです。 プロバイダを変更すると、 変更前のプロバイダから割り振られていたメールアドレス So-netなら so-net~というアドレス は利用することができなくなります。 もちろんメールの送受信ができなくなるため、そのアドレスをメインに使っていた人は何かしら対策を取らなくてはいけません。 対策としては3つあります。 変更前のプロバイダからメールアドレスだけを有料でレンタルする• 新しいプロバイダのメールアドレスに変更する旨を伝える• 新しくyahooメールやGmailを利用する お金は掛かりますが、最も現実的なのは有料でレンタルする方法です。 レンタルを導入しているプロバイダであれば月額200円~500円程でメールアドレスのレンタルを行っていますので、必要な人は申し込みをするようにしましょう。 注意点3:プロバイダを変更することで速度が遅くなることもある 3つ目は通信速度についてです。 ドコモ光である以上最大速度が1Gbpsであることに変わりはありませんが、 プロバイダを変更することで実際の通信速度が遅くなってしまう可能性もあります。 通信速度に関しては地域差もあるため『必ず速くなる もしくは遅くなる 』ということは断言できませんが、そういったことがあるということは覚えておきましょう。 また、 一定期間返却が遅れると機器補償代 約1万円 が発生することがあります。 プロバイダにもよりますが、変更から約1ヶ月前後が目安になることが多いですので、遅くても変更後1ヶ月以内にはルーターを返却するようにしてください。 万が一、返却が必要かどうか分からない人は、プロバイダに確認することをオススメします。 なお、ドコモ光のプロバイダに返却する機器については、別記事「」でも解説していますので合わせてチェックしてみてください。 【単独タイプ限定】変更前のプロバイダの解約金がかかることがある 先述した通り、ドコモ光の単独タイプを契約している場合は、 変更前のプロバイダの解約金が発生するケースがあります。 解約金が掛からない場合もありますが、必要な時はおおよそ10,000円前後必要です。 ドコモ光の単独タイプを契約している人は、解約金がかかるかどうかを確認して必要であれば支払うようにしましょう。 これに関しては別記事「」で詳しく解説しているため細かい点は省略しますが、地域によってはこの仕組みがないとまともに通信できないこともあり得ます。 しっかりとv6プラスのようなサービスに対応しているプロバイダを選ぶことが重要です。 ポイント3:実際の口コミが良いプロバイダを選ぶ タイプAで、なおかつv6プラスやそれ同等のサービスを導入しているという絞り方をしても、プロバイダの選択肢はまだまだあります。 これ以上は、 実際の口コミで絞るのがベストです。 例えば、Twitterや価格コムなどを見るとドコモ光のプロバイダに関する口コミを多く見つけられます。 ドコモ光が開通した。 GMOとくとくBBの本気を感じた。 口コミは重要な要素になりますので、気になる人はチェックしてみると良いでしょう。 ドコモ光の速度については、別記事「」でも解説していますので速度の改善法やプロバイダ選びの参考にしてみて下さい。 変更後のオススメプロバイダは『GMOとくとくBB』 上で紹介した3つの要素を加味した上でオススメするのは、 です。 GMOとくとくBBがオススメな理由は5つあります。 月額料金が安いタイプAプロバイダ• v6プラスサービスを提供している• 10,000円相当の高性能無線LANルーターを無料レンタルしている• 公式サイトにて地域毎の平均速度を確認出来る• 速度に関する口コミも良いものが多い 特にオススメできるポイントが、 『高性能ルーターの無料レンタル』です。 ルーターは通信速度にも大きな影響を与えるものですが、GMOとくとくBBでは10,000円相当の無線LAN対応ルーターを無料でレンタルしてくれます。 このルーターはドコモ光のレンタルルーターの中でも、最も優秀な性能です。 まとめ:ドコモ光のプロバイダ変更とオススメのプロバイダ このページでは、ドコモ光のプロバイダ変更方法とオススメの変更先を紹介しました。 プロバイダを変更する手順は以下の3ステップです。 電話もしくは店頭でプロバイダ変更の申請をする• 新しいプロバイダから届く書類を受け取る• パソコンまたはスマホで初期設定をして完了 費用は3,000円、申し込みからおおよそ10日前後で手続きが完了します。 また、 変更後のプロバイダで悩んでいる人はGMOとくとくBBがオススメです。 月額料金が安いタイプAのプロバイダで、なおかつ速度も十分に期待することができるプロバイダですので、困っている人は参考にしてみて下さい。

次の

プロバイダー乗り換えの注意点

プロバイダー 変更 注意 点

「もっと通信速度のよいプロバイダーを利用したい!」「もっと安い料金でプロバイダーを利用したい!」「もっとセキュリティサービスが充実したプロバイダーを利用したい!」そんな思いからプロバイダーの乗り換えを考えたことはありませんか? 「でも、乗り換えのために工事をするのは面倒だし……」と考えているのなら、それはちょっと違います。 プロバイダーの乗り換えをする際、工事が必要ない場合があるってご存知でしたか?今回はプロバイダーを乗り換える方法とその手順をお伝えします。 プロバイダーの乗り換えとは? プロバイダーとはインターネット接続業者のことです。 つまり、ADSLや光回線などの回線を利用してインターネットに接続するためのサービスを提供している業者です。 プロバイダーの乗り換えとは、その業者を変えることです。 回線を変えることとは別なので、それまで利用していたADSLや光回線はそのまま使えます。 たとえばインターネットに接続するために新規にフレッツ光を利用するとなると、プロバイダーと新規に契約するのと同時に、NTT東日本・西日本と回線を利用するための契約もします。 この状態からプロバイダーを乗り換える場合、すでに回線はつながっているので、新しく回線の契約をする必要も、工事をする必要もありません。 プロバイダーを乗り換えても、インターネットの設定を変更するだけで以前と同じ回線がそのまま使えます。 プロバイダーを乗り換える手順 プロバイダーを乗り換える際の手順ですが、まずは乗り換え先のプロバイダーに申し込みをします。 インターネットから申し込めば、だいたい申し込みから3日~1週間程度で利用できるようになります。 次に現在使用しているプロバイダーの解約手続きをしましょう。 解約はインターネット上で行えるプロバイダーもありますが、解約窓口に電話をしなければならないプロバイダーも多いです。 その場合、電話をして書類を送ってもらい、それを返送して解約完了となります。 最後に、乗り換え先のプロバイダーからプロバイダーカウントのIDとパスワードが届いたら、パソコンでインターネットに接続するための設定をします。 プロバイダーを乗り換える際の注意点 まずプロバイダーを乗り換えるとそれまで使用していたプロバイダーのメールアドレスが変わります。 メールアドレスだけを利用できる契約もありますが、その分の料金はかかることになります。 また、乗り換え前のプロバイダーの解約日と、乗り換え先のプロバイダーでインターネット接続ができるようになる日をうまく調整しないと、インターネットに接続できない空白期間ができてしまいます。 日常的にインターネットを使っている人は空白期間ができないように各プロバイダーにスケジュールを確認して、うまくスケジュールを調整しましょう。 実は重要!プロバイダーを乗り換える時に考えたいルーターのスペック プロバイダーを乗り換える時に気になるのが通信速度です。 しかし、プロバイダーを乗り換えただけでは、せっかくの新しいプロバイダーのポテンシャルを活かしきれていないかもしれません。 実は通信速度に大きく影響するのがルーターのスペック。 特に注目すべきポイントは4つです。 通信規格は高速通信に対応しているか?• 最大通信速度は高速か?• ルーターのアンテナ性能(電波強度)は十分か?• 接続方式はIPv6 IPoEか? あなたがお使いのルーターは上記の要件を十分に満たしていますか? 新たに光回線の開通を検討している方に朗報! をご存知でしょうか?国内で500万回線を突破しているドコモ光の特徴は安定したドコモ光の回線スピードと、それを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。 通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。 この最新鋭のルーターの接続方式は、もちろんIPv6 IPoE。 従来の接続方式IPv4 PPPoEでは経由しなければならなかったNTTの基地局からプロバイダへの回線経路「網終端装置」を通らずともインターネットへ接続できるため、光回線が本来持っている速度を引き出しやすくなります。 そして、このルーターはIPv4にしか対応していない、Webサイトにも接続可能です。 さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。 また、ドコモ光では、15,000円のキャッシュバック特典や、工事費最大18,000円が無料になる特典もございます。 この機会に是非一度、特典内容をご確認ください。

次の