人工知能 ドラマ。 アイ~私と彼女と人工知能の動画を無料で1話から視聴できる動画配信サービス

フィクションにおける人工知能

人工知能 ドラマ

今作は、地球と約40万キロ離れた月周辺で、宇宙船にたった一人で長期滞在している孤独な宇宙飛行士の物語。 主人公の宇宙飛行士・高村宗一は、煩わしい人間関係が大嫌いで、AIのユリ(人工知能)とともに宇宙でひとり暮らす生活に満足していた。 そんなある日、地球にいる元恋人とモニター越しに再会したことをきっかけに生活は一変し、人工知能も巻き込む三角関係に発展!? 宇宙一面倒臭い男の史上最長の超遠距離恋愛が幕を開ける! キャストには若手人気俳優が集結。 主人公の宇宙飛行士・高村宗一を千葉雄大、宗一の元恋人・鮎原咲子を門脇麦が演じ、人工知能のユリの声を吉岡里帆が担当する。 さらに、高村が所属する宇宙機構JAXISのスタッフとして、矢本悠馬、山田真歩、小松利昌という、演技派俳優の出演も決定した。 脚本を担当するのは、ドラマ「JOKER&FACE」で市川森一賞を受賞し、ドラマ「伝説のお母さん」の脚本でも話題となった劇作家の玉田真也。 監督は、ドラマ「ピーナッツバターサンドウィッチ」などで知られる椿本慶次郎が務める。 肉体を持たない人工知能との心の交流や、40万キロを超える恋愛模様など、コミュニケーションの多様性とドラマチックな展開に注目したい。 なお、放送を中断している「浦安鉄筋家族」は、8月21日(金)24:12から再開予定とのこと。 今回はグリーンバックで、リアルタイム合成による撮影なので、普段のドラマ撮影とは違い、孤独で切ない瞬間もありますが、宗一はもっと気丈な人物だと思うので、まだまだ僕は未熟だな、と気を引き締める日々です。 緑色に囲まれた時は赤色を見ると良いと聞いたので、赤色のものを鞄に忍ばせています。 でも、特撮を経験しているので、少しは慣れているようにも思います。 門脇さん演じる咲子とは宇宙と地球という離れた設定なので、ほぼ全くお会いできずに寂しいのですが、一度やったリハーサルでの門脇さんの残り香を頼りにお芝居しているので、大変助かっています。 吉岡さん演じるユリはAIなので、これまた現場でお会いする機会がないのですが、共演させていただく機会が割とあったので、宗一とユリのようにツーカーであーる関係だと信じております。 総じて、お二人ともアイミスユーです。 人と関わることは時に煩わしく、時に心温まるものでもあったりと、色んな側面を持っていると思うのですが、みなさまなりの人との関わりを改めて考えるきっかけとなれば幸いです。 【高村宗一】 ひとりで宇宙に長期滞在している宇宙飛行士。 煩わしい人間関係が嫌いで、今の生活に満足している。 」その距離がどれだけ寂しいものか、人々が痛感した今だからこそ生まれたドラマなのではないかと思います。 会いたい時に会いたい人と会う。 伝えたい言葉は伝えられる時にちゃんと伝える。 今回の経験で改めて知った大切な気持ちを、この作品にしっかりと込められたらなと思います。 素敵な作品になりそうで、ワクワクしながら撮影している日々です。 是非楽しみにしていてください。 【鮎原咲子】 宗一を取材することになったテレビ番組のディレクター。 実は、宗一の大学時代の元恋人。 AIと宇宙飛行士、宇宙飛行士と地球の元恋人との会話の応酬が、物理的には遠いのに精神的には近いように感じて、そのアンバランスさが面白いなと思いました。 ユリが任務遂行のために宗一とタッグを組むシーンがお気に入りです。 生身の人間と人工知能がお互いを認め合って信頼し合っている姿がとても愛おしく感じました。 千葉さんは、基本的に一人で演じることになるので難しい役どころだと思うのですが、クルクルと変わる表情が魅力的で、千葉さん自身、集中力とユーモアのある方だなと思いました。 このドラマはたった一人宇宙で生活する宇宙飛行士の物語ですが、地球で待つ人たち、AIのユリとの優しい愛の物語です。 是非ご覧ください。 【人工知能・ユリ】 宗一が滞在している宇宙船に搭載されたAI。 一年間の生活で人間らしい感情が芽生えている。 テレ東らしいワンアイディアのドラマをバーチャルスタジオのリアルタイム合成で撮影するチャレンジ。 発案から放送まで非常に短い期間ですが、素晴らしいキャストの方々が集結してくれました!気鋭の劇作家・玉田真也&気鋭のクリエイターチーム・ソケットのタッグでお送りする究極のソーシャルディタンスドラマ、ぜひご覧ください。 極度な人間嫌いの彼は、煩わしい人間関係を逃れ、人工知能のユリ(声:吉岡里帆)とともに宇宙でひとり暮らす生活に満足していた。 そんなある日、元恋人の鮎原咲子(門脇麦)から衛星回線で取材を受けることになる。 画面上で久々の再会を果たし、ついついケンカになってしまうが、宗一は懐かしい気持ちを思い出す…。 一方、AIのユリは宗一に抱いていた感情が人間の恋に近いのではと気づき、自分の存在意義に疑問を感じ始める。 tv-tokyo.

次の

千葉雄大が宇宙飛行士、門脇麦が元恋人、吉岡里帆がAI…史上最長の遠距離恋愛ドラマ「40万キロかなたの恋」放送

人工知能 ドラマ

人工知能エンジン及びコミュニケーションロボットを開発しているAKA株式会社(日本本社:東京都渋谷区、代表:Raymond Jung、米国本社:AKASTUDY LIMITED、以下AKA)は、同社が開発する人工知能を活用した英語学習ソリューション「MUSE」(ミューズ)の英語学習機能をソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:冨澤文秀、以下「ソフトバンクロボティクス」)が販売する人型ロボット「Pepper」に搭載することが可能となったことをお知らせします。 AKAは、2019年にSoftBank Robotics China Corp. とPepperの販売代理契約締結以降、同ロボットの教育現場での活用のため、効果的な英語学習機能のための技術開発と搭載に向けた準備を行ってきました。 今回の搭載により、Pepperを利用した英語学習を通じて、アジア諸国の教育現場での活用を目指します。 今回搭載した機能は以下の3つです。 学習者のスピーキング力向上のために ・AI Free Chat ・自然言語処理技術を用いた人工知能エンジン「MUSE」での自然な英会話を提供する上級者向けチャット機能。 ・幅広い話題での自由会話が可能。 ・Learner's Chat ・AI Free Chat機能と同様の技術を用いた初心者向けチャット機能。 ・320以上のトピックやシチュエーションから会話内容を選択し、実践的な会話が可能。 ・スムーズな返答と会話回数を増やすため返答候補文を表示。 ・EDU Mode ・AI Free Chat機能と同様の技術を用いた初心者向けチャット機能。 ・会話フレーズや表現パターン、単語の反復練習が可能。 ・学習者自身が発音の正誤を把握し、教師だけでは困難な生徒一人ひとりの発音チェックが実現。 教師をサポートするために ・Academy Mode ・教育機関向けに開発したLMS(学習管理機能)。 ・教師専用ウェブサイトでEDU Modeで学習するコンテンツのカスタマイズ、各生徒のリアルタイム会話表示、会話や学習履歴の閲覧が可能。 ・授業中だけでなく、授業前後で使用可能な機能を付加することで教育現場の業務負担を軽減し、使いやすく。 英語が第二言語であるアジア諸国での英語教育では、これまで受験や試験対策の指導が重要視されてきました。 しかし、近年の急速なグローバル化によりコミュニケーションをとるためのスピーキング力がさらに重要になり、中国では2001年に小学校3年生から英語教育を必修化しほぼ毎日英語の授業を実施、マレーシアは2011年に国として英語教師を育成する「英語教師養成プログラム(Pro-ELT)」を開始し、教師の教育能力を高めることで生徒が英語能力を発揮できるように指導しています。 また、日本でも2011年度から「小学校学習指導要領」に基づいて、週1コマの外国語活動が小学校5、6年生に導入され、英語教育の早期化と英会話力が求められています。 その一方で、生徒がスピーキング力を身につけるための指導側の知識や効果的なスキル、人材不足も起こっています。 そこで、AKAはロボットの代表格でもあり、人間の生活をサポートする機能を持つPepperが効果的な英語学習を提供できるよう開発を進めてきました。 AKAは今後も英語のスピーキング指導から授業運営まで効率的に英語教育を行える技術を開発し、英語学習者に対し最適な学習ツールを提供し続けます。 -AKAについて AKAはアメリカに本社を置き、この数年間人工知能エンジンMuseとそのエンジンを基盤にした人工知能ロボットMusioを開発しております。 日本法人は2015年11月に設立しました。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

キミはロボット(日本語字幕版)|ホームドラマチャンネル

人工知能 ドラマ

千葉雄大 コメント全文 宇宙と地球という離れた場所でのお話なのですが、このおうち時間が増え、思うように人と会えない現状とも相通じるものを感じました。 今回はグリーンバックで、リアルタイム合成による撮影なので、普段のドラマ撮影とは違い、孤独で切ない瞬間もありますが、宗一はもっと気丈な人物だと思うので、まだまだ僕は未熟だな、と気を引き締める日々です。 緑色に囲まれた時は赤色を見ると良いと聞いたので、赤色のものを鞄に忍ばせています。 でも、特撮を経験しているので、少しは慣れているようにも思います。 門脇さん演じる咲子とは宇宙と地球という離れた設定なので、ほぼ全くお会いできずに寂しいのですが、1度やったリハーサルでの門脇さんの残り香を頼りにお芝居しているので、大変助かっています。 吉岡さん演じるユリはAIなので、これまた現場でお会いする機会がないのですが、共演させていただく機会が割とあったので、宗一とユリのようにツーカーである関係だと信じております。 総じて、お2人ともアイミスユーです。 人と関わることは時に煩わしく、時に心温まるものでもあったりと、色んな側面を持っていると思うのですが、みなさまなりの人との関わりを改めて考えるきっかけとなれば幸いです。 門脇麦 コメント全文 人と距離をとって生活しなければならない、その距離がどれだけ寂しいものか、人々が痛感した今だからこそ生まれたドラマなのではないかと思います。 会いたい時に会いたい人と会う。 伝えたい言葉は伝えられる時にちゃんと伝える。 今回の経験で改めて知った大切な気持ちを、この作品にしっかりと込められたらなと思います。 素敵な作品になりそうで、ワクワクしながら撮影している日々です。 是非楽しみにしていてください。 吉岡里帆 コメント全文 今まで挑戦したことのない役どころでどんな風に演じようかとワクワクしました。 AIと宇宙飛行士、宇宙飛行士と地球の元恋人との会話の応酬が、物理的には遠いのに精神的には近いように感じて、そのアンバランスさが面白いなと思いました。 ユリが任務遂行のために宗一とタッグを組むシーンがお気に入りです。 生身の人間と人工知能がお互いを認め合って信頼し合っている姿がとても愛おしく感じました。 千葉さんは、基本的に1人で演じることになるので難しい役どころだと思うのですが、クルクルと変わる表情が魅力的で、千葉さん自身、集中力とユーモアのある方だなと思いました。 このドラマはたった1人宇宙で生活する宇宙飛行士の物語ですが、地球で待つ人たち、AIのユリとの優しい愛の物語です。 是非ご覧ください。 tv-tokyo.

次の