固有スキル fate。 スキル一覧 (あ

スキル (サーヴァント)

固有スキル fate

概要 (Caster)の英霊。 由来はおそらく「spellcaster」 まじない師、呪文を唱える人。 魔術を得意としており、魔術師としては中最強格。 中には神代の魔術を扱うものもいる。 半面、他のサーヴァントに対しては白兵戦能力で大きく劣るものが多い。 特に(セイバー、アーチャー、ランサー)とライダーは、固有スキルとして対魔力能力を有している事から大幅に不利が付くため、ことサーヴァント戦に関してはアウェーであることも多い。 その為、せっかく召喚したのに ハズレ扱いするマスターもいる。 同じ魔術師という点でマスターと役が被っているというのがマイナスに働くことも。 自陣での防衛戦や強力な魔術、高い魔力、そして権謀術数の数々を利用した謀略戦など、戦術的なサーヴァント戦よりも 戦略的な行動に適したクラスである。 またマジックアイテムの制作やマスターの強化など、マスターの支援に関しては他のクラスよりも優秀であり、必然的にマスターとの連携が求められる。 クラス別スキル 陣地作成 魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。 道具作成 魔力を帯びた器具を作成できる。 基本ステータス 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 E E C A B.

次の

ルーラー(Fate) (るーらー)とは【ピクシブ百科事典】

固有スキル fate

スキル一覧 [ ] 愛神の神核 [ ] 詳細不明。 ランク 保有者 クラス 備考 B アサシン アイテム作成 [ ] 魔術により様々な道具を作り上げる能力。 「道具作成」との違いは不明。 アンデルセンは魔術を習得していないが、宝具を応用することで多少の作成ができる。 得意なアイテムは『100パーセント想いが伝わる恋文』らしいが、 本人の悲惨な恋愛歴を考慮すると、とてもではないがお願いできない。 ランク 保有者 クラス 備考 C キャスター 愛の黒子 [ ] 魔力を帯びた黒子による異性への誘惑。 ディルムッドと対峙した女性は彼に対する強烈な恋愛感情を懐いてしまう。 対魔力スキルで回避可能。 対魔力を持っていなくても抵抗する意思を持っていれば、ある程度軽減することが出来る。 セイバークラスのディルムッドは制御が効いているため、基本的に使用されない。 『Grand Order』では「敵全体〔女性〕の攻撃力を大ダウン 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 C ランサー 黄金の豚の杯 [ ] アウレア・ポーク・ポークア。 BBがちょろまかした黄金の杯のハワイ版。 通常の物とは違い、自分に対して使われる。 女神ペレは豚の半人神であるカマプアアを罵倒しながらも深く愛したという。 好きな相手を子ブタ扱いするBBとの親和性は抜群。 こいつを飲むとBBちゃんのSスイッチがオンになる。 ランク 保有者 クラス 備考 A ムーンキャンサー 赤き黄金 [ ] 北欧の女神フレイヤにまつわるスキル。 多くの神々のみならず敵対する巨人さえも惹き付けたフレイヤには、ただ一人の愛する者がいた。 旅に生きる彼の身を案じる時、フレイヤは赤き黄金を涙として流したという。 『Grand Order』では基本的に使用されない。 小型になったマアンナは小回りが利くらしく、一瞬の回避を可能とする。 追手からの攻撃を華麗にかわす様は、ハリウッド映画のヒロインの如し。 レオナルド・ダ・ヴィンチ〔ライダー〕の場合、夏の女神イシュタルにインスパイアされたスキル。 優れた乗り手として、ここぞという時の緊急回避を可能とする。 宮本武蔵〔バーサーカー〕の場合、水着イシュタルのスキルを眼コピしたもの。 パクられたイシュタルはただ一言、「天才め……ッ!」と苦々しく吐き捨てたという。 ランク 保有者 クラス 備考 B ライダー ライダー バーサーカー 悪魔の証明 [ ] 詳細不明。 ランク 保有者 クラス 備考 EX キャスター 敦盛ビート [ ] 敦盛のビートを戦場に轟かす必殺の超空間ダンシング敦盛ファイト。 踊りなのか歌なのかはっきりしてほしいがノッブ曰くこれがロック。 ちなみに謎の魔王武装の名前は『ヘシKill・ハセーベ』との事。 ランク 保有者 クラス 備考 B バーサーカー アポロンの子 [ ] ギリシャの神アポロンの系譜であることを示すスキル。 アポロンは弓矢、芸能、予言、太陽等様々なものを司る神であるが、疫病の神でもあり、その二面性の発露として、医術も司っていた。 『Grand Order』では「敵単体に高確率で宝具封印状態を付与[Lv. 1~] 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 A キャスター アマルガムゴート [ ] 詳細不明。 ランク 保有者 クラス 備考 D シールダー オルテナウス装備時 あやしい薬 [ ] ルビーちゃんお手製の魔法薬。 効き目は抜群だが、語る性能はまったく信用ならない。 とにかく飲んでみるまでは。 ルビーが夜な夜な屋根裏部屋で精製している謎のお薬。 まさにアンバーハープ。 原料は主に植物 毒草。 人知れずアインツ家の裏庭に怪しげな草花を植え付けて、見る人が見れば通報もののサイコガーデンを形成しているとの噂。 怖いくらいに効果は抜群なのだが、大抵はろくでもない展開になるのでなるべく使用は控えたい。 ランク 保有者 クラス 備考 A キャスター 嵐の航海者 [ ] 「船」と認識されるものを駆る才能を示すスキル。 船員・船団を対象とする集団のリーダーも表すため、「軍略」「カリスマ」も兼ね備える特殊スキル。 カリブ海で最も恐れられた海賊である黒髭は極めて優れた船乗りであり、図太く立ち回った。 バーソロミューは世界最大の海賊団を率い、加えて彼らに絶対的な掟を課した。 精神干渉系の抵抗判定にプラス補正がかかり、素手攻撃時の筋力パラメーターが一時的に上昇するが、この効果を使用するたびにカリギュラは自身にダメージを負う。 暴走する狂気が霊核を軋ませるのである。 ランク 保有者 クラス 備考 B バーサーカー アルカディア越え [ ] 敵を含む、フィールド上のあらゆる障害を飛び越えて移動できる。 『Grand Order』では「味方全体のクイックカード性能をアップ 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 A バーサーカー B アーチャー 強化でランクAに上昇 原初の一 [ ] アルテミット・ワン。 星からのバックアップを受ける事で、敵対する相手より一段上のスペックになるスキル。 ……なのだが、アルクェイドはマスターであるガトーの勘違いにより全く機能していない。 舞台が地球である場合、相手が地球産のものである場合は何のペナルティもなく発動するが、ムーンセルでは使用時間の制限がかかり、また、上回れない規模の存在も出てくるようだ。 幸運の流れに乗り、あらゆる敵の警戒心を下げる。 『Grand Order』では「自身の即死付与成功率をアップ[Lv. 集団戦闘の際、ブーディカとその仲間の全判定にプラス補正がかかる。 特に防御のための戦闘で最大の効果を発揮する。 『Grand Order』では「味方全体のアーツカード性能をアップ 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 A ライダー 勇者の不凋花 [ ] アンドレアス・アマラントス。 本来は宝具。 踵を除く全てに母である女神テティスが与えた不死の祝福がかかっている。 いかなる攻撃をも無効化するが、固有スキル『神性』を持つ者にはこのスキルが打ち消されてしまう。 ランク 保有者 クラス 備考 B ライダー 雷の征服者 [ ] 詳細不明。 ランク 保有者 クラス 備考 EX ライダー 勢い破竹の如し [ ] 詳細不明。 ランク 保有者 クラス 備考 C セイバー 医術 [ ] 迷信が蔓延っていた当時の医療技術より数段優れた近代的医術。 なお、このスキルは現代の基準で比較するのではなく、サーヴァントの生きた時代の基準で判定するものとする。 『Grand Order』では「味方単体のHPを大回復 」という効果のスキル。 一説によれば薬草による治療を初めて行った存在がケイローンであり、それを学び発展させ初めて『臨床医療』を行った存在がアスクレピオスであるという。 『Grand Order』では「味方単体のHPを大回復[Lv. 1~] 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 EX キャスター 維新の英雄 [ ] 幕末という動乱の時代を駆け抜け、明治維新という史上稀に見る一大改革に貢献した龍馬に与えられた特別なスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 A ライダー 異相の住人 [ ] 特定の状況を除き不滅であることを示す能力。 現在の世界の在り方と矛盾する為に他のサーヴァントのように肉体を持つ形では決して顕現できない。 逆に言うと条件が揃って滅する瞬間にのみ、0. 00001秒に満たぬ時間、肉体の一部だけを顕現させる事ができる。 ランク 保有者 クラス 備考 A ウォッチャー 一意専心 [ ] 一つの物事に没頭し、超人的な集中力を見せる。 バベッジの場合、計算、設計、製造などの行動に対して発揮される。 道具作成スキルに対するプラス補正として働く。 エジソンは平均三時間ほどしか眠らなかった、と伝わっている。 ランク 保有者 クラス 備考 A キャスター 一意専心(愛) [ ] 精神の絶対性。 不屈の意志の源泉 オデュッセウスの場合、愛する妻ペーネロペーへと捧げた心は、決して揺るぐことがない。 オデュッセウスはニンフのカリュプソー、アイアイエー島の魔女キルケー、儚き王女ナウシカアーなど、多くの女性に求められてきた。 女神アテナの加護も、ある意味では「モテている」と言えるだろうか。 色男然とした経歴を持つオデュッセウスだが、本人としては一途なのである。 ただ、愛しのペーネロペーの元へ戻るべく旅をしていると、なぜか女性と出逢ってしまうのだ。 (少なくとも彼はそう認識している) ランク 保有者 クラス 備考 A ライダー 一方その頃 [ ] 頼れる仲間と船に乗り、旅の始まり前途は多難。 先に待つのは希望の出会いか悪意の罠か。 それはともかくあちらの事情も興味津々。 他人の秘密は蜜の味。 ランク 保有者 クラス 備考 A キャスター 畏怖の叫び [ ] 生物としての本能的な畏怖を抱かせる咆哮。 敵全体に恐怖、継続的な防御ダウン、瞬間的な防御ダウン大、呪い状態などを付与。 ランク 保有者 クラス 備考 EX ランサー 今は脆き雪花の壁 [ ] パーティー全体にかかる防御バフ。 使用者の精神を物理防御に変換したもの。 マシュはまだ宝具の使い方を誤認している為、その真価を発揮できていない。 『Grand Order』では「味方全体の防御力をアップ 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 - シールダー イリュージョン [ ] 主に人体切断が得意。 もちろんトリックがあるはずだが、どうしても見破れない。 ランク 保有者 クラス 備考 A ライダー 隠美の仮面 [ ] その美貌で兵が動揺することを防ぐため、仮面をつけた逸話が昇華されたスキル。 周囲の精神的動揺をシャットアウト。 カリスマを隠すわけではないので、兵たちの士気は依然高いままとなる。 持つ者に無限の力を与え、指先一つで宇宙の半分が菓子工場になったりするらしいが、謎のヒロインX〔オルタ〕はよく分かっていない。 是を覚えたくば即ち是を捨て去り、是を救いたくば、即ち、是を忘れる。 憧憬と悔恨は、生と死のように表裏一体。 (セイバー) 陰陽螺旋、痛覚残留。 是を生かしたくば即ち是を殺し、是を叶えたくば即ち是を損なう。 恩恵と損失は、男女の関係のように表裏一体。 ランク 保有者 クラス 備考 A セイバー B アサシン 陰陽交差 [ ] 人間の持つ性質のスイッチ。 老人になって陽に偏ったとはいえ獰猛な牙は失われておらず、一瞬で陰に切り替え、無造作に敵を屠る。 その非情さはまだ失われていない。 『Grand Order』では「自身の攻撃力をアップ[Lv. ランク 保有者 クラス 備考 B アサシン ヴィナーヤカ [ ] 「無上」を意味するガネーシャの別名。 また、これは「障害となる者」の性質を持つ魔神の名でもあるとされる。 それは「その障害を乗り越えれば成功が訪れる」という意味に繋がり、結果として「障害を除去する神」の信仰を生み出すこととなった。 ランク 保有者 クラス 備考 EX ムーンキャンサー ヴィナス・ドライバー [ ] 金星を動かすもの。 あるいは、美を駆るもの。 金星の加護により宝具の威力を向上し、また、その属性を自在に変化させる。 やがて様々な女神に派生する『原始の女神』に相応しいスキル。 『Grand Order』では「自身の宝具威力をアップ[Lv. ランク 保有者 クラス 備考 B アヴェンジャー ウーリの狩人 [ ] 詳細不明。 『Grand Order』では「敵単体に確率でスキル封印状態を付与[Lv. 1~]」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 B アーチャー うたかたの恋 [ ] それは、泡のように儚く破れる偽物の恋なのでしょう。 囁かれた睦言は、虚ろな言葉なのでしょう。 『Grand Order』では「味方単体のHP回復量をアップ 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 B キャスター うたかたの夢 [ ] 個人の願望、幻想から生み出された生命体。 願望から生まれたが故に強い力を保有するが、同時に一つの生命体としては永遠に認められない。 全てが終わったあと、ジャンヌ・オルタは静かに眠りに就く。 ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィは個人の願望から生み出された夢が、更なる夢を無意識に生み出したという出鱈目さもここに極まったスキル。 いずれにせよ、消滅という運命に変わりはない。 けれど、それを知っていてもなお、彼女は海への扉を求めるのだ。 ランク 保有者 クラス 備考 EX ランサー A アヴェンジャー 美しい手のガレス [ ] 変装してお城の下働きをしていた頃、白く美しい姿をしていた事からケイ卿に『ボーメイン(美しい手)』と称されていた。 当時のケイはそれがガレスの変装であるとは気付いていなかった。 すなわちガレスは白く美しく、美肌であり、その手は特に美しかった。 『Grand Order』では「自身のNPを増やす[Lv. 1~] 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 B ランサー うつけ殺法 [ ] 想像を絶するうつけ的発想で戦闘を行う。 寺にピンポンダッシュをしたり、茶釜に爆竹を仕掛けたり、信勝を泣かしたりとやりたい放題である。 元来、こういう事には頭が回るため悪い意味で近接戦闘能力がパワーアップしている。 ランク 保有者 クラス 備考 A バーサーカー 移り気への楔 [ ] 本来はオリオンが好きすぎて、束縛するためのスキルだが、副次効果として男性に対する攻撃値上昇を獲得した。 『Grand Order』では「自身に〔男性〕特攻状態を付与 」という効果のスキル。 その様は、夏の暑さに参ってしまった大型犬のようである。 あらかわいい。 ランク 保有者 クラス 備考 C セイバー 虚ろなる生者の嘆き [ ] スクリーム・オブ・テラー。 狂化時に高まる、いつ果てるともしれない甲高い絶叫。 敵味方を問わず思考力を奪い、抵抗力のない者は恐慌をきたして呼吸不能になる。 被害者の苦しむさまは、みずから首を絞めているかのように映る。 彼女の唸りは「(はい)……ヤァァ……」、「(不満)……ウィィィ……」のように意味がこもっているが、 スキル発動時は狂気しか感じられない。 ランク 保有者 クラス 備考 D バーサーカー 強化でランクCに上昇 海の家の加護 [ ] NPを代償にHPを回復する固有スキル。 海辺にいると、たいていの出店から「フードの王様」として崇められる。 気前のいい注文、気持ちのよい食事風景、そして完食後の輝くような笑顔でその店が繁盛するだろう、と言われている。 そうかな。 そうかも。 だがマッシュポテトだけはノーサンキュー。 ランク 保有者 クラス 備考 EX アーチャー 麗しの姫君 [ ] 統率力としてではなく、周囲の人を惹き付けるカリスマ性。 Aランクのスキルを有するマリーは、ただ存在するだけで自分を守る騎士たる人物を引き寄せる。 ランク 保有者 クラス 備考 A ライダー 麗しの姫君(海) [ ] 統率力としてではなく、周囲の人を惹き付けるカリスマ性。 ビーチフラワーのスキルとの複合効果によって、ただ存在するだけでマリーは海辺の姫として崇められ守られる。 ……よく見て欲しい。 ランク 保有者 クラス 備考 A キャスター 麗しの風貌 [ ] 服装と相まって、性別を特定し難い美しさを(姿形ではなく)雰囲気で有している。 男性にも女性にも交渉時の判定にプラス修正。 また、特定の性別を対象としたあらゆる効果を無視する。 ランク 保有者 クラス 備考 C セイバー 運は天に在り [ ] 毘沙門天の加護を信じる謙信は、戦場にて行うあらゆる行動に有利な判定を受けることができる。 『Grand Order』では「自身のArtsカード性能をアップ[Lv. ランク 保有者 クラス 備考 A ランサー 運命の機織り [ ] 詳細不明。 ランク 保有者 クラス 備考 B ランサー 雲耀 [ ] 心構えを剣士のものに切り替えてからの超高速の踏み込み斬撃。 ランク 保有者 クラス 備考 B セイバー 永世帝位 [ ] 詳細不明。 ランク 保有者 クラス 備考 A ルーラー 永生の奉献 [ ] 不死性を差し出すことによって、射手座へと昇華した逸話がスキル化したもの。 星に昇華されたことで、彼は天の蠍から人々を守る存在となった。 ランク 保有者 クラス 備考 EX アーチャー 叡智の結晶 [ ] 本来、シグルドが生きた時代には有り得ぬ魔導具。 竜の心臓を口にして得た叡智が結晶化したもの。 生前から必要がない状況でも好んで掛けていたが、浴場では使い勝手が悪かったとか。 他者が掛けても効果を発揮するが、その莫大な情報量のせいか酷い頭痛が起こる。 ランク 保有者 クラス 備考 A セイバー エイミング [ ] 飛び道具の狙いをつける能力を示すスキル。 息子の頭に置かれた林檎すら射貫ける。 呼吸や鼓動すらも完全制御下に置く高い集中力に加え、それらを意識することなく外界環境と完全に同化させることにより、「当たる」のではなく「自然と当たる」結果を手に入れる。 これは東洋における弓道の精神性にも通じるものだという。 『Grand Order』では「自身にスター集中状態を付与[Lv. 1~] 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 EX アーチャー 英雄作成 [ ] 王を人為的に誕生させ、育てる技術。 アーサー王の真の父と言えるマーリンは、世界でも有数のキングメイカーとして知られる。 ランク 保有者 クラス 備考 EX キャスター 英雄の介添 [ ] 英雄を勝利に導くワルキューレの性質がスキルとなったもの。 魔力を同調させ、対象が行うあらゆる判定にプラス補正を与える。 ランク 保有者 クラス 備考 C ランサー エジプト魔術 [ ] 古代エジプトの魔術刻印を所有している。 このスキルの所有者は、死霊魔術の判定に対してプラス補正が加えられる。 ランク 保有者 クラス 備考 A キャスター SFX [ ] 舞台美術やメイクアップによって虚構の世界を部分的に再現する。 大変芸術的だがリアリティでいうと最近のVFXほどではない。 ランク 保有者 クラス 備考 A ライダー 枝の破滅 [ ] 詳細不明。 ランク 保有者 クラス 備考 B セイバー エレメンタル [ ] 五属性に対応した人工霊を使役する能力。 この人工霊をパラケルススはエレメンタル、または元素塊と呼称する。 それぞれの属性元素を超高密度に凝縮させた結晶をベースにして作り上げられた魔術存在。 火の元素塊は炎を凝縮させたモノであり、超高熱を操る。 土の元素塊であれば超質量及び金剛(ダイアモンド)に等しい硬度を有する。 なお、空=エーテルの元素塊は「エーテル塊」とは異なるもの。 作成に掛ける手間次第ではあるが、サーヴァントの戦闘にもある程度まで対応可能な使い魔として操ることが出来る。 『Grand Order』では「味方全体のアーツカード性能をアップ 」という効果のスキル。 普通より劇的な台詞を劇的に語らせたり、劇的な立ち位置を支持して劇的なレイアウトで撮影することで劇的な状況を創出する。 ランク 保有者 クラス 備考 B ライダー エンチャント [ ] 名文付与とも言い換えられる。 他者や他者の持つ大切な物品に、強力な機能を付与する。 基本的にはマスターを戦わせるための強化能力。 歴史に名を残した作家であればスキルであれ宝具であれ、けっこうな確率で所有している。 シェイクスピアは「こいつの凄さを今から吾輩が細部に渡って説明するから、どうか皆さん退屈と思わずに聞いて下さいな」という前口調から始まる怒濤のポエム。 「あらゆるものを断ち切り」で刃の鋭さが増し、「あらゆる攻撃を受け止め」で刀身の頑丈さが向上する、ただしいずれも読む者に感動を与えるほどの文学的表現が必要。 破格の知名度を持つシェイクスピアならば、C〜Eランクの宝具まで作成可能。 Eランクなら、そこらに転がっている石が宝具化した程度。 Dランクならば近代兵器などの工業量産品程度のやる気。 Cランクに至るには文豪が表現するに相応しい霊格を持つ武器でなければならない。 なお、シェイクスピア自身は観客として戦闘を見物したり、心境をいちいち聞いたりしてマスターを苛立たせる。 『Grand Order』では「味方全体のバスターカード性能をアップ 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 A キャスター エンドレス・エンジョイ・サマー! [ ] 略してEES。 終わらない夏を全力で楽しむべし、という心意気。 ランク 保有者 クラス 備考 A アーチャー 追い込みの美学 [ ] 敵に先手を取らせ、その行動を確認してから自分が先回りして行動できる。 『Grand Order』では「自身のスター集中度を大アップ 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 C アーチャー 黄金の杯 [ ] アウレア・ボークラ。 持ち主の厚顔で自分勝手な願い事を叶える負の聖杯。 権能クラスの超抜スキル。 十の王冠とは悪しき十人の王を指し、七つの丘は忌まわしき悪の都を指しているという。 事実上、これがある限りBBは無敵である。 『Grand Order』では少ししか使っていないためかランクがDになっている。 ランク 保有者 クラス 備考 EX - D 黄金のリンゴ [ ] 宝物である「黄金のリンゴ」を見せつけて、敵を近くへと引き寄せる。 ランク 保有者 クラス 備考 ? アーチャー 企画段階設定 黄金律 [ ] 身体の黄金比ではなく、人生においてどれほどお金が付いて回るかという宿命を指す。 ギルガメッシュは一生金に困ることはなく、大富豪でも十分やっていける金ピカぶり。 ジル・ド・レェは莫大な領地と遺産を持ち、一生金銭には困らなかったはずなのだが……。 ダレイオス三世は生涯においてイスカンダルへ何度も挑むことが出来るだけの財産を有していた為、このスキルをBランクで獲得している。 戦闘性能のみならず財力も彼の強さの一環である。 フランシス・ドレイクは裕福な家柄ではなかったが、金銭を集める、という才能はズバ抜けていたようだ。 ジークフリートはニーベルンゲンの財宝により金銭には困らない人生を約束されているが、代わりに幸運値がランクダウンしている。 ロビンフッドは常に貧しくはあったが、懐具合が悪かったことは一度もないらしい。 節制が行き届いているのか、家計の遣り繰りが上手いのか、それとも町娘からの貢ぎ物なのか、その真相は不明。 エドモン・ダンテスはシャトー・ディフにてファリア神父から伝えられた「隠された財宝」を手に入れ、尽きぬ財と権力を得たため、まず金に困る事はない。 もCCCにて『皇帝特権』でこのスキルを取得している。 『CCC』では「戦闘終了時のサクラメントの入手量が上昇」という効果のパッシブスキル。 『Grand Order』では「自身のNP獲得量アップ 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 A セイバー アーチャー アーチャー アヴェンジャー B ライダー セイバー バーサーカー C- セイバー E アーチャー 黄金律(体) [ ] 女神の如き完璧な肉体を有し、美しさを保つ。 どれだけカロリーを摂取しても体型が変わらない。 「天性の肉体」スキルとは異なり、筋力のパラメーターへの影響は存在せず、美しさが保たれるというだけの効果。 レオナルドは自らの肉体を女性(モナ・リザ)として「再設計」する際に意図的にこのスキルを獲得した。 ライダーのダ・ヴィンチは、小型化した事で万能の幅は狭まったが、その代わりに黄金律は高まった。 もともとダ・ヴィンチに性別を問うのは不毛だったが、少女体になった事でより宗教的な意味での『天使』に近づいたからだろうか。 ランク 保有者 クラス 備考 EX ライダー A ライダー B キャスター 黄金律(凶) [ ] 日ノ本全ての黄金を集めたと言われる天下人の黄金を自由に使用する事が可能。 生粋の浪費家である茶々ととても相性の良いスキル。 『Grand Order』では自身に「毎ターンNP獲得状態を付与 &自身の被ダメージ時のNP獲得量をアップ 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 B バーサーカー 黄金律(富&体) [ ] 二種の「黄金律」が複合した特殊スキル。 第一に、人生において金銭がどれほどついて回るかの宿命を示す。 富豪として充分にやっていける金ぴか金ピカぶり。 数多の王やローマの有力者たちから絶えず援助を求められたほどの豊かな王朝を運営した事実が、彼女にこのスキルを与えている。 第二に、生まれながらに有する女神の如き完璧な肉体を示す。 ランク 保有者 クラス 備考 B アサシン 黄金律(美) [ ] どのように育とうとも、女神の如き完璧な美貌を有する存在へと成長する宿命を指す。 トロイア戦争時のペンテシレイアは正に女神と見紛うばかりの美を具えていたという。 ランク 保有者 クラス 備考 A バーサーカー 王道踏破 [ ] 王たらんとする態度を貫くことにより効果を発揮する自戒系スキル。 一部ステータスの向上に寄与するが、王道を破るような真似をすると弱体化してしまう。 シャルルマーニュの場合は「ダサいことをすると弱体化する」「自分的にカッコイイことをすると、何かのゲージが上がる」というもの。 ランク 保有者 クラス 備考 C セイバー 王の映し身 [ ] かつての王、未来の王の器たることを顕すスキル。 これゆえ、現代の人間では本来ありえないステータスを実現する。 『Grand Order』では「自身のNP獲得量をアップ」という効果のパッシブスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 A アサシン 王の帰還 [ ] 不老不死の旅から帰ってきた賢王。 王として成長している。 味方全体にスター獲得量アップをかける。 『Grand Order』では「味方全体のスター発生率を大アップ 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 A キャスター 王の見えざる手 [ ] マスター・アグラヴェインより教わった暗黒の帝王学。 闘争の流れを読みつつ、陰ながら同胞を操り、彼らの実力をな十二分に引き出そうとする様々な手練手管がその本質である。 ランク 保有者 クラス 備考 C バーサーカー オードトワレ・ホワイトハニー [ ] 声色や吐息に蕩けるような蜂蜜の甘さが香り、ただ立っているだけで対象のパラメーターを自在に操作する。 魔力的防御手段のない存在(一般の人間や動物)であれば、たちまち意のままにできるだろう。 たとえば幼い少年を、熟練の戦士にも匹敵する勇士へと変えることも可能。 逆に、熟練の戦士を幼い少年のようにしてしまうこともできる。 サーヴァントであっても、抵抗手段がなければパラメーターを弄られてしまう。 スキル『果実の酒気』と似て非なるスキル。 スキル使用時に香水をつける仕草をするので、その動作を邪魔すれば発動を止められるかもしれない……が、彼女の行動を阻むことのできる人間などこの地上にどれだけいようか。 ランク 保有者 クラス 備考 B セイバー オーバーホール [ ] 疑似霊子で作成したナノマシンを散布し、パーティ全員の状態を『元に戻す』。 最高ランクのものになると破損した武具、傷ついた霊基のみならず、戦闘開始時のNP状態までスタートコンディションに戻すというが、少女の筐のダ・ヴィンチではそこまでの性能は発揮されない。 バベッジの場合は鎧の蒸気機関を意図的に暴走させて出力を増幅、宝具の攻撃力を増加させている。 暴走した蒸気機関は損傷し、鎧と一体化しているバベッジはダメージを負う。 フランケンシュタインの場合はガルバニズムで集めた魔力を許容量以上に電気変換、それら全て出力に使用することで宝具の威力を跳ね上げさせる。 肉体がそれに耐えられないため、ダメージを負う。 ランク 保有者 クラス 備考 C バーサーカー D キャスター オーバーロード改 [ ] フランケンシュタイン、バベッジが持つスキルが変化したもの。 宝具威力は上がらないが、HPを犠牲にしてNPを上昇させる。 ランク 保有者 クラス 備考 C アルターエゴ アルターエゴ 汚染 [ ] 詳細不明。 『Grand Order』では「敵全体に呪い付与 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 EX アヴェンジャー 鬼武蔵の遺言状 [ ] 長可が残した遺言状。 命を落とした折、敵だけでなく味方すら喜んだといわれる耳を疑う逸話がスキルとなったもの。 スキル使用時と戦闘不能に陥った時の二つのタイミングで異なる効果が発動する。 『Grand Order』では「自身にスター集中状態を付与[Lv. ランク 保有者 クラス 備考 C バーサーカー お宿作成 [ ] 詳細不明。 『Grand Order』では「自身のArtsカード性能をアップ」という効果のパッシブスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 B セイバー オルトリアクター [ ] 体内に秘める希少元素オルタニウムを媒介に、諸々のエネルギー(主に糖分とカロリー)を魔力へと変換する魔力転換炉。 『Grand Order』では「自身の弱体耐性アップ」という効果のパッシブスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 A バーサーカー おろちの呪 [ ] 先祖代々受け継がれてきた異能の力。 甲賀望月家の祖に深く関係する「とある大明神」による呪詛であり、所有者の肉体と精神を苛むが、コントロールできれば不可視の毒として強力な武器となる。 各世代につき必ず一人、甲賀望月家の人間はこの力を有している。 ランク 保有者 クラス 備考 B アサシン 終わらぬ夏 [ ] モーさんはいつでも夏気分。 ランク 保有者 クラス 備考 B ライダー 音楽神の加護(偽) [ ] 本来は、音楽の女神ミューズの加護を受けていることを示すスキル。 あらゆる音を聞き分け、天才的な演奏を可能とする。 更に、音楽魔術の行使にプラス補正がかかる。 アマデウスは生来の音感と才能、そして研鑽により、このスキルと同等の効果を自分自身の力として発揮できる。 『Grand Order』では「味方全体のアーツカード性能をアップ 」という効果のスキル。 成功すれば敵の魔術を封じ込められる。 「演じる」という海尊自身の属性と、勧進帳のくだりに象徴される弁慶の即興能力により、魔術を封じるだけではなく、限定的ながら敵の魔術を覚えて使用することも可能になる。 『Grand Order』では「敵単体を確率でスキル封印状態にする 」という効果のスキル。 ランク 保有者 クラス 備考 A ランサー 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

Fate辞典

固有スキル fate

Fate stay night アーチャー最強 前回アーチャーは固有結界と壊れた幻想があるかぎる最強のサーバントだと思うって言うくだらない質問をしてみたらアーチャーは宝具の打ち合いになったら勝ち目は無いと言われました。 アーチャーが発動する固有結界って宝具扱いされてますよね? 宝具をあえて破壊することでその魔力を爆発的に解放する壊れた幻想で固有結界を破壊したら最強の威力になりますよね? そうすれば宝具戦でも負けません!!! 普段はギルみたいに武器を大量噴出しまくる。 固有結界の中ならギル以上の速さで武器を大量出現させらるし。 宝具の打ち合いになれば固有結界もろとも壊れた幻想で破壊してぶっぱなすせばエアなんか目じゃない!!! アーチャー最強!!! 反論はありますか? FATEではアーチャー英霊エミヤが一番すきです。 あの背中がカッコいいんですよ。 そんな自分でもやっぱりアーチャー最強説は疑問です。 まずステータスが低い、アーチャーのクラスは基本能力が低いが、 その分をスキルや宝具で補うクラスなので仕方ないとはいえるのですが。 また、アーチャーの投影は、それ自体は大した脅威になりません。 なぜなら、真に迫っているとはいえやはり贋作です、 担い手でもないアーチャーでは真の使い手である英雄に太刀打ちできません。 ですので、その贋作も相手の戦い方を分析し効率的に運用することによって何とか対抗しているのが現状です。 アーチャーが発動する固有結界って宝具扱いされてますよね? 宝具をあえて破壊することでその魔力を爆発的に解放する壊れた幻想で固有結界を破壊したら最強の威力になりますよね? そうすれば宝具戦でも負けません!!! これってつまりは自爆じゃないですか、固有結界は自分も世界にいるので一緒に吹っ飛びますよね。 またもし仮に相手だけ吹っ飛ばすことができたとしても心象世界と呼ばれる固有結界をブロークンファンダズムしちゃったら、 アーチャー無事でいられるんでしょうか? 普段はギルみたいに武器を大量噴出しまくる。 固有結界の中ならギル以上の速さで武器を大量出現させらるし。 この点ですが自分もなぜやらないのか不思議だったのですが良く考えると、ギルガメッシュの場合蔵から打ち出すだけなので、 魔力をほとんど使わないためジャンジャン打てますが、アーチャーの場合全部作らなくてはならないため、 必殺技としてならまだしも、ギルガメッシュみたいにジャンジャン打ったら、すぐ魔力切れ起こしてしまいます。 またカラドボルグはランクAに相当する高威力の攻撃で、エクスカリバーも投影して真名開放できますが、 打てても一発限りと、これらではやはり第5次の他サーヴァントに比べ火力不足は否めません。 やはり、ギルガメッシュが最強でしょう、きのこさんも本気出したら一晩で聖杯戦争が終わるとか、 サーヴァント5体分の火力とか言われてますし、やはり最古の英雄にして物語のラスボスを担えるキャラは一味違います。 なんていろいろかきましたが、自分は最強じゃないからこそアーチャーは強いと思います。 自分がそれ程強くないために、勝てる戦い方を常に模索し、 相手に効果的な投影宝具を効率的に運用することで勝利する。 こっちの方がカッコいいです。 最強ってどんな相手にも、同じ戦い方で何の工夫もなく勝つ身も蓋もないイメージがあるので。 具体例としてどんな相手もゲートオブバビロンな王様というか我様。 こういう戦い方ランサーからも戦上手の評価を貰ってます。 スキル心眼Bは伊達じゃあありません。 またステイナイトでは接近戦ばかりでしたが、彼は本来弓兵です。 遠距離射撃こそが本分です。 まあ本人は接近戦が好みなのも事実なのですが。 弓の遠距離射撃に徹すれば、最大射程4km、そこから高威力の宝具や必中するタイプの宝具を射れば、 サーヴァントも倒せるはずですし、なによりマスターが生き残れるはずがありません。 実際hollowでは新都のビルに陣取ってほとんどのサーヴァントを近寄らせなかったらしいです。 ホロウでは、セイバーが守るシロウを遠距離射撃で眉間を射ってちゃんと殺してますしね。 だいたい凛も、方針間違ってます、キャスターとかライダーとかのせいで仕方がなかったとはいえ、 アーチャーには遠距離射撃を行い自分はサポートに回れば絶対強かったはずなんですけどねえ。 きのこさんからも、武器戦闘も魔術戦も格闘戦も、家事スキルも何でもござれな英霊という評価をしています。 悪く言えば器用貧乏って事なんでしょうが、どんな戦い方もできるということは、 どんな相手の弱点もつけるって事だと思うので、勝てない相手がこの人はいないと思います。 逆を言えば、戦い方を間違うとどんな相手にも負ける可能性があるのですが。 格ゲーではアーチャーは、 まっとうな一騎打ちじゃあるまいし。 剣には剣で、弓には弓で戦うとでも? 実に単純な攻め手だった。 一本槍ではこれこの通り、たやすく落ちるものだよ 元来、そう取り得の無い男でね。 一つを極めるより、多くを修める道を選んだのさ 奇策を尽くせば一度くらいは勝ちを掴める。 彼の湖の騎士にはおよばないが、 なかなかの武芸百般ぶりだろう、セイバー なんて勝利台詞を言ってます、このように何でもでき、戦い方もうまいんですから、 わざわざ相手の土俵で戦う必要はありません。 まあ自分は、聖杯戦争に参加するなら絶対この人選びますね。

次の