太陽 を 抱く 月 あらすじ。 『太陽を抱く月』のあらすじ・キャスト・相関図・見どころ・感想

韓国ドラマ

太陽 を 抱く 月 あらすじ

太陽を抱く月の第17話「ひとつになる時」の内容は? それでは早速「太陽を抱く月」の17話「ひとつになる時」のあらすじを紹介しましょう! 本当の再会 フォンはヨヌに会いに活人署にやって来ました。 二人は抱き合い、やっと会えた嬉しさをかみしめます。 そこに複数の刺客が現れます。 刺客はフォンたちに切りかかります。 するとウンと陽明君が二人を助けにやってきました。 刺客との応戦の中で陽明君は傷を負ってしまいます。 そのためフォンが刀をとり、陽明君の代わりに刺客たちと戦います。 すると陽明君はヨヌを連れて逃げ出してしまいました。 陽明君は浄業院へヨヌを連れてきます。 そこは陽明君の母親がいる場所でした。 陽明君は以前からウォルがヨヌだと気付いていたと告白します。 しかし、活人署にいるウォルを訪ね、一緒に過ごしている間自分の心が満たされていたのであえて黙っていたと付け加えます。 ヨヌは陽明君がいつも自分を助けてくれていたことに感謝します。 ただし、陽明君の気持ちには応えることが出来ないと告げます。 それでも、陽明君はこれからは自分のそばにいて欲しいとヨヌに訴えかけます。 ちょうどそこにフォンがやってきます。 ヨヌはフォンに連れられて陽明君の元を去ります。 フォンたちは宮殿に向かいました。 ヨヌは無事に宮殿へ入ると、フォンの部屋の奥の小部屋でかくまわれることになりました。 一方、ノギョンもフォンの命によってしばらく安全なところに身を隠すことになりました。 取引 実はフォンたちを襲った刺客はユン大臣が差し向けたものでした。 ユン大臣も巫女ウォルがヨヌだということに気づいていました。 そのため、ヨヌを暗殺することを企んだのです。 しかし、帰って来た刺客の口からヨヌの暗殺に失敗したという報告を受けます。 その理由としてフォンと陽明君がヨヌを助けに来たからと聞きます。 すぐにユン大臣は大妃にヨヌが生きていることを話します。 大妃はヨヌの生存にノギョンが関わっていると直感します。 大妃はフォンを訪ねます。 大妃はかつて巫女ウォルを助けた借りを返してもらいに来たと告げます。 その借りとは以前、自分の口添えでユン大臣のウォルへの熾烈な尋問をやめさせたことでした。 大妃はノギョンとヨヌの身柄を引き渡して欲しいとフォンに言います。 フォンは大妃の頼みに対し、少し時間が欲しいと答えました。 フォンはまだこの時呪術にミナ王女が加わったことを知りませんでした。 そのため、ノギョンとヨヌに証人になってもらい大妃の呪術の罪を糾弾しようと秘かに考えていたのです。 その時、フォンの部屋の奥にかくまわれていたヨヌは兄のことを思い、心を痛めていました。 ヨヌは兄の妻のミナが呪術に関わっていたことを知っていたからです。 ヨムとソルの再会 ある日の夜のこと、ヨムはちょうど庭に出ていました。 すると物陰から人の気配がします。 ヨムが出てくるようにと命じると、ソルが姿を現します。 ソルは以前ヨヌたちの世話をしていた使用人です。 ソルは少女時代からヨムを秘かに慕っていました。 ソルはヨムを一目見たくて訪ねて来ていたのです。 ヨムはソルに今までどうしていたのかと尋ねました。 すると、ソルは良い主人に仕えて幸せにしていると答えました。 二人が話をしているとヨムの母がヨムを呼びます。 ヨムは母にソルが来ていると答えます。 しかし何時の間にソルの姿は消えていました。 フォンの想い フォンは、人目につかない夜にヨヌを散歩に誘います。 フォンはヨヌを苦しめた者たちを断罪し罰を与えると自分の決心を伝えます。 しかしヨヌは先の王さまが真実を伏せたのにはそれなりの理由があるはずだと言いました。 そして、今のままの身分で十分だとフォンに言います。 するとフォンは、朝廷にヨヌを連れてきます。 フォンはヨヌに活人署から持ってきたある髪飾りを渡します。 それは以前ヨヌが妃候補になった時に渡したフォンが渡した髪飾りでした。 フォンはやっと二人が一緒になれたと言ってヨヌに口づけをしました。 太陽を抱く月の第17話「ひとつになる時」の見どころは? 今回「太陽を抱く月」の17話の見どころとして紹介したいのは以下のシーンです。 陽明君が母のいる浄業院でヨヌと話をするシーン 陽明君はこれまでもただ一途にヨヌを想っていました。 それだけにヨヌに一緒にいてくれるように告白している陽明君の姿を見ていると切ないです。 陽明君には他に素晴らしい女性を、と思ってしまいます。 しかし、ヨヌのような魅力的な女性はそう簡単にはいないのでしょう。 陽明君は人を見抜く力も持っています。 だからこそ、その聡明さが妥協を許さないと思うとつくづく気の毒に思ってしまいます。 一体この先陽明君はどうなってしまうのでしょうか? 最後まで「太陽を抱く月」の17話のあらすじの記事をご覧いただきありがとうございます! そんなあなたに耳寄りな情報があります。

次の

韓国ドラマ『太陽を抱く月』のあらすじ、キャスト、視聴率、レビューを紹介!|KMAS [ケイマス]

太陽 を 抱く 月 あらすじ

隠れて暮らしていたノギョンの元へ、ヘガク道士から会いたいとの手紙が届く。 そこには「天が動く。 時はきた。 」と書かれていた。 ノギョンは彼のところへ行くことになる。 ノギョンとチャンシルを見送りに来たヨヌとソルは、王フォンが行幸に訪れていた行列に出会う。 頭を下げてフォンの行列を見ていたヨヌ。 しかし黄色い蝶に誘われて立ち上がり、フォンの顔を見てしまう。 ヨヌはフォンから目が離せなくなり涙していた。 ヨヌ自身、なぜ自分が泣いているのかわからなかった。 ノギョンを迎えに出たヨヌは道に迷ったフォンと護衛のウンに出会い、家へと招く。 フォンはあまりにもヨヌによく似た巫女を見て動揺する。 ヨヌは巫女になってから名前がなかったため、 フォンはウォル(月)と言う名前を授ける。 ノギョンの元へ大王大妃の使いがやってくる。 星宿庁へ戻るように言われるが断る。 町に出たウォル(ヨヌ)は何者かに襲われ連れ去られようとする。 SponsoredLinks 8話のあらすじ・ネタバレ 男たちの隙を見て逃げ出したウォルは偶然居合わせた陽明君に助けを求める。 陽明君は巫女がヨヌにそっくりなことに驚く。 ウォルを助けようとして陽明君は怪我を負い、ウォルもまた捕まってしまう。 ヨヌを捕まえたのは大王大妃の手先の教授であった。 巫女ウォルをフォンの厄受け巫女にしようとしていた。 フォンの体調を整えるため、また子どもを授かるように厄を体で受け止めるのだ。 フォンが就寝した後、厄受け巫女のウォルがフォンの部屋に連れて行かれた。 ウォルはフォンを見て驚く。 フォンは「ヨヌ。 」と言い涙を流していた。 知らず知らずのうちに額に手を当てるウォル。 次の朝、こんなによく眠れたのは久しぶりだと笑顔で話すフォン。 ノギョンは大王大妃の怒りを鎮め再び星宿庁の国巫の座についた。 宮中では王フォンがウンを気に入っているため王妃ボギョンに興味がないと噂になっていた。 厄受けの巫女になったのでフォンのそばにいることができる。 ウォルは喜んでいた。 今日もフォンの額に手を置くウォル。 しかし、世子時代のフォンの姿が浮かんできたウォルは驚く。 そして眠っていたはずのフォンが目を覚ました。 9話のあらすじ・ネタバレ 刺客がいると思ったフォンは声を荒げる。 そしてウォルの顔を見て驚く。 お前は誰だと問うフォンにウォルは厄受けの巫女だと説明する。 フォンはすぐに宮殿から出ていくように命令する。 教授はウォルに罰を与えるため閉じ込める。 厄受けの巫女を追い出したフォンは、また眠れなくなっていた。 あの巫女はヨヌに似ている。 惑わされているのは自分なんだとわかっていた。 そしてウォルの処罰を王命で中止した。 その後も厄受けの巫女としてフォンの部屋へ行くウォル。 フォンは起きて待っていた。 驚くウォルに、厄受けの巫女ならばこの苦しみを除けるのだろう?と言うフォン。 ウォルはフォンの災いを除き、疲れと苦しみを癒すことに全力を注ぐと約束する。 その話をしているとき、 ボギョンがフォンの部屋へと押し掛ける。 ヒョンソンが止めるのも聞かずに入り口を開けた。 ですが、 画質が悪い・音声が変・字幕なしなどなど不便の多いものばかり。

次の

韓国ドラマ

太陽 を 抱く 月 あらすじ

chosunonline. html? 太陽のような存在感を持つ世子イフォン(ヨジング)と聡明で心優しいホヨヌ(キムユジョン)は、恋に落ち結婚を約束します。 ところが、婚礼を目前にヨヌが原因不明の病にかかり、亡き人となってしまいます。 ヨヌがこの世を去り、ヨヌの代わりに世子嬪の座についたのは、政権を狙うユンデヒョンの娘のボギョン(キムソヒョン)でした。 そして、8年の時が流れ・・・ 若くして王となったフォン(キムスヒョン)は、ボギョン(キムミンソ)を正妃としながらも、突然亡くなったヨヌのことが忘れられず、心を閉ざしていました。 ある夜、護衛官のウン(ソンジェリム)とお忍びで出かけたフォンは、山でヨヌに瓜二つの巫女(ハンガイン)に出会います。 その巫女に、ウォルと名付けるフォン。 実は、そのウォルこそが8年前になくなったヨヌだったのです。 しかし、ヨヌは過去の記憶を亡くしていたため、フォンの事も覚えていません。 違う形で再会したふたり。 vap. wordpress. 初めてヨヌに会った日から恋に落ちますが、ヨヌは謎の死を迎えてしまい、ファンは笑顔を失ってしまいます。 亡くなった後も一途にヨヌのことを想っていて、陰謀渦巻く宮中で、不可思議なヨヌの死を解き明かそうと奮闘します。 曲がった事が嫌いで、強い意志と度胸を持ち合わせています。 キム・スヒョンのプロフィール 1988年2月16日生まれ。 2007年のドラマ『キムチチーズスマイル』で俳優デビューを果たし、2011年のドラマ『ドリームハイ』でブレイクしました。 そして、この『太陽を抱く月』で韓国のゴールデングローブ賞と呼ばれる「百想芸術大賞」で最優秀男優賞を受賞し、韓国トップスターの地位を不動のものとしました。 2005年、8歳の時に映画『サッド・ムービー』で子役デビューを果たすと、多くの作品に出演し、天才子役と呼ばれるまでに。 この『太陽を抱く月』に出演した2012年にはMBC演技大賞男子子役演技賞を含む4つの賞を受賞しています。 2015年には『オレンジ・マーマレード』に主演し、KBS演技大賞を新人男優賞を受賞。 子役のイメージを払拭し、現在は実力派俳優として活躍しています。 blog. so-net. ヨヌは聡明で心優しく、ミナ王女の学友に選ばれ、さらに世子嬪となります。 謀略により死の呪いをかけられますが、朝鮮最高の巫女ノギョンの計らいで命は助かったものの、過去の記憶を亡くしてしまいます。 ヨヌの子供時代を演じたキムユジョンですが、今まで演じてきた成人役者の中で、ハンガインとの演技の呼吸が1番あったと語っています。 ハン・ガインのプロフィール 1982年2月25日生まれ。 高校時代、ニュース番組でインタビューされたのをきっかけに、2度のスカウトを経て2002年に『太陽の誘惑』でデビュー。 2005年、当時23歳の時に、人気絶頂の時に俳優のヨンジョンフンと電撃結婚し、今では2児の母でもあります。 キム・ユジョンのプロフィール 1999年9月22日生まれ。 2003年4歳のときにクラウン製菓のCFを通じ、芸能界デビュー。 その後、数々の映画やドラマに出演し、「国民的名子役」として活躍しています。 2016年に初の成人役として主演した『』で、多くの賞を受賞。 子役としてのイメージを脱却し、成人女優として認められ、今後の活動が大注目されています。 html フォンとミナの異母兄。 政治には興味がなく、自由奔放に生きています。 小さい頃からヨヌのことが好きで、ヨヌが望むなら、身分を捨ててでも一緒になりたいと願っていました。 ヨヌの生き写しのウォルに出会い、ウォルを愛するようになります。 そして、何よりもウォルが大切だと全力で守り支えます。 チョン・イルのプロフィール 1987年9月9日生まれ。 2006年、映画『静かな世界』で俳優デビューすると、同年出演したドラマ『思い切りハイキック』で大ブレイクしました。 今まで青春スター俳優と言われていたチョンイルでしたが、この作品での演技が評価され「真の俳優」と認められるようになりました。 イ・ミノのプロフィール 1993年6月28日生まれ。 1998年、ドラマ『順風産婦人科』でデビューしました。 2018年には活動名をイミノからイテリに改名し、映画『アナスタシア』で特別出演としてハリウッド進出も果たしています。 bsfuji. html 権力欲の強い父親ユンデヒョンによって王妃の座に。 幼い頃から、フォンに想いを寄せています。 夫フォンからは拒絶され、そんな中でウォルの存在を知り、嫉妬に狂うようになります。 後半での、キムミンソ演じるボギョンのヨヌの存在におびえる狂気じみた演技が、切なさとかわいそうな悪役として視聴者から同情を引きました。 キム・ミンソのプロフィール 1984年3月16日生まれ。 1999年に、ガールズダンス音楽グループ『ヒャンギ(香気)』で歌手として芸能界デビュー。 2008年、ドラマ『愛してる』の端役で芸能界に再デビューを果たしました。 2018年には一般男性と結婚し、新婚生活をアメリカで過ごすとして、芸能活動はしばらく休止しています。 キム・ソヒョンのプロフィール 1999年6月4日生まれ。 6歳から端役で数々のドラマに出演し、2008年『伝説の故郷』で正式デビューを果たします。 この『太陽を抱く月』で注目されるようになり、キムユジョンと並び、次世代の大女優として期待されている若手女優のひとりです。 輝くような美貌と秀才さから、成均館時代では儒生たちの憧れの的でした。 宮廷を歩けば、女官達がうっとり見とれてしまうほど。 子供時代を演じたイムシワンが役にはまりすぎたため、大人になったヨムを演じたソンジェヒは、出演当初酷評を受けました。 ソンジェヒもかっこいいのですが、イムシワンが美しすぎたのかもしれませんね。 ソン・ジェヒのプロフィール 1979年12月11日生まれ。 2004年に広告モデルをきっかけに芸能界に入り、『太陽を抱く月』で、俳優としての地位を固めました。 海兵隊出身であることから、「強く男らしいイケメン俳優」のイメージがあります。 2017年に女優のチソヨンと結婚しています。 イム・シワンのプロフィール 1988年12月1日生まれ。 2010年に韓国アイドルグループ「ZE:A」のボーカルとしてデビューしました。 本作品『太陽を抱く月』で、俳優デビューを果たし一躍有名に。 2014年の『』で主役に抜擢され、たくさんの賞を受賞し、俳優としての地位を確立しました。 フォンの護衛官で、朝鮮最高の雲剣。 フォンに忠誠を誓い、どんなときでも命がけで守っています。 ヤンミョングンとヨムと親友関係にあります。 ソン・ジェリムのプロフィール 1985年2月18日生まれ。 2009年パナソニックの広告モデルとしてデビュー。 この『太陽を抱く月』で、その魅力ある風貌と、口数が少ないながらも存在感溢れるウンをクールに演じブレイクしました。 イ・ウォングンのプロフィール 1991年6月27日生まれ。 イビョンホンのマネージャーの目に留まり、俳優を道を歩みはじめます。 『太陽を抱く月』のオーディションで、見事合格。 俳優デビューを果たします。 その後も数々の大物俳優と共演を果たし、『』や『ジャグラス』などにもメインキャストとして出演しています。 天真爛漫でおてんば。 幼い頃からヨムに恋心を抱いている為、将来はヨムと結婚したいと父である成祖にワガママを言い一蹴されます。 その幼い恋心を政権を掌握したい大妃に利用されてしまいます。 ナム・ボラのプロフィール 1989年11月27日生まれ。 2005年に、11人兄弟の長女として人気バラエティー番組の出演がきっかけで芸能界デビューを果たします。 この『太陽を抱く月』を始め、『サメ~愛の黙示録~』や『ずっと恋したい』『私の心キラキラ』などが代表作です。 チン・ジヒのプロフィール 1999年3月25日生まれ。 2003年のデビュー作『黄色いハンカチ』で子供とは思えない演技力と存在感で大成功を収めます。 2009年の『明日に向かってハイキック』で知名度が一気に上がり、同年MBC放送芸能大賞で「子役賞」を受賞。 現在、ドラマだけでなくバラエティー番組でも活躍しています。

次の