配当 利回り おすすめ。 星野リゾート・リート投資法人(3287)株主優待・配当利回りおすすめ

「株主優待+配当」利回りが14%のお宝銘柄も!桐谷さんとザイが選んだおすすめ株主優待株の中から株主優待+配当利回りが6%超のベスト15を大公開!|桐谷さんの株主優待銘柄[2020年]|ザイ・オンライン

配当 利回り おすすめ

今日は、個人投資家に人気の高配当利回り株についてコメントします。 「高配当利回り株」人気トップ12 楽天証券では、5月の楽天DI(アンケート調査)で皆様に「イチオシの高配当利回り株」をお伺いしました。 お薦めいただいた人数の多い順にランキングを作成しました。 人気上位12銘柄は以下の通りです。 「高配当利回り株」人気トップ12:予想配当利回りと最低投資金額、営業利益率:2019年6月18日時点 順位 コード 銘柄名 配当利回り 最小投資額 営業利益率 1 6. 2 250,000 25. 5 2 5. 6 156,600 13. 5 3 5. 3 75,250 2. 7 4 4. 9 15,180 NA 5 6. 0 140,900 19. 2 6 4. 0 274,600 20. 0 7 5. 0 50,140 NA 8 5. 1 314,500 8. 7 9 4. 9 370,300 9. 8 10 4. 9 246,700 20. 9 11 3. 3 671,900 8. 2 12 5. 5 72,410 7. 営業利益率は、前期実績値。 前期とは、JT、キヤノンでは2018年12月期、その他銘柄は2019年3月期。 銀行は営業利益率が計算できないのでNAとしている 高配当利回り株に投資する際、注意すべき点は「なるべく減配リスクの低い株を選ぶ」ということです。 なぜならば、株の配当利回りは確定利回りでないからです。 業績が悪化して減配になれば利回りが低下します。 株価が下がる可能性もあります。 高配当株の選択にあたっては、単に予想配当利回りが高い銘柄を選ぶのではなく、長期的に保有して減配になりにくい銘柄を選ぶことが大切です。 たとえば営業利益率の高い銘柄は、収益力が安定している可能性が高いと言えます。 皆さまのイチオシ高配当株には、良い銘柄が多いと思いました。 以下、具体的に見ていきましょう。

次の

【安心株のほったらかし投資⁉】配当利回り4%以上のおすすめ高配当銘柄はこれ!

配当 利回り おすすめ

シダックスといえば、食事が充実した「レストランカラオケ」のイメージが強いですが、運営会社の非連結子会社でこちらの決算には含まれません。 シダックスでは株主優待を実施しており、 2,000円相当の自社グループ製品 ワイン もしくはカラオケシダックスで利用できる優待券2,700円相当を頂くことができます。 シダックスの配当利回りは 4. 3%と高配当ですが、さらに優待のみの利回りも 5. 8% 自社グループ製品2千円で計算した場合 になるため、 合計で10%を超える高い利回りとなります。 ただし、 経常利益および当期純利益は赤字であり、今後の業績は注視したほうがいいですね。 タカラレーベンでは株主優待を実施しており、保有株数に応じて お米券を頂くことができます。 おこめ券は店舗でお米と交換できるのはもちろんのこと、 おこめ券を扱うスーパーやドラックストアなどでも額面440円の金券として利用できますが、「お米を含む買い物にのみ利用可」「商品問わず利用可」など、 企業・店舗により運用ルールが多少異なる印象ですので、利用時はご注意ください。 タカラレーベンの配当利回りは 4. 8%に達します 100株保有の場合。 こちらの企業の株主優待は、1,000株以上保有の場合、保有株数に応じた カタログギフトを頂くことができます。 また、100株以上3年以上継続保有の株主には、 クオカードの株主優待がいただけます。 東海東京フィナンシャル・ホールディングスの配当利回りは 4. 1%になります 3年未満1,000株保有の場合。 継続保有をのぞき、 株主優待取得のためには50万円以上の投資が必要なので、 優待はあくまでオマケと考えたほうが良いかもしれません。 東海東京フィナンシャル・ホールディングス 8616 ・株価 510円 ・最低購入金額 5万1,000円 100株 ・PER 11. 97 PBR 0. 78 ・権利確定月 3月末 ・配当 24. 71% 株主優待 1 1,000株以上保有 保有株式数に応じたカタログギフト 1,000株以上 2,000円相当の名産品1点 3,000株以上 2,000相当の名産品2点 5,000株以上 5,000円相当の名産品1点 1万株以上 5,000円相当の名産品2点 2 100株以上1,000株未満保有 クオ・カード 3年以上継続保有 100株以上1,000株未満 500円相当 最後に 上記でご紹介したなかには、業績に注意しなければならなかったり、株主優待を得るための投資額が大きい銘柄もありますが、 100株単位であれば10万円以下で購入できるので、とりあえずの取得も考えやすいのではないでしょうか。 株価その他の情報は変更される場合があります。 ご自身でご確認の上、自己責任で投資いただきますようお願いいたします。 (執筆者:吉井 裕子).

次の

【おすすめ高配当株トップ20】株の配当利回りでお金を増やす資産運用

配当 利回り おすすめ

株価100円 単元が100株であれば1万円で売買できますが、株価が5,000円 単元が100株だと売買するのに50万円のお金が必要。 低位株はこれから株取引を始める初心者でも扱いやすい。 最初からいきなり50万円という大金で株を購入するのはとても怖いですよね。 低位株であれば10万円もあれば複数の銘柄を購入することができるので、リスクを押さえて色々な会社の株を購入する 「分散投資」を行いたいという方にも低位株はおすすめです。 低位株の数は約700銘柄以上 東証1部、東証2部、マザーズなど株式市場は様々ありますが、おおよそ取引できる株の数は4000銘柄です。 この内、低位株は約600銘柄。 超低位株は約100銘柄あります。 5年前と比較し、株価が増加している株のみでフィルタリングしたので当然といえば当然かもしれませんが、 件数は125件と多くの会社の株価が数倍に増加したことが分かります。 他にもテンバガーを達成しそうな会社を見つける方法がいくつかあると思います。 低位株と株主優待・配当利回り 低位株も配当利回りに期待できる銘柄がいくつも存在しています。 例えば次の会社は配当利回り8. (記事作成時) 2768 双日 配当利回り7. 1726 ビーアールHLDG 値上がり率180.

次の