スロベニア 手配。 Cheap Flights to Slovenia from ¥58,530 only

クロアチア・スロベニア 弾丸ツアー!みどころ凝縮 6日間

スロベニア 手配

スロベニアで過ごす週末、港町ピランで夕食をとることにします。 街の中心からボートがたくさん停泊している港へ向かいます。 なんか素敵な所です。 こちらのレストランで夕食を頂くことにしました。 「Pirat」 というお店です。 お客さんがほとんどいなかったのが若干気になりましたが、 trip advisorでピランのレストランで第一位と高評価です。 注文したのはカラマリ。 大好きなんですよね。 オレンジジュースも注文して13ユーロとリーズナブル! 貝殻にソースを乗せてる所が可愛らしいです。 イカが軟らかくて衣が薄くカラッと揚がってておいしいです! 夕食に満足して駐車場まで歩いて戻ります。 駐車場に戻ると車のフロントガラスにピンク色のビニールの封筒がありました。 え? 中にレシートみたいな紙が入っていて何かお金のことが書いてあるみたいです。 もしや駐車違反? わたしが停めた駐車場には料金所がなくていいのかな? と思ってはいたのですがまさかの駐車禁止だったようです。 オールスロベニア語で何を書いてあるかさっぱりでしたので 近くにいたおじちゃんに解読してもらいました。 どうやらその場で支払えば20ユーロ。 1週間以内に支払えば40ユーロ。 それ以降は80ユーロとなるようです。 マジか…。 実は城壁で景色を眺めているときに駐車場に警察らしき車が見えて 何してるのかなーと思ってたんですよね。 まさか自分側駐車違反していると思いもしませんでした。 しかも駐車して数分後でしたからね。 近くにいたおじちゃんによれば郵便局で支払えるということだったので 帰国前に片付けることにしました。 ピランの城壁前の駐車場は駐車違反取られますので御注意下さい。 無料駐車場には注意しなくちゃだめですね。 この後はリュブリャナまで高速を飛ばして帰りました。 レンタカーの返却は駐車場に車を停めてキーを返却ボックスに入れて終了です。 それにしても痛い出費でした(泣) 最後まで読んでくれてありがとうございました。 次の日は世界遺産のイドリヤへ行きます。 ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。 応援のクリックお願いします。 1日1回有効です。 ありがとうございます。 タグ : スロベニアで過ごす週末。 ポレチュからの帰り道、美しい港町ピランに立ち寄ります。 高速料金は18Knでした。 まず向かったのは展望台にもなってる城壁。 入場料は1ユーロで自販機でコインを買って中にはいります。 城壁の上からの景色は絶景です。 日が暮れかけてるので色鮮やかではないですが、オレンジ屋根の街並み。 夕焼けもきれい。 しばらく城壁の上でぼーっとして、このまま帰ろうかと思ったのですが、 せっかくなので、旧市街をお散歩することにしました。 ひたすら下っていくと街の中心の広場に出ます。 パステルカラーの建物に囲まれていてかわいらしい広場です。 教会の中にも入ってみました。 そして広場から見えていた鐘楼のある教会へ。 冬は開放してなくて入れなかったのですが高台からの景色が最高。 夕日が沈んでいきます。 とてもきれいな景色でした。 この後は夜ご飯を食べに行きます。 最後まで読んでくださってありがとうございます。 ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。 応援のクリックお願いします。 1日1回有効です。 ありがとうございます。 タグ : スロベニアで過ごす週末。 世界遺産のシュコツイアン鍾乳洞を訪れます。 8時に予約しておきました。 借りたのはリュブリャナ駅にあるSIXTってところです。 初めて聞く会社でしたが店員さんもしっかりしてたし保険もフルカバーで入れたし 何より借りた車がとても乗り心地が良く快適でした。 ただちょっとびっくりしたのが駐車場へのアクセスなのですが、 なんと線路の横を歩いていくというアクセス方法。 説明された通りだけど、どこまでいったらいいの・・・。 と不安になりかけたころ、駐車場を発見。 今回の相棒はこちら。 大きめのセダンですね。 カーナビは多言語対応の備え付けでした。 圧倒的に備え付けがいいですよね、見やすいし操作もしやすいです。 そして、今回初めての左ハンドル、右側通行でした。 多分、最初はめちゃくちゃ左に寄ってたと思います。 ウインカーと間違えてワイパーを動かす定番のうっかりも何回か。 でも少し走ると慣れました。 市街地はちょっと怖いけど、高速道路を走ってる時間が多かったですしね。 スロベニアの高速道路で注意が必要なのがVinjetaです。 高速道路の料金が支払われていることを証明するステッカーです。 日本のように料金所システムではなくて15日とか1年とかでいくらと支払うスタイル。 スロベニアのレンタカーの場合は張られていることが多いので問題ないです。 気を付けなくてはいけないのが隣国から入国するときです。 知らずに走ってしまうと罰金になってしまいます。 ということで出発です! まず向かったのはスロベニアの世界遺産のシュコツイアン鍾乳洞。 カルストの語源ともなったカルスト地形の自然遺産です。 石灰岩が多く、川や雨水の浸食によって鍾乳洞が形成されました。 リュブリャナからは1時間半くらいのドライブ。 内部見学はガイドツアーのみで行えるのですが、午前中は10:00の回だけです。 10:00に間に合えばいいなと思っていたのでちょうどいい時間に到着しました。 入場料は16ユーロです。 10時になったら集合と言われたので、トイレなどを済ませて待機。 10時になるとかなりの人数が集まりました。 50人以上はいたと思います。 ガイドさんは二人で、まさかのイタリア語とその他の言語に分かれました。 たしかにイタリアが隣国なのでそうなるんですね。 ガイドさんと鍾乳洞の入口まで歩きます。 10分くらい移動すると、鍾乳洞の入口に到着です。 入口は厳重に管理されていて、勝手には入れないようになっています。 しかもここから出口まで写真撮影禁止という徹底ぶり。 鍾乳洞の前半はサイレントケーブ。 川の流れる音が聞こえず静かでした。 そして高さ15mもある広いスペース、グレート・ホールがあります。 変わった形の鍾乳石があったりします。 後半はレカ河の流れる音がゴーゴー聞こえます。 そして、ツアー最大の見どころ、大渓谷を見下ろせる吊り橋を渡ります。 撮影禁止だったので、ポスターの写真です。 出口のところから撮影okとのことでした。 ここまでだいたい2kmで1時間程度です。 出口から振り返ったところ、すごい洞窟です。 ここから地上に出るエレベータまで約1km。 流れる川がきれいでした。 石灰岩の多い地方はこういった青緑色の川になるのでしょうか。 先ほどのレカ河が地上に流れ出るところです。 ビジターセンターの手前まで戻ると、 ビューポイントがあると教えてくれたので立ち寄りました。 見晴らしがよくてきれいでした。 これ、夏は緑でもっときれいな景色だと思います。 この後は車で国境を越えてクロアチアのポレチュに向かいます。 続きは次回にしますね。 最後まで読んでくれてありがとうございました! ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。 応援のクリックお願いします。 1日1回有効です。 ありがとうございます。 タグ : スロベニアで過ごす週末。 リュブリャナでお世話になったホテルをご紹介します。 フランクフルト乗り継ぎでリュブリャナに到着し空港から直接ブレッド湖へ。 バスでリュブリャナ駅前のバスターミナルに到着しました。 バスターミナルから予約したホテルまでは徒歩5分。 今回お世話になったのは「City Hotel Ljubljana」 後で知りましたがホテル内にEuropcarのカウンターがありました。 私は別の会社でレンタカーを借りましたが、ここでも良かったかもです。 お部屋はきれいで、シンプルだけどシャワー浴びて寝るだけなので十分。 シャワールームもきれいです。 朝食も簡単ですが割と充実してました。 3泊しましたが1泊1万円程度です。 近くに自販機があります。 この日は疲れてすぐに就寝。 次の日はレンタカーで世界遺産のシュコツイアン鍾乳洞に行きます。 最後まで読んでくれてありがとうございました! ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。 応援のクリックお願いします。 1日1回有効です。 ありがとうございます。 タグ : スロベニアで過ごす週末。 夕食はブレッド湖名物、マスのグリルを頂きます。 17時台までは0:30に1時間毎出発なのですが、 18:00台だけ18:00発でした。 18:05にバス停に行くとバスは既に出た後で次は1時間半後。 ということで夕食はブレッドでとることにしたのです。 今回訪れたのはバス停からすぐ近くのレストラン。 「Osterija Babji Zob」 Trip advisorでブレッドのレストランで9位と高評価です。 森のレストランという感じのかわいらしい店内でした。 ブレッド湖はマスが有名なのでもちろん注文したのは、 マスのグリルとローカルビール!(14. 4ユーロ) マスが250gにたっぷりのポテトと野菜のグリル。 ズッキーニもおいしいし、ポテトもホクホクでおいしいです。 マスも全然臭みがなくて身がしっかりしてて塩気もちょうどよく、とってもおいしいです! しかも、かなりリーズナブル。 バスに乗り遅れたおかげで大満足の夕食になりました。 食事を終えて外に出てみるとパークホテルかカラフルにライトアップ。 何色かに変わってきれいです。 ブレッド城もライトアップ。 夜も素敵です。 この後は無事バスに乗ってリュブリャナへ向かいました。 3ユーロ 続きは次回にしますね。 最後まで読んでくれてありがとうございました。 ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。 応援のクリックお願いします。 1日1回有効です。 ありがとうございます。 タグ :.

次の

スロベニア移住情報まとめ!失敗しない海外転職エージェント活用ポイント解説!

スロベニア 手配

3月4日,スロベニア国内で1名から新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が確認されました。 現在,感染者はリュブリャナ大学病院で治療を受けており,当局が濃厚接触者を調査中とのことです。 今後も最新情報に留意するとともに,感染予防に努めてください。 1.3月4日シャレツ首相はTwitterで、スロベニアで最初の新型コロナウイルス感染が確認されたと述べました。 2.シァベデル保健大臣は報道機関に対し、感染者はモロッコからイタリアを経由して,スロベニアに帰国していたと述べた。 3.感染者は現在、リュブリャナ大学病院の感染病棟で治療中。 4. 感染者は,かかり付け医を訪問し、新型コロナウイルスの症状が顕著に現れていたため,医師からリュブリャナ大学感染病棟を紹介された。 検査は4日午後8時45分ごろ、同病院微生物学・免疫学研究所によって実施され,陽性検査について保健省に通知された。 5.国立公衆衛生研究所(NIJZ)は、感染者との濃厚接触者を特定中。 【参考情報】 1.外務省海外安全ホームページ 本サイトでは,各国・地域での新型コロナウイルスの発生状況,新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)等の情報を掲載しています。 2.たびレジ簡易登録 本サービスは,メールアドレスとメール配信を希望する国・地域を選択するだけで,当該在外公館から領事メールを受信することが出来ます。 ぜひご活用下さい。 3.スロベニア国立公衆衛生局は,国内状況や感染予防の方法,旅行者向けの注意点について公開しています。 2020. 2020. 04 ビザ申請•

次の

ヨーロッパ鉄道チケットセンター

スロベニア 手配

スロベニアでも感染が止まりません。 2020年3月10日の時点で57名の感染者が確認されました。 個人的にはすごく早いと思いますが、スロベニア政府はいろいろな対策を発表し、在宅ワークも早いところでは来週から開始されます。 これまで、2270名が検査を受けた結果、31名の感染が確認されたそうです。 また、病院に57名が隔離されていましたが、5名が退院ということです。 いまだ死者は出ておりません。 またスロベニアの空港ではフライトのキャンセルも発表されています。 ベオグラード(セルビア)行き• フランクフルト(ドイツ)発・行き• ブリュッセル(ベルギー)発・行き• モンテネグロ 発・行き 以上のフライトがキャンセルとなり、イタリア国境が閉鎖されました。 本当に、どうしてイタリアで感染が防げないのか心配です。 また、スロベニアの人は下記4ヵ国への渡航を以下のように決めました• イタリア:イタリア全土への渡航中止• イラン:イラン全土への渡航中止、また滞在している国民は早く戻ってくるよう勧告• 韓国:大邱と清州地域の渡航中止勧告そして不要不急でなければ渡航中止• 中国:武漢への渡航中止、それ以外の地域へ不要不急の渡航中止 それ以外でも海外出張など、仕事面においても不要不急の出張は控えるよう勧告されました。 また、たくさんのイベントがキャンセルされています。 スロベニアの国際空港、ヨージェ・プチュニク空港では体温検査なども開始されます。 衛生面に気をつけ、人混みを避ける。 このことを徹底している感じです。 この1ヵ月、正念場なのではないかと思います。 ひとりひとり一致団結して感染防止するしかないのです。 どんなことにも終わりは訪れますから、冷静に、ひとつひとつのことに気をつけて過ごすしかないですね。

次の