フランス語 入力。 フランス語の入力方法、キーボードの設定

フランス語入力(カナダ)でのu+accent graveの入力方法。

フランス語 入力

1.はじめに Windowsでは、言語設定に「フランス語(カナダ)」を追加することで、特別なソフトなしにエスペラントの字上符を入力することができます。 Windows Vista, 7, 8, 10で利用できます。 2.初期設定方法 初めに1回だけ「言語」設定を変更する必要があります。 ここでは、Windows 10を例にして説明します。 <初期設定手順1>タスクバーの「スタート」ボタンから「設定」を選びます。 <初期設定手順5>表示される言語の一覧から「フランス語」を選びます。 <初期設定手順6>さらに表示される地域別フランス語の一覧から「フランス語(カナダ)」を選びます。 <初期設定手順7>タスクバー右端の「言語」バーに「フランス語(カナダ) カナダ マルチリンガル標準キーボード」が追加されていることを確認してください(図2)。 [Windows 10] 入力言語に英語以外の外国語を追加する方法を教えてください。 図3 Windows 7の「入力言語の追加」ウィンドウ こちらのホームページもご参考ください。 Windowsでフランス語を入力する。 3. 入力方法 <入力手順1> ワープロなどのソフトを起動し、字上符を入力したいところにカーソルを置きます(矢印キーで移動させるか、マウスでクリックします)。 <入力手順2> マウスでタスクバーの「入力」メニューから「フランス語(カナダ)」を選びます。 タスクバーの表示が「FRA」となります(図2)。 または、キーボードで「左側の Shift」+「左側の Alt」でも切り換えられます。 これで、字上符が入力できます。 左側のCtrlキーでは入力できません。 4. 参考情報 フランス語(カナダ)キーボード配列にすると、記号などのキー配列も変わってしまいます。 例えば、「? そのため、記号を入力する場合には、「日本語」入力に切り替えるか、次の入力方法で入力します。 また、下記のページのキー配列一覧も参考になります。 Canadian Multilingual Standard JIS (2016-06 桐生 康生).

次の

フランス語のアクセント記号の入力方法について

フランス語 入力

入力するときに切り替えたい場合、 ツールバーの時計みたいなマークをクリックしてフランス語に変えるか、 「Shift」を押しながら「Alt」を押すとツールバーの「あ」の部分が変わって フランス語入力ができます。 アルファベでは、 「a」と 「q」が反対だったり、 「L」のところに 「m」があったり、 「M」のところに 「,」があります。 これがあるとフランス語、という文字です。 関係するフランス語単語 clavier m キーボード ordinateur m パソコン lettre f 文字 taper 打つ(文字を) lire 読む 安野礼 宇宙、地球、自然 存在する生命について考える。 宇宙のニュートラルはどこか、何か? 特に油絵、時に墨絵。 文字に色が見えたり、味に色を感じる共感覚あり。 いつも考えることは宇宙や地球のこと。 いつもフランス語を話さないと気が済まない質。 日常で使える役に立つ楽しいフランス語を紹介 最近の投稿• カテゴリー• 2 カテゴリー• 最近のコメント• に layanno より• に 加藤 より 最近の投稿•

次の

フランス語キーボードのインストール(Windows 10)

フランス語 入力

🍓この記事の目次🍓• フランス語の特殊文字 フランス語では以下のような英語では使わない文字を使います。 これらをパスコンやスマホでどうやって入力するのか、そこさえわかれば問題は解決します。 短い文や単語であればこの方法でもできます。 上の表からもコピー&ペーストが可能です。 Windowsであれば文字コード表というのがあるので、それを開いてそこからコピー&ペーストすることも可能です。 以下のようなWindowが開きますので、そこから該当の文字を探し、コピー&ペーストします。 しかし、コピー&ペースト方法はあまり効率的ではなく、一文字入れるのにいちいち面倒なステップを踏む必要がありますので、長い文章を打ち込む場合にはお奨めの方法ではありません。 やはりキーボードから打ち込む方をお奨めします。 キーボード配列に慣れるまでは少し時間がかかりますが、慣れてしまえば圧倒的に素早く文字を打ち込むことができます。 Windows 10でのフランス語入力 やはりキーボードを使った方が圧倒的に効率的にフランス語の文字を入力することができます。 配列になれるまで少し練習が必要ですが、慣れてしまえばこっちのものです。 Windows 10以外のWindowsでも基本的に同じ方法でフランス語を入力可能です。 フランス語配列のキーボードを用意する必要もなく、日本語キーボードで十分です。 以下の順に設定してください。 コントロールパネルから言語を追加• 「コントロールパネル」を開く• 「時計、言語、および地域」の「言語の追加」を開く• 「日本語」が表示されているリストの上部の「言語の追加」をクリック• 「フランス語」をダブルクリック• 「フランス語(カナダ)」「フランス語(フランス)」など、何か国かのフランス語が出てくるので「フランス語(カナダ)」を選択し、「追加」をクリックして戻る これでWindows 10にフランス語入力環境が設定されました。 何か国かあるフランス語設定のなかでカナダを選ぶのには理由があります。 実は同じフランス語でも国によってキーボード配列が違っており、フランス語固有の文字を一番入力しやすいのが「フランス語(カナダ)」を選択したときの「カナダマルチリンガル標準キーボード」だと言われています。 試しに「フランス語(フランス)」を選択すると、後で説明するフランス語キーボードで、フランス語固有文字の入力方法がわからないものがありました。 入力モードをフランス語に切り替える 先に説明したように、Windows 10の言語にフランス語が追加されていることが前提となります。 言語を追加しただけではまだフランス語の入力はできません。 日本でパソコンを使っているのならば通常は日本語入力モードになっているはずですので、入力モードをフランス語に切り替える必要があります。 その方法は2パターンあります。 画面右下(カスタマイズしていなければ)のツールバーから入力方式を切り替えます。 切り替えるためのボタンが配置されていますので、そこからフランス語(カナダ)を選択してください。 ツールバーのアイコンがFRAに変わります。 これでキーボードからフランス語入力可能となりました。 次に実際にフランス語の文字を入力する方法を説明します。 Windows 10でフランス語の文字を入力する 日本語キーボードを使っているとどこにフランス語の文字が配置されているのかわかりません。 フランス語配列を知る一番簡単な方法はスクリーンキーボードを使うことです。 Windows 10のスタートメニューにWindows簡単操作という項目があります。 その中にスクリーンキーボードがありますので、それを起動してください。 するとこのような画面が表示されます。 これでフランス語配列のキーボードを見ることができます。 これを見ながらキーボード操作すれば文字の位置を知ることができます。 あるいは、スクリーンキーボードをクリックすることでも入力可能です。 やりやすい方で入力してください。 右の方にあるVerr. majというキー(日本語キーボードのCapsの位置)を押してから、accent circonflexeキー(日本語キーボードの の位置)を押して A I U E O を押します。 大文字はシフトキーを押しながら該当のキーを押します。 Androidでフランス語を入力する Androidでのフランス語の文字入力は難しくありません。 3つのステップでフランス語入力が可能になります。 他言語をサポートするキーボードをインストールする• 言語の設定でフランス語を有効にする• キーボードで言語を選択する この3ステップです。 他言語をサポートするキーボードをインストールする Androidでどのキーボードがデフォルトで有効かは機種によりますので一概には言えません。 フランス語入力を可能にするためには他言語をサポートするキーボードをインストールする必要があります。 GoogleのGboardというキーボードが使いやすいのでおすすめです。 他の他言語キーボードでも問題ありませんし、操作は同じです。 ここではGboardの例で説明します。 インストール自体は簡単です。 Google PlayでGboardを検索してインストールしてください。 この辺りのメニュー構成は機種やAndroidのバージョンによって違うかもしれません。 パソコンと同じで、フランス語キーボードにはにはフランス版とカナダ版があります。 どちらでもいいのですが、やはり個人的には英語キーボードとは位置が同じであるカナダ版が使いやすく感じます。 もちろん使用者のお好みによります。 私は一応両方設定してみました。 キーボードで言語を選択する 次に、キーボードで使用する言語を指定します。 キーボードが表示された状態になると、下の画像のようにキーボードが表示されます。 右下の赤丸の辺りにキーボードを選択するボタン(マーク)があるはずですので、そこをタップしてGboardをキーボードとして選択します。 すると下のようにGboardのキーボードが表示されます。 ここで、下の段の 「日本語」となっている所を長押しすると、言語を選択できます。 長押しするとこのような言語選択画面が表示されます。 ここで、フランス語の選択肢がなければ下の段の「キーボードを追加」で言語を追加することができます。 フランス語(フランス)とフランス語(カナダ)の違いはキーの配列の違いです。 フランス語(フランス)はAZERTYというキー配列になり、フランス語(カナダ)の場合はQWERTYというキー配列になります。 QWERTYの方が英語や日本語と親和性があるので、日本人には使いやすいのだと思います。 しかしそれもお好み次第ですので慣れている方を選択してください。 GboardのAZERTYフランス語キーボード GboardのQWERTYフランス語キーボード キーボードの上段のキーの並びがそれぞれの名前の由来です。 それぞれQWERTY, AZERTYと並んでいるのがお分かりいただけますか? ここまで来たら、フランス語の文字の入力は簡単です。 キーボートを表示している状況でそれぞれのキーを長押しすればフランス語の文字の候補がでてきますので、該当のものを選んでください。 それぞれ i u のキーを長押ししてください。 アンドロイドでのフランス語入力を説明しましたが、iPhoneでもほとんど同じステップで入力可能になります。 iPhone iOS でフランス語を入力する iPhoneの場合はAndroidよりもいくらか簡単なステップでフランス語入力が可能となります。 まず、Androidと違って新たにキーボードをインストールする必要はありません。 なのでこのステップを省略できます。 まずやるべきことは既存のiOSのキーボードでフランス語を使えるようにすることです。 言語の設定でフランス語を有効にする• キーボードで言語を選択する フランス語キーボードの有効化 iOS iPhone の場合は英語入力モードでもフランス語文字を入力できます。 しかし、すべてのフランス語文字を入力できるわけではいので、本格的にフランス語を使いたいのならフランス語キーボードを有効化しておいた方がよいです。 そこで、 新しいキーボードを追加... をタップします。 パソコンやAndroidで述べたのと同じ理由で 「フランス語 カナダ 」 を選択します。 もちろんお好みによって他のフランス語キーボードでも問題ありません。 お好み次第です。 これでフランス語入力が有効化されました。 キーボードで言語を選択する 次に、キーボードで使用する言語を指定します。 ここまで来たら、フランス語の文字の入力は簡単です。 キーボートを表示している状況でそれぞれのキーを長押しすればフランス語の文字の候補がでてきますので、該当のものを選んでください。 それぞれ i u のキーを長押ししてください。

次の