ローランド コロナ。 自動車業界を襲うコロナ後の「移動」大激変、生産ライン停止だけでは終わらない

新型コロナウイルス(COVID

ローランド コロナ

ホスト界の帝王こと、ローランド様のお店 「THE CLUB」が本日5月26日より営業再開することが、公式Instagram やブログで発表されました。 2020年4月1日から営業自粛となった「THE CLUB」。 その営業再開を待ち望む方も多くいたことでしょう。 都の小池都知事が名指しで業界の営業自粛をしたときは、ホストクラブの復活は難しいだろうという空気が世間を漂っていました。 ですが、そこは流石ローランド様。 不死鳥のごとく蘇られました!今後のご活躍がまた、楽しみでなりません! そんな生気を取り戻したローランド様のお店「THE CLUB」ですが、おそらく多くの人は「感染対策はどうなっているの?」と思われることでしょう。 お店の中ではホストとゲストが 「密」となる空間であることには間違いありません。 そこで今回は、「THE CLUB」で実際に行っているコロナウイルス対策のご紹介をしたいと思います。 また、現在感染の第2波が懸念されている中での営業再開について、世間はどう見ているのか。 そういった世の声もご紹介致します。 これらを知れば、実際にお店を利用する際に安心してホストの方と楽しい時間を過ごすことができるでしょう。 お店側の努力を知ることで、一層お店を好きになる、という良い循環も生まれそうですね。 では早速、「THE CLUB」のコロナウイルス対策をご紹介します。 しかし、具体的なところがなかったので、もう少し調べてみたところ、「THE CLUB」の公式ブログである 「THE ク・ラブレター」に詳細が書かれていました。 以下、ブログからの引用となります。 この度、日本政府の新型コロナウイルス感染拡大に伴う、緊急事態宣言の全国解除を受け、THE CLUBは5月26日より営業を再開いたします。 なお、今後も懸念される新型コロナウイルス感染防止対策として、以下のことを徹底した上で営業して参ります。 ・短縮営業 営業時間は20時から24時までとさせていただきます。 ・ご入店時の消毒・検温 37. 5度以上の体温があるお客様には入店をお断りさせていただきます。 ・お客様並びにキャストのマスク着用の徹底 ・クラスター発生防止のための入店規制 ・営業中店内換気と消毒の徹底 ・飲食の際はストロー使用の徹底 ・入店後、体調が思わしくないお客様におかれましてはご退店をお願いする場合がございますのでご了承ください。 お客様におかれましては大変ご不便ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご理解ご協力のほど、賜りますようお願い申し上げます。 html これらの対策について、少し細かく見て行きましょう。 名前の通り、営業時間そのものを短縮することで、お店にお客さんが滞在する時間を減らし、感染リスクとなる「接触を減らす」効果があると見込まれています。 ブログでは「THE CLUB」の営業時間は 20時から24時までの4時間となっていました。 ホストクラブにとっては稼ぎ時のゴールデンタイムが限られてしまうために、痛手となることは間違いありません。 しかし、他のお店と違い、ホストクラブの稼ぎはホストというプレイヤーに依存するため、そういった意味では努力次第でお店を再度自粛前の軌道に戻すことは可能とも考えられます。 あとは、これらの感染予防策により、お客様がどれだけ安心して来店できるかにかかっている、と言えるでしょう。 5度以上のお客様はご入店をお断りさせていただきます」という、クラスターの発生原因となってしまう対象者を、予め入店拒否することで対策をとる、というこの方法。 現在、ユニクロなどのファーストリテイリング傘下のお店も実施していますよね。 ただ、実際発熱者を発見した際の対応が肝心です。 お客様にどのように入店拒否の意を伝えるか。 それはお店側の腕の見せどころと言えます。 せっかくお店にまで来た、しかも熱まで出して… 笑。 コロナ騒動前ならむしろ、「発熱してまで来店して頂けるなんて」と、殿様扱いとなったかもしれません。 ですが、現在は真逆の状況です。 お店側にとっては感染源ではあるものの、お客様には変わりありませんので、そのあたりをうまく配慮する必要がありそうです。 「THE CLUB」のキャストたちがどういった素敵な振る舞いで入店拒否をするか 笑 、見物と言えるでしょう。 世間一般で行われている、「うつされない」「うつさない」ための予防策です。 キャストがマスクをしてどのようにおもてなしをするか、これもホストならではの対応が求められそうです。 ただ、「マスク効果」という言葉あるように、マスクしている方がイケメン・美人度3割増しみたいな効果がありますので、そもそもイケメンなホストたちをパワーアップしてくる可能性はありそうです。 逆もまた然り!普段はイケメンキャラで売っていなくても、この機会にマスクフェイスでブレイクするホストも出てくるかもしれませんね! 源氏名「魔棲駆(マスク)」とか出てきそう 笑。 「密」を作らないため、お店に入るキャストやお客様の人数を制限する、という方法です。 「待たされる」「短時間接客」などが懸念されますが、優先されるべきは「感染対策」なので仕方ありません。 おそらく、そういったことが理解できる方が「良客」であり、今後はお店側もお客を選ぶ時代になりそうです。 ローランド様の公式Instagram では、店内消毒をしているスタッフの姿が動画で見られました。 散布している薬液は不明ですが、機械によって効率的に消毒を行っている状況が伺えました。 店内換気は閉塞的なホストクラブの印象を変えるかもしれませんね。 夜の冷たい空気が場の空気を冷めさせる、「THE CLUB」はきっと、そんなヤワなホストたちはいませんね。 グラスに口づけをして飲む方法は、感染の媒介になりかねません。 ですがホストがストローでアルコールを飲んでいる姿は、夜の街には少し不思議な光景に見えるかもしれませんね。 スポンサーリンク ローランド様のお店が営業再開!メディアの反応は? では、コロナウイルスの第2波が懸念されている中でのホストクラブの営業再開。 こういった状況にメディアはどういった反応なのでしょうか。 動画から沢山学ばせてもらった。 ただ、ホストクラブに私も行ったことがないため、こういった意見は失礼かもしれませんが、お酒が入った人間が厳密な感染管理ができるものでしょうか。 それが不安材料です。 コントロール不能となった男女ほど、予測不可能な状況になりやすいと思いますが、それらに感染リスクが混在しているとなると、「酔っぱらっていた」という理由での言い訳はできません。 ただ、お店の死活問題が天秤にかかっているため、そういったリスクですら乗り越えられる、と私は信じていますが・・・ローランド様、経営者としての実力を存分に発揮し、この危機的状況をぜひ乗り越えてください! おわりに 「THE CLUB」のコロナウイルス対策、ご理解いただけましたでしょうか?お店の営業再開には賛否両論かと思いますが、コロナにはならなくても、仕事ができなくて死んでしまう人がいるのも事実・・・ 感染対策は重要、でも経済は回さないといけない。 そんな中で「ホスト業」という職種のもつイメージが先行する世間の理解不足・・・ 本当にバランス感覚が必要な問題かと思います。 その中で少しでも多くのホストとゲストが幸せな時間をお店やお店外で過ごされることを願っています。

次の

BY ROLAND 薬用ハンドジェル

ローランド コロナ

ご存じのように「ウイルス」と「細菌」はぜんぜん異なるものです。 今回の新型コロナウイルスは 従来のコロナウイルス SARS、MERSを含む やインフルエンザウイルス、 またヘルペスやエボラや日本脳炎などのウイルスと同じ 『エンベロープ』を持つウイルスの類に含まれるもので 『エンベロープ』とは単純に言うと ウイルスの最も外側の「膜」であり この膜はタンパク質 =脂質 でできています。 タンパク質 =脂質 でできているため、 アルコールによる消毒やせっけんによる手洗いで その膜が容易に破壊されてしまうためそれらのものが非常に有効なわけで、 それと同様に 我々の手の表面 皮膚 もまたタンパク質 =脂質 でできているため 副作用として手荒れなどの原因となってしまいますが それこそがウイルスに対して「効果を示している」表れでもあるわけです。 ちなみに、アルコールハンドジェルでは アルコールに加え、 ヒアルロン酸ナトリウムやプロピレングリコールなどの保湿剤が 添加されているため手荒れが起きにくくなっているのです。 それと同様に、よく気休め程度、やった感だけで スーパーなんかの出入り口に置かれているアルコールスプレーを 少量塗布してる人がいたりするのをよく見かけますが それもまた十分な効果はありません。 アルコールハンドジェルが品薄で 市販のキッチン用アルコールを代用して手指消毒をすることもできますが その場合では保湿剤が添加されてないため 先にも話したようによく手荒れが起こる場合があり、 ご自身が普段使用しているハンドクリームなどで 消毒後にケアすれば、手荒れは幾分緩和できるものと思います。 今回の新型コロナウイルスでは、 証拠、根拠、裏付けの示された出所のしっかりした情報でないと 場合によっては命にかかわるものですので くれぐれもご注意ください。 長文にて失礼をいたしました。 ただし、アルコール濃度が低いと除菌に時間がかかります。 実はアルコールによる除菌はアルコール濃度が高い場合と低い場合で除菌の仕組みが違うんです。 アルコール濃度が高いとウイルスや細菌を直接破壊できます。 しかし、アルコール濃度が低いとウイルスや細菌を変質させて非活性化するので除菌に時間がかかるのです。 逆に言うと時間がかかるので、手指の消毒にはむいていないということです。 残留物のこともありますしね とりあえず、そのハンドスプレーのアルコール濃度を調べてみてください。

次の

ローランド様のお店が営業再開!気になるホストクラブのコロナウイルス対策とは?

ローランド コロナ

レポートでは予測を超える不況が生じる可能性もあると警告[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー レポートでは産業分野のうち「自動車」「物流」「機械・エンジニアリング」「建設」「石油・ガス」などを取り上げて、それぞれの業界への経済的影響を予測している。 自動車業界ではサプライヤーの需要が減少することから、業界全体で大きな経済的な損失を受けると予測される。 一方で、中国で新型コロナウイルス感染症の感染拡大に歯止めがかかりつつある現状を鑑みると、中国の経済回復によって売り上げ減少を2020年内に補完できる可能性もあるとしている。 物流業界では世界各地での工場閉鎖を背景に、海上輸送の需要が減少し業界全体で収益が減少すると予測される。 また都市のロックダウンに伴う需要減少が、物流業界全体のキャッシュインフローをさらに減少させる恐れもある。 ただ、事態終息後の反動によって需要が一時的に増加し(キャッチアップ効果)、減少分の収益を補完できる可能性もある。 自動車業界と物流業界への経済的影響を予測[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー 機械・エンジニアリング業界は2018年以降、業界全体での注文量が減少傾向にある。 この状況に新型コロナウイルス感染症の影響でプロジェクトの中止が相次ぐことで、収益がさらに大幅に減少する可能性がある。 一方で、リードタイムが長期化しやすいプロジェクトを実施している企業では、キャッシュフローは比較的安定した状態に保たれると予測される。 建設業界では新築や改修プロジェクトの進行が遅延することによって、建設資材の需要が減少し、業界全体のキャッシュフローが悪化すると見込まれる。 今後、労働者の解雇などの対応策が順次実施されていくと予測されるが、一方で、事態終息後には需要が大幅に増加すると考えられる。 このことからレポートでは、2020年を通してみると業界全体の経済的損失は限定的なものになるだろうと指摘する。 石油・ガス業界では飛行機や自動車を使った移動需要が減少していることから、燃料の消費量が低下し、石油・ガスの余剰量が増加、石油・ガス価格は今後さらに低下していくと見込まれる。 ただ中国での経済回復が進むことで、需要もある程度回復していくものと考えられる。 関連記事• ローランド・ベルガー(Roland Berger)は新型コロナウイルス感染症による経済的損失の予測レポートを公開。 自動車業界と物流業界への影響が特に甚大になるという。 MONOist、EE Times Japan、EDN Japanのアイティメディア製造業向け3媒体は「新型コロナウイルス感染症のモノづくりへの影響に関するアンケート調査」を実施した。 調査期間は2020年3月16〜25日で、有効回答数は217件。 本稿では、その内容について紹介する。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、製造業は自社のサプライチェーンが途絶し、顧客に製品やサービスが供給できなくなるリスクに直面している。 国内の製造拠点に勤める従業員が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への感染が確認される事例が増え始めている。 2020年4月4〜6日にかけて、トヨタ自動車の他、東芝、村田製作所、TDKなどが発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、日系自動車メーカーの国内生産拠点に影響が広がっている。 乗用車メーカー8社全てが、操業停止もしくは稼働を減らすことを決めた。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響が国内製造業に広がっている。 既にトヨタ自動車とマツダに続いて、日産自動車、三菱自動車、ホンダ、スズキも国内工場の操業を停止する。 また、ソニーやルネサス エレクトロニクスも海外生産を中心に影響が出始めている。 関連リンク•

次の