楽天モバイル エリア拡大。 楽天モバイル「アンリミット」は地方でもメリットある?回線エリア外だとどうなる?

通信・エリア

楽天モバイル エリア拡大

既報の通り、楽天モバイルは4月8日、モバイルキャリア(MNO)としてのサービスを本格的に開始する。 その一方で、国内ローミングエリア(auネットワーク)と海外エリアでの高速データ通信は、月間2GBまでとなる。 「月額2980円(税別)でデータ容量無制限」は魅力だが、そのメリットは いかに自社エリアを増やすかにかかっている。 2021年3月までに自社エリアを「全国」に拡大 同社では、2020年3月末までに屋外LTE(4G)基地局を3432局設置する計画を総務省に提出している()。 2020年2月末時点で開設済みの屋外基地局は3490局で、既に目標値を上回っている。 3月中にはこれを約4400局まで拡大する予定だという。 屋外LTE基地局の設置数は、総務省に提出した計画よりも上振れしている しかし、現時点において屋外基地局を整備しているのは東京都、神奈川県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府と兵庫県などの一部に限られており、屋外基地局の未整備エリアや屋内エリアについては、KDDIと沖縄セルラー電話が整備したau 4G LTEネットワークに頼っている。 先述の通り、MNOサービスが本格的にスタートすると、auネットワークでの高速データ通信に容量制限が設けられる。 ユーザーが接続しているネットワークは「my 楽天モバイルアプリ」で確認できるようになる予定だが、わざわざ「どちらのネットワークに接続しているのかな……?」と確認しながら使うのは、考えようによってはストレスフルといえる。 MVNOサービスは4月7日をもって新規受け付けを終了。 ASTは「SpaceMobile」と呼ばれる低軌道人工衛星の開発に取り組んでいる。 この人工衛星は 宇宙空間からLTEや5Gエリアを構築できることが大きな特徴で、地上に設置されたLTE/5Gネットワークとシームレスにローミングできるという。 宇宙からのエリアカバーが実現できれば、楽天モバイルは山間部を含めて全国で使えるようになる。 地上の基地局が災害などで利用できなくなった場合も、宇宙からフォローすることもできる。 SpaceMobileの試験機「BlueWalker 1」は現在、軌道上を周回しつつ実証実験を続けている。 関連記事• 楽天モバイルがキャリア(MNO)サービスを4月8日にスタートする。 月額2980円の「Rakuten UN-LIMIT」プランのみの提供で、300万人(1人1回線)については12カ月間は無料とする。 楽天は、MWC Barcelona 2020でMNOのプラットフォームに関する発表をする予定だったという。 ただしMWC自体が中止になったこともあり、「また機会を見せて発表させていただきたい」と三木谷氏。 MNOの基地局開設が順調に進んでいることも同氏はアピールした。 楽天モバイルが、MNO(携帯キャリア)の正式サービスを、2020年4月1日にスタートする。 楽天の会長兼社長の三木谷浩史氏が、1月6日にメディア陣からの質疑に答えた。 同氏は「万全を期して、2重3重4重に安定したサービスを提供できるように頑張りたい」とコメントした。 楽天モバイルが、「無料サポータープログラム」の2次募集を開始。 当初の5000人に2万人を追加した。 同プログラム開始当初からエリアは徐々に広がり、基地局は2020年1月時点で3020局にまで増えた。 有料サービスの開始が4月と発表されたが、現時点ではまだ料金体系が不透明だ。 ネットワーク以外のオペレーションにも課題が残る。 総務省は8月26日、楽天モバイルが2019年10月に開始予定のMNO(携帯キャリア)事業に関して、文書で指導を行った。 同社に対して、LTE基地局を確実に整備することと、ユーザーに対して早めにサービス内容を告知することを要請している。 関連リンク•

次の

Rakuten UN

楽天モバイル エリア拡大

もくじ(タップして好きなところを読む)• 楽天モバイルUN-LIMITが使える楽天回線エリアを解説 2020年4月時点では、 東名阪と一部の地域が楽天回線エリアとなっています。 ただし、 2021年3月までに全国に広げると発表されていたので、期待したいところ。 それでは、現状のエリアについて詳しくみていきましょう! 首都圏以外も楽天回線エリアは拡大中 楽天モバイルは、ぱっと見で首都圏しか対応していないように見えます。 しかし、地図を拡大してみて下さい。 意外と地方でも楽天回線エリアとなっているところがあります。 もし活動範囲が楽天回線エリアなら、毎月のスマホ代を安くして、しかもインターネットや動画、電話も使い放題になるので、損をしてしまうかも、、、。 以下に2020年4月7日時点で確認できる、楽天回線エリアを紹介していきますね。 土地勘がないのでエリアマップを貼り付けて解説していくことをお許し下さい。 お住まいの地域があった方は、を確認して、活動範囲が楽天回線エリアになっているか、是非みてみて下さいね。 次の項では、楽天回線エリア外でも使えることを説明していきますね。 実は楽天回線エリア外でも使えます au回線をローミングしているので、 au回線とほぼ同じエリアで使えます。 画像の薄ピンクの部分が、au回線をローミングしているパートナー回線エリアです。 あなたの住んでいる地域の状況を詳しく確認するなら、を見てみて下さい。 ドコモと比べても遜色ない体感速度なので快適ですよ。 詳しくはでまとめているので、気になる方はご確認下さい。 ちなみに、 スマホでひと月に使われるデータ量の平均は、5GBという統計結果があるので、ほとんどの方がパートナー回線エリアでも問題なく使えるはず。 楽天回線エリアが無制限なので、物足りなさを感じるかもですが、5GBでも必要充分な内容ですね。 仮にギガを使い切って遅く感じても、 1Mbpsで使い放題ですし、1GB500円と他社の半額で購入できるので良心的です。 \契約者が300万名に達したら即終了!1年無料で使うならお早めに/• 現状、東名阪と一部の地域が楽天回線エリアになっている• 楽天回線エリアは順次拡大していて、2021年3月までには全国対応予定• 実は楽天回線エリア外でも、auの回線エリアであれば使える• パートナー回線エリアだと月に5GB、低速回線になっても1Mbpsで使える 楽天モバイルは、 一般的な格安SIMと比べて少し月額料金が高いですが、実質ギガ使い放題で、かつ電話かけ放題と、現状最強の携帯会社となっています。 現状、iPhoneは非対応なので、こだわりがないならこの機会に機種ごと変更するのもあり。 今なら基本料金が1年間無料になるキャンペーンをやっているので、気になっている方はお早目に! \契約者が300万名に達したら即終了!1年無料で使うならお早めに/.

次の

楽天モバイルUN

楽天モバイル エリア拡大

INDEX• 3月3日に楽天モバイルがUN-LIMITプランを発表して携帯業界がざわついていますよね。 もし本当に毎月2980円でギガ使いホーダイでカケホーダイの携帯が登場したらこれはとんでもないことになるでしょう。 しかし都心部や大都市以外に関してはAU回線を使用して月2GBしか使えないと言うデメリットもあるのが事実。 では 楽天回線が全国エリアにカバーされるのはいつになるのか?検証してみたいと思います。 携帯電話基地局のシェアについて まずは楽天回線の広がりを調査するために他のDOCOMO・AU・Softbankの基地局の数をチェックしてみましょう。 引用元: 上記サイトの「携帯電話基地局の数」で紹介した図がありますが基地局数のシェア1位はドコモで、合計34万1900基でした。 そして各キャリア毎の基地局のランキングは以下となります。 まだ2013年当時はスマホ全盛期と言う感じではなかったので十分5万基でも対応できていた。 その後4G回線が伸び続けているので基地局の数は増やし続けなければ安定した電波の供給は難しかったので増設した流れになりますね。 その後DOCOMOは順調にその数字を伸ばしていきましたね。 「4年後」の2017年には約3. 34倍の数字となる、18万5000基までLTE基地局を増やしています。 つまり、このペースだと… 【一ヶ月に2708基地局の増設】していたと言う事になります。 (4年間 48ヶ月 で+約13万件を増設) それではここまでDOCOMOの回線の増大速度を見てきましたが、本題の楽天回線は広がるのかどうか?検証していきましょう。 楽天モバイルの基地局数について 2020年2月末時点で開設済みの屋外基地局は3490局。 3月中にはこれを約4400局まで拡大する予定となっています。 でンプルに3月に4400局となるなら1ヶ月に増える件数は出せますね。 2月末の時点で3490局だったのでシンプルに引き算で数値を出せます。 1ヶ月に910基地局拡大のペース で増やしていくよ、と楽天モバイルは発表しているようなものですね。 これに対して楽天モバイル側の回答は… 2021年3月までに自社ネットワークの提供エリアを全国に広げると楽天モバイルを言っている。 具体的に 「どこで」 「どのくらいの範囲」 自社ネットワークのエリアとなるのかは今の所数値としては示されていません。 月に1,000件のペースで増設していくとすると… 3位 KDDI 18% 15万5200基 に追いつくまでにかかる日付の計算は以下の通りとなります。 【 15万5200基? 8ヶ月 12年と5ヶ月 2位 ソフトバンク 28% 24万2400基 に追いつくまでに、かかる日付の計算は以下の通りとなります。 【 24万2400基? 【 34万1900基? 5ヶ月 28年と1ヶ月 全国エリアをカバー出来るのにかかる年数は? AUのエリア位の回線数をカバーできるようになれば全国エリアに普及しているでしょうね。 楽天モバイルが全国に広がるのを大目に見てAUの半分のエリアをカバーできるようになるまでに6年は掛かりそうな現状…。 甘く見てですよ? これから5G回線もスタートするのでその辺りも含めどうなるのか? 今後も各キャリアの動向には注目して見届けていきたいところですね。 まとめ 「Rakuten UN-LIMIT」は、月額2,980円で、データ使い放題(楽天基地局に接続時)になるプランと公式から発表があります。 逆に楽天回線を使用しない環境下においてはパートナー基地局での接続。 これは前回の記事で詳しく書いたので良かったら参考にしてみて下さい。 そして2GB超過後は最大128kbpsでの通信となるが、1GB当たり500円で容量を追加購入できる。 つまり結論としては全国エリアで使えるようになるのはかなり先の話となりそうな感じですね…。 実質的には、AUの電波を借りたMVNOと何ら変わりない上にギガ数を使う方なら損になりそう。 毎月のギガ数をしっかり使うよ! でも都心部には住んでないんだよ! って方にはオススメでは無いかもですね。 弊社代理店では… 毎月50GB使えて月額4860円で使用できるDOCOMO回線格安SIMを販売しています。 更に弊社では独自プランを打ち出しており… 【毎月携帯代金が無料で使える秘密】があります。 詳しい秘密が知りたい方は下記記事を読んで見て下さい。

次の