お別れの会 マナー。 送別会のマナー 〜寸志編〜

【社葬・お別れの会の通知をもらったら】「弔電」の意味と送り方

お別れの会 マナー

お別れ会・偲ぶ会とは 葬儀は身内でひっそりと…でもお別れする機会もほしい 最近は全体として家族葬の傾向が強く、葬儀は身内だけでひっそりと済ませることが多くなってきました。 しかし、故人に関係する人達にもきちんと故人を偲ぶ機会を設けたいという人もあります。 そこで、葬儀・告別式を身内だけで済ませた後、改めて「お別れ会」「偲ぶ会」という故人に別れを告げるセレモニーを開くことが増えてきました。 「密葬」と「本葬」の個人版 以前からも有名人の葬儀や「社葬」などでは、身内だけの「密葬」と大規模な「本葬」が行われていました。 お別れ会・偲ぶ会はまさに「本葬」にあたるセレモニーで、故人の友人・知人や関係者が参加して ホテルなどで無宗教のセレモニーを行うことがほとんど お別れ会・偲ぶ会は、宴会場などで行われることがほとんどで、遠隔地からの参加者のためにホテルで行うことが多いです。 どのような内容になるかは主催者の意向次第ですが、その性質上多くが無宗教で、立食パーティー形式や故人の足跡をたどる演出など、従来の葬儀にとらわれないものが多いです。 確認しておくことと注意点 いつ頃行うのか 基本的に身内での葬儀の後に行われます。 お別れ会はいわば告別式の新しい表現とも言えるので 亡くなってから日数の浅い日〜1ヶ月以内に行われる事が多いようです。 一方で、偲ぶ会は 日数を問いません。 逝去から時間が立っている場合、例えば一周忌などの節目に開催する場合は偲ぶ会とします。 どのような形式が多いか 内容は主催者次第ですが、 セレモニー色の強いもの、 パーティ色の強いもの、 その両方を行うものなどが多いようです。 セレモニー形式は仏教式や無宗教方式による儀礼を伴うものです。 祭壇などが設置され、焼香や献花、弔事のスピーチなどが行われます。 パーティ形式は立食パーティ形式で行われることが多いようです。 会食がメインで途中に弔事や故人のエピソードを紹介などを挟むことなどがあります。 どこで開くのか 開く規模などによって変わりますが、セレモニー形式をとるなら葬儀社の斎場、またパーティ色が強いのであれば、宴会場やホテルなどがよく利用されるようです。 特に遠隔地から参加する人もいるので、ホテルに場所を提供してもらい、葬儀社などが取り仕切るケースも多いです。 お別れ会・偲ぶ会の服装 内容や時期にもよりますが、多くの場合喪服である必要は無いようです。 案内状に「 平服でお越しください」と書いてある場合は、派手すぎない服装で行くようにします。 男性はダークスーツに、地味な色合いのネクタイ、女性は黒のワンピースなどを着用し派手なアクセサリー類やお化粧を控えると無難です。 お別れ会・偲ぶ会に香典は必要か 会費制を取っている場合は会費のみで大丈夫ですが、そうでない場合は香典を持参します。 金額は実際にかかる費用を考えて、必要なら他に参列する友人などに確認すると良いかもしれません。 MEMO逆に自分が開く場合は、会費制にする場合は香典辞退の旨を書いておくと親切です。 有名人の偲ぶ会 では、実際のお別れの会・偲ぶ会はどのようなものがあるのでしょうか? 俳優・高倉健さんのお別れ会 2014年11月10日に亡くなった俳優・高倉健さん。 本人の意向で 葬儀は近親者のみで執り行われ、いわゆる有名人が行う 「偲ぶ会」も不要と言い残していたそうです。 華美を嫌い、質素を好む健さんらしい遺志だと思います。 健さんは鎌倉市内にある霊園に 生前にお墓を建てていました。 お別れ会は平戸市、そして観光協会などが主催。 平戸市長が弔辞を読み、参列者が献花し、その後作中で亡き妻の遺骨を海に散骨するシーンで使われた漁船「そよかぜ」に乗り、会場から花を手向けるものでした。 待合所には、高倉さんが地元住民に贈ったマフラーや色紙、高倉さんが地元の窯元に注文した平戸焼の香炉などを展示したそうです。 このように「お別れの会」は、亡くなった人と縁のある人や品々を集め、 その人らしいお別れの場を作ることができるのだと思います。 俳優・菅原文太さんの偲ぶ会 俳優の菅原文太さんは高倉健さんと同時期の2014年11月28日に亡くなりました。 30日に福岡県の太宰府天満宮で 家族葬にて葬儀が執り行われたようです。 仙台市出身で、2009年からは山梨で農業を始めた文太さん。 福岡の太宰府天満宮で神道式の葬儀を上げたのは2001年に亡くなった長男、加織さんの遺骨が納骨されているからだそうです。 そして、年が明けて2015年3月11日に菅原文太さんを偲ぶ「惜別の宴」が 都内のホテルで開かれました。 「 堅苦しくなく、ざっくばらんに」という文子夫人の希望で、 遺影を飾った祭壇も献花もありませんでした。 受付には「トラック野郎」などの出演した映画のポスター、会場の中央のスクリーンには「仁義なき戦い」などの映像が映し出されていたそうです。 まさに菅原文太さんらしいお別れの場ではないでしょうか。

次の

【偲ぶ会 お別れ会】服装・香典マナー8選!案内状の文例も要チェック!≪2019年≫

お別れの会 マナー

お別れ会とは お別れ会とは、家族や親族だけで執り行う家族葬のような小さな葬儀・告別式を終えた後に、改めて開催する送別会のことです。 参加する方は、主に故人と親しかった友人・知人などの関係者を対象に行います。 一般的な葬儀との違い お別れ会は、葬儀・告別式を終えた後に行う送別会です。 お別れ会には以下のような特徴があります。 故人の社会的な立場や、生前の故人の交流を反映した式 故人と親しかった友人・知人を招いて開く小規模のものから、故人の所属していた会社関係者・取引先の方々、故人が有名人であったならファンの皆さんを呼ぶと言うような規模の大きなケースまで様々です。 形式には宗教的儀礼の制約はありません お別れ会の形式は自由度が高く、葬儀の形式である仏式や神式などのような宗教的儀礼による制約がありません。 また、お別れ会の演出として故人の趣味を展示したり、故人の生前の映像を式中で流す等、主催者側で自由に式の構成を行うことができます。 お別れ会には主に次のような形式があります。 宗教的な部分を演出に用いて、宗教儀礼を組み入れすことや祭壇へ献花するセレモニー式• 弔礼や献花等の後に出席者が会食を行うパーティー式• セレモニー式とパーティー式を組み合わせたもの 会費・香典とは?一般的な相場 お別れ会の費用では「会費」または「香典」の2種類がありますが、基本的には香典ではなく、会費が一般的です。 お別れ会に持参する際に、会費となるか香典となるかは案内状の指示に従います。 会費および香典を頂かない場合には案内状に「香典辞退」と記載されています。 会費と香典には次のような違いがあります。 ・会費の渡し方 会費についてはお別れ会の案内状に記載してある金額を持参しましょう。 会費相場は、概ね1万~2万円程度となります。 いわゆるお別れ会の参加費用と言えます。 そのため、香典袋に包む必要は無く、受付に会費をそのまま支払っても問題はありません。 会費をより丁寧にお渡ししたい場合には、白無地の封筒の表に氏名、裏に住所と金額をボールペン等で記載します。 ・香典の渡し方 香典については、お別れ会の規模等を考慮して金額を決定しますが、会費葬場と同じく1万~2万円程度となります。 香典は仏式等の葬儀で、故人の霊前に供える金品を言います。 案内状に会費や香典辞退について何も記載が無ければ香典を持参します。 香典は、一般的な葬儀の場合と同様に、白黒の水引を結んだ香典袋または、白無地の封筒に「お花料」「御霊前」等と記載して渡します。 【合わせて読みたい】 お別れ会の開催時期 お別れ会の開催時期は、一般的に葬儀・告別式後2週間から2ヶ月間ほど経ってから行われます。 ただし、四十九日や一周忌の法要に合わせて行う場合もあります。 お別れ会を行う場所 お別れ会は葬儀では無いため、会場選びも選択の幅が拡がります。 ただし、会場となる施設によっては制約もあります。 以下では開催可能な施設と施設会場を使用する際の注意点を説明します。 葬儀専門式場で開催する 葬儀・告別式に近い形でお別れ会を行いたい場合に適しています。 遺骨の持ち込みは概ね可能であり、読経等による宗教的な作法を取り入れた厳かな送別会の開催が期待できます。 ただし、会食や、故人を回想する演出の一つである映像や音楽をながすこと、故人の趣味である美術品や絵画等を展示するパーティ式のようなお別れ会は、制約される可能性があります。 葬儀専門式場で上記のようなお別れ会を行いたい場合は、式場関係者とご相談をした上で式内容を決めていきましょう。 ホテル等を会場にする 近年ではホテルや貸会議室を会場に使用したお別れ会も増えています。 こちらは、宗教的儀礼に重きを置かず、明るい雰囲気の中、出席者への「おもてなし」を重視する場合に適しています。 特にアクセスの良い立地であれば、故人の所属していた会社関係者・取引先等の方々の出席が容易となります。 また、気楽にビュッフェスタイルで会食を行えたり、故人の映像や、好きだった音楽を流したりして、自由な演出で故人を回想し、お別れを伝える場を作り上げることができます。 ただし、ホテルや貸会議室は葬儀式場でない以上、遺骨の持ち込み、宗教的儀式である読経等は禁止される場合があります。 このため、お別れ会開催の条件をホテル・貸会議室の関係者に確認をとることが必要です。 お別れ会の流れ お別れ会を開催する流れは概ね以下のようになります。 お別れ会は葬儀社からサポートしてもらいましょう。 ご家族で全てを行うと葬儀・告別式と同様に、他方面の方々に対しての打ち合わせや、調整に追われることになります。 お別れ会の事前準備 約四週間前 葬儀・告別式を終え、お別れ会を開催する約四週間前に会場・日時を決定します。 この時点で出席者の予測をします。 更に、案内状を作成し、往復はがきで故人の親しかったご友人等へ送付、出欠確認をとります。 約三週間前 その後、お別れ会の約三週間前に式場関係者とお別れ会の内容の打ち合わせ、飲食関係等の打ち合わせを行い、会場を下見します。 会のお見積りの確認も忘れずにしておきます。 また、出席者の確認と、出席リストの作成、弔辞者の選定、依頼を行います。 約二週間 お別れ会の内容を確認します。 装飾や飲食メニュー、映像、音楽内容等の演出を確認します。 この時点で会のお見積りを最終確認し、前受金をお支払いすることになります。 約一週間 出席者の人数の最終確認、飲食物の最終発注を行います。 お別れ会当日 お別れ会を開催する一時間前くらいに主催者・遺族が会場に集まりリハーサル、発注品の確認を行います。 お別れ会の式次第• 受付 お別れ会参加者の受付をすませます。 参会者入場 お別れ会参加者が入場します。 献花 参加者がお花を祭壇等に供えます。 閉式の辞の前に行うこともあります。 開式の辞• 黙とう• 故人の人生や家族との思い出の紹介 映像や生前に好きだった曲等を演奏し、故人を回想します。 お別れの言葉、弔電披露 弔辞者が故人へのお別れの言葉を述べます。 また、司会が弔電を読み上げます。 参会者へ御礼の挨拶 遺族代表者がお別れ会参加者へ御礼の挨拶をします。 閉式の辞• ご歓談 会食を行います。 参会者へ御礼の挨拶の前に行われることもあります。 参会者退場 お別れ会でのよくある質問 Q:お別れ会に参加するのですが、服装は喪服でいいのでしょうか? A:案内状に記載されている服装でいきましょう。 お別れ会に参加する際は、喪服の場合と平服の場合があります。 平服の場合はそのように「平服で」との旨が案内状に記載されているのが通常です。 ただ、記載がない事もありますので念のため、お聞きするのが良いと思います。 しかしながら、平服で参加する場合も、華美な服装やカジュアルな服装は避けた方が良いでしょう。

次の

【社葬・お別れの会の通知をもらったら】「弔電」の意味と送り方

お別れの会 マナー

<目次>• 「葬儀・告別式は近親者のみで済ませ、後日お別れ会を行う予定」 こんな新聞の訃報記事を見たことはありませんか? お別れ会とは、家族を中心に葬儀・告別式を行い(「密葬」と表現される場合もあり)、火葬を済ませた後、改めて会社関係や友人・知人らを招いて行うお別れのスタイルをいいます。 全般的に葬儀は小型化、シンプル化していますが、こういった世相を反映してか、「とりあえず葬儀はひっそりと、後にお別れの場を設けるのが自然な流れ」と考える企業・団体が増えてきました。 お別れ会が開かれる場所と宗教色を出すかどうか お別れ会の場合、宗教儀礼が伴う場合とそうでない場合があります。 どちらによるかは主催者の考え方次第なのですが、「お別れ会」「偲ぶ会」などの名称を使用する場合は、宗教色のない形式をとることが多いようです。 お別れ会が開かれる場所は、セレモニーホールのほか、近年はホテルで開催される割合も高くなっています。 その理由として、儀礼的な部分よりも「おもてなし」を重要視したいと考える遺族・主催企業が増えたこともありますが、バブル崩壊以降、ホテルでは企業主催の宴会が急激に減少、加えてウエディング業界も競争が激しくなったため、着眼点を法要やお別れ会に移し、積極的にPRするホテルが増えたことがあげられます。 ホテルを利用するメリットは、ハード面の利便性が高いだけでなく、案内状や着付け、引き物、送迎などワンストップで手配・提供できる点でしょう。 しかし、基本的には読経不可、焼香不可、遺骨の持ち込み不可など制約もありますし、ホテルによっては葬送儀礼に慣れていなかったり、サービススタッフの意識が「喪」から離れている場合もますので注意が必要です。 ホテルと葬儀社が提携しているケースも珍しくなく、ホテルはハードだけを提供し、プロデュースや進行部分は葬儀社が請け負う形もあります。 故人の写真や献花などお別れ会の進行について お別れ会は、セレモニー型とパーティー型、ミックス型に分類できます。 セレモニー型は、葬儀会館や寺院、自宅で行われる告別式に近い形で進行されるものです。 通常、正面中央には生花で彩られた大型祭壇が飾られ、オープニング時は故人の経歴や功績などが紹介されます。 途中、映像や音楽を流すなどの演出が盛り込まれ、「お別れの言葉」などの紹介が行われた後、ひとりずつ献花をして退場します。 パーティー型は、献花が行われた後、会食会場へ移動して立食、個々の都合に応じて自由解散というスタイルになります。 ミックス型は、セレモニーとパーティー両方行うスタイル。 いずれのタイプでも、最近のお別れ会では、会場の一角に故人の写真や遺品を展示するコーナーが設置されることが多いようです。 男性ならスーツ、女性なら色味を抑えたシンプルな服装で参列します。 Q: 香典は持参したほうがよい? A: お別れ会と一言でいっても、主旨により香典の扱いが異なりますが、通常は一般の葬儀と同じく香典を準備します。 その時の表書きは「お香典」「御香資」「お花料」、故人が仏教徒なら「ご仏前」などが適当です。 なお、「香典はご辞退申し上げます」と案内状に添えられている場合は必要はありません。 最近は、「会費は1万円です」と会費制で行われるケースもあります。 Q: お別れ会は著名人・有名人の人だけが行う特別なもの? A: ワイドショーで取り上げられるような有名人のお別れ会ほどの規模ではなくても、こぢんまりとしたお別れ会を行うことは誰でも可能です。 実際、「とりあえず火葬だけ済ませ、後日親しい人を招いて食事会を兼ねた30~50人規模のお別れ会を開いた」という人は微増の様子。 ただし、2回行うことにより精神的にも金銭面でも負担が増えますので、今後一般の人までこの形が定着するかは疑問です。

次の