助演 男優 賞。 Creepy Nuts 助演男優賞 歌詞

アカデミー助演男優賞

助演 男優 賞

俺 おれらは 助演 じょえん 男優賞 だんゆうしょうのノミネート 候補 こうほ 現場 げんばに 急行 きゅうこう それでもどこか 期待 きたいしてる 夢見 ゆめみがちなBoysメンタル 中坊 ちゅうぼう いつかは 主役 しゅやくの 座 ざを 奪 うばう ためにもMake Say Bow Wow 遠吠 とおぼえが 宙 ちゅうに 舞 まう Wow! 記憶 きおくの 引 ひき 金 がね カウントダウン3,2,1,0 あれ? これ どこ? いつかの 体育館 たいいくかん いつかの 午後 ごご いつかのライブハウス いつかのクラブ いつかのクラス いつかの 田吾作 たごさく 共 ども いつかのエキストラ ライヴ オン ステージ 大 だいどんでん 返 がえしの 本命 ほんめい 思 おもい 出 だしゃ 俺 おれたちはあの 頃 ころから 滑稽 こっけい OK! 笑 わらわれてこうぜ 立 たってる 黙 だまってる 歌 うたってるだけでも 絵 えになる 奴 やつらを 蹴散 けちらすバース 手 てを 変 かえ 品 しなを 変 かえ Bounce Bounce 外様 とざまの 分際 ぶんざいでお 邪魔 じゃまします 群雄割拠 ぐんゆうかっきょ 跳梁 ちょうりょう 跋扈 ばっこ 口八丁 くちはっちょう with 手八丁 てはっちょう チェケラッチョ のエキスパート ギターよりタンテとデスペラード Let' s Go!! どうあがいてもしゃあない 俺 おれら 主役 しゅやくの 玉 たまじゃない… でもチャンスは 頂戴 ちょうだい いつか 主役 しゅやくの 座 ざが 奪 うばいたい… Sixth Manで 上等 じょうとう 助演 じょえん 男優賞 だんゆうしょう 芸達者 げいたっしゃな 名脇役 めいわきやく 現場 げんばに 急行 きゅうこう Hey Party People Everybody 注目 ちゅうもく! 正統派 せいとうはのベンチウォーマー 毎回 まいかい 大逆転 だいぎゃくてん ララララ… Hey Come On! Do it like this 主役 しゅやくの 小粋 こいきな 計 はからいで 「 見 みせ 場 ばはこん 位 くらい、 君 きみの 分 ぶん」と 頂 いただいたパスなら 決 きめたいぜ しかも 決勝点 けっしょうてん スリーポイント 田岡 たおかが 見逃 みのがした 不安 ふあん 要素 ようそ 見 みくびるな 見下 みくだすな マイナスをプラスに 変 かえるマスター We are 蕎麦屋 そばやのかつ 丼 どん 牛丼 ぎゅうどん 屋 やのカレー またはバナナワニ 園 えんのレッサーパンダ ダークナイトで 言 いえばジョーカー ブラックレイン 松田 まつだ 優作 ゆうさく ロックフェスでのクリーピーナッツ 時 ときとして 主役 しゅやくを 喰 くっちまう そんな 音楽 おんがく 響 ひびかしてこうや 兄弟 きょうだい 拝啓 はいけい、 縁 えんの 下 した 村八分 むらはちぶ 爪弾 つまはじき 帳 とばりの 外 そと Join Us! 明 あかるい 未来 みらい? 暗 くらい 未来 みらい? 俺 おれが 森山 もりやまなら 後者 こうしゃ モテキなんざ 来 くる 訳 わけねぇじゃん 各駅 かくえき 停車 ていしゃ 苦役 くえき 列車 れっしゃ Let's Go どうあがいてもしゃあない 俺 おれら 主役 しゅやくの 玉 たまじゃない… でもチャンスは 頂戴 ちょうだい いつか 主役 しゅやくの 座 ざが 奪 うばいたい… Sixth Manで 上等 じょうとう 助演 じょえん 男優賞 だんゆうしょう 芸達者 げいたっしゃな 名脇役 めいわきやく 現場 げんばに 急行 きゅうこう Hey Party People Everybody 注目 ちゅうもく! 正統派 せいとうはのベンチウォーマー 毎回 まいかい 大逆転 だいぎゃくてん ララララ… 虎視眈眈 こしたんたんと 狙 ねらっている 準備 じゅんびはいつでも 出来 できている 「 変 かわりなんていくらでもいる」 なんて 言 いわれ 過 すぎて もう 慣 なれている 今 いまか 今 いまかと 待 まちわびた 結果 けっか 今 いまここに 立 たって 歌 うたってる 誰 だれも 待 まってないかも 知 しれないけど お・ま・た・せ!! しゃべえアティチュードでメンタルは 中坊 ちゅうぼう 主役 しゅやくの 玉 たまじゃ 無 ない… Hey Party People でも 本音 ほんねを 言 いうと 主役 しゅやくの 座 ざが 奪 うばいたい… Sixth Man で 上等 じょうとう 助演 じょえん 男優賞 だんゆうしょう 芸達者 げいたっしゃな 名脇役 めいわきやく 現場 げんばに 急行 きゅうこう Hey Party People Everybody 注目 ちゅうもく! 正統派 せいとうはのベンチウォーマー 毎回 まいかいFly High! Sixth Man で 上等 じょうとう 助演 じょえん 男優賞 だんゆうしょう 芸達者 げいたっしゃな 名脇役 めいわきやく 現場 げんばに 急行 きゅうこう Hey Party People Everybody 注目 ちゅうもく! 正統派 せいとうはのベンチウォーマー 毎回 まいかい 大逆転 だいぎゃくてん 俺 ore らは raha 助演 joen 男優賞 danyuusyou の no ノミネ nomineー ト to 候補 kouho 現場 genba に ni 急行 kyuukou それでもどこか soredemodokoka 期待 kitai してる shiteru 夢見 yumemi がちな gachinaBoys メンタル mentaru 中坊 chuubou いつかは itsukaha 主役 syuyaku の no 座 za を wo 奪 uba う u ためにも tamenimoMake Say Bow Wow 遠吠 toobo えが ega 宙 chuu に ni 舞 ma う u Wow! 記憶 kioku の no 引 hi き ki 金 gane カウントダウン kauntodaun3,2,1,0 あれ are? これ kore どこ doko? いつかの itsukano 体育館 taiikukan いつかの itsukano 午後 gogo いつかの itsukano ライブハウス raibuhausu いつかの itsukano クラブ kurabu いつかの itsukano クラス kurasu いつかの itsukano 田吾作 tagosaku 共 domo いつかの itsukano エキストラ ekisutora ライヴ raiヴ オン on ステ suteー ジ ji 大 dai どんでん donden 返 gae しの shino 本命 honmei 思 omo い i 出 da しゃ sya 俺 ore たちはあの tachihaano 頃 koro から kara 滑稽 kokkei OK! 笑 wara われてこうぜ waretekouze 立 ta ってる tteru 黙 dama ってる tteru 歌 uta ってるだけでも tterudakedemo 絵 e になる ninaru 奴 yatsu らを rawo 蹴散 kechi らす rasu バ baー ス su 手 te を wo 変 ka え e 品 shina を wo 変 ka え e Bounce Bounce 外様 tozama の no 分際 bunzai でお deo 邪魔 jama します shimasu 群雄割拠 gunyuukakkyo 跳梁 chouryou 跋扈 bakko 口八丁 kuchihatchou with 手八丁 tehatchou チェケラッチョ chekeratcho の no エキスパ ekisupaー ト to ギタ gitaー より yori タンテ tante と to デスペラ desuperaー ド do Let' s Go!! どうあがいてもしゃあない douagaitemosyaanai 俺 ore ら ra 主役 syuyaku の no 玉 tama じゃない janai… でも demo チャンス chansu は ha 頂戴 choudai いつか itsuka 主役 syuyaku の no 座 za が ga 奪 uba いたい itai… Sixth Man で de 上等 joutou 助演 joen 男優賞 danyuusyou 芸達者 geitassya な na 名脇役 meiwakiyaku 現場 genba に ni 急行 kyuukou Hey Party People Everybody 注目 chuumoku! 正統派 seitouha の no ベンチウォ benchiuoー マ maー 毎回 maikai 大逆転 daigyakuten ララララ rararara… Hey Come On! Do it like this 主役 syuyaku の no 小粋 koiki な na 計 haka らいで raide 「 見 mi せ se 場 ba はこん hakon 位 kurai、 君 kimi の no 分 bun」 と to 頂 itada いた ita パス pasu なら nara 決 ki めたいぜ metaize しかも shikamo 決勝点 kessyouten スリ suriー ポイント pointo 田岡 taoka が ga 見逃 minoga した shita 不安 fuan 要素 youso 見 mi くびるな kubiruna 見下 mikuda すな suna マイナス mainasu を wo プラス purasu に ni 変 ka える eru マスタ masutaー We are 蕎麦屋 sobaya のかつ nokatsu 丼 don 牛丼 gyuudon 屋 ya の no カレ kareー または mataha バナナワニ bananawani 園 en の no レッサ ressaー パンダ panda ダ daー クナイト kunaito で de 言 i えば eba ジョ joー カ kaー ブラックレイン burakkurein 松田 matsuda 優作 yuusaku ロックフェス rokkufesu での deno クリ kuriー ピ piー ナッツ nattsu 時 toki として toshite 主役 syuyaku を wo 喰 ku っちまう tchimau そんな sonna 音楽 ongaku 響 hibi かしてこうや kashitekouya 兄弟 kyoudai 拝啓 haikei、 縁 en の no 下 shita 村八分 murahachibu 爪弾 tsumahaji き ki 帳 tobari の no 外 soto Join Us! 明 aka るい rui 未来 mirai? 暗 kura い i 未来 mirai? 俺 ore が ga 森山 moriyama なら nara 後者 kousya モテキ moteki なんざ nanza 来 ku る ru 訳 wake ねぇじゃん neejan 各駅 kakueki 停車 teisya 苦役 kueki 列車 ressya Let's Go どうあがいてもしゃあない douagaitemosyaanai 俺 ore ら ra 主役 syuyaku の no 玉 tama じゃない janai… でも demo チャンス chansu は ha 頂戴 choudai いつか itsuka 主役 syuyaku の no 座 za が ga 奪 uba いたい itai… Sixth Man で de 上等 joutou 助演 joen 男優賞 danyuusyou 芸達者 geitassya な na 名脇役 meiwakiyaku 現場 genba に ni 急行 kyuukou Hey Party People Everybody 注目 chuumoku! 正統派 seitouha の no ベンチウォ benchiuoー マ maー 毎回 maikai 大逆転 daigyakuten ララララ rararara… 虎視眈眈 koshitantan と to 狙 nera っている tteiru 準備 junbi はいつでも haitsudemo 出来 deki ている teiru 「 変 ka わりなんていくらでもいる warinanteikurademoiru」 なんて nante 言 i われ ware 過 su ぎて gite もう mou 慣 na れている reteiru 今 ima か ka 今 ima かと kato 待 ma ちわびた chiwabita 結果 kekka 今 ima ここに kokoni 立 ta って tte 歌 uta ってる tteru 誰 dare も mo 待 ma ってないかも ttenaikamo 知 shi れないけど renaikedo お o・ ま ma・ た ta・ せ se!! しゃべえ syabee アティチュ atichuー ド do で de メンタル mentaru は ha 中坊 chuubou 主役 syuyaku の no 玉 tama じゃ ja 無 na い i… Hey Party People でも demo 本音 honne を wo 言 i うと uto 主役 syuyaku の no 座 za が ga 奪 uba いたい itai… Sixth Man で de 上等 joutou 助演 joen 男優賞 danyuusyou 芸達者 geitassya な na 名脇役 meiwakiyaku 現場 genba に ni 急行 kyuukou Hey Party People Everybody 注目 chuumoku! 正統派 seitouha の no ベンチウォ benchiuoー マ maー 毎回 maikaiFly High! Sixth Man で de 上等 joutou 助演 joen 男優賞 danyuusyou 芸達者 geitassya な na 名脇役 meiwakiyaku 現場 genba に ni 急行 kyuukou Hey Party People Everybody 注目 chuumoku! 正統派 seitouha の no ベンチウォ benchiuoー マ maー 毎回 maikai 大逆転 daigyakuten.

次の

岡村隆史、アカデミー賞優秀助演男優賞に喜びの声 スピーチで“リベンジ”誓う

助演 男優 賞

年 受賞者 ノミネート 2019 <ミュージカル部門> アンドレ・デ・シールズ 「ハデスタウン」• アンディ・グロテルーション 「トッツィー」• パトリック・ペイジ 「ハデスタウン」• ジェレミー・ポープ 「エイント・トゥー・プラウド」• イフライム・サイクス 「エイント・トゥー・プラウド」 <演劇部門> バーティ・カーヴェル 「インク」• ブランドン・ウラノヴィッツ 「BURN THIS 焼却処分」• ベンジャミン・ウォーカー 「オールマイソン」• ロビン・デ・ヘスース 「真夜中のパーティー」• ギデオン・グリック 「アラバマ物語」 2018 <ミュージカル部門> アリエル・スタチェル「迷子の警察音楽隊」• ノーバート・レオ・バッツ「マイ・フェア・レディ」• アレクサンダー・ジェミニャニ「回転木馬」• グレイ・ヘンソン「ミーン・ガールズ」• ギャビン・リー「スポンジボブ」 <演劇部門> ネイサン・レイン「エンジェルス・イン・アメリカ」• アンソニー・ボイル「ハリー・ポッターと呪いの子」• マイケル・セラ「ロビー・ヘロ」• ブライアン・タイリー・ヘンリー「ロビー・ヘロ」• デヴィッド・モース「氷人来たる」 2017 <ミュージカル部門> ギャヴィン・クリール「ハロー・ドーリー!」• マイケル・ファイスト「ディア・エヴァン・ハンセン」• アンドリュー・ラネルズ 「ファルセットズ」• ルーカス・スティール「ナターシャ、ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」• ブランドン・ウラノヴィッツ「ファルセットズ」 <演劇部門> マイケル・アロノフ「オスロ」• ダニー・デヴィート「代価」• ネイサン・レイン「フロント・ページ」• リチャード・トーマス「子狐たち」• ジョン・ダグラス・トンプソン「ジトニー」 2016 <ミュージカル部門> ダヴィード・ディグス「ハミルトン」• ブランドン・ヴィクター・ディクソン「シャッフル・アロング」• クリストファー・フィッツジェラルド「ウェイトレス」• ジョナサン・グロフ「ハミルトン」• クリストファー・ジャクソン「ハミルトン」 <演劇部門> リード・バーニー「ザ・ヒューマンズ」• ビル・キャンプ「るつぼ」• デヴィッド・ファー「ノイゼズ・オフ」• リチャード・ゴールディング「チャールズ3世」• マイケル・シャノン「夜への長い旅路」 2015 <ミュージカル部門> クリスチャン・ボール「サムシング・ロッテン!」• アンディ・カール「20世紀号に乗って」• ブラッド・オスカー「サムシング・ロッテン!」• ブランドン・ウラノウィッツ「巴里のアメリカ人」• マックス・ヴォン・エッセン「巴里のアメリカ人」 <演劇部門> リチャード・マッケイブ「ザ・オーディエンス」• マシュー・バード「スカイライト」• K・トッド・フリーマン「エアライン・ハイウェイ」• アレッサンドロ・ニヴォラ「エレファントマン」• ナサニエル・パーカー「ウルフ・ホール」• ミカ・ストック「イッツ・オンリー・ア・プレイ」 2014 <ミュージカル部門> ジェームズ・モンロー・アイグルハート「アラジン」• ダニー・バースタイン「キャバレー」• ニック・コルデロ「ブロードウェイと銃弾」• ジョシュア・ヘンリー「バイオレット」• ジャロッド・スペクター「ビューティフル - ザ・キャロル・キング・ミュージカル」 <演劇部門> マーク・ライランス「十二夜」• リード・バーニー「カーサ・ヴァレンティーナ」• ポール・チャヒーディ「十二夜」• スティーヴン・フライ「十二夜」• ブライアン・J・スミス「ガラスの動物園」 2013 <ミュージカル部門> ガブリエル・エバート「マチルダ・ザ・ミュージカル」• シャール・ブラウン「モータウン: ザ・ミュージカル」• キース・キャラダイン「ハンズ・オン・ア・ハードボディ」• ウィル・チェイス「ドウィン・ドルードの謎」• テレンス・マン「ピピン」 <演劇部門> コートニー・B・ヴァンス「ラッキー・ガイ」• ダニー・バースタイン「ゴールデン・ボーイ」• リチャード・カインド「ザ・ビッグ・ナイフ」• ビリー・マグヌッセン「ヴァーニャ・アンド・ソニア・アンド・マーシャ・アンド・スパイク」• トニー・シャルーブ「ゴールデン・ボーイ」 2012 <ミュージカル部門> マイケル・マクグラス「ナイス・ワーク・イフ・ユー・キャン・ゲット・イット」• フィリップ・ボイキン「ガーシュウィンの『ポーギーとベス』」• マイケル・サーヴェリス「エビータ」• デイヴィッド・アラン・グリア「ガーシュウィンの『ポーギーとベス』」• マイケル・カンプスティ「虹の彼方に」• トム・エデン「一人の男と二人の主人」• アンドリュー・ガーフィールド「セールスマンの死」• ジェレミー・シェイモス「クライボーン・パーク」 2011 <ミュージカル部門> ジョン・ラロクエット「ハウ・トゥー・サクシード」• アダム・ゴドリー「エニシング・ゴーズ」• フォレスト・マクレンドン「ザ・スコッツボロ・ボーイズ」• ローリー・オマリー「ザ・ブック・オブ・モルモン」 <演劇部門> ニッキー・M・ジェームズ「ザ・ブック・オブ・モルモン」• ローラ・ベナンティ「神経衰弱ぎりぎりの女たち」• タミー・ブランチャード「ハウ・トゥー・サクシード」• ヴィクトリア・クラーク「シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~」• パティ・ルポーン「神経衰弱ぎりぎりの女たち」 2010 <ミュージカル部門> リーヴァイ・クライス「ミリオンダラー・カルテット」• ケヴィン・チェンバーリン「アダムス・ファミリー」• ロビン・デ・ヘスース「ラ・カージュ・オ・フォール」• クリストファー・フィッツジェラルド「フィニアンの虹」• ボビー・ステガート「ラグタイム」 <演劇部門> エディ・レッドメイン「レッド」• デヴィッド・アラン・グリア「レース」• スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン「フェンス」• ジョン・マイケル・ヒル「シュペリオール・ドーナツ」• スティーヴン・カンケン「エンロン」 年 受賞者 ノミネート 2009 <ミュージカル部門> グレゴリー・ジェバラ「リトル・ダンサー」• デヴィッド・ボローニャ「リトル・ダンサー」• マーク・クディッシュ「9時から5時」• クリストファー・シーバー「「シュレック」• ウィル・スウェンソン「ヘアー」 <演劇部門> ロジャー・ロビンソン「ジョー・ターナーズ・カム・アンド・ゴーン」• ジョン・グローヴァー「ゴドーを待ちながら」• ザック・グルニエ「33 ヴァリエーションズ」• スティーヴン・マンガン「ノーマン・コンクエスツ」• ポール・リッター「ノーマン・コンクエスツ」 2008 <ミュージカル部門> ボイド・ゲインズ「ジプシー」• ダニエル・ブレイカー「パッシング・ストレンジ」• ダニー・バースティン「南太平洋」• ロビン・デ・ヘスース「イン・ザ・ハイツ」• クリストファー・フィッツジェラルド「ヤング・フランケンシュタイン」 <演劇部門> ジム・ノートン「海をゆく者」• ボビー・カナヴェイル「モーリシャス」• ラウル・エスパルザ「帰郷」• コンレス・ヒル「海をゆく者」• デヴィッド・ピトゥ「イズ・ヒー・デッド?」 2007 <ミュージカル部門> ジョン・ギャラガー・ジュニア「春の目覚め」• ブルックス・アシュマンスカス「マーティン・ショート:フェイム・ビカムズ・ミー」• クリスチャン・ボール「キューティ・ブロンド」• ジョン・カラム「110イン・ザ・シェイド」• デヴィッド・ピトウ「ラヴムジーク」 <演劇部門> ビリー・クルーダップ「コースト・オブ・ユートピア」• アンソニー・チゾルム「ラジオ・ゴルフ」• イーサン・ホークス「コースト・オブ・ユートピア」• ジョン・アール・ジェルクス「ラジオ・ゴルフ」• スターク・サンズ「旅路の終わり」 2006 <ミュージカル部門> クリスチャン・ホーフ「ジャージー・ボーイズ」• ダニー・バースタイン「ドロウジー・チャペロン」• ジム・デイル「三文オペラ」• ランドン・ヴィクター・ディクソン「カラー・パープル」• マノエル・フェルシアーノ「スウィニー・トッド」 <演劇部門> イアン・マクダーミド「フェイス・ヒーラー」• サミュエル・バーネット「ヒストリー・ボーイズ」• ドムナル・グリーソン「ウィー・トーマス」• マーク・ラファロ「目覚めて歌え!」• パブロ・シュライバー「目覚めて歌え!」 2005 <ミュージカル部門> ダン・フォグラー「スペリング・ビー」• マーク・クディスチ「チキ・チキ・バン・バン」• マイケル・マグラス「モンティ・パイソンのスパマロット」• マシュー・モリソン「ザ・ライト・イン・ザ・ピアッツァ」• クリストファー・シーバー「モンティ・パイソンのスパマロット」 <演劇部門> リーヴ・シュレイバー「グレンギャリー・グレン・ロス」• アラン・アルダ「グレンギャリー・グレン・ロス」• ゴードン・クラップ「グレンギャリー・グレン・ロス」• デヴィッド・ハーバー「ヴァージニア・ウルフなんてこわくない?」• トム・オルドレッジ「20世紀号に乗って」• ベン・チャップリン「モスクワからの退却」• エイダン・ギレン「管理人」• オマー・メトウォーリー「負傷者16人」 <演劇部門> ブリアン・F・オバーン「フローズン」• トム・オルドレッジ「20世紀号に乗って」• ベン・チャップリン「モスクワからの退却」• エイダン・ギレン「管理人」• オマー・メトウォーリー「負傷者16人」 2003 <ミュージカル部門> ディック・ラテッサ「ヘアスプレー」• マイケル・キャバノー「ムービンアウト」• ジョン・ドセット「ジプシー」• コリー・レイノルズ「ヘアスプレー」 <演劇部門> デニス・オヘア「テイク・ミー・アウト」• トーマス・ジェファーソン・バード「マ・レイニーのブラック・ボトム」• フィリップ・シーモア・ホフマン「夜への長い旅路」• ロバート・ショーン・レナード「夜への長い旅路」• ダニエル・サンジャタ「テイク・ミー・アウト」 2002 <ミュージカル部門> シュラー・ヘンズリー「オクラホマ」• グレッグ・エデルマン「イントゥ・ザ・ウッズ」• マーク・クディスチ「モダン・ミリー」• ノーバート・レオ・ブッツ「ザウ・シャルト・ノット」 <演劇部門> フランク・ランジェラ「フォーチュンズ・フール」• ブライアン・マレー「るつぼ」• ビフ・マクガイル「姉妹たちの庭で」• サム・ロバーズ「すべての幸運をつかんだ男」• スティーヴン・トボロウスキー「姉妹たちの庭で」 2001 <ミュージカル部門> ゲイリー・ビーチ「ザ・プロデューサーズ」• ロジャー・バート「ザ・プロデューサーズ」• ジョン・エリソン・コンリー「フル・モンティ」• アンドレ・デシールズ「フル・モンティ」• ブラッド・オスカー「ザ・プロデューサーズ」 <演劇部門> ロバート・ショーン・レナード「愛の創造」• チャールズ・ブラウン「キング・ヘドレー2世」• ラリー・ブリッグマン「プルーフ」• マイケル・ヘイデン「ニュールンベルグ裁判」• ベン・シェンクマン「プルーフ」 2000 <ミュージカル部門> ボイド・ゲインズ「コンタクト」• マイケル・ベレッセ「キス・ミー、ケイト」• マイケル・ムルヘレン「キス・ミー、ケイト」• ステーブン・スピネラ「ジェームズ・ジョイスのザ・デッ ド」• リー・ウィルコフ「キス・ミー、ケイト」 <演劇部門> ロイ・ドットリス「日陰者に照る月」• ケビン・チェインバーリン「ダーティ・ブロンド」• ダニエル・デービス「ロング・マウンテン」• デレック・スミス「グリーン・バード」• ボブ・スティルマン「ダーティ・ブロンド」 年 受賞者 ノミネート 1999 <ミュージカル部門> ロジャー・バート「君はいい人 チャーリー・ブラウン」• デズモンド・リチャードソン「フォッシー」• ロン・テイラー「イット・エイント・ナッシン・バット・ザ・ブルース」• スコット・ワイズ「フォッシー」 <演劇部門> フランク・ウッド「サイドマン」• ケビン・アンダーソン「セールスマンの死」• フィンバー・リンチ「ノット・アバウト・ナイチンゲール」• ハワード・ウィット「セールスマンの死」 1998 <ミュージカル部門> ロン・リフキン「キャバレー」• グレッグ・エデルマン「1776」• ジョン・マクマーティン「上流社会」• サミュエル・E・ライト「ライオン・キング」 <演劇部門> トム・マーフィー「ビューティー・クイーン・オブ・リーナン」• ブライアン・F・オバーン「ビューティー・クイーン・オブ・リーナン」• サム・トランメル「噫、初恋」• マックス・ライト「イワノフ」 1997 <ミュージカル部門> チャック・クーパー「ザ・ライフ」• ジョエル・ブラム「スティール・ピア」• アンドレ・デ・シールズ「プレイ・オン!」• サム・ハリス「ザ・ライフ」 <演劇部門> オーウェン・ティール「人形の家」• テリー・ビーバー「バリフー最後の夜」• ウィリアム・ビフ・マクガイア「アトランタから来た若い男」• ブライアン・マレー「子狐たち」 1996 <ミュージカル部門> ウィルソン・ジャーメイン・ヘレディア「レント」• ルイス・J・シュタードレン「ローマで起こった奇妙な出来事」• ブレット・タビセル「ビッグ ザ・ミュージカル」• スコット・ワイズ「ステート・フェア」 <演劇部門> ルーベン・サンティアゴ・ハドソン「セヴン・ギターズ」• ジェームズ・ガモン「ベリード・ チャイルド」• ロジャー・ロビンソン「セヴン・ギターズ」• レジ・ロジャーズ「ホリデー」 1995 <ミュージカル部門> ジョージ・ハーン「サンセット大通り」• ミシェル・ベル「ショウ・ボート」• ジョエル・ブルーム「ショウ・ボート」• ビクター・トレント・クック「スモーキー・ジョーズ・カフェ」 <演劇部門> ジョン・グローバー「愛!勇気!思いやり!」• スティーブン・ボガーダス「愛!勇気!思いやり!」• アンソニー・ヒールド「愛!勇気!思いやり!」• ジュード・ロー「インディスクレーション」 1994 <ミュージカル部門> ジャロッド・エミック「くたばれ!ヤンキース」• トム・アルドリッジ「パッション」• ゲイリー・ビーチ「美女と野獣」• ジョナサン・フリーマン「シー・ラヴズ・ミー」 <演劇部門> ジェフリー・ライト「エンジェルス・イン・アメリカ」• ラリー・ブリッグマン「ピクニック」• デイヴィッド・マーシャル・グラント「エンジェルス・イン・アメリカ」• グレゴリー・イッツェン「ケンタッキー・サイクル」 1993 <ミュージカル部門> アンソニー・クリヴェロ「蜘蛛女のキス」• マイケル・セルヴェリス「フーズ・トミー」• グレッグ・エデルマン「アンナ・カレーニナ」• ポール・カンデル「フーズ・トミー」 <演劇部門> スティーヴン・スピネラ「エンジェルス・イン・アメリカ」• ロバート・ショーン・レナード「カンディダ」• ジョー・マンテロ「エンジェルス・イン・アメリカ」• ゼイクス・モカエ「ソング・オブ・ジェイコブ・ズール」 1992 <ミュージカル部門> スコット・ウーラ「ザ・モスト・ハッピー・フェロー」• ブルース・アドラー「クレイジー・フォー・ユー」• キース・デイビッド「ジェリーズ・ラスト・ジャム」• ジョナサン・キャプラン「ファルセット」 <演劇部門> ローレンス・フィッシュバーン「トゥー・トレインズ・ランニング」• ロスコー・リー・ブラウン「トゥー・トレインズ・ランニング」• ジェリコ・イヴァネク「トゥー・シェイクスピアン・アクターズ」• トニー・シャルーブ「父親との会話」 1991 <ミュージカル部門> ヒントン・バトル「ミス・サイゴン」• ブルース・アドラー「悲しき天使」• グレッグ・バージ「オゥ、ケイ!」• ウィリー・フォーク「ミス・サイゴン」 <演劇部門> ケヴィン・スペイシー「ロスト・イン・ヨンカーズ」• アダム・アーキン「くたばれハムレット」• ディラン・ベイカー「ラ・ベット」• スティーヴン・ラング「スピード・オブ・ダークネス」 1990 <ミュージカル部門> マイケル・ジェッター「グランドホテル」• レネ・オーベルジョノワー「シティ・オブ・エンジェル」• ケビン・コルソン「アスペクツ・オブ・ラブ」• ジョナサン・ハダリー「ジプシー」 <演劇部門> チャールズ・ダーニング「熱いトタン屋根の猫」• ロッキー・キャロル「ピアノ・レッスン」• テリー・キニー「怒りの葡萄」• ゲイリー・シニーズ「怒りの葡萄」.

次の

ナイナイ岡村、優秀助演男優賞で「日本アカデミー賞にまさかの忖度?」指摘!

助演 男優 賞

お笑いコンビ・のが6日、都内で行われた『第43回日本アカデミー賞』授賞式に出席。 優秀助演男優賞にノミネートしていた岡村だったが、ニッポン放送『岡村隆史のオールナイトニッポン』でかねがね口にしていた最優秀の獲得は惜しくもならず。 優秀助演男優賞を獲得した俳優陣でのトークでは、が「岡村さんが、菅田(将暉)くんみたいにっていうことで、パーマをかけてきたようで」とニヤリ。 岡村が「こういう場ですので、少しでも小綺麗にということで、休みの美容室をこじ開けさせていただいて、人生2度目のパーマネントスタイルで、6000円で…」と話すと、テーブルに座っていた、ANNパーソナリティー仲間のとが笑顔で手を振った。 『てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡』の演技で『第34回日本アカデミー賞』の話題賞俳優部門を獲得した際には、ステージで緊張してしまい「はなはだ簡単ではございますが、うれしいお言葉とさせていただきます」と迷スピーチを残し、現在も番組のネタに。 ORICON NEWSのインタビューで、スピーチのリベンジを誓っていたが、その機会は「話題賞」の場面で訪れた。 同賞の「話題賞」には『星野源のANN』のパーソナリティーで『引っ越し大名!』の主演を務めた星野源が選出。 同じANNパーソナリティーで共演歴があり、親交も深いことから、岡村は同番組内で度々、星野に話題賞の辞退を冗談交じりに迫っていたが、この日一足先にスピーチを行った星野が「はなはだ簡単ではございますが、うれしい喜びのスピーチとさせていただきます」と絶妙なトスをあげて、岡村の番が訪れた。 岡村は「作品部門をいただいけて、非常にうれしかったです。 私ラジオをもう25〜26年やらせていただいていて、みなさんにぜひ投票してくださいとお願いしていて…。 俳優部門もできればお願いしますと言っていたのですが、見事に源さんに取られてしまいました。 リスナーに裏切られた気持ちでございます」と冗談交じりにチクリ。 最後は「はなはだ簡単ではございますが、うれしいお言葉とさせていただきます」と同じフレーズで堂々と締めくくった。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の