インテリア 車 おすすめ。 おしゃれな車内のインテリアアイテム18選!かっこいい・かわいい内装例

ヴォクシーに高級感を出す!おすすめインテリアパネル

インテリア 車 おすすめ

高級車といえば、エクステリアや内装のクオリティは購入の決め手となる、重要なポイントの一つであると考えられます。 高級車の場合には、長時間のドライブでも心地よさを感じるような、快適なプライベート空間が求められます。 内装の評価の基準は、豪華さ、エレガント(上品)さ、素材の上質感、ブランド力やコンセプト、デザインの好み、押しの強さ等、十人十色です。 特にデザインについては、メッキパーツを多用した、ゴージャスで押しの強いデザインが好みの方や、上品で落ち着いたデザインが好みの方など、個人差が大きいように思います。 そこで今回は客観的な評価基準を用いて、内装クオリティの優れた高級車をランキング形式でまとめてみました。 車種につきましては、ラグジュアリーの王道である「セダン」、人気上昇中の「SUV」、そしてスポーツカークラスの「クーペ」の3つに分けてみました。 さっそく1位から順番に見ていきましょう! 2018年6月25日更新• セダン部門• ~セダン部門~ メルセデス・ベンツ Sクラス(2017)• 新車価格:1025~3297万円• 内装評価値:9. 2ポイント セダン部門の第1位は、高級車ブランドの老舗「メルセデス・ベンツ」の最上級セダンです。 ラグジュアリーカーとしての最高峰の快適性、内装の質感、先駆的なハイテク装備などを有しています。 価格帯が998万円~3297万円と幅広いのが特徴で、エントリーグレードはハイブリッドモデル 300h となっています。 特にSクラスマイバッハの後席は、ファーストクラスのおもてなし空間となっています。 ~セダン部門~ ボルボS90• 新車価格:664~842万円• 内装評価値:9. 0ポイント セダンの第2位は、安全性への徹底したこだわりを持つ、スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」のラグジュアリーセダンです。 SUV部門1位のXC90と同様に、北欧デザインをベースとした 温かさのある内装空間が高く評価されています。 見た目の雰囲気が気に入った方にオススメできます。 日本では限定500台販売となっていて、プレミアムな車として価値があるのではと思います。 ~セダン部門~ メルセデス・ベンツ Eクラス(2017)• 新車価格:1025~3297万円• 内装評価値:8. 9ポイント セダン部門の第3位は、メルセデス・ベンツのEクラスです。 このEクラスは、セダン部門1位のSクラスの「上品さ」と、Cクラスの「スポーティさ」を融合したデザインとなっています。 youtube. ~セダン部門~ BMW 5シリーズ(2017)• 新車価格:617~1017万円• 内装評価値:8. 8ポイント セダン部門の第4位は、BMWのミドルクラスのセダンである5シリーズです。 ラグジュアリーセダンとして、快適かつ上質な室内空間を持ち、同クラスのセダンの中ではラゲッジルームが特に広いところもセールスポイントとして挙げられます。 BMWといえば、個人的には内装のクオリティは二の次という印象があります。 でも、ライバル車の質感が全体的に上がってきている中、そうは言ってられない状態になり、2シリーズのグランツアラーあたりから力を入れていることが明確にわかります。 ~セダン部門~ アウディ A8(2017)• 新車価格:1129~2240万円• 内装評価値:8. 8ポイント セダン部門の第5位は、アウディの最上級セダンであるA8です。 2010年から発売されているモデルですが、近々フルモデルチェンジが予定されています。 ハイテクのフラッグシップカーとして、レベル3の自動運転技術が搭載される予定です。 ~SUV部門~ ボルボ XC90(2017)• 新車価格:774~909万円• 内装評価値:8. 9ポイント SUVの第1位は、安全性への徹底したこだわりを持つ、スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」のラグジュアリーSUVです。 V40と同じく、トールハンマーを模したLEDヘッドライトが採用され、北欧デザインならではのシンプルで温かみのある内装が特徴的です。 最先端の安全装備やドライバー中心の設計はもとより、室内空間やラゲッジスペースの広さ、直感的な操作感、燃費効率の良さも高評価されています。 ~SUV部門~ アウディ Q7(2017)• 新車価格:804~929万円• 内装評価値:8. 8ポイント SUV部門の第2位は、アウディのラグジュアリーSUVであるQ7です。 全幅1. 97メートル、全長5メートルの大きなSUVであり、広い後席スペースと積載スペースを持ちます。 一方で粘り強いハンドリングも持ち味となっていて、ワゴンクラスのクルマのように俊敏な走りを実現しています。 マトリクスLEDヘッドライト装着で夜間のドライブでも視界がクリアです。 youtube. ~SUV部門~ メルセデス・ベンツ GLSクラス(2017)• 新車価格:1070~1500万円• 内装評価値:8. 6ポイント SUV部門の第3位は、メルセデス・ベンツのGLSクラスです。 ボリュームたっぷりの3列シートの室内空間があり、SUVらしからぬしなかやな乗り心地を実現しています。 内装クオリティは8. 6ポイントと高い値ですが、新設計のEクラスやGLCクラス等と比べるとやや見劣りする面もあります。 youtube. ~SUV部門~ ランドローバー レンジローバー ディスカバリー(2017)• 新車価格:779~1031万円• 内装評価値:8. 6ポイント SUV部門の第4位は、イギリスの自動車ブランド「ランドローバー」のディスカバリーです。 このランキングで、過酷な道を走り抜けることに最もこだわったオフロード用の高級SUVです。 日本では2017年4月から限定販売モデルが販売されています。 ~SUV部門~ メルセデス・ベンツ GLC(2017)• 新車価格:597~769万円• 内装評価値:8. 5ポイント SUV部門の第5位は、メルセデス・ベンツのラグジュアリー・コンパクトSUVです。 洗練されたインテリアのクオリティと、快適で静かな室内空間、そして充実した安全装備が評価ポイントです。 SUVとクーペが融合したスタイルの「GLC クーペ」も人気があります。 youtube. ~クーペ部門~ レクサスLC(2018)• 新車価格:1300~1450万円• 内装評価値:8. 9ポイント クーペ部門では、レクサスの新開発ラグジュアリー・クーペが第1位となりました。 スポーツとラグジュアリーが見事に調和したハイレベルなクーペとして、国産ラグジュアリーカーの中では唯一無二といっていいほど高く評価されています。 ~クーペ部門~ アウディ R8(2017)• 新車価格:2456万円~• 内装評価値:8. 7ポイント クーペ部門の第2位は、アウディのスペシャリティ・クーペであるR8です。 R8は価格的にも、スーパーカーのカテゴリーに属すると思われますが、洗練されたデザイン・クオリティが高く評価されている模様です。 youtube. ~クーペ部門~ ポルシェ 718 ボクスター(2017)• 新車価格:658~904万円• 内装評価値:8. 3ポイント クーペ部門の第4位は、スポーツカーの開発で世界トップクラスの評価を得ている「ポルシェ」のオープンクーペです。 日本の街中に適したボディサイズを持ち、山道のワインディングでスポーツドライブを気軽に楽しめる一台です。 youtube. ~クーペ部門~ シボレー コルベット(2017)• 新車価格:994~1485万円• 内装評価値:8. 3ポイント クーペ部門の第5位は、アメリカの自動車メーカー「シボレー」の高性能スポーツカーです。 独特のアスリートルックスのエクステリアが示すように、とてもパワフルなエンジンとスポーティなハンドリングを持ち味とします。 特にZ06やグランスポーツのコーナリングでは、スーパーカーに劣らないパフォーマンスを発揮します。 youtube. コミコミ1000万円を超えるような高級車がズラリと並びましたが、ランキングを見返すと、 メルセデス・ベンツがライバルの中で頭一つ抜けていることがわかります。 また、アウディも次点で評価が高く、レクサスやボルボが上位に食い込んでいることや、BMWの近年のラグジュアリー感アップも見逃せないところです。 実はこの他にも、今回のランキングには入っていない、いわばスーパー・ラグジュアリークラスの車も存在します。 その中でもラグジュアリーの筆頭に挙がるのが、ロールスロイスシリーズです。 ラインナップにはゴーストII(3275万円~)、ファントム(5167万円~)などがあり、VIP送迎用のおもてなしカーとしても世界中で活躍しています。 そしてライバル的存在である、ベントレーのフライングスパー(1945万円~)やミュザンヌ(3470万円~)、新開発SUVのベンテイガ(2695万円~)も人気があります。 また、スポーツカーの極みである「スーパーカー」としては、フェラーリ・ランボルギーニ・マクラーレンなどの自動車メーカーが挙げられ、加速・旋回・減速のパフォーマンスのすべてが超高性能なことに加えて、個性的でスポーティな内装を持ちます。 ちなみにこの手の最高級車は日本の街中では軒並み大きすぎるサイズのため、保管スペースの制限(機械式駐車場はよほど大きなスペースでないとダメ)や狭い道での取り回しに難があり、出先の道幅や傾斜も考慮する必要がある、といった欠点もあります。 最近の高級車で要注目なのが、フルモデルチェンジが間近に迫ったレクサスLSです。 LCからデザイン面でも革新的な変化のあったレクサス車ゆえに、LSの内装の質感も大きく向上しているのではと思います。 今後はアウディA9やBMW 9シリーズといった近未来のデザインが採用されたラグジュアリーカーにも要注目です。 近未来の高級車は、スイッチ類が見えないように収納されている、スッキリとしたデザインが特徴です。 本記事が皆さまの参考になりましたら幸いです。 以下の記事も人気があります。 クルマを買い替える予定の方は、(無料)がオススメです!下取りと比べてひと手間かかりますが、古いクルマでも高値査定が期待でき、次車購入時の足しとなる特効薬として 非常に効果的です。

次の

ラグジュアリー重視の高級車といえばコレ!内装ランキングTOP5

インテリア 車 おすすめ

キーワード• すべてを含む• いずれかを含む• 除外する 検索範囲• すべて• 商品名のみ カテゴリ• 送料無料• 条件付き送料無料 配送• 当日配送 きょうつく• 翌日配送 あすつく• 今からの注文で 販売の状態• 在庫ありのみ• 予約可能• 割引あり 商品の状態• すべて• 中古 価格帯• 円~ 円 出品者• すべて• ストア• 個人 支払い方法• 指定なし• Yahoo! ウォレット• クレジットカード• 商品代引• 銀行振込• コンビニ• ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い• ドコモ払い• auかんたん決済• Yahoo! 選択した条件をクリア.

次の

ラグジュアリー重視の高級車といえばコレ!内装ランキングTOP5

インテリア 車 おすすめ

LEDテープライトの用途 出典: LEDテープライトとは、テープの上にLEDチップが張り付けてあるものです。 使用したい場所によって、 使用したい長さだけカットして使えるのが特徴で、車内をデコレーションしたり自分なりにアレンジすることができます。 また、家具の隙間や裏側に必要な分だけカットし張り付けることで、間接照明としても使用でき、インテリアを変えることなく部屋の雰囲気を変えることができます。 LEDテープライトの選び方 LEDテープライトを選ぶ時は、明るさやカラーといった基本的な性能から、LEDの搭載数や接続端子、防水機能などの要素で選べます。 実際に自分が使うときに、どの機能が必要かを決めておくと選びやすいです。 明るさで選ぶ 出典: LEDテープライトを選ぶうえで、一番気になるのが明るさでしょう。 LEDテープライトの明るさは、 光束の単位とされるルーメンという数値で表されていて、この数値の高さで明るさが判断できます。 販売されている製品には、明るさを調整できる物もありますが、現在販売されているLEDテープライトはほとんどが明るいLEDを標準で使用しているので、一般に売られているタイプの商品を選んで問題ないでしょう。 カラーで選ぶ 出典: カラーで選ぶ場合、 単色の光を放つタイプと 幾つもの色に自由に変更できるタイプがあります。 単色を選ぶ場合には、好みの色をカラーバリエーションの中から選べばOKです。 自由に色を変えられるタイプはRGBカラーと呼ばれるもので、付属のリモコン操作で気分によってカラーを変更でき、点灯のパターンなどもいろいろと変えられので、アレンジのバリエーションも増やせるでしょう。 LEDの搭載数で選ぶ 出典: LEDの搭載数の量は、明かりの強さにも比例します。 また、量が多い分、一部で故障してもまだ点いている部分で補うことができ、長期間使用できるメリットもあります。 また、搭載数が多い商品は価格も高くなりやすく、消費電力も多くなります。 消費電力が多少多くなってもLED自体が省エネなのであまり問題ありませんが、明るすぎることもあります。 ご自身の好みの明るさにあった商品を選びましょう。 接続端子で選ぶ 電源の接続端子には、 AC電源式のタイプとDC電源式のタイプ、USB端子式と電池式の4タイプが存在します。 商品を選ぶ際は、目的やシュチュエーションに合った接続端子のタイプを選ぶこともおすすめします。 お部屋のインテリアにおすすめなAC電源タイプ 出典: AC電源式のタイプであれば、部屋などのコンセント穴に繋いで使用できるので、 コンセントがある場所であれば屋外でも使用できます。 このタイプのメリットとして、お部屋内のインテリア目的に設置した場合、バッテリーなどと違い、電気切れがなく充電の手間がいらないことです。 また、消費電力の高いタイプや大規模な電飾を施す屋外での使用にも、安定した電力で電気切れもなく使用できるという特徴があります。 設置場所を選ばないDC電源タイプ 出典: DC電源式のタイプの場合は、基本的に付属のバッテリーに繋げて使用するタイプで、バッテリーがついている商品であればコンセント電源がなくてもどこでも使用できるメリットがあります。 このタイプには、充電するためのケーブルとコンセントが付いていることがほとんどで、コンセントに繋いでそのまま使用することも可能です。 テレビ周りと車内装飾におすすめなUSB端子タイプ 出典: 車内で使用する場合には、USB端子式のタイプがおすすめです。 このタイプであれば、 車内のシガーソケットに100均などで販売しているUSB端子変換器を繋いで使用できます。 また、屋内ではUSBのインターフェイスが付いている家電製品に繋いで使用できるので、テレビの裏にLEDテープライトを取り付けたい場合にも、テレビのインターフェイスにそのまま繋げて使用できるメリットもあります。 電力の少ないタイプには電池式 出典: あまり使用範囲の広くない、少ない電力で済むような規模であれば、電池式のタイプでも十分です。 バッテリー式同様に、電源のない場所でも設置できるメリットがあり、バッテリータイプよりも小型で邪魔になりにくい特徴もあります。 また、構造的にも電池を入れるだけで使えるような商品が多いこともあり、扱うのに 一番手頃で簡単なタイプともいえるので気軽に使用することができます。 屋外で使用するには防水性のあるモノ 出典: 雨などの水に晒される屋外で使用する場合には、防水性があるものがおすすめです。 また、車内に取り付ける場合も、ドア付近であれば出入りの際に雨の影響を多少受けることもあるので、ここでの使用も視野に入れときましょう。 防水性のないものを屋外で使用し、雨に濡れたまま使用すると、ショートなどが原因でLEDが点灯しなくなることもあります。 水の影響を受けるような環境で使用する場合には、防水性のある商品を選びましょう。 LEDテープライトのおすすめ人気ランキング7選 ここからは、LEDテープライトのおすすめ商品を紹介していきましょう。 DIYで配線などを自分で揃えて自作できるテープライトのみの商品とアダプターなどがセットになった商品を選びました。 他にも、車を装飾する製品もありますので、目的に合った商品を見つけてみてください。 1位 【1本入り】 両端子 5M 12V 非防水 1チップ 薄型 LEDテープライト メーカー:Kaito Denshi 海渡電子 LEDタイプ:3025 消費電力:約9. LEDテープライトのみで購入することで、好みのLEDと配線を別で取り揃えられるメリットと、単体でのコストも抑えられます。 1mあたりのLEDの搭載数は60個ありますので、明るさも高く7色のカラーから好みの色を選べます。 2位 高輝度LEDテープライト 5m 防水 24V 600連SMD5050 二列式 カバー付 メーカー:AMIR LEDタイプ:SMD5050RGB 消費電力:2. 7w 出力:4. 5〜5V 長さ:1m LED搭載数:30 防水仕様:IP65 カラー:16色 USB端子に接続可能 スプリットから直接USB端子が繋がっているので、複雑な配線が不要な商品です。 テレビのUSB端子に繋げてテレビの裏に張り付けることで、目の疲労を軽減し、テレビ画面をより鮮明に見せてくれます。 間接照明にもなり、車のシガーソケットにUSB変換器を付けて車内装飾にも使用できます。 RGBタイプで、リモコン操作から16色にカラーを変えるなどのアレンジも楽しめます。 4位 ディライト LEDテープライト 防水 スティック型 12V 昼間のデイタイムランニングライト (2本セット) メーカー:wsiiroon LEDタイプ:smd 5050 RGB 出力:DC 5V 長さ:30mm LED搭載数:60個 ルーメン:22LM 防水仕様:〇 カラー:8色 音に合わせて変色するおしゃれアレンジが可能 こちらは音楽などの音に反応して色が変わるRGBタイプのLEDテープライトです。 車の電飾として取り付けてもおしゃれですし、部屋で使うステレオの裏に付けてもサウンドで8色に変わる変色を楽しめます。 また、2つの点減モードと2つのフェードモードの4種類の自動カラーチェンジもあり、楽しみ方のバリエーションも豊富です。 RGBタイプの変色するLEDテープライトとして、アダプターや接続ケーブルなど揃っていますので、初心者の方でも取り付け簡単です。 変色の操作ができるコントローラーが付属していますが、設定することでAndroid・スマホからも操作ができます。 LEDテープライトのおすすめ人気ランキング3選 LEDテープライトを選ぶ場合、接続に使用するコネクトが必要です。 セットで販売している商品であれば問題ないのですが、別売りで自分で購入してからDIYで繋げる必要がある商品もあります。 そのような場合に必要な、コネクト端子のおすすめ商品をご紹介していきましょう。 注意点として、コネクターを選ぶ時には、LEDテープライトの規格に対応している商品を選ぶように気をつけましょう。 1位 [10本セット] LEDテープ 延長用ケーブル コネクタ 8mm 3528 SMD 単色用 半田付け不要 8mm 単色用延長ケーブルコネクタ メーカー:サンクスワールド LEDタイプ:3528 SMD 長さ:16cm カラー:単色用 半田付けが不要で簡単コネクト 半田付けなしで挟むだけで簡単にLEDテープライトと繋げることができます。 電源側を繋げる場合には、別のコネクターを揃えるか、半田付けが必要になりますので注意しましょう。 また、対応しているLEDテープライトのタイプは「3528 SMD」です。 「5050」などのタイプには対応していないので注意しましょう。 こちらのコネクトを繋げれば、スイッチが付いているのでオン/オフで簡単に切り替えられるので便利です。 また、USB端子になっているのでインターフェイスがUSBの場所には適応があります。 これのみではLEDテープライト側には直接繋げられないので、電源アダプターなどを中継させる必要がありますので注意しましょう。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 397円 4. 2 2,280円 5 999円 3. 5 942円 3 2,646円 4. 1 1,499円 4. 5 2,624円 4. 1 193円 3. 5 2,457円 2,306円 まとめ 今回は車やお部屋のインテリアをオシャレに演出できるLEDテープライトを紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?DIYで自分で繋げていくものから、購入してすぐ使用できる商品までたくさんの種類があります。 LEDテープライトを取り付けることで、お部屋の雰囲気はもちろん、車内、外装をおしゃれに演出しながら、安全対策や目の保護にも役に立ちます。 ご自身の好みの長さにカットでき、カラーも豊富に揃っているため、いろんなアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の