妊娠中 くしゃみ 腹痛。 妊娠中期の下腹部痛!平気なものと危険なものの違いは?

くしゃみをしたら激痛が|妊娠中期(5~7ヶ月)|妊娠・出産・育児に関する総合情報サイト【ベビカム】

妊娠中 くしゃみ 腹痛

2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。 沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。 産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 妊活中は、ほんの些細なことでも「妊娠兆候では?」と気になってしまうものですよね。 妊娠が成立してすぐのいわゆる「妊娠超初期」には様々な症状が現れますが、下痢もその症状の一つ。 生理前は下痢になりやすいため、妊娠兆候の下痢と区別がつきにくく、注意が必要です。 今回は生理前の下痢が妊娠超初期症状なのかを見極める方法や、腹痛を伴う場合は流産の危険性があるのかなどをご紹介します。 生理前は下痢になりやすい? 生理前は体内のホルモンバランスが変化し「月経前症候群」と呼ばれる不調が現れやすい時期。 症状は、腹痛、むくみ、精神的な不安定など人によって様々ですが、下痢もその一つです。 生理前に下痢が起こりやすいのには、生理周期を担っている「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という女性ホルモンが影響しています。 プロゲステロンは排卵後~生理前にかけて分泌が多くなりますが、体内の代謝を下げて、腸の動きを鈍らせる働きがあるため、この時期は便通が悪くなりがちです。 しかし、妊娠が成立せずに生理の準備が始まると、プロゲステロンの分泌量は減少します。 すると腸の動きが一気に活発になり、下痢になりやすくなってしまうのです。 生理前の下痢は妊娠超初期症状かも?着床が原因? 妊娠超初期とは、妊娠検査薬で陽性反応が出るより前の時期のことを指し、生理前の時期と重なります。 そのため、生理前の下痢は、もしかすると月経前症候群ではなく、妊娠超初期症状かもしれません。 妊娠超初期症状で下痢が起こるのも、受精卵が着床したことによって、ホルモンバランスが急激に変化することが原因とされています。 つまり、生理前の下痢も妊娠超初期症状の下痢も、どちらもホルモンバランスの変化によって引き起こされているのです。 そのため下痢の症状だけで、月経前症候群なのか、それとも妊娠超初期症状なのかを見分けるのは難しいのが実情です。 関連記事 妊娠超初期症状の下痢に危険性はある?腹痛があると流産? 妊娠初期に下痢になってしまうと、流産の危険性があるのでは?と心配する人もいると思います。 下痢になっても流産を招くような危険性はないので、心配しすぎないでください。 下痢だけでなく、ひどい腹痛も続くときは、早めに病院を受診した方が安心です。

次の

妊娠中のくしゃみは胎児に影響が出る?妊娠初期に腹痛を感じたら?

妊娠中 くしゃみ 腹痛

妊娠初期にくしゃみをして、おなかが痛いと感じることもあるでしょう。 しかし、その腹痛は子宮が収縮した痛みではなく、子宮の周りの筋肉の収縮による痛みなのです。 妊娠して子宮が大きくなると、それを支える筋肉や靭帯は常に固く、緊張している状態が続きます。 そこに、くしゃみによって大きな圧力がかかると痛みが生じるのです。 つまり、あくまで子宮周りの筋肉の緊張が腹痛の原因であり、子宮への直接的な影響は少ないのです。 したがって、子宮内の胎児に大きな影響を及ぼすことは考えられません。 「胎児が痛いと感じているのでは・・・」と思う人もいるかもしれませんが、その心配もありません。 くしゃみがよく出ることによって流産や早産をしたケースは、ほぼ皆無です。 たしかに妊娠初期は、妊娠している人が食べる物や運動の影響が、胎児に及びやすい重要な時期です。 様々なことに敏感になるのはわかりますが、くしゃみをして痛いと感じたことに、多大な心配をする必要は無いでしょう。

次の

くしゃみをすると腹痛・腹筋が筋肉痛になる原因3つと対処法4選

妊娠中 くしゃみ 腹痛

妊娠中のくしゃみで腹痛の原因と胎児への影響 妊娠中だけではありませんが、くしゃみをすると腹筋に力が入り、下腹部の筋肉が緊張状態になります。 妊婦さんは、大きくなった子宮を支えるため人体が固くなっていて、 くしゃみで急に圧力がかかることで痛みを感じやすくなっているんです。 人によっては、今までに感じたことがないような激痛を感じる方も。 くしゃみでの腹痛が胎児に影響する心配はない いちばん心配なのは、くしゃみをしたときの腹痛がおなかの赤ちゃんに影響があるのか?ないのか?だと思いますが、くしゃみによる腹痛は、子宮の収縮によって起こるものではないので、 胎児への影響はほとんどないと考えられています。 特に妊娠初期は、流産の確率が高くちょっとした腹痛にも敏感になりがちですが、くしゃみによって子宮が圧迫され、早産や流産を引き起こしたり発達に悪影響を及ぼすことはありませんので安心してください。 妊娠初期のトラブルは他の原因 とはいえ、妊娠初期は流産の発生確率も比較的高いので、「腹痛」があったり「お腹のまわりが張る感覚があると心配になる」という方もいらっしゃるかと思います。 妊娠初期の流産等のトラブルの原因は、主に遺伝子や染色体異常です。 残念ながら一定の確率で流産してしまう妊婦さんもいらっしゃいますが、ほとんどの場合が母体の問題ではなく、当然くしゃみと流産の因果関係もありませんので、その点は心配しないでくださいね。 妊娠するとくしゃみが増える原因 妊娠中のくしゃみによる腹痛は、胎児に影響がないことがわかりました。 ところで、「妊娠前よりくしゃみが増えた」と感じているのではないでしょうか? 実は、妊娠してからくしゃみがよく出る!という妊婦さんは多く、それには大きな理由が2つあります。 免疫力の低下により鼻粘膜も敏感になることからくしゃみの症状が多くみられるようになります。 これは妊娠をきっかけに分泌量が増える 女性ホルモンの作用によるもので、鼻粘膜を刺激し、鼻水・鼻づまりに起因するくしゃみを引き起こします。 妊娠前に鼻炎があった場合にはさらに症状が悪化することがありますが、これまで鼻炎ではなかった人が突然発症することもあります。 妊娠中のくしゃみには4つの対策が効果的 腹痛の原因にもなるし、負担がかかるし、できたらくしゃみ自体を減らしたいですよね。 そこで、少しでもくしゃみの回数を減らすためにできる対策方法をいくつか紹介します。 他の人からのウイルス感染やアレルゲン物質との接触を避けるためにマスクをつけることをおすすめします。 妊娠中には薬の服用も制限されるため、なるべく風邪などのウイルスを取り込まないよう自衛することはとても大切。 くしゃみに繋がる症状を起こさないように努めましょう。 たとえば毛皮のコートやマフラー、柔らかい素材の寝具はホコリがたまりやすくくしゃみを引き起こす原因になりかねません。 なるべくシンプルな素材のものを着用すると良いでしょう。 乾燥していると空気中にホコリが飛び交いやすく鼻から吸いこんでしまう危険性が高くなります。 加湿器で湿度を十分に確保することで鼻の違和感を軽減できます。 妊娠中のくしゃみは生理現象なので気にしすぎる必要はありません。 ただ、長引く場合や私生活に影響するほど重症な場合にはかかりつけの産科医に相談することをおすすめします。 妊娠中は服用できる薬が限られますが、症状を緩和する薬の提供や治療を行ってくれることもあります。 妊娠中のくしゃみ「腹痛」を軽減する方法は? 妊娠中のくしゃみによる腹痛、これによって胎児に悪影響がないと分かっていてもお腹がきりきり痛むのは辛いですよね。 そんな時におすすめな方法は 「くしゃみをする瞬間に身体を丸める」こと。 くしゃみをするときに背筋が伸びている状態だとした腹当たりに引き攣るような痛みが起こる場合があります。 少し背中を丸めると、お腹への負担が軽減されるので、腹痛の症状を和らげることができますよ。 寝ている時にくしゃみが出そうになったときには、仰向けではなく横向きになると良いです。 ぜひ試してみてくださいね。 妊娠中のくしゃみは腹痛以外にも心配事が くしゃみでの腹痛は胎児に影響がないことはわかりましたね。 しかし、妊娠中はくしゃみによる 尿漏れを引き起こすことが多くあります。 これは、胎児が大きくなることにより膀胱が上から圧迫されるためです。 突然のくしゃみによる尿漏れが心配な方は女性向けの尿漏れシートを使って対策をすると良いでしょう。 さまざまなタイプのものが販売されており、においを防いでくれたり、しっかりと水分を吸収してくれたりと、快適に過ごすことができますよ。 下着や衣服を汚さないためにもぜひ使ってみてくださいね。 妊娠中のくしゃみは腹痛より尿漏れに注意 今回は妊娠中にくしゃみが増える原因やくしゃみによる腹痛やその他の症状について紹介しました。 妊娠中は些細なことでも心配になってしまいますが、腹痛による胎児への影響はありませんので、安心して過ごしてくださいね。 ただ、症状として尿漏れに悩まされる方が多いのは事実。 尿漏れを心配して過ごすのはストレスになりかねないので、尿漏れシートを使うなどの対策をとって快適なマタニティライフを過ごしてくださいね。 また、くしゃみ自体が長引いたり辛く感じられる場合は一人で抱え込まず、ぜひかかりつけの産科医に相談しましょう。

次の