メルカリ 売る。 目指せメルカリで月収10万円!メルカリで売れるもの10選とは!?

【金額公開】ひたすらメルカリをやってわかった、高く売れる5つのコツ。

メルカリ 売る

質問には出来るだけ早く回答してあげると、「こまめに連絡をくれてスムーズに取引ができそうだ」と思われます! 鮮明でわかりやすい画像を載せることも大事ですね。 写りの悪い写真を載せるなんて問題外です。 何度も撮影して、一番綺麗に撮れたものを使います。 また、その際も背景に色々と映り込まないほうが良いです。 (アクセサリーなど、周囲にわざと綺麗な布や小道具を置いて綺麗に見せるのは別として) シンプルにしたほうが商品が映えます。 また、衣類の場合は出来るだけブランドサイトなどからモデル着用画像を探して載せると良いですね。 あとは商品説明は簡潔に、でもわかりやすく。 衣類などダメージがあるものは正直に書かないと後から揉めるので要注意です。 メルカリで商品を売るコツは、値段設定の時にいくらで売りたいかよりも、自分ならこの商品をいくらで買うかということを意識して設定することです。 商品を出品する理由を明確にするようにしています。 自分が買い手だとして、なぜこの商品を出品しているかとても気になるからです。 実は質が悪いのかなとか気になるので、「購入しましたが私には似合わなくて」や「同じような服ばかりあるので」などとしっかりと書くように意識しています。 多少の値下げ交渉を意識して、3000円で売りたいなと思ったら、あえて最初は3200円で出すようにしています。 そうすると購入者は少しでも下げてくれる嬉しさ、お得感を感じるでしょう。 新品未使用のものに関しては、購入時の値札があるとさらにいいです。 2.価格を入念にリサーチする 価格を決める際に大事なのが、売りたい商品を検索してメルカリ内での相場をチェックすることです。 メルカリでは、出品料として手数料10%売上金額から引かれますので、手数料と送料込みにした場合は、配送料を考えた価格に設定することも大事です。 メルカリは便利な一方で、出品するときはライバルが多いため、売ることはなかなか難しいです。 メルカリで商品を売るコツはライバルに負けない価格設定をすることです。 売るときに商品のカテゴリを選択するところがありますが、カテゴリの中に同じようなものがたくさんあるとその分売れる確率は低くなります。 自分が安くでもいいから早く売りたいか、少しでも高く売りたいかと言う視点だけで決めてはいけません。 安いのはいいですが、安すぎると本物か疑われることもあります。 売れそうな価格をじゅうぶんにリサーチし、その商品にどれくらいの価値があるのか見極められる人は、ライバルに勝てる率が上がります。 購入希望者から値引き交渉があることも予想して、希望価格より気持ち高めに設定するのもフリマアプリで売るときのテクニックです。 以前、メルカリで子供が遊んでいたゲーム機本体とゲームソフトを売ったことがあります。 人気のあるゲームカテゴリでしたので、出品してすぐにコメントがきました。 そのコメントは値引き交渉でした。 メルカリでの商品売買の際は値引き交渉があります。 このことを想定していたので、出品時の初期価格を少し高めに設定しました。 少し高めというのは、値引き交渉で想定した価格になることを考えた価格です。 例えば10000円で売りたいと思った場合は、11000円程度で出品し、値引き交渉で10000円まで下げるといった方法です。 これにより、買う方も値引きできて買い物がお得にできたと思うことができます。 期限を設けることもいいかもしれません。 値引き交渉された場合に、「即決断していただく場合はこの価格にします」といった感じです。 メルカリで商品をスピーディに売る大事なコツは、売れる時間帯と価格帯のリサーチをすることです。 週末の夜の時間に出品すると、閲覧している人が多いため早く売れるでしょう。 同じメーカーの同じような商品を、他の出品者がいくらで売っているか、まず検索をしてみてから値段を決めます。 価格が相場より高すぎる場合、値下げの手間がかかったり、売るのに時間がかかります。 同じ商品を出品している人が沢山いる場合は、相場よりさらに安く設定したほうが早く売れます。 同じ商品を現在出品している競合がいない場合は、少し高めに設定してもすぐに売れていきます。 写真を出来るだけ綺麗に撮ったり、商品説明を丁寧に記入することももちろん必要です。 4.綺麗な写真を用意する 撮影するときは商品の汚れやしわなどを綺麗にして、見栄えの良い写真を用意することが大事です。 見た目が良いだけで、商品ページを見てもらう確率はグンとアップします。 写真は明るいところで、見ている方が買いたくなるように見栄え良く撮影します。 そのためにも、商品は出来るだけきれいな状態にし、汚れなどは取り除きます。 衣類等は洗濯した方が良いと思います。 説明文ですが、内容は丁寧に、そして汚れなどがある場合は写真などを載せておくとトラブルを防げると思います。 最後に大事なのは価格ですが、売りたい商品の相場を確認し、最安価格またはそれよりも少し安い価格設定にしておくと、スムーズに購入していただけるでしょう。 商品ごとに最安の発送方法を選ぶことも利益向上に繋がるため大切です。 各サービスの料金は変更されることもあるので、日ごろからどのような発送方法があるのか、リサーチしておくと良いと思います。 まず写真をいろんな角度から撮ります。 メルカリは4枚載せることができるので、4枚でその商品の全体、裏面や側面、傷があればその部分の拡大図を載せます。 次に説明文を丁寧に細かく書きます。 いつ購入したのか、どのくらい使ったか、傷や汚れはあるのか、値下げは可能かなどを書きます。 値段設定は利益だけ考えると売れません。 最低でこの価格!という値段をつけます。 送料は込みの方が売れます。 大きい商品を売る場合送料も値段に含めて設定します。 どうしてもの場合のみ送料は購入者負担にしましょう。 発送は早い方がいいですが、遅すぎなければあまり関係ないと思います。 最後に、常識ですが取引は丁寧な言葉遣いを心がけましょう。 商品のサイズ感がわかるように撮影することも、メルカリで売るときのテクニックです。 商品の写真を出来るだけ分かりやすく載せることが大事です。 色は実物に近く見えるよう時には加工も加えたり、その旨を文章でも注意書きします。 少しでも買い手とのギャップを作らないようにしている姿勢が伝わるため、信頼感につながります。 洋服などであれば着画があればより親切です。 小物や鞄は、サイズ感も伝わるように手を添えたり、何か比較の出来そうな画像にしています。 連絡をこまめにすることも大事です。 メッセージ等はせめて翌日までに返すのがいいと感じています。 値段に関わる部分はとにかく正直に伝えます。 値下げは出来る範囲で、お互い納得のいく取引をすることが一番だと思います。 商品写真を綺麗にすることは大事ですが、加工のし過ぎはトラブルのもとになることもあるので注意しましょう。 洋服やバッグなどを出品する際には、綺麗な写真をとることを心がけます。 しかし加工しすぎて実物とあまりに異なるのは、トラブルのもとなので避けなければなりません。 ほどよい照明のもとで撮影するのがいいでしょう。 もし汚れがある場合には、その部分をアップにした写真と説明欄にきちんとその旨を書くことも大事です。 質問がきた際には丁寧に回答し、購入後のやり取りでも挨拶文は必ず入れるようにします。 誠心誠意対応するとリピーターも増えよく売れるようになります。 商品を売るために大事なのは設定価格です。 他の同じような商品を販売している方の値段設定を出品前にリサーチし、売れた価格かややそれより安く設定します。 新商品や数量限定品を出品する際には、1分でも人より早く出品することも重要です。 特に限定品の場合は、早く手に入れたい!という焦りが人間にはありますので、多少高くても売れる傾向があります。 出品して2~3日売れなければ、いいね!がいくつついていても再出品して、売れる確率を上げるようにしています。 なるべく検索トップに持ってくることが大切だと思うので、再出品は欠かさないようにしています。 トップにくる画像は全体図にし、残りの写真は細かい部分が載った写真を掲載しています。 本文には『他に写真を撮ってほしいご希望の箇所があれば、遠慮なくおっしゃってください』と、一言添えています。 また、出品前に必ず同様の商品を検索して、販売価格帯を調べています。 私は他の人より10円でも安くして売っています。 買い手としては1円でも安く買いたいと思うので、少しでも安い方が売れます。 個人と個人のやりとりなので、とても細かい部分まで気を遣いますが、古着屋や古本屋などに売るよりも高値で売れるので、手間を惜しまずやることが大切だと思います。 6.相手が安心するプロフィール 買い手としては、悪い評価がついている怪しい相手とは取引したくないもの。 少々面倒でもプロフィールは丁寧に入力することがメルカリで売るときのコツです。 メルカリで商品を売る時に、私が考えるいちばん大切な事は、プロフィールをきちんと書くという事です。 メルカリなどのフリマサイトで物を買う時にいちばん心配なのは、ちゃんとした商品かどうか?信用できる売手かどうかです。 それを知るための情報は、商品の写真、説明文、価格、そして販売者のプロフィールだけです。 ちなみに、プロフィールをみれば今までの評価実績もわかりますのでそれもふまえてください。 売る立場の時にも、もちろん相手の実績は気になるのですが、買う場合はその何倍も気になります。 粗悪な商品を平気で売る人もいます、素人のネット販売とはそういうものです。 プロフィールはそういうトラブルを回避する為にも、きちんと書くべきですし、それをも手を抜く人を信用はできないと思うからです。 まずは、商品を出来るだけきれいな状態にし、汚れなどは取り除きます。 衣類等は洗濯した方が良いと思います。 そして、写真は明るいところで、見ている方が買いたくなるように見栄え良く撮影します。 説明文ですが、内容は丁寧に、そして汚れなどがある場合は写真などを載せておくとトラブルを防げると思います。 最後に大事なのは価格ですが、売りたい商品の相場を確認し、最安価格またはそれよりも少し安い価格設定にしておくと、スムーズに購入していただけるでしょう。 商品ごとに最安の発送方法を選ぶことも利益向上に繋がるため大切です。 各サービスの料金は変更されることもあるので、日ごろからどのような発送方法があるのか、リサーチしておくと良いと思います。 トラブルを防ぐためにも、商品は少しでもキレイな状態にし、汚れが取れるものはなるべく綺麗にする努力をしています。 写真を撮る際は、明るいところで商品が映える場所で行い。 汚れや破損がある場合は、よく分かるように説明文と共に写真を載せます。 商品説明は、分かりやすく丁寧に入力します。 特に洋服は、袖や丈など細かく採寸しています。 価格設定は同じものを出品している方の金額より少し低めにしています。 配達状況が確認できる方が、購入者様も出品者側も安心できるので、発送方法はなるべく追跡番号がつくものを選択しています。 出品する時間帯は、お昼から夕方がベスト。 評価が高ければ高いほど購入してくださる方も安心感があると思うので、少しでも高い評価を頂けるように努力する。 購入されたらすぐにお礼のコメントをしたり、マメにコミュニケーションをとっています。 販売価格の参考にするため、売りたいと思った商品を他の人が出品していないかをメルカリで調べます。 どのくらいの価格でどの程度の状態のものが出品され、購入されているのかを把握するためです。 売りたい商品の状態を確認し、傷や汚れがある場合、売りたいからと言ってそのことを隠すことは後々トラブルにつながります。 状態は隠さずに、商品説明にわかりやすく明記し、もし傷があるのならば、その部分の写真も掲載すると、より程度が分かりやすいでしょう。 掲載する写真もすべての角度から撮影し、状態が分かりやすくしておくことをおすすめします。 商品説明は端的にわかりやすく、購入時期や購入時の価格、使用頻度などを掲載し、手放す理由も添えるとよいかと思います。 出品後、「いいね」はつくものの、なかなか購入までに至らない場合、商品が埋もれてしまうので、いいねがついていても定期的に再出品してみるとよいでしょう。 8.検索されやすい商品名にする 新着出品後は売れやすいタイミングですが、すぐに他の商品に埋もれてしまうのが難点です。 そこで、その商品を検索したときにヒットしやすいように商品のタイトルや紹介文を工夫してみましょう。 ブランド名や商品名のほか、雑誌に掲載されていた、人気モデルが着用しているといった情報も書いておくといいでしょう。 メルカリはたくさんの人が利用しているので、自分が出品したい商品を検索して他の出品者がどんな風にやっているのか調べてからがオススメです! タイトルや紹介文に検索されやすいように商品やブランド名を入れるといいですよ。 私は洋服中心に出品していました。 着ている画像を載せるとすぐ購入して貰えることが多かったです。 あとは写真をできるだけキレイに撮って、必要以上に加工しないこと! 加工し過ぎると、購入者からの評価で写真と違うとクレームや評価下げられたりします。 中古品を売る時は糸のほつれや汚れありと正直に載せた方が、逆に信用されて購入してもらえます! 出品したら購入して貰えるまで放置せずに、こまめに文章をかえて出品し直すといいですよ。 9.商品の状態を丁寧に書く 購入した時期や元値、どれくらい使用していたかなど、購入者にとって有益な情報をしっかりと記載することがメルカリで売るときのコツです。 商品の説明やタイトルが雑な商品だと、売れる価値のあるものでも買いたい気持ちにはならないでしょう。 購入する側の立場になって出品することが大事です。 どのくらい使用したか、いつ頃購入したか、購入した時の元値はいくらだったのかなど書くと購入率があがります。 汚れや使用感なども書きましょう。 書かないと低い評価をされる場合があります。 送料は相手負担だと売れる確率がさがります。 なるべくこちらが負担するとよいです。 送料がかかりすぎるものはあまり売らない方がいいでしょう。 売る前にすでに出品されている同じ商品の値段をみて、それよりも安く売るといいです。 一番売れやすいのはブランド商品で、ブルーレイも比較的売れます。 高めに値段設定をして、コメントがきてから大幅にお値下げするのも、相手にお得感を与えます。 少々手間ですが高めの値段設定にしておき、反応がないようなら値段を下げ、紹介文に「お値下げ不可・即購入OKです」と記載して再出品するといいでしょう。 メルカリで売るコツを実践しよう メルカリで商品を売るコツをより深く知るために、とをチェックしてどんな商品が売れるかしっかり把握しておきましょう。 丁寧な言葉遣いやマナーをしっかり守り、気持ちの良い取引を続けるうちに自分なりのやり方が見えてくるでしょう。 これからフリマアプリメルカリを始めたい方は、こちらからダウンロードできます!メルカリで売るコツをさっそく実践してみましょう。

次の

メルカリで15万円稼いだ私が実践した事・売れたものランキング|上京ばなな

メルカリ 売る

目次で車の事をチェック• メルカリで車を売るとどういったことが起こるのか スマホにダウンロードすれば、誰でも手軽に不要になったものや、自分でハンドメイドした小物などを売ることも、買うこともできると大人気になっている、フリマアプリがメルカリです。 読み終わった本を売ったとか、気に入ったアクセサリーを安く購入したなんて具合に、もう使ってる!というユーザーも多いでしょうが、最近ではこのメルカリで車も売買されていることをご存じだったでしょうか。 そこで今回は、メルカリで車を売るにはどうしたらいいのかをまず説明し、その後の手続きがどう進むのかを解説。 さらに、メルカリで車を売るとどういったメリットや、デメリットが出てくるのかについて、徹底検証してみたいと思います。 また結論からいってしまうとメルカリで車を売るより簡単なのは一括見積もりの業者にお願いする方が簡単です。 当サイトがおすすめするかんたん車査定ガイドであれば電話営業なしで車の見積もりを最高額で提示してもらう事が出来ます。 自動車のメーカー 車種やグレード ボディカラー 年式・走行距離 車検有効期限 整備点検記録簿の有無 事故歴 などの入力する必要がありますが、よく考えると買取一括査定などでも入力する内容とさほど変わらず、かかる時間はわずかなものです。 一括査定申込との違う点といえば、売りたい車の写メをいくつか(最大4枚)撮影しアプリ上にアップする作業ぐらいですが、メルカリ上でしっかりとフォーマットができているので、誰でも数分あればスムーズに行えます。 メルカリで車を売った場合の名義変更の仕方 出品自体は誰でも簡単にできますが、中古車の場合他の商品と違って取引後に必ず、をしなければならず、個人間取引であるメルカリの場合、それをユーザー自身が進めていく必要があります。 ですので出品前に、まず購入者に必要な•  車検証•  自賠責保険証明書•  自動車税納税証明書•  リサイクル券 をそろえておかなければなりませんが、ほとんどの場合これらは車検証入れなどに入れられて、車のダッシュボードなどでしっかりと管理されているはずです。 唯一、自動車税納税証明書だけは紛失している可能性や、うっかり納税を忘れているケースもあります。 紛失している場合は再発行を、納税がまだの場合は必ず自動車税を事前に納付して、納税証明書を確保しておきましょう。 またトラブル防止の観点(注)から、購入者の方が車両本体や各書類がそろった時点で、自ら名義変更をするのが基本です。 ですので売り手側は、上記の書類等に加えて、 1. 印鑑証明書 2. 注・・・出品者が名義変更を済ませて、売却をすることも手続き上は可能。 しかし、もしも名義変更後にキャンセルされ連絡がつかなくなったうえ、その車体が事件や事故等に遭遇すると、落札者にとって大きなトラブルの原因となってしまう。 メルカリで車を売るメリット 書類の準備等に、少々手間がかかるとはいえすべてが揃ってしまえば、あとは出品をして落札希望者が現れるのを待つのみ。 mercari. また、メルカリで車をスムーズに個人間取引できた場合、プロの車業者が介入しないため、 売り手側・・・中古車販売店の利益などの、いわゆる中間マージンがかからないので、実質多くの売却益が得られる。 買い手側・・・諸費用という、車体価格に車販売業者が加算してくる出費分、購入費が節約可能。 という、双方にとって都合のいいメリットが出てくる可能性もあります。 買い手の立場に立って、上記の車体のついて言うなら、執筆時点で2年近く残っていた車検と、書いている車体の状態に「偽りや見逃しが一切ない」のであれば、確かにお買い得ということができます。 mercari. つまり、メルカリでうまく愛車が売れれば、買い手・売り手双方得をする、「WINWIN」な取引をすることが可能だということです。 また、気になる金銭の受け渡しについても、メルカリ運営がしっかりと仲介をしており、購入者が車体や書類の到着を確認するまでは、代金の管理をしてくれるため、余計な金銭トラブルのリスクも緩和され安心です。 メルカリで車を売ると手数料はどのくらいかかる? メルカリの場合、そのは無料ですし、年会費などといったものも存在しません。 また、たとえそれが数十万円を超える中古車であっても、出品に関して一切費用が発生することはないので、 「買取業者では査定が付かなかったので、試しに出品してみる。 」 なんてことも可能です。 つまり、先程紹介した車体であれば1万5千円が手数料となるので、出品者が受け取れる売却益は13万5千円ということになります。 この程度であれば、まだ買取業者の出してくるであろう査定額を、メルカリで売れたときの売却益の方が上回ると、査定士経験もある筆者は考えています。 また、人気車種であり高年式・低走行車だからと、販売額を高く設定してそれが売れれば、必然的に手数料も増えてきます。 仮に100万円で売れた場合、実に10万円もの高い手数料が、必ず発生してくるということです。 こんなに手数料がかかるなら、メルカリで売っても得をしないと考えてしまうかもしれませんが、これでもまだまだ中間マージンに比べれば、正直言ってなんてことはないレベル。 メルカリに出品をした車があっさり売れる値段設定とは、中古車販売市場で同レベルの中古車が、もっと高い販売価格設定をされていた時です。 つまり、販売店で100万円の販売相場である「A」という車種の全く同じような車体が、メルカリにおいて80万円で出品されていれば、落札される可能性が高くなるということ。 そして80万円で売れれば、メルカリに支払う手数料は8万円と高額にはなりますが、中古車店での販売価格が100万円の車体の買取業者の査定相場は、セオリーから言えばその6割程度。 つまり、「A」という車の買取業者での査定相場は、間を取った場合でも65万円ほどであり、80万円で売れ手数料を除く72万円がゲットできた場合、プロを介するよりメルカリで売ったほうが得をする可能性が高い、という訳なのです。 メルカリで車を売るデメリット。 トラブルも多いって本当? ここまで良いことばかりを並べてきましたが、メルカリに限らずプロを仲介しない中古車の個人間取引には、デメリットやトラブルの種が目白押し。 ここでは、メルカリでもし愛車を売ることにチャレンジするなら、どんな点に注意すべきなのかについて、まとめておこうと思います。 そもそも適切な販売価格設定ができる? メルカリでは、愛車を自分の望みの金額で売ることができますが、「そんな高い価格では売れないだろう」と、筆者が思う販売価格設定の車もたまに見かけます。 欲が出てしまうのは仕方のないことですが、あまりに高い販売価格ですといつまでたっても愛車に誰の目も止まらない、という事態になりかねません。 特に売却を急いでいるわけでもない場合は、キャンセル手数料などもかからないので問題ありませんが、急いで車を売却する必要があるケースでは、ハッキリと不向きであるとしか言えません。 また、先ほどメリットの中で、同じ車種の中古車販売相場を下回っていれば、メルカリで愛車が売れやすいと述べました。 しかし安きにすぎた場合、手数料の発生によって買取業者にあっさり売っていた方が楽チンで、利益が出る可能性も大いにあります。 いずれにせよ、車について素人であるメルカリ利用者が、状況によって目まぐるしく変わる車の価値を見極めて、高くもなく安くもないメルカリ手数料も考慮に入れた「適正販売価格」の設定を、完璧にできるとは思えません。 現車確認とかはどうやってしてもらう? メルカリでは、画像や文字であれこれと車体の状況を知らせることはできますが、とはいえ出品者も購入者も素人ですから、それだけで車の状態をしっかりと把握することは無理。 と申しますか、そんなことはプロの車屋さんでも不可能で、だから買取業者は実車査定の前に具体的な査定額について、あまり言いたがらないのです。 では、直接車を見に来てもらおうといっても、遠方の方である場合ではそれも非常に困難です。 そして、トラブルを未然に防ぐべく購入者事情で現車をチェックできない場合、 「ノークレーム・ノーリターン」 を表記している出品者も、当然たくさんいます。 しかしメルカリでは、商品到着後の返品可能なケースとして、以下のような取り決めをしています。 mercari. つまり、仮に商品として車が届いた際に出品時の表記と異なると購入者が判断した場合は、返品されてしまう可能性があります。 故意に傷について隠していたり、修復歴があることを黙っていたケースでは致し方しかないことで、購入ユーザーを保護するための取り決めとしては、至って当たり前の内容となっています。 問題は、故意ではなくても出品者が車の素人ですから、キズやエンジンの不具合などなど、説明文に明記するべきポイントを、見逃してしまうことが多々あることです。 また、仮に現車チェックができたとしても、購入者自身もまた車の素人ですのでその場では大丈夫と判断しても、後から不具合を見つけてクレームをつけてくる可能性が、全く無いとは言い切れません。 返品ならまだしも、お金が大きく動く車の個人間取引の場合、最悪訴訟沙汰にまで発展することもある。 高額になってくる、車の個人間取引におけるクレーム対応は非常に困難であり、高く愛車が売れる可能性もあるメルカリのメリットを、すべて打ち消すほどの強いデメリットだと、筆者は考えています。 あんな大きなものどうやって送る?配送方法 購入者が、出品者の近所に住んでいるケースではそれほど問題ありませんが、全国各地に住む不当体多数のユーザーに対して愛車をアピールするわけですから、とてもとても自分で車体を直接渡せない、遠方からの落札だってあり得ます。 そういった場合は車の配送を手掛ける陸送業者を自分で手配して、一定の費用を支払って購入者へ送る必要が出てきます。 一般的な陸送業者の場合、普通車を福岡から東京まで届けると、おおむね4~5万円の費用がかかります。 ですので出品者は、メルカリへの手数料のほかに、陸送費用分も頭にいおいて販売価格を設定しなければなりません。 また、困ったことに陸送代は、 タイヤやホイール オーディオ関連 チューニング・ドレスアップパーツ などを出品し売ることも可能で、むしろこちらの方をメインに考えているユーザーの方が、メルカリには多く参加している傾向にあります。 ここまで散々述べてきたデメリットは、車本体を売る時に発生する事であり、こういった車関連パーツ等の場合は、そもそも名義変更の必要がないため、書類を準備する手間もかからない。 画像と説明文だけで商品の状態を確認するのも、車本体に比べればずっと簡単で価格設定も非常にしやすく、値段そのものが車本体ほど高くないため、も断然低くなります。 また、タイヤやホイールなど少々大きな商品を遠方への配送する場合でも、メルカリがヤマト運輸と共同で用意している、「大型らくらくメルカリ便」なら、全国一律料金で発送できるので安心です。 メルカリで売るより一括査定で車を売った方がはるかにお手頃で簡単 結論的なことをまとめますと、メルカリで車を売ると業者を挟まないため、中間マージンを省いた高い売却益が得られる可能性はあるものの、•  ユーザーの購入意欲に訴え、かつ利益を出すことが可能な、正しい愛車の販売価格設定が難しい。  落札者が遠方におり現車確認ができない場合、クレームの発生リスクが大幅に上がる。  仮に現車確認できても、相手が素人には違いないので、販売後のクレーム処理が大変。  10%である販売手数料や、陸送費用を計算に入れないと、かえって損をすることがある。 などといったデメリットや、トラブルの発生リスクがどうしても付きまといます。 以上の点からメルカリで車を売るより、名義変更などの手続きもやってくれるうえ、車両の受け渡し方法なんて一切心配する必要のないプロの車買取業者に頼んだ方が、やはり無難で便利だと考えています。 そして、カーセンサーやかんたん車査定ガイドのように、車買取のプロが集結した一括査定サービスを用いれば、さらに高い査定額をゲットできる可能性が増してくる。 ですので当サイトとしては、愛車を安全にかつ高く売りたいのであれば、メルカリで大きなリスクを伴う個人間取引をするより、手軽で簡単に利用できる一括査定の方を選ぶべきだと、最後に強く推薦したいと思います。

次の

メルカリでハンドメイド作品は驚異的に売れる【月売上40万の体験談】

メルカリ 売る

画像が良いと思わずタップ!「ほしい」という気持ちも生まれやすい 欲しい商品を探してるユーザーが最初に目にするのは商品の写真です。 メルカリの画面を見てもわかるように、とにかくたくさんの商品が並んでいるので、その中から「お、これいいかも」と思ってもらう必要があります。 そのためのポイントは写真の撮り方です。 メルカリでは写真を10枚まで掲載できますが、 1枚目は全体が写っている写真。 これが基本になります。 このとき光の加減や背景、角度などを変えるだけで、商品の印象がけっこう変わってきます。 メルカリは気軽に出品ができるスタンスなので、床に置いた状態での商品もたくさんあります。 ただ、そのときにはちょっと動きがあるようにするといいと思います。 シャツならば片方の袖を折るだけで、何となく動きが出てきます。 靴を斜めから撮影 売れるコツ2. キーワードをたくさん盛り込む メルカリで商品を探すときは、カテゴリ検索とキーワード検索があります。 私はキーワードで探すことが多いのですが、1つのキーワードを入れても、他のブランドの商品が表示されることが多々あります。 これは、キーワードが商品名と商品説明の両方に反応しているためです。 ということは、商品名と商品説明により多くのキーワードを入れることによって、見てもらえる可能性が高くなるということになります。 たとえばナイキのスニーカーを出品するときには、商品説明に「 プーマやニューバランス、アディダス好きの方にもオススメです」と書いてみます。 そうすると、ナイキ以外で探しているユーザーの検索にもひっかかるというわけです。 ただし、キーワードの羅列はメルカリの禁止行為になります。 ちなみに、全く関係がないカテゴリへの出品も禁止行為です。 他のユーザーからの通報を受けるかもしれませんし、悪質な場合にはペナルティを受けることもあります。 それと、商品説明のときにハッシュタグを付けられるようになりました。 検索ワードというよりは、同じ商品を探すときに使われるのかなと思います。 ハッシュタグをつける場合でも、関係ないワードだったり、数が多すぎると削除対象になる可能性があります。 売れるコツ3. 相場を把握!「SOLD」から売れた価格をチェック ネットオークションとは違って、提示された価格で即購入ができるメルカリでは、値段が売れるかどうかを左右してきます。 高いと全く売れませんし、逆に安すぎると出品者が損をしてしまいます。 そのため妥当な価格で販売するのが鉄則となっています。 では、そのような価格をどうやって知るのかというと、実際に検索をしてみればいいのです。 検索窓にキーワードを入れて探せば、同じ商品か類似商品が表示されます。 その中で、「SOLD」になっている物の価格をチェックしましょう。 もし妙に高い商品があったら、内容を見てみます。 もしかしたら複数購入していて、まとめた値段になってることもあるからです。 「SOLD」だけの表示にする手順は以下です。 まずは商品を検索します。 今回は「ストウブ 22」を使います。 表示されたら右上にある「絞り込み」をタップします。 売り切れの商品だけが表示される 売れるコツ4. 送料は出品者が負担する 手渡しが禁止行為になっているメルカリでは、購入された商品は何らかの方法で送ることになります。 そのときの送料は、出品者が負担するようにします。 もともとメルカリにおいては、出品者が送料を負担することで、購入者からすれば送料無料にしている場合が圧倒的に多くなっています。 そんな中、送料を購入者に払ってもらうようにしてしまうと、売れにくくなります。 しかも、着払いで送るしかないので送料も高くなり、他の商品を探すユーザーも出てきてしまいます。 出品者が負担するといっても、メルカリ便ならば通常の配送料金よりも安く設定されています。 しかも匿名配送が使え、追跡や補償もありますから安心の方法と言えます。 参考記事: 売れるコツ5. 出品の時間帯 メルカリに出品をした商品は、順番にタイムライン上に上がってきます。 スマホやタブレットの場合にはトップページに新着が出てくるので、そのタイミングでより多くの人に見てもらえば、購入につながる確率も上がります。 メルカリでの取引が活発になるのは、 お昼の12時と 夜の10時頃だと言われています。 ランチタイムは食後に見る人がいますし、夜はゆったりした時間にメルカリを見る人がいるからです。 ということは、この時間帯に商品をアップするのがベターといえそうです。 ただし、必ずしもこの時間帯に出品する必要はありません。 私は午前中の10時、11時に出品することが多いのですが、それでも即売れてしまうこともあります。 子ども服の場合には小さい子どもがいるママさんが買うことが多いので午前中がいいかもしれませんし、もしビジネスマン向けの物ならば、通勤時間帯を狙うのも手です。 誰が買うのか?を考えながら出品時間帯を決めると、すぐに売れてしまうこともけっこうあります。 売れるコツ6. 値下げ交渉には応じる メルカリの特徴のひとつに「値下げ交渉」があります。 その名の通り、購入を検討しているユーザーから値段を下げてほしいという依頼で、これはできるだけ受けるようにした方がいいでしょう。 多少値段が下がったとしても、売れた方がいいからです。 中には、いきなり半額など極端な値下げ依頼もありますが、その場合には断っても問題ありません。 参考記事: 売れるコツ7. 同じジャンルの商品を続けて出品する メルカリのユーザーは、商品を複数購入することで値下げしてもらえる可能性が高いとわかっているので、他の出品物を見ることが多くなります。 そのため、同じジャンル、類似しているジャンルの商品は、続けて出品した方が買われやすくなります。 これは私自身が経験したことですが、以前ドリップタイプのコーヒーを、種類で分けて2つの商品で出品をしたら、両方を一度に購入してもらったことがあります。 そのときは、2点購入をするので値下げをしてもらえませんか?というメッセージがあり、合計で400円ほど値下げをしました。 それでも、別々のユーザーに購入してもらい、それぞれに送るときの送料を考えれば、ここで値下げをした方が若干お得になったのです。 売れるコツ8. 再出品をしてみる 一度出品をしても、なかなか売れない場合には、再出品という手があります。 いったん出品を取り消すことになりますが、新しく出品することで商品が画面の上の方に表示されるようになります。 出品をしたままで何もしないと、他の商品に埋もれてしまいます。 特に商品が多いジャンルになると、スクロールを何回しても表示されないほど下の方になってしまい、これでは見つけてもらえません。 売るためには、まずは見てもらう必要があるので、様子を見ながら3日~1週間程度で再出品をするのがオススメです。 参考記事: 売れるコツ9. 取引マナーを守って評価を下げない 購入を検討しているユーザーは、出品者の評価を必ず確認します。 そこでマイナスの評価があると取引が心配になり購入につながらなくなるので、評価を下げないようにします。 期日までに発送する、購入者に連絡をするといったマナーを守っていればマイナス評価がつくことはほとんどありません。 でも、私たちは人間なので何らかのミスをするかもしれません。 その場合でも誠意を持って対応すれば相手も「悪い」の評価を付けないことが多々あります。 私自身、以前付属品を送るのを忘れてしまったことがあって後から送ったことがあるのですが、「良い」の評価をいただきました。 自分のミスを認めて最後まで丁寧に対応すれば、相手も理解してくれます。 売れるコツ10. 発送までの日数を1日~2日にする 発送までの日数を1日~2日に設定すると早く売れやすくなる 発送までの日数は早ければ早いほど売りやすくなります。 出品時に日数を設定するのですが、1日~2日までにした方が他の設定よりも40時間以上早く売れるのです。 これは出品画面に表示されているので、メルカリの公式なデータに基づいているのでしょう。 確かに使う日が決まっていたらすぐにでも送って欲しいと思いますから、発送のタイミングが早い商品を選ぶのも納得です。 メルカリで売れている商品は24時間以内に完売? メルカリで売れている商品の約半分は、出品から24時間以内だと言われています。 そのくらいスピーディーな市場ともいえますが、逆に考えればいかに短時間で売るかがカギになりそうです。 そのためにも、ここで紹介した9つを基本にメルカリにチャレンジして欲しいと思います。 【関連記事】•

次の