ゆうゆう メルカリ 便 封筒。 ゆうゆうメルカリ便と定形外郵便の違いを比較

メルカリの発送料を最安値で発送する方法【ゆうゆう・らくらくメルカリ便】

ゆうゆう メルカリ 便 封筒

「ゆうゆうメルカリ便」には次のメリットがあるようですね。 郵便局・コンビニ受け取りOK• 宛名書き不要• 配送状況の確認• 匿名配送 発送料金は発送物の厚さによって変化していきます。 大抵の本は「厚み3 cm未満」であることが多いので、一番上の「ゆうパケット」で、全国一律175円(税込)で送れるでしょう。 種類 サイズ 料金 ゆうパケット A4サイズ・厚さ3cm以内 全国一律175円 税込 ゆうパケットプラス 厚さ7cm以内・重さ2kg以内 全国一律375円 税込 ゆうパック 60サイズ〜100サイズ・重さ〜25kg 60サイズ:700円 80サイズ:800円 100サイズ:1,000円 そして、この「ゆうゆうメルカリ便」に対応しているのは• コンビニ(ローソンのみ)• 郵便局 です。 僕は中でもコンビニの発送方法が気に入っているので、今回もコンビニで発送するメリットをお伝えします。 ゆうゆうメルカリ便の使い方 それでは、使い方を紹介しましょう。 発送方法を選ぶ メルカリで本が売れたら発送方法を選びましょう。 発送方法を「ゆうゆうメルカリ便」にすればいいですね。 もし、匿名で送りたい方は、出品の段階で「ゆうゆうメルカリ便」を指定しておくといいでしょう。 出品の段階でゆうゆうメルカリ便を指定していないと、匿名では送れないのでご注意ください。 QRコードを発行 次はサイズを選びます。 3センチ以内の本であれば、料金が安い「ゆうパケット」で送れますね。 全国一律175円です。 サイズを選んだら「二次元コードの生成」でQRコードを出せる状態にしておきましょう。 ローソンに行く コンビニ発送に対応しているのは、今のところローソンのみなので、ローソンを探しましょう。 なお、本の発送に使う封筒は自前で用意する必要がありますね。 ローソンに行く前に本を封筒に入れて封をしておきましょう。 ロッピーを探す ローソンの店内に入ったら、まずはロッピー(Loppi)を探します。 ロッピーとは、店内にある赤い機械のことで、オンラインチケットの発券などができる便利な機械。 こちらのマシーンで「ゆうゆうメルカリ便」のレシートを発券します。 まずは「バーコードをスキャン」と進んで、リーダーにアプリで表示した「QRコード」をかざしてみましょう。 すると、長めのレシートが出てくるはず。 レジに行く レシートを持ってレジに行きましょう。 すると、店員さんがレシートを読み取って、発送準備をしてくれます。 まず配送用紙を入れる袋は手渡されるので、それを封筒の上に貼り付けますね。 袋の裏にテープが付いているので、自分でのりで貼り付ける必要はありません。 まず、渡された用紙を自分で切り取り、A・B・Cの3枚の塊に分けましょう。 そして、それら3枚を透明の袋の中に全て入れるんです。 その状態で店員さんに渡せば「ゆうゆうメルカリ便」の発送は完了。 ゆうゆうメルカリ便で本を送るメリット 僕が感じているのは次のメリットです。 配送料が安い 配送料が安いですよね。 センチ以内の本ならば全国が一律175円で送れます。 これまで使っていたクリックポストは値上げが続き、現在は全国198円となっていますから、クリックポストを比較してももう23円安いことになります。 印刷する必要なし クリックポストでは、封筒に貼る宛名部分を印刷する必要がありました。 僕はプリンターを持っていなかったので、コンビニのプリンターで10円モノクロ印刷をする費用が発生。 そして、印刷した紙を指定されたサイズに切る手間も発生していました。 ところが、ゆうゆうメルカリ便では、用紙を自分で印刷しなくていいですし、紙も切り取り線が入っていて手で切りやすいときています。 金と時間を節約できてますね のりも必要なし そして、宛先の紙を貼るための「のり」も不要です。 ゆうゆうメルカリ便では、用紙を入れるための袋自体にテープが付いていますから。 それを封筒に貼るだけでいいのです。 ポストに入れなくていい クリックポストは店舗に行かなくていい分、ポストを探す手間が発生していました。 以外にもポストがないエリアがあり、血まなこになってポストを探す時もありました。 しかし、ゆうゆうメルカリ便ならローソンで全てが完結。 ポストを探す必要すらありません。 24時間発送できる そして、コンビニのローソンでゆうゆうメルカリ便を使えば24時間発送可能。 郵便局が閉まっている、土曜日、日曜日でも発送対応できます。 匿名の発送もOK 予め出品の段階で余裕メルカリ便を指定しておけば、匿名で商品を発送できます。 お互いの情報を晒さずに取引できるのですね。 この時勢、ありがたいことです。 トラッキング機能つき そして送った後も安心です。 なんとトラッキング番号が付いているので、今自分の荷物がどこにあるのか知れるのです。 しかも、メルカリのアプリ上(取引画面)で。 相手も嬉しいですし、送った方の自分としても、相手の受け取りを客観的に判断できるのでトラブルを防止にもつながるでしょう。 配送料を払う手間が省ける ゆうゆうメルカリ便の発送料は売上から自動的に引いてくれます。 クレジットカードで別途配送料を払う必要もありませんし、メルペイの残高が減ることもありません。 という感じで、3センチ以内の書籍ならば、圧倒的にゆうゆうメルカリ便が最強です。 クリックポストでこれまで本を送ってきたのが、アホらしくなるぐらい便利ですね。 本をメルカリで発送したい方は「ゆうゆうメルカリ便」を使ってみてください。

次の

ゆうゆうメルカリ便まとめ!サイズ、送料、発送手続きやらくらくメルカリ便との違いなどを徹底紹介!

ゆうゆう メルカリ 便 封筒

メルカリで出品する時の設定で迷うのが商品の発送方法です。 送料は出品者負担ですので少しでも安い方が良いです。 今回、新たにスタートした「ゆうゆうメルカリ便」と定形外郵便の違いを比較してみました。 ゆうゆうメルカリ便と定形外郵便の比較 ゆうゆうメルカリ便とは、メルカリで売った商品の発送だけに使える日本郵便のサービスです。 配達や取扱いをするのは郵便局です。 郵便局には、送料が比較的安い定形外郵便がありますので一部で競合します。 そのため出品者としては、どちらが得なのか迷うと思いますので違いを比較してみました。 ゆうゆうメルカリ便でA4サイズ以内、厚さ3cm以内は、ゆうパケットという名称で受付けとなります。 定形外郵便とは、厚さ3cm以内の商品発送で比較しています。 【サイズ】 ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット):A4サイズ以内、重さ1kg以内。 【料金】 ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット):全国一律料金:175円です。 定形外郵便:重さで料金が変わり厚さ3cm以内で「規格内」の送料となります。 【追跡サービス】 ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット):追跡可能。 メルカリの取引き画面で状況確認ができます。 定形外郵便:追跡サービスなし。 【送料の支払い方法】 ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット):売上金から差し引かれる仕組みで発送時に支払いの必要なし。 定形外郵便:郵便局窓口で現金にて支払う。 【受け取り場所】 ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット):自宅の郵便受け、郵便局、ローソン、ミニストップ、宅配ロッカー「はこぽす」で受け取り可能。 定形外郵便:メルカリでの取引きの場合は、必ず自宅の郵便受け指定となります。 局留めはできません。 【宛名書き、】 ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット):手書きの宛名書きは不要で出品者、購入者双方の住所を知られることなく匿名となります。 定形外郵便:手書きによる宛名書きと双方の住所の記入が必要です。 【補償制度】 ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット):メルカリ側が補償する制度があります。 定形外郵便:補償はありません。 以上のような違いがあります。 全体的に見るとゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)の方が使い勝手やメリットがあると思います。 オススメ記事>>.

次の

「ゆうゆうメルカリ便」の発送方法や梱包方法、らくらくメルカリ便との違い

ゆうゆう メルカリ 便 封筒

2017年にスタートしたメルカリと郵便局が配送サービス、 ゆうゆうメルカリ便。 これはメルカリと日本郵政がタッグを組んで誕生した配送サービスです。 らくらくメルカリ便と状況に応じて併用することで、簡単に送ることができ、送料を安く抑えることができます。 今回はゆうゆうメルカリ便とは?という点からサイズ、送料、手続き方法、らくらくメルカリ便との違い必要な情報を全てまとめます。 ゆうゆうメルカリ便とは? ゆうゆうメルカリ便とは、メルカリと日本郵政が新しく作った配送サービスです。 出品者は郵便局やローソンから簡単に発送することができます。 ちなみにミニストップから送ることができるのか?とよく聞かれますが、現状ミニストップからは発送できず受け取りのみになります。 ゆうゆうメルカリ便の特徴 以下ではゆうゆうメルカリ便の特徴やメリットにについて詳しく解説します。 らくらくメルカリ便とほぼ同じ配送サービスと言っても過言ではないのですが、送れるサイズや送料に若干違いがあるので紹介していきます。 全国一律の配送料 らくらくメルカリ便と同じくゆうゆうメルカリ便は 全国一律の配送料となります。 通常の宅配便を使うと、送る地域によって送料が変わってくるので、これはありがたいですね。 例えば、東京からの出品で九州のような遠方の人が購入すると送料は一気に高くなります。 その点、ゆうゆうメルカリ便ではどの地域から購入されても送料は一定なので、利益予測が立てやすいですね。 受け取りに郵便局、コンビニ受け取りが可能 これは出品者側というよりも、購入者側のメリットになります。 昨今、配送遅延や再配達問題がよく指摘されていますが、仕事などの関係で自宅受け取りが難しい購入者には嬉しいところ。 ちなみにコンビニはローソンとミニストップなどで受け取ることができます。 宛名書きが不要 これは出品者にとって地味に嬉しいメリット。 商品を送付するとき、通常ならば相手の住所・自分の住所・品名など細かく記載が必要になります。 しかも、間違えると配送ミスに繋がるという・・・ ゆうゆうメルカリ便は相手が登録している住所が自動的に反映されるため、宛名書きのミスによる配送事故を防ぐことができます。 追跡番号付き フリマアプリには必須のオプションですね。 「今、商品がどこにあるのか?」 「相手に無事に届いたか?」 しっかり商品の状況を追跡することができます。 匿名配送が可能 匿名で配送ができるのは出品者・購入者双方にとってメリットがある機能です。 特に女性ユーザーで匿名配送を利用したいというニーズは増えているので、コスメや洋服など女性をターゲットしている人は活用したいところ。 なぜ、匿名で商品が届くのか?という疑問ですが郵便局とメルカリ側で住所をしっかり把握しているため、お互いが匿名でも商品が無事に届くというシステムです。 安心の配送補償 配送事故を想定した補償があるのもフリマアプリには必須の機能ですね。 ちなみに 商品代金の全額まで補償してくれるというものなので、万一配送事故があっても安心ですね。 出品者・購入者双方にとってメリットがある機能です。 ゆうゆうメルカリ便の使い方 ゆうゆうメルカリ便を使うには出品時の配送方法で選択するだけでOK。 購入された後に変更もできます あとは商品が売れたら、郵便局からコンビニで手続きをするだけです。 ゆうゆうメルカリ便の発送方法についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。 手続きはらくらくメルカリ便と同じく、専用端末にスマホのQRコードをかざして伝票を出力するスタイルです。 これは郵便局に設置されているゆうゆうメルカリ便専用の端末。 ローソンか郵便局から発送手続きが可能ですが、 小さな郵便局には対応していない場合があるので注意してください。 順次拡大予定とのことですが、大きな郵便局には設置されてあり小さな郵便局には設置されていないことが多いです。 事前に近所の郵便局にゆうプリタッチが設置されているか確認することをおすすめします。 郵便局の公式ホームページで確認することができます。 もし、近所の郵便局が非対応の場合はローソンからの発送に切り替えましょう。 ゆうゆうメルカリ便をローソンで使ってみた流れや感想 さっそく、ゆうゆうメルカリ便が使えるようになったので、ローソンから発送してきました。 その時のレビューです。 ゆうゆうメルカリ便のサービス開始時にはローソンでシステム障害が起こり一時発送できないことが報告されていました。 しかし、現在はシステムも改善され問題なく使用できます。 実際に使ってみた感想ですが、手順はらくらくメルカリ便と全く同じになります。 簡単ですね。 ちなみに配送料は売上から差し引かれるので、現金での支払いは必要ありません。 商品とスマホだけを持っていけばOK。 事前に商品の梱包だけ済ませておきましょう。 ゆうゆうメルカリ便で配送できるサイズや送料は? ゆうゆうメルカリ便で配送できるサイズやそれに伴う送料を紹介していきます。 表にまとめて一覧で見れるようにしたのでサッと確認する時に使ってみてください。 サイズ 送料 税込 ゆうパケット 1kg以内 60cm以内、厚さ3cm以内 175円 ゆうパック 30kg以内 60サイズ 600円 ゆうパック 30kg以内 80サイズ 700円 ゆうパック 30kg以内 100サイズ 900円 ここで言う、ゆうパケットとはのようなものをイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。 A4サイズの封筒を格安で送ることができる郵便局の配送サービスです。 ネコポスの厚さ2. 5cmに対して ゆうパケットは厚さ3cmなので、より厚みのあるものを送ることができるま。 たった0. 5cmの違いですが、重宝します。 ゆうゆうメルカリ便の詳しい配送料についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。 ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の比較 結局、ユーザーにとってはどちらの配送手段がベストなのでしょうか? ここからはゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の比較を送料や使いやすさなど多方面から検証していきます。 ネコポスサイズの商品はゆうゆうメルカリ便が有利 ネコポスのようなAサイズの商品を送るのであればゆうゆうメルカリ便の方が安く送ることができます。 Aサイズに関する、ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の違いを表にしてみた。 ゆうゆうメルカリ便 らくらくメルカリ便 ネコポスAサイズ 175円 1kg以内 厚さ3cm以内 195円 1kg以内 厚さ2. 5cm以内 重さこそ同じですが、ゆうゆうメルカリ便の方が 20円安く厚さが0. 5cm大きく対応できます。 小さな違いですが、よく利用する人は塵も積もればというやつです。 メルカリで 封筒サイズの商品を送る機会が多い人はゆうゆうメルカリ便がオススメです。 つまり、重い商品で重量オーバーになりそうであれば、ゆうゆうメルカリ便を選択すべきです。 一方で、ゆうゆうメルカリ便では 100サイズ以上の対応はないのでそれ以上のサイズの商品であればらくらくメルカリ便を選択した方が良いdせう。 らくらくメルカリ便であれば100サイズ以上でも、対応することができる。 ここでいったんまとめます。 ものすごく重い商品の場合は、ゆうゆうメルカリ便の方が便利• 100サイズ以上はらくらくメルカリ便でないと送れない ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の配送日数の違いは? 次にゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の 配送日数の違いを比較してみます。 【ゆうゆうメルカリ便】 おおむね差出日の 翌日~翌々日にお届けいたします。 引用: 【らくらくメルカリ便】 宅急便同様のお届け日数で、全国翌日配達 引用: これを見ると分かるように、 ゆうゆうメルカリ便よりもらくらくメルカリ便の方が配達は早いです。 匿名配送は無料で利用できますか? ゆうゆうメルカリ便の匿名配送は無料で利用可能。 これは出品時にゆうゆうメルカリ便を選択することで利用することができます。 匿名配送だけど住所が見えている ゆうゆうメルカリ便では匿名配送を選択すれば、特に手続きの必要もなく自動的で対応してくれます。 しかし、中には匿名配送になっていないという声も見受けられます。 原因は途中で配送方法を変更したことです。 例えば、最初は別の配送方法を選択しておいて売れた後にゆうゆうメルカリ便に変更したとします。 匿名配送は出品時にゆうゆうメルカリ便を設定しないと適用されないので住所が見えてしまっているというわけです。 この場合は出品者に事情を説明するなり、再出品して対応するなりした方がトラブルに発展しません。 途中で配送方法を切り替える場合は注意してください。 購入した後に配送住所を変更したいと言われた 商品発送前であれば対応可能。 この場合は、購入者に配送先住所を変更してもらい印字用のQRコードを出力すればOKです。 サイズを間違えて送り状を印刷してしまった 別のサイズに変更は可能です。 その場合はアプリの取引画面で正しいサイズを再選択し、二次元コードを再表示させて対応します。 手続きが煩雑になってしまうので自宅を出る前に梱包後の3辺の合計をしっかり確認するようにしましょう。 まとめ 今回、ゆうゆうメルカリ便の使い方や料金などを網羅的に紹介しました。 ゆうゆうメルカリ便の情報を下記にまとめます。 封筒サイズの商品はゆうゆうメルカリ便がおすすめ• 100サイズ以上はゆうゆうメルカリ便は未対応• 専用端末に対応していない郵便局もあるので事前にチェックしよう• 配送スピードはらくらくメルカリ便の方が速い 記事中に出てきたらくらくメルカリ便はこちらの記事で詳しく解説しています。 サイズや重さ、厚さなどを加味して併用するのが1番オススメな方法です。 haruharu5.

次の