ミツウロコでんき 評判。 ミツウロコでんきの評判・デメリットを調査!使った人の口コミは?

ミツウロコでんき(ミツウロコグリーンエネルギー)の評判

ミツウロコでんき 評判

ミツウロコでんきに切り替えてみた私の口コミ! ミツウロコでんきは再生エネルギーを使用して、発電を行うのが特徴のエネルギー企業! こんにちは、今日はそんなミツウロコでんきのレビューをお届けします。 ミツウロコでんきに興味をお持ちの方は、どうぞ1つの意見として、参考にしてください。 なぜかと言うと、私の場合、毎日会社に通うのではなく、在宅で仕事をしているので、電気料が丸1日分かかるんです。 おまけに夏は冷房機器、冬は暖房機器を使用することになるので、プラスで料金がかかります。 何より、仕事にはパソコンを使います。 まあ、パソコンにかかる電気代はしれてるとは思いますが、会社に通勤する人ならばかからない、日中の電気料がすべてかかるので、毎月の支払いをどうにかしたかったのです。 節約のためにと、できるだけ電気照明を付けないようにしたり、暑くても扇風機で耐えてみたり。 また、寒い季節になったら、ダウンにひざ掛けで、我慢の限界まで寒さに耐えながら仕事してみたりもしました。 でも、なんだかんだ着ぶくれして、仕事の効率が悪くなるばっかりで、だったらということで限界を感じ、やめてしまいました。 そこで最近話題になってる、電気料が安い電気会社はないものかと調べてみたら、ちびまる子ちゃんを起用したミツウロコでんきを発見したのです。 ちびまる子ちゃんは、子供のころから見ていた親しみのあるキャラクターだったので、無意識に目を止めてしまいました。 さらにSNSで検索をかけると、ミツウロコでんきを実際に使っている人たちの感想が載っていました。 それを一つ一つ読んでみると、多くの人が低価格について書いていて、なんだか私の求めているものにぴったりなような気がしてきたんです。 そこから、私はミツウロコでんきについて、どんどん興味が沸いてきたので、ホームページやSNSを活用して、もっと調べてみることにしました。 供給する電気は、全体の20~30%程度をFITバイオマスと、FIT太陽光という再生可能エネルギーと、水力で構成しています。 そして、風力発電所やソーラー発電所も所有して、自社発電までしているということでした。 これらによって電気調達を可能としているため、低価格を実現できるんだそうです。 それらの発電所は、実際に法人向けに電気を供給していると言いますから、安心の実績があります。 母体となるミツウロコグループは、90年以上の歴史をもつLPガス事業も手掛けるエネルギー企業だそうです。 供給エリアは、沖縄電力管内を除く全国と言いますから、だったら私の住んでる地域は全然問題ありません。 とにかくミツウロコでんきは、なんといっても低コストが人気の理由で、電力量料金の2段料金・3段料金の安さを売りにしたプランから選ぶことができます。 電気をたくさん使用している家庭ほど、割引率がアップするんだそうです。 なぜ低価格で電気を供給できるかというのには、理由は2つあって、1つ目は先程説明した、自社発電以外にも各発電業者から様々な電源を調達しているおかげだそうです。 2つ目が、ペーパーレス化とインターネット活用です。 ミツウロコでんきは、申込みから請求までのすべてがインターネット上でできるので、その分の人件費や、書類発行費用が削減できるんだそうです。 さらに、私が嬉しいと思ったのが、ミツウロコでんき安心サポートです。 電気に関するトラブルが起きたとき、東京電力パワーグリッドがかけつけてくれるものです。 点検、調査、応急処置までしてくれ、これは、なんと24時間365日の無料サポートなんだそうで、1人暮らしの私でも安心できるサポートになっていました。 具体的には、停電やブレーカーが落ちたとき、分電盤やコンセントがなんだか焦げ臭いと感じたときなどにいつでも呼ぶことができるので安心です。 このようにミツウロコでんきは、電気代が安くなるだけでなく、安心感も与えてくれる電力供給会社でした。 こうしてミツウロコでんきについて調べてみると、すごく魅力に感じました。 ですが、実際に使ってみてからが問題ですよね。 そこで、実際に使っている人たちの生の声を知るために、口コミでの評判についても調べてみました。 いくつかご紹介します。 東電から変えたら年額6000円くらい安くなった。 微々たるものではあるが、各種手数料がないからいい。 明細の確認をするのが簡単でした。 東京電力はWebで電気使用量や請求金額を見るのがかなり面倒だけど、ミツウロコはすごい簡単でおどろきました。 反原発からするとグリーンエネルギーを利用しているのがいい。 ミツウロコでんきの口コミを見ていて、やはり多かったのがコストについての書き込みでした。 もちろん個人差がありましたが、みなさん以前よりいくらか安くなったようでした。 各種手数料がないというのも重要なポイントですね。 それから、次に多かったのがインターネットを利用した明細についてです。 ミツウロコでんきはマイページにログインして、使用料を確認できるシステムになっていますが、これは他の会社でも使われています。 でもミツウロコでんきのWebは、使いやすい・見やすいと言っている人が多くみられました。 一方悪い評価の口コミもあったのですが、それは、沖縄には供給されないので使うことができなかった…というものです。 そこでミツウロコでんきの供給エリアについて調べたところ、「沖縄・離島を除く全国」と記されていました。 沖縄や離島に住んでいる人にとっては、ちょっと残念な話です。 ですが、こうやって口コミをされているということは、その人もミツウロコでんきに興味があって使ってみたいと思っていたからだと思います。 せっかく気になっていろいろ調べたの挙句に、いざ申し込む段階で、自分の住んでいる地域には供給されないと知ったらショックでしょう。 これからは、是非、沖縄でも供給が始まって欲しいものです。 ここまで調べてみて、ほかに悪い口コミは見つけることができませんでした。 とにかく良い口コミが多かったので、私も電気料削減をめざして、ミツウロコでんきに切り替える決心をしました。 電気使用量を入力する方法と、電気料金を入力する方法があったのですが、私は電気使用量がよくわからなかったので、電気料金を入力する法を選びました。 とっても簡単で、1月の電気代を入力して、今契約している電力会社を選ぶだけでOKです。 私の場合、なんと年間で24,000円もコストダウンすると表示されました。 思っていたよりも多くてびっくり! 実際にシミュレーションして数字化することで、切り替えた後の想像がしやすくなりました。 もうこれはミツウロコでんきにすぐにでも申し込むしかないと思って、さっそくユーザー登録を行い、ログインし、それからインターネット上で登録情報の入力を行いました。 電力会社の人と話したり、契約書の記入もありませんので、簡単に登録が完了してしまいました。 今まで契約していた電力会社の解約手続きは、ミツウロコでんきが代わってしてくれるそうなので、私からは連絡していません。 登録したメールアドレス宛に供給開始日の連絡メールがきて、その日になったら実際に供給開始です。 とにかくとても簡単すぎ、楽チンすぎて、最初は正直あまり実感がわきませんでした。 供給が始まるまでに工事などはありませんので、申込みさえ終わってしまえば本当に供給を待つだけなんです。 電気会社の人たちを、家に招き入れて説明を聞いたりすることも全然必要ないのです。 実は私って、契約のときに人と会って、説明を受けることにストレスを感じるタイプで、インターネットで契約完了できるという点はミツウロコでんきを選んで良かったです。 そして使い始めてから、初めての支払い日、コンビニで支払いをしてきました。 電気使用量や料金の明細はマイページで確認することができたので、支払額におびえてドキドキすることもありません。 口コミで書いてあったとおり、Webの電気使用量や明細が見やすくて安心です。 私は振込用紙でコンビニから支払いましたが、支払方法は他にも銀行振り込みやクレジットカードなどから選べるみたいです。 公式ページでは、1と建て住宅、4人家族の場合のモデルケースとして、ミツウロコでんきに切り替えることで、年間でおおよそ、8,500円お得になる可能性があると示唆しています。 私の場合のシミュレーションは24,000円だったので、相当電気を使っているんだと思います。 なんだか、すごく得した気持ちです。 これから毎月同じペースでコストダウンしたら、以前よりかなりの節約になる計算です。 ミツウロコでんきに切り替えるだけで、簡単にお金が浮くのですから、こんな良いことありませんね。 それからWeb明細の確認が簡単で見やすかった分、こまめに電気代をチェックするようになりました。 ちょっと電気を使いすぎたなと思ったとき月でも、手軽に確認できるので、電気の請求がくるまでソワソワしなくて済むようになりました。 電気料金がリアルタイムでわかる分、食費やそのほかの出費をどのくらいで納めるか、どのくらい使えるかなどの計算ができるようになって、毎月の予算の割り出しに困ることが減りました。 今ではかなり節約に対する意識が芽生えてきたので、想定外のミツウロコでんきの良い効果です。 それと、いつ停電などに襲われても安心サポートがあるので、これもミツウロコでんきの良いところです。 以前だったら、地震で停電が起きた時などはパニックになってしまったりしてたのですが、自分で解決できなかったら来てもらえばいいとうことで、1人暮らしの女子としては、前よりも暮らしに安心感が増しています。 毎月の電気料金が減ったことについても、もちろん嬉しいですが、安心サポートがあるのとないのとでは、私にとってはその違いは大きいですね。 私は一人暮らしですが、かなり電気を使うほうです。 毎日ずっと家にいて仕事をしていますし、その他にも家事やお料理だってしてるので、電気を結構使います。 寒がりなので冬場は暖房を必ずつけますし、夏場はパソコンからでる熱量で部屋が温まるので、扇風機とクーラーを両方使っています。 このように、日ごろ電気代が多くかかっている人からしたら、ミツウロコでんきは毎月の電気料金を大きく削ってくれる救世主のように感じるとおもいます。 でも、日中は会社にいて夜家に帰って寝るだけというような人には、あまりコストダウンは見込めないかもしれません。 逆に配偶者や子供がいる家庭だったら、その分電気料もかかっていると思うので、ミツウロコでんきに切り替えると、電気料を大きく削減できる可能性が高いです。 使う人の生活スタイルや、電気の使用量によって電気代が大きく変わってくるのが、ミツウロコでんきの最大のメリットでもあり、デメリットでもあると感じました。 5点です。 惜しくも0. 5点足らなかった理由としては、まわりの一人暮らし仲間たちや、知り合いに気軽におすすめできないということです。 なぜかというと、先程お話したとおり、ミツウロコでんきは使う人のもともとの電気使用料によって、電気料の削減率にかなり大きい個人差が生まれるのが最大のメリットでありデメリットだからです。 良いと思ったものは、すぐにまわりの人におすすめしたくなる私にとっての、唯一の残念ポイントでした。 私にとってはコストダウンに成功した上に、以前よりも安心して生活できるようになって大満足です。 契約から支払いまでもとても簡単でした。 今後は、この調子で毎月の電気料金を節約して、浮いた分のお金を「ミツウロコでんき切り替え得貯金」として貯金していきたいと思います。

次の

関東・東京電力エリアのおすすめ新電力会社を比較ランキング!一番安いのは?(東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・群馬・茨城・山梨・静岡東部)

ミツウロコでんき 評判

「ミツウロコでんき」とは? ミツウロコでんきは、LPガスや石油事業を行うミツウロコグループが運営している電力サービスです。 電力小売自由化以降に参入した電力会社は多くありますが、ほとんどの会社は自社発電所を持っていません。 ミツウロコグループは自社で太陽光や風力の発電所を所有しているため、他の電力会社に比べて、エネルギー事業のノウハウがあるのが特徴です。 また、ミツウロコグループは1886年に創業しており、非常に歴史の長い会社です。 北海道内では、ちびまる子ちゃんとタイアップしたCMが流れているのを見かけるので、親近感を感じますね。 ミツウロコでんきの対象エリア ミツウロコでんきの対象エリアは日本全域です(一部離島、沖縄を除く)。 もちろん北海道でも契約できます。 2019年11月現在の対象エリアは下記のとおり。 契約電流10〜60Aの方が対象のプラン• 電気を多く使う家庭向け ミツウロコでんきの「従量料金B」は契約電流が10〜60Aの方が対象のプランです。 「従量料金B」というプラン名は北海道電力と同じですが、料金設定が少し異なります。 ミツウロコでんき 北海道電力 基本料金 全く同じ 従量料金 最初の120kWhまで 24円99銭 23円98銭 120kWhをこえ280kWhまで 27円40銭 30円27銭 280kWh超過分 30円36銭 33円99銭 上記の表を見てもらうとわかりますが、従量料金に差があります。 ~120kWhまで :北海道電力の方が安い• 120kWhをこえた分~ :ミツウロコでんきが安い ですので、 1ヶ月に120kWh以上の電力を使う家庭は、北海道電力からミツウロコでんきに切り替えると安くなります。 では、「電力をあまり使わない家庭は北海道電力の方が安いのか」というと、そうではありません。 電力をあまり使わない家庭向けの「従量料金B シングル応援プラン」について次で説明しています。 契約電流10〜60Aの方が対象のプラン• 電気をあまり使わない家庭向け ミツウロコでんきの「従量料金B シングル応援プラン」は、一般家庭の単身者向け料金プランです。 さきほど紹介した、ミツウロコでんきの従量料金Bプランとほぼ同じですが、従量料金に若干差があります。 ミツウロコでんき 北海道電力 基本料金 全く同じ 従量料金 最初の120kWhまで 23円98銭 23円98銭 120kWhをこえ280kWhまで 29円81銭 30円27銭 280kWh超過分 32円13銭 33円99銭 従量料金~120kWhまでは、ミツウロコでんきも北海道電力も料金は全く同じです。 120kWh以上使うなら、北海道電力よりもミツウロコでんきの「従量電灯B シングル応援プラン」の方が安くなることがわかります。 ただ、120kWh以上使うなら「従量電灯B シングル応援プラン」よりも、さきほど紹介した「従量電灯B」のプランの方が単価が安いです。 ですので、 「従量電灯B シングル応援プラン」にはほぼメリットがありません。 毎月の電力使用量が120kWh以下なら、北海道電力Bのまま切り替えなければいいだけですし、120kWh以上使うならミツウロコでんきの従量電灯Bの方が安いです。 A(アンペア)ではなく、kVAで契約している方が対象• 料金はと全く同じなので割愛します。 一般家庭向けではありません。 北海道電力との料金比較は下記のとおり。 ミツウロコでんき 北海道電力 基本料金 1kW 1,222円65銭 1,287円00銭 従量料金 1kWhにつき 17円67銭 17円68銭 基本料金、従量料金ともにミツウロコでんきの方が安いです。 ですので、北海道電力の低圧電力で契約している方は、ミツウロコでんきの低圧電力に切り替えるだけで月々の電気代が安くなります。 ) ミツウロコでんきの支払い方法 ミツウロコでんきの支払い方法は下記の3つ。 環境に優しい電力が使用できる• 振込用紙で支払いができる• 契約電流 アンペア が少なくても申し込みができる• 毎月の電気使用量がホームページで確認できる• 条件を満たして新規申し込みをすればPontaポイントが貯まる 1:環境に優しい電力が使用できる ミツウロコでんきは、環境性にやさしい再生可能エネルギー(FIT電気)の供給を心がけています。 再生可能エネルギーとは太陽光や水力などので発電した電力のこと。 ミツウロコでんきでは再生エネルギーの供給量が全体の約35%を占めています(2017年度の実績)。 再生可能エネルギーを利用した発電は、従来の火力・原子力発電よりもコストがかかります。 そのため、まだ再生可能エネルギーを導入していない電力会社は多いです。 しかし、ミツウロコでんきは、再生可能エネルギーを使用しながら安く料金を提供しており、環境と家計の両方に優しい電力会社といえます。 2:振込用紙で支払いができる 電力小売自由化以降に参入した会社は、ほとんどが口座振替とクレジットカードのみの支払い方法ですが、 ミツウロコでんきは払込用紙での支払いが可能です。 今までどおり、払込用紙で支払いたいという方にはおすすめです。 ただし、手数料がかかる点はデメリットでもあります。 3:契約電流 アンペア が少なくても申し込みができる ミツウロコでんきは、契約電流が10Aの方からでも申し込みができます。 他社の新電力では、契約電流が30A以上でなければ申し込みができないなどの条件がある会社も多いです。 申し込み条件がある電力会社だと、「いざ契約しようと思ったら、自分の家庭は申し込み対象外だった」なんてこともありますが、ミツウロコでんきは安心して申し込みができます。 4:毎月の電気使用量がホームページで確認できる ミツウロコでんきに切り替えると、毎月の使用量や請求をホームページから見ることができます。 月別の比較や時間帯ごとの使用量などの詳細も確認可能。 電気の使用量が見えることで、電気代の節約もしやすくなります。 でんきの使い過ぎが気になっている方にはおすすめですね。 5:条件を満たして新規申し込みをすればPontaポイントが貯まる ミツウロコでんきではPontaポイントが貯まるキャンペーンを行っています。 従量料金が3段階になっているため、電気料金の計算がしにくい• 「シングル応援プラン」には特にメリットがない• 振込用紙での支払いに手数料がかかる 1:従量料金が3段階になっているため、電気料金の計算がしにくい ミツウロコでんきの従量料金は、北海道電力と同じく3段階になっています。 最初~120kWh• 120kWhをこえ280kWhまで• 280kWh超過分 それぞれ 料金単価が違うので、電気料金の計算がしにくいです。 新電力の中には、従量料金に限らず料金が一律の電力会社もあります。 例えばだと、どれだけ電気を使っても「1kWhあたり29円」です。 「料金がわかりやすい電力会社が良い」という方は、ミツウロコでんき以外の会社も検討してみましょう。 2:「シングル応援プラン」には特にメリットがない 「従量電灯B シングル応援プラン」と「従量電灯C シングル応援プラン」には特にメリットがありません。 そもそも「シングル応援プラン」は、電気使用量の少ない家庭向けのプランです。 しかし、 電気使用量120kWh以下の料金単価を比較した場合、北海道電力の料金と全く同じです。 つまり、北海道電力からミツウロコでんきに切り替える必要はないということ。 120kWh以上使う場合は、同じミツウロコでんきの「従量電灯B(または従量電灯C)」の方が料金単価が安いです。 結果的に、「シングル応援プラン」のメリットは見当たりません。 料金が安くならないのに、わざわざ他社から「シングル応援プラン」に乗り換える必要はないですよね。 3:振込用紙での支払いに手数料がかかる ミツウロコでんきでは振込用紙での支払いが可能ですが、手数料がかかります。 (手数料については「」の部分で説明しています。 ) 電気料金が安くなったとしても、振込用紙で支払うために手数料を毎月支払っていると、もったいないですよね。 ミツウロコでんきの評判・口コミ 2年くらい前に試算した時はミツウロコでんきとスマートでんきがほぼ同率1位でした。 ミツウロコは第二、第三段階料金が安いです。 — Decomo DecomoZ 今日からミツウロコでんき。 ただいま帰宅しましたが、問題なくでんき、テレビついてます。 何か緊張する。 の申し込みページを開くと、登録の流れが確認できます。 ミツウロコでんきに申し込むには、まず、ユーザー登録が必要です。 メールアドレスが必要になりますので、確認ができるアドレスを準備しておきましょう。 登録完了後、申し込み手続きができるようになります。 申し込みには、供給地点特定番号などが必要になりますので、毎月電力会社から投函される検針票などが手元にあるとスムーズにお申し込みできます。 から申し込む場合、適用条件などがありますので事前にご確認ください。 また、キャンペーン情報は2019年11月現在のものです。 キャンペーンは予告なく変更する可能性がありますので、最新の情報は遷移先のページにてご確認ください。 引っ越しを伴わない場合の解約手続き 大前提として、 ミツウロコでんきには解約金・違約金などはありません。 基本的に解約・移転手続きはミツウロコでんきのホームページから行うことができますが、申し込み時に登録したメールアドレスなどでログインをする必要があります。 ログイン情報を忘れてしまうと再度登録が必要になり、スムーズに手続きができない可能性があるので要注意です。 下記では、パターン別に3種類の手続き方法を解説していきます。

次の

CMで話題!ミツウロコ光の評判と口コミはどう?料金詳細や解約金まとめ

ミツウロコでんき 評判

ご注意ください• 当社が掲載する料金プランに関する情報は、各電力会社のウェブサイトなどにて公にしている特定時点の情報を収集したものです。 2019年10月1日時点)ご利用者さまが当社提供情報を閲覧される時点での電気料金、その他を保証するものではありません。 当社では各電力会社の料金プラン/サービスなどに関するご質問にはお答えできません。 各電力会社に直接お問い合わせください。 試算結果はあくまでも試算条件にもとづいたもので、お客さまが実際にお支払いいただく電気料金は異なる場合があります。 試算結果は税込金額です。 深夜機器割引、口座振替割引など、各種割引は含みません。 また、試算結果を表示する際の小数点以下は切り上げて試算しています。 燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含みません。 商店・事務所などの場合は、利用状況が異なるため、試算結果が実際の料金と異なる場合があります。 を見る.

次の