外壁 塗装 挨拶 文。 外壁塗装の際に近所への挨拶が必要な理由【挨拶例アリ】

外壁塗装工事中に洗濯物を干したいときはどうする?

外壁 塗装 挨拶 文

外壁塗装工事の挨拶(あいさつ)まわりは必要? 外壁塗装工事は家の四方を足場でぐるっと囲い、飛散防止用の養生シートを張りますので、ご近所さまにも比較的大がかりな工事という印象を与えると思います。 一般的には工事着工1週間前くらいに塗装を行う業者が近隣の 挨拶まわりを行います。 中には挨拶まわりをしない業者もいますがこれはナンセンスです。 考えてみてください。 ある日、仕事に出かけようと家を出たら道路に大きなトラックが停まっていた・・・びっくりしませんか?あるいはトラックのせいで自分の車が通れなかったりすると迷惑ですよね? また、久しぶりの休みだから午前中は自宅でゆっくり過ごそうと思っていたところ、朝からガチャガチャ、ドンドンと騒音が鳴り響いてうるさかったら・・・不満ではないでしょうか? このように、自分が相手の立場になって考えてみると、どうするべきかがわかると思います。 答えは、 外壁塗装工事を行う場合は必ず事前に近隣挨拶にまわるべき です。 塗装工事の挨拶まわりは業者任せで良いの? 外壁塗装工事を行う業者として事前に近隣挨拶を行うことと、お施主様が近隣にご挨拶されることは全く別の意味があります。 施工業者は、 いつから・どこの部位を・どのようにして・いつまで工事するか、工事期間中のお願い事項や注意点などを周知して回ることが目的です。 工事の専門的な内容はお施主様ではわからないことですから施工業者がやるわけです。 お施主様は、 ご近所付き合いのマナー上ひとこと伝えておく、ということが望まれます。 詳しいことは施工業者が説明に来ると伝えれば良いです。 実は我々施工業者がご近所の挨拶まわりに行くと、必ず言われることがあります。 結論=ご近所様への挨拶まわりはお施主様もした方が良い ただし、業者に同行する必要は必ずしもありません。 お仕事を終えられてから回られたら良いと思います。 外壁塗装の挨拶まわりは手ぶらでいいの? 挨拶まわりの目的は、工事でご近所さまに何かとご迷惑をおかけするかもしれないことへの周知ですから、特に進物の有無にはこだわらなくてもよいと思います。 あまり高価なものを持っていくと逆に恐縮されるかもしれません。 大切なのはひとこと工事をすることを伝えておくということです。 それでも手ぶらはちょっと・・・という方は以下のような生活用品が良いと思います。• タオル• 洗濯用洗剤• 食器用洗剤• ティッシュ箱• サランラップ ちなみ洗剤は液体、粉、固形、メーカーなどの好みがわかれるので注意が必要です。 うちはアレルギーがあるのに粉洗剤を持ってくるなんて、わざとなの?! なんて怒られたこともありますので、洗剤は注意したほうが良いかもしれません。

次の

隣家が外壁塗装工事を今朝から始めました

外壁 塗装 挨拶 文

関連記事 1.なぜ、外壁工事前の挨拶は必要なのか? 自分の家の外壁工事をするのに、なぜ近所の人に挨拶をしなくてはいけいないのか、疑問に思う人は少なくないようです。 確かに、自分の家の外壁工事なので、他人の家をいじるわけではありません(敷地が狭い場合は、了解を得てから敷地内に入らせてもらう場合もある)。 しかし、そこで考えなくてはいけないのは、普段見ない人が出入りしたり、普段と違う音や臭いがするということなのです。 また、外壁工事をする際は、高いところで工事することも多く、近所の家の中が見えてしまうこともあります。 事前に伝えることで、近所の人の注意を促すことができるのです。 もし、近所の人が外壁工事を知らずにカーテンや窓を全開していたら、お互い気まずい思いをします。 プライバシーに配慮するためにも事前に伝えるということが大事なのです。 関連記事 2.いつ、何を持ってご近所挨拶に行くべきか? 近所挨拶は、一週間前位から始めたいものです。 留守のお宅もあると思いますので、少し余裕をもって回った方が良いかもしれません。 外壁工事の挨拶の場合は、何か手土産を持参するのが一般的です。 高価な物はお互い負担になってしまうので、以前近所の人に外壁工事の際の挨拶で頂いた物と同等か、500円前後の物が良いようです。 タオルや石鹸、お菓子などが一般的で、好みが心配な場合は、その地域で使われているゴミ袋も喜ばれるようです。 とにかく、こちら側の誠意が伝わるように気を使うべきで、ご近所の好みがわかる場合はそれを参考に選ぶと良いようです。 挨拶に回る範囲は、外壁工事の規模と家の密集具合などでも変わりますが、少なくても向え三軒と両隣、裏三軒は行くべきです。

次の

外壁塗装の際に近所への挨拶が必要な理由【挨拶例アリ】

外壁 塗装 挨拶 文

事前に挨拶をしておくことで無用な近隣トラブルを未然に防ぐことが出来ます。 どのような工事で近隣の方にご迷惑をかけしてしまうのか?外壁塗装の流れに沿って注意点をご説明いたします。 近隣挨拶の際にお役立てください。 ・足場架設は近隣にご迷惑をおかけしてしまった… 足場材をたくさん積んだ大きなトラックが路上を塞いでしまうことがあります。 これは、工事人が周辺の交通状況に気を配っていないとおきる問題です。 事前に塗装店とトラックの駐車スペースについて打合せを行っておくことが大切です。 また、足場を組み立てる時に「ガチャン、ガチャン」という金属音が周辺に鳴り響きます。 「あまり、早い時間に足場はしないでください。 」と塗装店にお願いしておきましょう。 万が一、工事車両や足場で近隣の建物を破損させてしまったら、速やかにお詫びし弁償の手続きを塗装店に行なっていただきましょう。 ・高圧洗浄の時に近隣に水が飛んでしまう… メッシュシートを足場に張っていても高圧洗浄での水の飛散は避けられません。 (飛散の軽減は可能)近隣の方に洗濯物を干さないように事前に伝えておきましょう。 ・高圧洗浄機のエンジン音がうるさい! 高圧洗浄中は常にエンジンの動く音がしています。 大きな音なので近隣方にご迷惑をお掛けしてしまいます。 早朝に高圧洗浄を開始するのは避けていただきましょう。 ・塗料の臭いがキツイ… 油性の塗料は臭いがきついので事前にどんな塗料を使うのか確認しておきましょう。 臭いで迷惑をかけたくない場合は、水性塗料を使用しましょう。 油性塗料の使用が望ましい場合はしっかりと周辺住民にご説明しましょう。 ・置いている材料が邪魔… 塗装工事を行なう時に色々な材料を使いますが、自宅の敷地内に置場所がない場合、路上などに材料を仮置きします。 通行の邪魔にならないように注意しましょう。 ・お隣の庭にゴミが落ちている… お隣の庭に工事中に発生したゴミが落ちてしまうことがあります。 工事完了時に近隣をゴミで汚していないかチェックしましょう。 【近隣あいさつに持っていくもの】 ・近隣挨拶状(挨拶文、工事日程、工事内容、ご迷惑をかけてしまう内容) ・できれば粗品(タオル、メモ帳、ペン、マグネット、菓子折りなど) 以上の様に外壁塗装の際には色々と近隣にご迷惑をお掛けしてしまいます。 無用なトラブルを避けることができるので、しっかりと事前にあいさつを行いましょう。

次の