近鉄特急 コンセント。 近鉄 新型特急ひのとり レギュラーシート 名古屋→難波 乗車記【2020年旅行記10

2020年度の近鉄は面白い 名阪特急はアーバンライナーから全てひのとりへ・さよなら旧近鉄カラー60年の歴史に幕・鮮魚高安行き準急・しまかぜカフェテリア中止で飲み放題の措置も

近鉄特急 コンセント

近鉄特急といえばオレンジと紺色の「近鉄カラー」を思い出す人も多いかと思います。 約2年前まではこの色が主流となっており、「ビスタカー」をはじめ多くの特急に採用されてきました。 しかし、現在はスナックカーを除き従来の「近鉄カラー」だったものは全て新塗装化が施されました。 白色を主体としてオレンジの帯が入った塗装が今後の近鉄特急の主力になっていきます。 スナックカーは2020年度をもって特急列車の運用から離脱することが決まっており、2020年6月現在でも既に運用離脱・廃車となっている編成が出ていて、今後も継続してスナックカーの廃車が行われる予定です。 つまり、スナックカーの引退とともに従来の「近鉄カラー」は2020年で終了となり、約60年間の歴史に幕を閉じます。 近鉄としても一般のお客さんから「特急格差」と呼ばれるほど、設備面での格差が出ていて列車によってコンセントが設置されている車両と設置されていない車両が存在しています。 同一列車なのに前の編成と後ろの編成で車両の古さが異なることがしばしばあり、お客さんとしては「どうせ同じ料金なら、新しい・コンセントがついている車両に乗りたい」という心理があると思われます。 この辺りは近鉄も対策をしていて「近鉄アプリ」では特急券の購入時に「コンセントの有無」や「2階建て席」などを選択できるようになっており、オンライン上で車種がある程度分かるようになっています。 近鉄12200系スナックカーは一般の乗客からは不評で、どれくらい不評だったかというと、特急券が無駄になっても乗車しなかった客がいたというエピソードが残っているくらいです。 近鉄としても塗装を変えることで、近鉄特急は新しい時代を迎え、サービスアップを図っていくという意味も利用客に伝えたいのではないでしょうか? 2020年でなくなってしまう「近鉄カラー」が見れるのも今年だけの魅力です。 是非今年までしか見れない「近鉄カラー」を見に旅行へ行ってみてはいかがでしょうか?.

次の

【大阪⇔名古屋】新幹線より往復で6000円近く安く移動する方法まとめ|近鉄を利用

近鉄特急 コンセント

21時00分発のアーバンライナー アーバンライナーや近鉄特急は停まる駅、停まらない駅がバラバラだ。 つまり近鉄名古屋駅、津、鶴橋、大阪上本町、大阪難波以外にも停まる駅がある。 今回乗車した、21時00分発のアーバンライナーは大和八木駅に停車する。 目的地の大阪上本町には23時04分着の予定。 近鉄の全線乗車券を使って 近鉄をお値打ちに乗るには、全線乗車券の存在を忘れてはいけない。 チケットショップなどで売っている乗車券を買えば片道運賃2,360円が1,700円程度になる 別途特急券がが必要。 ただ、事故が発生したときに振替輸送には対応していないと思われるので、要注意。 5番線のアーバンライナーへ いつも通りの5番線、大阪方面の特急がやってくる。 近鉄特急の難しいところは、足元の乗車位置番号が対応していないこと。 適当な場所に並んで適当に乗車する。 全席指定なので、急ぐ必要はないのだけれど。 ただ、金曜日の遅めの時間、混雑状況が読めなかったのでデラックスシートを選択。 差し引き+210円でデラックスシートに。 3列のゆったりシートで優雅に移動だ。 乗車率は4割程度、真後ろの席、同じ列の席は空席だった。 金曜日の21時はあまり人気がないのかもしれない。 コンセント付き車両だった 近鉄特急はコンセントの有無が運試し。 後付けのコンセントなので対応している車両と、そうでない車両がある。 時刻表や予約時には分からないので、近鉄特急ガチャなのだ。 時速130kmで三重、奈良を駆け抜けて大阪へ アーバンライナーは時速130kmで走る。 線路も広く安定しているのだろう。 今回は津以外に、奈良県の大和八木駅に停車。 無事に大阪上本町へ 21時00分に近鉄名古屋駅を出発したアーバンライナーは23時04分に大阪上本町へに到着。 新幹線に乗れば1時間30分程度で到着する。 どちらを選ぶかだけど、乗り換えなく空いているであろう近鉄を利用した。 大阪の中心街と結んでいる近鉄、便利に利用させてもらっています。

次の

近鉄特急で通勤するのは贅沢ではない5つの理由と近鉄特急のお得な買い方を紹介するよ

近鉄特急 コンセント

UA特典で行く沖縄の旅、まずは大阪まで移動します。 今回は近鉄の新型特急、ひのとりに乗車します。 近鉄 新型特急 ひのとり 2020年3月14日にデビューした近鉄の新型特急、ひのとり。 所要時間は変わっていないものの、座席の快適さが格段に向上しました。 特急料金に加えてレギュラーシートで200円、プレミアムシートで900円の追加が必要ですが、その価値はあるのでしょうか。 今回はレギュラーシートに乗車しました。 近鉄名古屋駅 特急ホーム 近鉄名古屋駅は4・5番ホームが特急ホームとなっています。 ホームに到着するとちょうど1本前の大阪難波行きアーバンライナーが出発していきました。 乗車するのは16:25発のひのとりです。 このあとの特急は16:10発賢島行き、乗車する16:25発難波行き、16:30発難波行きとなっています。 大阪からのひのとりが到着 難波からのひのとりが到着しました。 写真ではわかりにくいのですが、到着と同時にオレンジ色のライトで車両が照らされました。 赤い車体が一層鮮やかになります。 降車が終わり、一度ホームから引き揚げです。 16:10発 賢島行き特急 出発 16:10発の賢島行きが出発していきました。 開いた4番ホームにアーバンライナーネクストが到着しました。 いよいよ入線! さあ来ましたよ! 進行方向が変わりました。 ヘッドライトはLEDなんですね。 いざ ひのとりの車内へ! 近鉄ホームページより。 ひのとりは6両編成。 一番端の1号車及び6号車はプレミアムシート車両となっています。 レギュラーシートとの差額は700円。 今回はレギュラーシート、5号車に乗車しました。 プレミアムシートにも空きはあったのですが、せっかく乗るなら運転席後ろに乗りたかったので、今回は見送りました。 座席周りの様子 乗車した5号車です。 入線から出発までの時間はごくわずか。 既に名古屋駅を出発して地下区間を走行中です。 今回お世話になった座席。 ひのとりでは後ろを気にせずリクライニング出来るよう、プレミアムシートはもちろんレギュラーシートでもバックシェルがついています。 今回は最後尾を指定したのであまり関係なかったですね 笑 片方リクライニングしてみました。 座面が前に出ると同時に沈み込みます。 いわゆるゆりかご式シートですね。 アーバンライナーよりも沈み込み方が大きく、よりリラックスできるように感じました。 座面はかなり分厚いですね。 まるでソファーに座っているかのような座り心地。 最後部座席後ろにはスーツケースが入るくらいにはスペースがあります。 ヘッドカバーはHINOTORIのロゴ入り。 コンセントは各席肘掛下についています。 コンセントについては少し後述します。 テーブルは座席後ろに1つ。 厚さのあるテーブルで安定感があります。 アーバンライナーではテーブルが小さかったので、お弁当を広げたり、パソコン作業などが楽にできるようになりました。 そして肘掛下から取り出す小さなテーブルがあります。 フットレストは2段階式。 抑えていないと戻ってしまうので指で押さえて撮影しています。 近鉄ではフットレストは靴を脱いで使用するのがルールです。 座席の間にカップホルダー。 レバーはフットレストを操作するときに使用します。 テーブル上に荷物用フックが2つづつあります。 頭上のランプはその座席に予約があるかどうかを示しています。 JR東日本の在来線普通列車グリーン席と同じですね。 緑色は指定あり、白は指定なし。 子どもはオレンジ色の様です。 特急券無しで飛び乗った場合はランプが白色の座席に座ると良いですね。 デッキ・荷物置き場 4号車と5号車の間のデッキです。 ベンチシートが置かれているほか、無料の荷物ロッカーがあります。 ロッカーは通常の鍵を利用するタイプと、ICカード乗車券を鍵代わりに使えるタイプがあります。 せっかくなのでICカードタイプを使ってみました。 機内持ち込み最大サイズを入れるとこんな感じでした。 欲を言えば床面とロッカーに段差があるので、これが無ければ重いスーツケースでも出し入れが楽なのになと思いました。 途中の停車駅はもちろん、名古屋・難波共に到着後の停車時間は短めなので、荷物は早めに取り出した方が良いかと思います。 車いすスペースと1人用座席 4号車に車いす対応座席、およびデッキにはバリアフリーのトイレがあります。 カフェスポットと自動販売機 プレミアム車両にそれぞれカフェスポットがあります。 挽きたてコーヒーは1杯200円。 自分でカップをセットしてボタンを押します。 コーヒーサーバーの隣にはスナックが売っています。 スナックはSOYJOY(100円)とクリーム玄米ブラン(150円)です。 それにココア(150円)と紅茶(100円)ですね。 ココアと紅茶用のお湯はコーヒーサーバーから無料で入れることができます。 カフェスポットの先はプレミアム車両。 プレミアム車両だけハイデッカーですね。 レギュラーシート利用の場合は入室はやめましょう。 冷たい飲み物は自動販売機より。 2号車と3号車の間にあります。 コンセント容量に問題あり? 問題があると思ったのが座席にあるコンセント。 何と電源容量はわずか0. 6Aしかありません。 全席コンセント設置ではありますが、0. 6Aではスマホやタブレットの充電は気休め程度でしょう。 「使用しないでください」の文字をそのまま受け取るなら、繋ぐことすら許されません。 実際私もスマホを40分ほど充電してみましたが、GPSスピードメーターを常時動かしていたこともあってバッテリーのパーセンテージはそのままでした。 充電マークは表示されていました。 2Aあればスマホ・タブレット・ノートパソコンをしっかり充電・使用することができますね。 設計段階で0. 6Aの容量に疑問を持つことが無かったのでしょうか。 デビューしたばかりの列車なのですぐに改修されるとも思えませんが、1つの課題ではあると思います。 大阪難波へ あべのハルカスが見えてきました。 終点の難波までもうすぐです。 まとめ 近鉄の新型特急、ひのとりの乗車記でした。 アーバンライナーと比較して間違いなく快適性はアップしています。 差額200円ならひのとりを選択しますし、どちらにしても名阪特急の速達タイプ、いわゆる甲特急は全てひのとりに置き換わります。 今回はレギュラーシートだったので、次回以降は是非プレミアムシートにも乗車してみたいですね。 個人的な感想ですが、速達性の劣る乙特急になってしまったアーバンライナーに乗車するくらいなら急行乗り継ぎで良いかなと思っています。 どうせ乗るならひのとり。 節約するなら急行乗り継ぎでしっかりと。 メリハリのついた選択が私の乗車スタイルになりそうです。 tomekichisfc.

次の