デタリキz リセマラ。 デタリキzのリセマラのやり方と初心者の序盤の進め方・感想。

シリアルコード一覧 [デタリキZ(X)

デタリキz リセマラ

デタリキZの情報まとめです。 本日も初心者の方向けの情報となっております。 進んでいる人はもうやる事がなくなって来ているみたいだな。 ステータス・速度を増減させる効果につきまして、お客様のご意見を受け、開発内部で検討を行い、速度を増減させる一部効果を適切な値に上方修正することといたしました。 詳細はゲーム内お知らせをご覧ください。 お客様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。 — デタリキZ 公式 Detariki 速度に関しては運営の対応が完了した模様です。 簡単に言うとすべて10倍になった感じなのですが、使用感としてはまだ良くわからないのが本音。 これから徐々に情報が集まってくるものと思いますので、しばらく様子見しておきましょう! 速度デタリキはまだまだ初心者は手を出す品ではなさそうですね。 本日の初心者記事は親愛度についてです。 ご褒美見たいならさっさと親愛度あげないとね! それ以外の恩恵もでかいよな。 親愛度は上げるべきなのか? 結論から言うとさっさと上げるべきコンテンツです。 特にSSRコスプレをGET出来たキャラは最優先で編成に組み込んでおきましょう! SSRコスプレがない場合は報酬の美月からスタート! とは言うものの事前登録SSRをGETしている人がほとんどだと思うので、まずはSSRコプスレの持っているキャラを編成に組み込みひたすら戦闘へ連れて行きます。 まずやるべきは、 SSRコスプレの完凸。 そのキャラのSRコスプレの完凸。 RコスプレもあればRコスプレの完凸。 これらをこなしつつ、覚醒も出来る限り優先的に行います。 好きなキャラがSSR持っている場合は真っ先に使って問題ないです。 親愛度鉱山堀りとは? この親愛度、100でご褒美シーン開放はおまけで、 80後半からのGETできる「粒子」を入手する事が本命です。 ケタ違いにゲット出来る粒子は色々と重要なアイテムと交換出来、一気に親愛度開放が進む起点となります。 なので、まず一人、親愛度MAXを目指して愛を注ぎ込みます。 親愛度99でコスプレ粒子10,000! 現在100がMAXとなっており、これ以上は伸びません。 愛がここでストップです。 愛が止まるっ!? コスプレ完凸してからすかさずスキルレベル素材を! コスプレ完凸するとスキルレベルミッションが出現します。 そこでこの素材を使ってスキルレベルをサクっと上げて親愛度を回収します。 SSRを持っていないキャラは特にSRの育成が重要になります。 これで親愛度をガンガン上げて石を回収して行くのが、親愛度鉱山堀りでございます! はやめにこれを掘り尽くすと石集めはシビアになって来るわけですね。 引きたいガチャが来た時にガンガン掘って石を集めるのもありですね。 管理人は今のフェスで集めたい所でございますが! プレゼントミッションもおいしい。 このエクストラ任務。 チケットが必要ですが、 プレゼント素材は親愛度を上げる為に非常に有り難い素材達です。 普段戦闘に連れていなかいキャラはどうしても親愛度を上げにくいので、そこでプレゼント作戦と言うわけですね。 染編成で戦う必要がありますが、 SRパンツなどもGET出来るのでチケットある限り戦いたい任務でございます。 それぞれ親愛度が上がります。 渡す回数ごとに個数がより多く必要になります。 まずはクッキーを渡してから他のアイテムを渡せるようにして行きましょう! 今の所ゴールドリング入手難易度を考えると「ふんわりケーキ」が最も効率が良いかと思います! まとめと総評。 徐々に戦力差が開いてきた感のあるデタリキZ。 上を見ると計り知れませんが、 新規参入組もまだまだいらっしゃると思います。 効率良く進めたくなるのが人の性と言うわけで、さらには出来る限りご褒美シーンも拝みたいと思っている人も多いと思います。 ご褒美関連はデタリウムがなぜか妙にそそりますが、 キャラ愛を育む上で親愛度シナリオの閲覧は重要な要素。 まずはゆっくりと育成を楽しんで行き、A級任務やS級任務、プロ班長試験に挑戦して行きましょうね! 管理人もまだまだですので、頑張りたいと思います!.

次の

【デタリキZ 特別防衛局隊員の日常】DMMGAMESで本日正式サービス開始!SSR衣装が手に入る初心者パネルミッションも開催中!

デタリキz リセマラ

火力が高いだけでなく、 スタン・スロウ効果の攻撃が出来るので敵の攻撃頻度を下げ、被ダメージ軽減が可能。 敵の攻撃頻度が下がれば、戦闘面で大きく優位に立てる。 単純な火力だけ見ればトップクラスの性能を誇り、尚且つオーバードライブによる 全体7連続攻撃は非常に殲滅力が高くオススメ。 序盤から終盤まで最前線で活躍出来る性能を誇る。 その為、前衛にはアタッカーを配置するとより高い効果を発揮出来る。 味方への火力バフを付与するサポート能力だけでなく、自身も 単体9連続攻撃を行うオーバードライブを持つなどかなり攻撃的な性能となっている。 殲滅力は低めだが、 ボス戦等で役立つのは間違いない。 3位:和修吉 キャラ性能&個別評価 トップクラスの防御力を誇るゼクス。 全て 付与対象は自身のみであるものの、 全体攻撃以外であれば全ての攻撃を請け負ってくれる為そこまで気にはならない。 攻撃力は低いが、オーバードライブにより 5連続攻撃は殲滅力を底上げするのにも使える。 壁役が必要なら是非とも狙いたい。 4位:シャリーノ キャラ性能&個別評価 トップクラスの回避を誇る。 オーバードライブでは 味方全体の防御力をアップ出来たりとこのキャラを獲得出来ればサポート面は万全といえるほどの性能。 戦闘を優位に運びたいのなら狙っておいて損は無い。 5位:ペクティリス キャラ性能&個別評価 サポート能力が高いゼクス。 その他、 味方全体のHPを瞬時に回復したりオーバードライブで TPリジェネを行ったりと高いサポート能力が魅力。 回復能力は序盤ではそこまで必要ないものの、壁役との相性が良いので先に獲得して育成しておくのも十分有り。 優先度は低めだが高いサポート能力は魅力。 6位:フォスフラム キャラ性能&個別評価 味方全体の防御力を上昇出来るスキルを持つ。 他にも、 全体TPリジェネや 全体必中付与などのスキルを持つので長期戦にも対応可能。 オーバードライブでは 全体5連撃+味方全体の攻撃力アップを行えたりとサポート能力の高さが魅力。 攻撃力はそこまで高くないのでバフが無ければ期待は出来ない。 ただ、 壁役と同時に編成したり組み合わせによって高い効果を発揮してくれる点は有難い。 サポーターとしての性能は高め。 単純な火力だけでも十分強力な上、オーバードライブでは 全体6連撃とアタッカーとしてかなり魅力な性能。 火力もトップクラスとなっており、アタッカー+ジャマーとして汎用性が高いゼクス。 パーティの火力を底上げしてくれる高い性能を保有しているので、火力が足りない場合にはオススメ。 回避もアップしてくれる為、被ダメージ軽減にも貢献出来るところが有難い。 攻守をサポートしてくれる優秀な性能となっているので入手しておいて損は無い。 9位:ムリエル キャラ性能&個別評価 ヘイトアップ&敵全体に攻撃力デバフを付与出来るゼクス。 防御力だけでなく回避も高く、回避バフも持ち合わせているので固いだけじゃないのも嬉しい。 和修吉は完全な壁役、こちらは味方の被ダメージも軽減出来る 広い効果を期待出来る。 防御力が最も高い敵に対して防御デバフまで付与出来るのでデバッファーとしてトップクラスの性能を誇る。 味方にバフを豊富に付与出来るキャラと同時に編成する事で、敵と味方のステータス差を広げられる為戦力を突き放せる部分も魅力。 編成次第でトップクラスのアタッカーがいなくても、十分に火力を出せて被ダメージを下げられるのでオススメ。 11位:アニムス キャラ性能&個別評価 攻撃力が高く、オーバードライブにより単体7連撃を行える。 対象が最も攻撃力の高いキャラとなっているので、一番のリスクを真っ先に叩ける点は有難い。 他にも、 同対象の敵に対して防御力デバフを付与したりとリスクを最優先に無くす事に特化した性能。 と似た性能となっているのでこのランクではあるものの、火力だけでいうと十分優秀。 ただ、ゾンネのように バフ効果を持ち合わせていない部分が差となっている。 12位:シンクロトロン キャラ性能&個別評価 ステータスが非常に高く、攻撃力を除けば全てが全ゼクスの中でもトップクラスを誇る。 しかし、壁役としての性能なら和修吉の方が上。 和修吉はリジェネや一定量ダメージ無効化等の効果を持つ為、長期に渡って壁役として運用可能。 ただ、ステータスの値だけで言えばこちらも優秀なので壁役の妥協点としては十分有り。 13位:ルートヴィヒ キャラ性能&個別評価 味方全体に反撃状態を付与出来る為、火力の高いゼクスと多く編成する事で高い効果を発揮出来る。 尚且つ、 敵全体に防御力デバフやオーバードライブの スロウ効果で戦闘を優位に運ぶ事も可能。 反撃状態を付与する事で攻撃回数が増える為、火力アップのバフを持ったキャラと組み合わせるのも有り。 自身のステータスはそれほど高くはないが、スキルが優秀なキャラ。 14位:マスティハ キャラ性能&個別評価 ヘイトアップを行って、一定量のダメージを無効にするスキルを多く保有。 全体でいえば HPは1位で 防御力2位と壁役としてステータスは優秀な部類。 ただ、 自身に対して防御バフを持ち合わせておらず味方に付与して貰うしかない。 上位壁役はその辺りも自身で補えるので、そこに差がある。 大きなリスク優先して排除してくれるので、リスク回避にも繋がる。 ステータス自体で突出している部分は少ないが、 腐らない性能なのでオススメ。 それだけでなく、 最もHPの低い味方を回復出来たりとサポート能力は高め。 オーバードライブでは 味方全体の防御力アップも行えるなど、攻守をサポート出来る性能が有難い。 最優先ではないが、使い易いキャラで有る事は覚えておきたい。 サポート役からデバッファー、アタッカーまでこなせる万能タイプ。 突出した性能が必要なら上位ランクの性能特化型を狙う事をオススメする。 シンプルに攻撃力が高く、尚且つ防御デバフを付与出来る使い易い性能。 上位ゼクスの優秀さには劣るものの、性能だけでいえば十分優秀。 火力アップの要員として使える為、オススメ。 19位:マルキダエル キャラ性能&個別評価 最前列の敵に攻撃を行い、最前列の味方にバフを付与するスキルが豊富。 後列の敵や味方に対してはアプローチ出来ないので注意。 オーバードライブは 全体攻撃+睡眠付与。 前列に重きを置く場合には是非とも編成しておきたいゼクスといえる。 味方に対してよりも自身を強化する事に長けており、特に絶対回避に関してはかなり優秀。 敵攻撃を回避する事で被ダメージはゼロとなり、ピンチの時ほど高い効果を発揮してくれる。 ただ、上位ゼクスに比べるとやや劣る。 全てのスキル~オーバードライブまでが最も攻撃力の高い敵を対象としているので、敵アタッカーを優先して無効化出来る点は優秀。 ただ、汎用性という意味ではそこまで高くはない。 強敵との戦闘に特化した性能といえるので、リセマラでなら上位ゼクスを狙った方がおすすめ。 22位:アザゼル キャラ性能&個別評価 ステータス的には壁役キャラではないものの、 全体挑発にてヘイトアップ可能。 尚且つ、 リジェネ効果を自身に付与して反撃状態+反撃時に麻痺付与。 挑発効果と重なって発揮してくれる効果が非常に優秀。 尚且つ、 最も攻撃力が高い味方を復活させるなど貴重な蘇生スキルも保有。 防御力が低めに設定されているので、回復要員と一緒に編成すると高い効果を発揮してくれる。 23位:ベガ キャラ性能&個別評価 補助タイプのゼクス。 オーバードライブでも 全体5連撃+麻痺を付与出来る。 敵の行動自由を奪う事で戦闘を優位に運べる事は勿論、被ダメージ軽減にも貢献可能。 ステータスが何かに突出している事は無いが補助タイプのゼクスは1人入手しておきたい。 24位:ポラリス キャラ性能&個別評価 攻撃力が高いゼクス。 尚且つ、 自身の速度アップを行える為DPSも高められる点や 全体麻痺付与なども魅力。 ただ、アタッカーキャラに関しては豊富に存在するので上位アタッカーとしてまでは食い込めない。 普通に運用出来る性能は持つので、アタッカー枠が欲しくて妥協するなら全然有り。 25位:アルモタヘル キャラ性能&個別評価 全体挑発のスキルを持つ壁役キャラ。 ヘイトアップの効果を多く持つので、敵からの攻撃を集められる。 その上、 全体攻撃+攻撃力でバフを付与出来たりと生存率を高められる性能が有難い。 オーバードライブは単体攻撃となっており、ステータスは高いもののスキルがいまいちパッとしないキャラ。 初期から入手しているという意味ではリセマラ対象とはならないが、性能だけで見ればこのランク。 トップクラスの攻撃力は序盤から十分役立ち、活躍してくれる。 シンプルだが使い易い性能のゼクス。 オーバードライブでは 味方全体の一定量ダメージ無効等も付与してくれる為、生存率アップも可能。 攻撃力や防御力アップではないが、スキルの回転率や速度アップにより同等の効果を得られる。 壁役キャラと組み合わせる事で、大きなサポートが可能になる。 ただ、上位ゼクスと比べると若干劣り気味。 ステータスだけ見ればそこまで高い性能とはいえないが汎用性が高く、オーバードライブでは 単体9連撃と強敵と対峙した際に活躍してくれる。 ただ、上位キャラのと近い性能となっており性能だけで言えば若干劣り気味。 同系統キャラが欲しいならゾンネを狙いたい。 29位:バンシー キャラ性能&個別評価 全体攻撃+麻痺付与の効果を持つゼクス。 敵の行動を制限出来る効果は戦闘を優位に運ぶ上で非常に魅力的。 その他、 自身にTP回復を行ったり 最も攻撃力が高い敵いに優先して攻撃したりと性能面では優秀。 ただ、性能的に被りが多く特筆すべきポイントは少な目。 上位ランクのゼクスには劣ってしまうので優先度は高くない。 30位:ルクスリア キャラ性能&個別評価 スキルにて 全体攻撃+TP小回復の効果を持つのでオーバードライブの回転率が早め。 自身に攻撃力バフを付与出来、 最も攻撃力の高い敵を優先して攻撃出来る為リスクを優先して潰せる。 高倍率の単体火力を誇るものの、やはり上位ランクのキャラと比べると劣り気味。 その為、優先度は低め。 ただ、壁役に関しては被っているゼクスが多く、優先度は低め。 単純に上位の壁役の方が高い性能となっているのでそちらをオススメする。 性能面では悪くはないが、リセマラで狙うのなら優先度は低め。 オーバードライブで 味方に対してスキルダメージアップやTPリジェネなどの効果を付与出来るが、そこまで恩恵を感じられる性能とはいえない。 ステータスもそこまで突出している部分が無いので優先度は低め。 先ずは上位ランクのゼクスを獲得する事をオススメする。 ステータスもそこまで突出している部分が無く、特筆すべき部分がそこまで見当たらない性能。 可もなく不可もなくといったゼクスとなっているので、あえてリセマラで狙う必要はない。 狙うのならばやはり、上位ランクのゼクスを狙いたい。 総合評価 キャラが多く、全体で見れば性能や役割が被っているキャラが多くなっています。 上位ランクのキャラに関してはアタッカーや壁役の中でもトップクラスの性能を誇るので、出来れば上位ランクのキャラを狙っていきましょう。 下位ランクのキャラに関しては、性能は悪くないものの上位ランクのキャラに比べると見劣りしていまいます。

次の

[B! アプリ] 【デタリキZ】リセマラおすすめSSRコスプレ・ジャマー評価まとめ

デタリキz リセマラ

は特別防衛局の新米班長として異形生物たちと戦うフル3D美少女、人気漫画「To LOVEる」の原作を担当している長谷見沙貴さんが描くフルボイスのゆるくて楽しい物語と、人気漫画「武将少女マキャヴェリズム」を手掛ける神崎かるなさんの可愛いキャラクターデザインを楽しむことができるゲームとなっているぞ。 バトルシステムは、やのようなわかりやすいコマンドバトルとなっており、オートや倍速などの機能も搭載されている。 ゲージが溜まったキャラクターから通常攻撃やスキル、必殺技などの行動を選択して敵を倒していくといったシンプルながらスキルのリキャストなどを考えながら戦える本格コマンドバトルを楽しむことができるぞ。 バトル以外の時間では可愛いキャラクターたちとの交流が可能。 様々なタイプの衣装(コ・ス・プレ)に着せ替えて、色々なカメラアングルで彼女たちを眺めたり、仲良くなってポーズの指定をお願いしてみたりといった事もできるので積極的にお気に入りの子と仲良くなってみてほしい。 シリアスなバトルとは一味違ったゆるめのストーリーが気になる人はチェックしてみてほしいだ。 デタリキZについて デタリキZのおすすめポイント のおすすめポイントはまず可愛い美少女キャラクターたちとの交流機能。 メンバーごとに手に入れた衣装「コ・ス・プレ」に着せ替えることができ、種類も様々な職業の制服など、コスプレを楽しむことができるようになっている。 そしてでは仲良くなっていく事で女の子達のポーズや表情も自分好みに変化させることができるのがお楽しみ要素の1つ。 視点となるカメラアングルが360度、自由に設定したお気に入りの一枚を写し出すことが可能なので、この子にはこんなポーズをしてもらいたいといった想いが叶えられるかもしれないぞ。 そして、もう1つ面白いと感じることができるのが、人気漫画「To LOVEる」の原作を担当している長谷見沙貴さんが描くフルボイスのゆる可愛い物語。 特にゲームのプロローグからものすごいインパクト受けることができるので、シリアスなSFストーリーとは一風変わった、コミカルな世界観を持つSF物語が好きな人には特におすすめのだ。 やのようなゲームが好きな人は是非1度遊んでみてほしい。

次の