仏壇 の 置き場 所 マンション。 【楽天市場】お仏壇 > 置き場所から選ぶ > LIVE

マンション住まいだと難しい?仏壇の置き場所について

仏壇 の 置き場 所 マンション

日本では仏教を信仰する人が多く、先祖供養などのために自宅に仏壇を設置してきた伝統があります。 しかし、マンション住まいが増えるなど、ライフスタイルの変化にともない、家庭に仏壇を置くスペースの確保が難しくなってきました。 ここでは、マンションに仏壇は置けるかどうか、また仏壇を設置するにはどのようなポイントがあるかについてお話します。 仏壇を置かない家庭も増えている 仏壇があれば毎日先祖供養をすることができます 仏壇とは仏像や位牌を安置する厨子(ずし)のことをいいます。 また、寺院にあるご本尊を祀る壇を小さくしたものです。 仏壇は木製の箱型で、正面は両開きになっているのが大きな特徴です。 しかし、仏壇の形態は宗旨によっても違いがあるほか、いろいろなタイプの仏壇ができています。 仏壇は、家族を亡くした人にとって心の拠所としての役割を持っています。 仏壇があると自然と手を合わせたくなります。 また、毎日決まった時間に先祖供養をすることで、子どもたちに先祖の存在を伝えるだけでなく、生命のつながりについて考えるよい機会にもなるでしょう。 ところが、さまざまな理由によって、仏壇を設置しない家庭が増えています。 その理由として、住宅事情により仏壇を置く場所がつくれないことが挙げられます。 また、洋室を取り入れる家が多くなり、仏壇が部屋の雰囲気に合わないことも理由のひとつです。 一方、家族構成の変化も見逃せません。 核家族や一人暮らしなどの住まいでは仏壇を置かないことも多く、仏壇離れに拍車を掛ける一因となっています。 マンションでも仏壇は置ける? 住宅事情によって仏壇を置けない理由として、マンション住まいが増えたことが挙げられます。 戸建て住宅よりもマンションのほうが狭いことが多く、家具を配置していくと仏壇を置くスペースを確保できない家庭も少なくありません。 特に、都市部ではマンション暮らしの人が多い傾向が見られます。 そのため、仏壇を置くスペース的余裕がないと、初めから諦めている人がいるかもしれませんね。 そんななか注目されるのが、マンションなどに設置できる仏壇の登場です。 限られたスペースに設置しやすいコンパクトサイズの仏壇や、洋室の雰囲気に合ったモダンなデザインの仏壇もあります。 マンションの間取りは洋室が主流のため、モダンなタイプの仏壇があるとうれしいですよね。 ほかの家具との調和を考えながら、好みの仏壇を選べるメリットは大きいでしょう。 住まいのなかに仏壇があると先祖供養がしやすくなります。 日常生活のなかで、先祖と向き合い、故人を偲ぶ時間をつくるためにも、仏壇を設置したほうがよいかもしれません。 マンション暮らしの人がスペースの関係で仏壇の設置に迷っているのなら、マンションに置けるサイズの仏壇を検討する方法があります。 マンションの仏壇を置くときのポイント 住まいに仏壇を設置するときは、置き場所に配慮する必要があります。 仏壇を傷めないだけでなく、先祖供養などをしやすいためにも、仏壇を置くときのポイントをおさえておきましょう。 仏壇の置き場所を決めるときは、仏壇の材質にも注意が必要です。 たとえば、木製の仏壇は湿気に弱く、曲がりやすい性質がみられます。 また、日光を浴びると変色の原因にもなります。 それらを防ぐためにも、直射日光が当たらない風通しのよい場所を選びましょう。 また、仏壇に安置するご本尊との位置関係も大切です。 仏壇の前に正座したとき、ご本尊が自分の目線よりも上になるように意識しましょう。 その逆になると、ご本尊に対して失礼になるため、くれぐれも注意が必要です。 仏壇と神棚との関係も見逃せません。 同じ部屋に配置する場合は、それらを向かい合わせにしないことがポイントです。 たとえば、仏壇にお参りしているときは神棚にお尻を向ける格好になります。 神棚に手を合わせているときも同じことが言えます。 おすすめの置き場所は? 仏壇を設置するときは、スペース(高さ・横幅・奥行き)を意識して選ぶことが大切です。 また、扉付の仏壇では、扉を開け閉めするとき支障がないかも確認しましょう。 さらに、仏壇の前には座るためのスペースも必要になります。 先祖供養は日常的に行なうことから、物理的な原因でストレスにならないことが大事です。 そのうえで、おすすめの仏壇の置き場所を知っておくとよいでしょう。 住まいのなかに和室がある場合は、和室に置く人が少なくありません。 仏壇は和室の落ち着いた雰囲気に合うため、ゆったりとした気分で仏壇の前に座れます。 もちろん、仏壇はリビングなど洋室に置くこともできますので、ライフスタイルに合わせて無理なく置ける場所を決めましょう。 また、床に仏壇を置くスペースがない場合は、タンスやチェストの上に置けるコンパクトサイズの仏壇を選ぶ方法もあります。 そのようなスペースの確保が難しいところでは、壁掛けタイプの仏壇を探してもよいでしょう。 タンスなどの上を利用して仏壇を置くときは、ほかのインテリア小物がないことが理想的です。 また、タンスなどの高さは、目線よりも少し低いことが望まれます。 仏壇の設置場所が高すぎると、お参りするときに拝みにくいことを知っておきましょう。 逆に、仏壇の位置が低すぎる場合は、仏壇台を用意して高さを調整するとよいですね。 仏壇を置くときの開眼供養について 御布施の相場はどれくらいなのでしょうか 住宅に仏壇を設置するときは「開眼供養」(開眼法要)を執り行う必要があります。 こちらは、お寺の僧侶が主導する形で、仏壇やご本尊、位牌に魂を吹き込むことから「魂入れ」とも呼ばれています。 僧侶に自宅まで来てもらうことが一般的ですが、コンパクトサイズの仏壇はお寺に持ち込む方法もあります。 開眼供養に際しては、お布施(僧侶への謝礼)の相場を確認することが大切です。 こちらは宗派にもよりますが、読経や法話料金などを合わせて5万円前後だといわれています。 また、開眼供養の席で会食を行なう場合もあるため、事前にお寺へ聞いておきましょう。 開眼供養のときは、ご飯(仏飯器)、お花(花立て)、線香(香炉)なども必要です。 ほかには、精進料理(海の物、山の物、里の物)、お供え物(果物、お菓子など)が挙げられます。 いずれにしても、お寺に確認することが大切です。 もし、仏壇を買い替える場合は、古い仏壇の「閉眼供養」(閉眼法要)も行ないます。 仏壇は先祖の魂が宿る場所であり、仏壇から魂を抜く「魂抜き」のためにも閉眼法要が必要です。 こちらは開眼供養の有無にかかわらず、きちんと執り行うようにしましょう。 なお、僧侶へのお布施は、開眼供養と同じく5万円前後のようです。 こちらについても、お寺への確認をおすすめします。 仏壇を置かなくても位牌は置ける? 先祖供養をするためには、仏壇があることが理想的ですが、仏壇がなくても供養することができます。 また、仏壇を置かずに供養することも選択肢のひとつです。 そのためには、供養する場所がポイントになります。 コンパクトサイズの仏壇を設置するときと同様に、タンスやチェストの上などを活用しましょう。 そこに敷物を敷いてから位牌を安置します。 仏壇という形にとらわれすぎず、供養する気持ちが大事です 仏壇を置かずに位牌を安置するときは、香炉、花立て、ローソク立てという、3つの仏具があれば供養ができます。 それらの仏具を用いる、お香、お花、灯明は供養の基本となるもので、それぞれ仏様と強い結びつきがあることを知っておきましょう。 なお、線香を使うときは香りが気になることも少なくありません。 しかし、煙が少ないタイプや香りがきつくないタイプがありますし、安全性を考えるなら電気線香や電気ローソクなどを使ってもよいでしょう。 大切なのは供養する気持ちを持つこと 仏壇は先祖供養のためには大切な存在です。 しかし、生活スペースの関係上、どうしても仏壇を置けないところもでてきます。 その場合はコンパクトサイズの仏壇という選択肢もありますが、住宅によっては難しいかもしれませんね。 しかし、仏壇を置かなくても、先祖を敬う気持ちがあれば十分供養になります。 仏壇はあくまでも「形」だと知っておくと、安心できるのではないでしょうか。 (最終更新日:2019. 05).

次の

マンション仏壇の選び方

仏壇 の 置き場 所 マンション

そこで今回は、限られたスペースでも仏壇の置き場所を確保できるアイデアや注意点についてご紹介していきます。 仏壇を置くスペースがないと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。 マンションでも置ける小型の仏壇を選ぼう 仏壇には、大きくて重いイメージがありますよね。 しかし最近では、マンションなど十分なスペースが確保できないお部屋に対応した、上置型仏壇と呼ばれるコンパクトな仏壇が登場しています。 床に置くスペースがなくても、家具やサイドボードの上に置くことができるのでとても人気です。 このような小型の仏壇は、さまざまなサイズのものがあり比較的安い値段で購入できるのでおすすめです。 置く場所がないと困っている場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。 インテリアに合う仏壇を選ぼう 仏壇と言えば和室、という印象がある方も少なくないでしょう。 ところが、マンションやアパートは、床がフローリングであるところが多く洋室が一般的です。 そこに仏壇を置くと部屋の雰囲気に合わず、仏壇だけが浮いた印象になるのではと心配される方も多いのではないでしょうか。 最近では仏壇のデザインが豊富になり、お部屋に合わせて選べるようになりました。 「家具調仏壇」と呼ばれる仏壇は、洋室の雰囲気を損なうことがないのでおすすめです。 デザイン性が高い仏壇が多くありますから、部屋のインテリアに合わせて選ぶとよいでしょう。 マンションに仏壇を置くときの注意点 基本的に仏壇を置く場所は、どの部屋でも問題ありません。 しかし、仏壇ではろうそくや線香などを使うので周囲に燃えやすい物を置かないように注意が必要です。 また、エアコンなどの風が直接当たると仏壇が傷んでしまうので、風が当たらない場所を選びましょう。 そして、神棚がある家庭の場合、一般的に神棚と同じ部屋に仏壇を置くことは望ましくないと言われていますが、そういった風潮も現代では薄れつつあります。 ひとつだけ注意しなければならないことは、神棚と仏壇を向い合わせに置かないようにすることです。 向かい合わせになっていると、どちらかに手を合わせるとき片方にお尻を向けることになりよくありません。 仏壇と言えば、大きくて和室に置くものというイメージをしてしまいがちです。 しかし、近年では卓上サイズのコンパクトな仏壇が登場しています。 また、デザイン性の高い仏壇も多いのでインテリアに合わせて選ぶことができ、お部屋の雰囲気を壊しません。 このように、住宅事情に合わせて仏壇も大きく変化しているのです。 ぜひ仏具店で実際の仏壇をご覧になってくださいね。

次の

マンション仏壇の選び方

仏壇 の 置き場 所 マンション

マンションの3階にお住まいとのことですが,そのマンションに4階以上がある場合には,仏壇を安置した所の天井に「雲」と書いた紙を貼ります。 2の方は「天」と書いた紙と回答されていますが,私の住んでいる地域では「雲」です。 これは地域による違いだと思います。 日本の寺院の70%以上の本堂は,南向きです。 既にNo. 1の方が3つの説を挙げられれていますので,重ねて申し上げることはありませんが,3つめの西方浄土説(仏壇を東向きに安置する)は,宗派によります。 阿弥陀如来を信仰する浄土宗や浄土真宗ですと,西方浄土説は当てはまりますが,日蓮宗ですと逆になります。 お釈迦様が法華経を説く時に,多宝如来が現れて・・・(中略)・・・多宝如来さんとお釈迦様が並んで説法されたのですが,多宝如来さんの浄土は東の方角にあるとされているので,おふたりは,西面東座されたのであり,これに倣うと,仏壇を西向きに安置することになります。 いずれにしろ,家族が揃ってお参りしやすい所に仏壇を安置するのが最も良いので,方角を気になさることはありません。 北向きが良くないと言われるのは,家は太陽の光を取り入れる為に南側が大きく開けられていることが多いので,家の南側に北向きに安置すれば,仏壇に直射日光が当たり,傷み易くなるからです。 長野県上田市には,北向観音と呼ばれている観音堂がありますが,その名のとおり,本尊は北向きに安置されています。 ですので,仏教の教義で,北向きに安置してはならないと決まっている訳ではありません。 仏壇の安置場所ついては、古くからの言い伝えでは、次の三つの考え方が有ります。 1.南面北座説 仏壇の正面が南を向くようにして北に安置する。 この位置は、仏壇に直射日光が当たらず、南側からの風通しも良く、 湿気を防ぐ事ができるので、仏壇の保存の条件として最適です。 「仏壇の北向は良くない」というのは、この裏返しの考え方です。 2.本山中心説 仏壇の前で合掌したとき、拝む方向の延長線上に、自分の宗派の本山があるように安置する。 したがって、宗派の本山が京都にあるとすると、関東に住む人と九州に住む人とでは仏壇の向きが逆になります。 3.西方浄土説 仏壇を東向きに安置する。 仏壇を拝むたびに、そのまま西方の極楽浄土も礼拝できる。 (拝礼する時、片方におしりを向けてしまうから) A ベストアンサー 仏壇は故人が入る家の様なものと考えて下さい 従って夜になると扉を閉め(家の玄関を閉めるのと同じ) 夜は眠ってもらうと言う考えの基に基本を考えて下さい 上を覆う(屋根)、側をふさぐ(壁)、床が有る、扉が閉まる と考えれば仏壇でなくても 極論すれば段ボール箱にカーテンを付けて仏壇替わりにする事も出来ます 現実にはそうはいかないので皆さま仏壇と言う手段を使うのです 仏壇(安価な2万円位)が無理なら先ほどの側、屋根、床、扉(カーテン) で考えてはいかがでしょうか、下記URLも参考にして下さい 尚、仏壇は故人が入る家の様なものなので階上に人が通る所に設置するなら 天井(設置する真上)に雲又は天と書いて 仏壇の中から見て読める様な方向(参拝者側から見て上下逆文字に)に貼ってください。 <床の間の上に仏壇は、良くないのですか> 床の間の起源には諸説いくつかあります。 1 室町以前は部屋に畳は無かったので、部屋に畳を置きその上で寝起きしていたものが、だんだんその上は使われなくなって床の間へと変化していった。 2 部屋の一方の壁に高さが7寸ぐらいで板を取り付けて(現在の棚です)その上に物(茶器や香炉の類)を置いていた。 この板の長さは2間あり、現在の床の間より大きい(長い)。 ここからだんだん現在の床の間へと変化していった。 3 部屋の奥の壁に軸や絵などを飾り(掛け)その前に低い台を置き部屋の飾りつけとして使用していた。 この場合、部屋全体が現在で言う床の間であり、現在より大きい(と言うか、機能が違う)。 この考え方から現在の床の間へと収斂して行った。 室町の後期に成立した床の間は、桃山に入って完全に現在の意匠が出来上がっています。 色々ありますが、床の間がある部屋はその家の中でも上等の場所であり、格式が高い部屋である事は間違いないと思います。 来客があった場合、床の間がある部屋に通すのは理に叶っています。 私の地域では「奥床」といって、田の字の部屋構成の奥の後ろ側の部屋(八畳)に床の間を作ります。 お葬式の時は、その部屋(床の間がある部屋)全体に祭壇を飾り、前の八畳、隣の十畳を使い式を行います。 ご質問者さんの疑問ですが、その家の一番高級な場所にご先祖様の位牌の入る仏壇を置かれたとしても、何か障(さわ)りが有るとはとうてい思えないのですが。 ご先祖様に感謝されても、罰当たりにはなり得ないと思います。 私の地域では、天台宗は床の間のある部屋には仏壇は置きません。 その一つ手前の部屋に仏壇は置きます。 仏壇の上は神棚です。 例外はありますが、ほとんどこのように作ります。 浄土真宗では床の間の隣が仏壇が入る場所です。 本来はここは他の宗派は違い棚と天袋地袋が造られ、反対側には出書院があり、床の間と共に奥の高級な部屋の意匠を構成する部分ですが、浄土真宗ではここ(床間の隣)が仏様(仏壇)の場所です。 <本来床の間は、神様の場所であり、仏壇をおくのは良くないこと。 ご先祖様も大事ですが、床の間は、神様の場所なのだと聞かされました> 前出の通り「そんなことはないでしょう」。 <床の間に仏壇を置くと男子の子孫が繁栄されないので良くないとも聞かされました> ほんとですか?・・・なんか怪しいですね・・・。 <細木数子の先祖の供養にも書いてありました> 何かを信じることは悪いことではありません・・・が、信じる物はご自分の判断で確り探すのが良いと思われます。 <床の間とは仏壇の置くところではないのですか> 私の地域では、その様にしているご家庭は沢山あります。 ご質問者さんのお心が健やかになる事を祈っています。 こんにちは。 <床の間の上に仏壇は、良くないのですか> 床の間の起源には諸説いくつかあります。 1 室町以前は部屋に畳は無かったので、部屋に畳を置きその上で寝起きしていたものが、だんだんその上は使われなくなって床の間へと変化していった。 2 部屋の一方の壁に高さが7寸ぐらいで板を取り付けて(現在の棚です)その上に物(茶器や香炉の類)を置いていた。 この板の長さは2間あり、現在の床の間より大きい(長い)。 ここからだんだん現在の床の間へと変化していった。 3 部屋の... Q はじめまして。 先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。 我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。 父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。 葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。 その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。 お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました) お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで、 9時前に葬儀を始め、初七日までのお経?をすべて1時間くらいで終わらせてすぐ帰られました。 枕経と通夜はちゃんときていただいてます。 数日後に、七日ごとの法要があります。 お寺さんから連絡をいただき、平日午後七時に来られるとのことでした。 (お寺との連絡等は父がしています) これから毎週来られると思います。 おそらく、父と私の二人だけしかいません。 父が仕事で遅くなれば私だけの時があるかもしれません。 わからないことだらけなので、教えて下さい。 1、七日ごとに来られる際に、毎回お布施をお渡しするのでしょうか? する場合、いくらすればいいのでしょうか? もしくは、49日にまとめてすればいいのでしょうか?その際の金額は? 2、お茶をお出しする気でいるのですが、午後七時って、夕飯時ですよね。。。 お食事の用意もするものなのでしょうか? 3、お経が終わったら、お茶とお菓子を出しますが、 来られたときにもすぐに一回目を出すものですか? お菓子は、一個300円位する和菓子? それとも一個100円くらいのスーパーで売っているもの? お出しするのは、一つですか?二つですか? 4、お寺さんのお着替えの部屋とか必要なのでしょうか? 我が家には、生活感溢れる部屋しかないのですが・・・ その他、気をつけなければならないこと、しなければならないことなど、 細かいことでも教えていただければうれしいです。 読みにくい文章ですがどうぞ宜しくお願い致します。 はじめまして。 先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。 我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。 父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。 葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。 その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。 お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました) お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで... A ベストアンサー 前の回答者様の方が明らかに詳しそうなので私の回答は不要そうですが 笑 、 同じく今年家族が亡くなり、浄土真宗で七日ごとの法要がありましたので、ご参考に… 1. お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。 わが家も7時でしたが、お食事はありませんでした。 食事時とは言え、世の中で食事の時間が正確に決まっているわけではないので、 毎週のことですしそこまで必要ない気もしますが… 七日ごとのお経は日にちがずらせないので、スケジュールの都合上、 あちらもこちらも夜が空けやすい…という理由でこの時間なのだと認識してます。 気になられるのであれば、お寺の方に思い切ってお尋ねになるのも手かと思います。 夕食時なので食事を準備させて頂こうかと思いますが、ご迷惑でしょうか?などといった感じで… その家とご縁さんとの付き合い方にもよりますが、 うちはかなり親しくフランクなので、聞ける感じの関係です。 お茶は、わが家はいつでも、来られた時とお経が終わった時の2回出します。 お菓子は義母はいつも2つ出しています。 が、これは多分決まりではないので1つでも大丈夫と思います。 実家は浄土宗ですが、1つです。 これは多分宗派は関係ないかなと… 最初のお茶の時はまずお菓子は召し上がらないので、 お経が始める時にお茶のみお下げし、お経の後にお茶だけ出す…という風にやってます。 わざわざ高いお菓子を買ってきて出したりはしてませんが、 頂き物などちょうど良いものがなければ、やはりわざわざ買ってきていました。 スーパーで買ってきたようなのではなく、和菓子屋さんで買ってます。 高価なもの 上生菓子とか は不要だと思います。 本来は個別包装でも取ってお出しするのが正式ですが、そのままの方が持ち帰りやすいので。 お着替えの部屋は不要だと思います。 普段のお坊さんのお着物から、袈裟などの部分的なものを着替えられるだけなので、 いつもその場で座ったまま着替えられています。 同じ宗派でもそのお寺によって違う部分もありますので、 「こうするのが正解です」というのは難しいとは思いますが… 少しでも参考になれば幸いです。 毎週来て頂けるなら、これを機に分からないことを全部お尋ねしておくのもいいと思います。 わが家のご縁さんはお話をたくさんしてくださる方で、 義母もその都度疑問に思ったことはお尋ねしていました。 こういう機会でないと、疑問に思うこと自体発生しないというのもありますし。 お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。 Q 四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。 数日前、喪主として母の葬儀を終えました。 (ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています) 今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。 (般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です) 宗教は、私自身は信仰はありません。 私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。 亡くなった母の実家は真言宗です。 葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。 引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。 お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。 現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。 これもわからないまま、なんとなくです。 (住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。 ) 仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。 この時期も同じようにしてもよいのかどうか。 故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。 お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。 信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。 最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。 十分に悲しんで母との別れを納得したいです。 含めて助言をいただけたらと思います。 よろしくお願いします。 四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。 数日前、喪主として母の葬儀を終えました。 (ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています) 今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。 (般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です) 宗教は、私自身は信仰はありません。 私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。 亡くなった母の実家は真言宗です。 葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。 引っ越しを期に(浄... A ベストアンサー お母様を亡くされてご愁傷様です。 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。 そんな人間の意見なので参考まで。 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。 1回は肉体的な死。 そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。 僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。 奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。 お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。 ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。 そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。 質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか? お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。 ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。 質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。 納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。 ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。 納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。 お母様を亡くされてご愁傷様です。 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。 そんな人間の意見なので参考まで。 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。 1回は肉体的な死。 そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。 僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されて... Q 先日姑が亡くなりました。 分家なので仏壇を買わなくてはなりません。 葬儀の費用が思いのほかかかってしまい、このあとお墓も買わなくてはいけないので最初は仏壇仏具含めて10万円の予算でした。 ところが葬儀をたのんだ葬儀屋さんがカタログを持ってきて、安くても40~50万というのです。 そんなにするんですか? カタログからは何割引くらいが相場なんですか? 他にどういうところで買ったら安いですか? 置き場所は床の間で、信用できる所で買えれば、私は形さえあればいいと思っていて、床の間に合ったローチェストでも買ってその上に置くのはどうかと言ったのですが主人はかえって専用台のほうが安く付くんじゃない?といいます。 そうなんですか? 整理すると ・床の間に置く(あきスペースあっても可) ・日本製にはこだわらない ・位牌はこの後、舅、私たち夫婦の分置ければいいです。 (ちなみに子供は二人) ・宗派は曹洞宗 あと「こういうところでは買うな」というところや、アフターケアの内容も知りたいです。 教えてください。 A ベストアンサー 葬祭ディレクターで仏壇の営業もしていました。 仏壇の金額はホントにサイズ、素材から色々あってピンキリです。 床の間に置くと言うことですが、 小さい物 箱仏壇 で良いのならばそれこそ数万からあります。 小さくても良い素材だったり細工が細かいと数十万としますけどね。 素材・細工次第ですね。 曹洞宗ですと、金仏壇ではなくて、紫檀、黒檀の唐木仏壇が主流です。 と、言っても実際、全てが紫檀・黒檀の仏壇は今時売っていません。 全て黒檀・紫檀の普通サイズの仏壇なら家の床が抜けますよ。 でもって最低600万はしますね。 そもそも手に余り入らないですよ。 現実は黒檀調・紫檀調と言われている物が売られています。 ベニアなどの板にプリントされているものです。 ベニアと言っても別に壊れやすいことはないので 数十年ならもちますよ。 中には少しだけ本物の黒檀・紫檀が使われているものもあります。 大抵この本物の黒檀・紫檀の量で価格は変わってきます。 一面張か二面張りか三面張りか… まぁ、はっきり言ってこんなの素人には分かりません。 形だけなら、全てプリントされた~調って物でいいと思います。 道具全て入れて5万も見れば買えます。 道具は本尊と脇軸二枚ですね。 これはプリントなら1枚2000円程度で変えます。 後木魚とおリン。 これも二つで2万もいいらないですよ。 位牌はこったものでないのなら字彫り含めて大体1~1. 仏壇本体で3~5万。 仏壇を置く台座は、仏壇屋の物だと本格的で5万とかします。 だからタンスの上などに置く…などならいいのですが そうでなく、床の間に置くのなら、ホームセンターで 仏壇と似た色合いの台を用意すればいいです。 だから金額的には10万程度でいけますよ。 ただ、床の間ならば、見てみないと分からないのですが 上置き型と言う仏壇でもいいかもです。 こちらでしたら、ピンキリですけど20~40万程度は 覚悟された方がいいかなぁ?って思います。 ちなみにカタログを持って見えたと言うことは メーカー物と言うことでしょうか? でしたら大抵2割引が多いですね。 いっても2. 5割引でしょう。 メーカーならほぼ海外製ですね。 そもそも問屋に行っても、日本製は相当高いです。 メーカー物よりは、信用できる仏壇屋を 近所なり知り合いに聞いてちゃんとした造り問屋の仏壇店に行った方が 同価格でも遙かに良い物が変えます。 箱仏壇ではどこも似たような物ですが ちなみにお寺の紹介などだと、 お寺にマージンが入るので、信用できる仏壇の代わりに 2割は高くなると考えられると良いでしょう。 仏壇ってホント買うの難しいと思います。 黒檀・紫檀の量や欄間の細工の細かさ。 後はツヤ消しタイプ・鏡面タイプ。 色々です。 信用できる人の口コミがベストです。 ご自分で行かれるのであれば、取りあえず 扉の金具が二点止めの物よりは三点止めものを 選択すれば良いと思います。 開け閉めを良くするので丈夫にされている方がいいからです。 それが一番わかりやすいですよ。 この金具に細工があるかどうかでまた値段も変わりますが… 形だけと言うならば箱仏壇10万コースがいいと思います。 もう少し頑張って20万でもいいとは思いますが 大きくなるので面倒だと思う人は面倒でしょうね。 私も色々仏壇をご案内して来ましたが 1~3000万の色々な仏壇を紹介してきましたよ。 最終的には予算とお心次第です。 葬祭ディレクターで仏壇の営業もしていました。 仏壇の金額はホントにサイズ、素材から色々あってピンキリです。 床の間に置くと言うことですが、 小さい物 箱仏壇 で良いのならばそれこそ数万からあります。 小さくても良い素材だったり細工が細かいと数十万としますけどね。 素材・細工次第ですね。 曹洞宗ですと、金仏壇ではなくて、紫檀、黒檀の唐木仏壇が主流です。 と、言っても実際、全てが紫檀・黒檀の仏壇は今時売っていません。 全て黒檀・紫檀の普通サイズの仏壇なら家の床が抜けますよ。 Q 義父が亡くなり、四十九日法要をする予定です。 今日、仏壇がきましたので 今は仏壇と中陰飾り(一段)があります。 はじめての事で常識がまったくわからず 色々なサイトを見ていたのですが 何が良くて何が悪いのか頭がぐちゃぐちゃになって わからなくなってきました。 どうすれば良いのか教えて頂けますでしょうか。 1 中陰飾りと仏壇の花は四十九日法要当日まで 色花(仏花)ではなく樒の方がいいのでしょうか。 (今は普通の色の入った仏花を供えています。 ) 2 部屋の角にある仏間の横が幅70cmほどしかない 小さい床の間なので 幅60cm、高さ30cm程の中陰飾りを仏壇の横に置くと ちょうどまともに床の間の前をさえぎる形となります。 角なので反対側にはおけません。 この小さい中陰飾りは仏壇の前においた方がいいでしょうか。 (中陰飾りに遺影もあります。 ) その場合はまた、その中陰飾りの手前に経机を置くのでしょうか。 どうすればよいでしょうか。 3 中陰飾りに今は遺影、位牌、お骨、仏花、仏飯、香炉、ろうそく立て を置いていますが法要の時もこのままですか。 仏壇にも同じような仏具がありますので重なってしまいます。 中陰壇で何か省く物はありますか。 4 葬儀屋さんで中陰飾りの左右に置く一対の大きな造花とちょうちんも頂いております。 これは飾っておくべきですか。 中陰壇を前に置くと仏壇の左右に飾る事になりますが。 (葬儀屋さんのミスがあり少しトラブルがあったので聞けません。 ) 5 法要の時、お寺様のために経机の上には本来何もおかないのですか。 線香立てや香炉などは仏壇の中に入れておく物!? 6 法要時、りんは経机の右下に置いておく物でしょうか。 7 順番に回す焼香セットはどこに置いておく物ですか。 8 そんなに大きくない仏壇ですが三具足とよばれる物だけで 大丈夫でしょうか。 やはり法要は五具足用意するべきですか。 9 当日はどんな物を仏壇にお供えすれば良いですか。 具体的に教えてください。 7 身内兄弟の8人程の小さい法事ですが 帰りに何かお土産みたいな物は用意しておくのでしょうか。 その場合はどんな物!? 8 仏壇の飾り方の一番わかりやすいサイトがあれば教えてください。 (図ではわかりにくいので写真の物がいいのですが。 ) 仏壇のサイズが大きくないのでサイトの説明の様にできず、 かといって小さすぎるサイズでもないのでよくわかりません。 なかなかわかりすいサイトが見つかりません。 長々とすみませんがわかる物があれば教えて下さい。 本当に無知ですみません。 義父が亡くなり、四十九日法要をする予定です。 今日、仏壇がきましたので 今は仏壇と中陰飾り(一段)があります。 はじめての事で常識がまったくわからず 色々なサイトを見ていたのですが 何が良くて何が悪いのか頭がぐちゃぐちゃになって わからなくなってきました。 どうすれば良いのか教えて頂けますでしょうか。 1 中陰飾りと仏壇の花は四十九日法要当日まで 色花(仏花)ではなく樒の方がいいのでしょうか。 (今は普通の色の入った仏花を供えています。 ) 2 部屋の角にある仏間の横が幅... A ベストアンサー 坊さん@本願寺派(西本願寺)です。 1 色花(仏花)で良いです。 ただし、赤の花は避けます。 樒は仏壇の華瓶には用いますが花瓶には用いませんし、中陰段には用いません。 2 状況を見ないとわかりませんが、 >今日、仏壇がきました ということは、ご本山からのご本尊は入っていますか?それにお紐ときもしていないでしょうし、入仏法要もまだでしょ。 仏壇の横に置くのは昔から仏壇がある場合の話で、入仏法要前なら仏壇との位置関係はさほど気にしなくて良いです。 所属寺のご院家さんが来たときに相談して決めればよいです。 もちろん中陰段を仏壇の前においても良いですが、入仏法要のときにどかさなければになるので、仏壇が大きければ中陰段を使わないで遺骨を仏壇に安置でも良いですし、あくまで、まだ、中陰段だけのつもりでお給仕をする体制でもよいです。 経卓は仏壇とセットのものなら仏壇と一緒で、仏壇前です。 3 中陰段は、それでよいです。 しいて言えば、白木の位牌に名号が入っているか、別にご本尊が安置されていればなお良い。 ただ、多くは遺骨、遺影、白木位牌、仏花、香炉、蝋燭立てだけ、お仏飯器は中陰段セットには無いことが多い。 4 造花は用いません。 またちょうちんも用いません。 捨ててよいです。 5 法要時、仏壇前の経卓には何もおきません。 線香立ては無くてよく(邪魔にならないように適当に置く程度)や香炉は仏壇の中。 6 法要時、きんは経机の右下ですが、僧侶が自分で打ちやすいところに移動しますので、適当においておけば可。 7 焼香用の香炉と香盒は、使うかどうかもそのときの状況ですが、使うならここにありますとご院家さん(住職または来た僧侶)に伝えればよいです。 8 小さめの仏壇なら五具足は無理なので、三具足で良いです。 良いというか仕方が無いので、物理上、普通は三具足。 大きい仏壇なら法要時は五具足、日常は三具足。 9 当日はどんな物を仏壇にお供えすれば良いですか。 果物、米や穀物で出来た菓子類 7 あまり気にしないでよいです。 身内の参加者に用意するのなら、同じものを用意する方が多いです。 あとは、施主ではなくご親族の方が郷里のものをお寺さん用に用意していることもあります(それこそ、いろいろなので特定のものではないので例示できません)。 菓子類のこともあります。 良く知っている檀家さんの場合にはうちの子供宛と思える洋菓子のこともありました(お子さんにと言われて)。 8 自分のサイトを紹介すると削除対象になるので書けませんが、「浄土真宗の仏壇」で検索して、本願寺派のお寺さんが書いたサイトなら参考にして良いです。 仏壇店のや各宗派のが記載されているサイトは間違っていることが多いので参考にしないでください。 坊さん@本願寺派(西本願寺)です。 1 色花(仏花)で良いです。 ただし、赤の花は避けます。 樒は仏壇の華瓶には用いますが花瓶には用いませんし、中陰段には用いません。 2 状況を見ないとわかりませんが、 >今日、仏壇がきました ということは、ご本山からのご本尊は入っていますか?それにお紐ときもしていないでしょうし、入仏法要もまだでしょ。 仏壇の横に置くのは昔から仏壇がある場合の話で、入仏法要前なら仏壇との位置関係はさほど気にしなくて良いです。 所属寺のご院家さんが来たときに相談... Q 昨年秋、母が亡くなりました。 当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。 ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか? なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。 ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、お墓参りはしていませんでした(数年に1度くらいは行ってましたが)。 父が亡くなったのは私が小学生のときでしたが、白いお盆ちょうちんを飾ったのは覚えてるんですが、それ以外の記憶はないんです。 母が亡くなったときは菩提寺がない状態でこちらにお墓を買っていたので、葬儀屋さんの紹介で葬儀の時にお世話になった住職さんに49日まではお世話になりました。 実はその方から法要についての冊子をもらってあったんですが見つかりません。 お盆のときの作法はどうなのか、そもそもお坊さんには来てもらうのか、もう細かいところから全くわかりません。 どなたか詳しい方がおられたら、教えていただけないでしょうか。 ちなみに、私の住所では7月にお盆を行うのが慣習のようですが、うちでは8月にやっていました。 私の仕事の関係で、母の初盆も8月にしようと思っています。 よろしくお願いします。 また、文面中もし失礼なところがあったらご容赦ください。 昨年秋、母が亡くなりました。 当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。 ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか? なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。 ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、... そのとおりです。 お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。 新盆でも同じことです。 なお、お盆の行事は、宗教行事というよりも地方独自の民族行事ともなっておりますので、日本全国一律の作法があるのではなく、地方ごとに、その土地の特産物などを取り入れた独自の飾りつけも残っています。 その中には、浄土真宗では行わないことになっている提灯や灯籠等もありますが、迎え火や送り火は全国的に浄土真宗では行っていません。 なお、お母さまがご往生の際にご縁のお寺があるようですが、冊子等は、再度申し出ればすぐにいただけると思います。 気にせずに「見つからないので・・・ください」と言えば良いのです。 そのためのお寺です。 >そもそもお坊さんには来てもらうのか、 来てもらうか、来てもらわないかは、亡きお母様のご往生には関係がありません。 したがって、亡きお母様にとって、どちらもプラスとかマイナスとかではないので、ご自身にとって、どのように新盆を迎えるのが良いかでご判断ください。 自宅に呼ぶのも良し、よばないのも良し、本山や別院のお盆法要に参加するのでも良し・・・何でも良しです。 浄土真宗は、「ああしなければいけない」とか「高しなければダメ」ということは少ないです。 ただ、他宗と比べると、「する必要が無いからやらない」ということが多いだけです。 そのとおりです。 お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。 新盆でも... Q 明日、祖父の四十九日の法要があり、納骨をします。 その際、石屋さんに「志」として、お礼をお渡しするのですが、その「志」に金額は記載すべきなのでしょうか?? それとはまた別に… 先日、前もってお寺さんに、法要の際のお塔婆をお願いする為、電話をしたところ「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。 なので、金額は2万円をお支払します。 それで、今日、親戚がそのお寺へ別件で伺う用があり、ウチのお墓にお参りして来たそうなのですが…その親戚から「お墓に名前がまだ彫られていなかったけど、どうなっているの?」という電話が掛かってきました。 納骨までに名前は彫られているものでしょうか? また、石屋さんにお支払する「志」には納骨の際に墓石を動かしてもらう工賃だけで、名前を彫って頂くにはまた、別にお支払しなければならないものでしょうか? 普通はどうなんでしょうか? あと、卒塔婆料の袋には、裏書で金額記載すべきでしょうか? 何本分とか? 数え方は本?基?どちらでしょう? A ベストアンサー 石屋です。 納骨の工賃だけなら「儲け過ぎ」です。 ただ、お墓を建てた石屋さんと納骨に立ち会う石屋さんが別の場合は、「うーん、どうかな」というところ。 自社のお客さんなら、墓の構造も熟知しており、今後の顔つなぎのためにも、それほどの金額はいただけません。 逆に他社が建てた墓だと、基本的な構造は同じだとしても、納骨室の開け方はそれぞれ異なり、築年数によっては小修理を施す場合もあります。 あらゆる状況を想定して準備にも手間を掛けます。 何が起こるかわからないリスクを負って向かうので、それらを考えると2万円も妥当かなと思えるのです。 墓誌の彫刻代なら「石屋さんは儲けがない」金額です。 あるいは霊園の指定業者である。 だったら、2万円でも不可能ではありません。 原則的には、彫刻は別途石屋さんに依頼するものです。 普通はお寺さんとお付き合いのある石屋さんを紹介してくれます。 それにしても、お寺さんが金額を直接指定するのは不思議な気がします。 石屋です。 納骨の工賃だけなら「儲け過ぎ」です。 ただ、お墓を建てた石屋さんと納骨に立ち会う石屋さんが別の場合は、「うーん、どうかな」というところ。 自社のお客さんなら、墓の構造も熟知しており、今後の顔つなぎのためにも、それほどの金額はいただけません。 逆に他社が建てた墓だと、基本的な構造は同じだとしても、納骨室の開け方はそれぞれ異なり、築年数によっては小修理を施す場合もあります。 あらゆる状況を想定して準備...

次の