法事 香典 薄墨。 法事 香典の金額相場は? 香典袋の包み方・表書きなどについて

法事の香典は薄墨か濃墨か?法事の香典は新札か?

法事 香典 薄墨

, みなさまこんにちは!ライターのかなです。 葬儀や法事に参列するときは マナーが気になるものですが、あまり参列したことがない宗派の場合はさらにマナーが気になりますよね。 実は先日、両親が知人の法事に参列したのですが、故人が信仰していた宗教が神道だったようで、慣れないマナーや作法に苦労したそうです。 私の場合、仏教の法事でもマナーや 作法に間違いがないかどうか気になるのに、全く知らない宗教だとどうなってしまうのかと想像してみて、背中に汗をかきました。 ですが、調べてみると日本人の信仰の割合はなんと、神道が約48%・仏教が約46%・その他の宗教が約6%となっているそうです。 これまでは、たまたま仏教の法事に出る機会が多かっただけで今後は 神道の法事に参列する機会もあるかもしれません。 もし突然の連絡を受けて、神道の法事に参列することになったらどうなるのでしょうか。 神道の香典袋の 表書きに書くことは?水引はどれを選べばいいの?不安の種は尽きません。 そこで今回は、神道の法事に招かれたときに知っておきたい香典袋の書き方や水引、金額の相場などについてお伝えします! 目次• 香典の表書きと中袋の書き方 神道の香典の表書きは「 御玉串料 おんたまぐしりょう 」と書くのが一般的です。 このほかにも「御榊料 おんさかきりょう 」・「御神饌料 おんしんせんりょう 」と書いても問題はありませんし、「御霊前 ごれいぜん 」と書いても大丈夫です。 「御霊前」はどの宗教でも共通して使用できるので、どのように書いたら良いか迷う場合は「御霊前」と書くと間違いはないですね!表書きを書く時は 薄墨の筆、もしくは筆ペンで書くようにしましょう。 香典袋によっては、裏面に香典の額を記入する欄があるものもありますので、その場合は裏面に金額を記入しても問題はありません。 裏面には自分の住所と名前も記入しましょう。 こちらの動画では、香典袋の中袋の書き方と包み方について紹介しています。 実際に目で見ることで失敗なく香典の準備ができますよ。 また、参列できない人と連名で香典を出す場合、人数が多い場合は代表者の名前を書き、他の全員の人数を記入しましょう。 中袋には香典の金額の総額を書き、裏面には代表者の住所を記入します。 SPONSORED LINK 香典袋と水引は何を選べばいい? 一般的にご不幸があった時に用意する封筒のことを「香典袋」と言ったりしますが、「香典」とは仏教の 御霊前に供えるお香やその代わりになるお金、を意味しています。 神道ではお香は使いませんので、「不祝儀袋」と呼ぶのが正解です。 神道の場合は不祝儀袋に「御仏前」と書かれているものは使用することは出来ません。 神道の場合、亡くなった人は仏様ではなく「神様」になりますので「御仏前」と書くのはNGになります。 不祝儀袋には蓮の花の絵が描かれているものもありますが、これは 仏教用のため神道の不祝儀袋には使用しません。 何も絵柄がかかれていない不祝儀袋を選んで使用しましょう。 水引は「結び切り」を使用します。 黒白のもの5本もしくは7本、双銀7本もしくは10本、双白のもの5本もしくは7本の水引の物を選んでください。 中に包む金額によって水引を使い分けるようになります。 水引が印刷されているものを選ぶときは、紫銀5本もしくは7本の結び切りが印刷されているものを選びましょう。 また、 西日本の地域では黄白の5本もしくは7本の結び切りの水引を使用する地域もあります。 その地域に合った水引を選んで使用してください。 <包む金額と不祝儀袋の種類> 包む金額 不祝儀袋の種類 5千円以下 水引が印刷されたもの 1万円~2万円 白黒、双銀で水引が7本~10本のもの 3万円~5万円 双銀の水引10本以上のもの 10万円以上 大判で高級な和紙が使用されたひだ折りがあるもの 香典の金額はいくらぐらい?渡し方のマナーはあるの? 香典の金額について 香典を包む場合、「神道の香典の金額はこのくらい包む」という決まりは特にありません。 仏教と同じように亡くなった人との関係や、香典を包む人の 年齢・立場によって金額を変えるようになります。 神式の法事に出席する場合に気をつけたいのが、会食の参加・不参加で包む金額が変わるということです。 法事だけでなく会食にも出席する場合は供物や現金を包んでいくのが出席する側のマナーになります。 香典の目安は5千円~1万円ですので、それに食事代をプラスして多めの金額を包んで持参しましょう。 食事代としてプラスする金額は5千円~1万円のことが多いです。 実際の料理の金額は出席者にはわかりませんが、上記の金額を目安にして香典を包むと良いです。 会食には出席しない場合の香典の目安は5千円~1万円程度で、故人との関係によって包む金額を決めましょう。 香典袋にお金を入れるときは、 お札の向きをどのようにしたら良いか悩むでしょうが、顔が描かれているほうを下にするという説や特に気にする必要はないという説があります。 お札を数枚入れるときは、全てのお札の向きをそろえて入れるようにしましょう。 また、香典に使用する お札は新札を使わないようにします。 新札を使うと、あらかじめ不幸が起きるのを予測して用意しておいたように受け取られるためです。 また、香典を渡すときは気を付けなければならないことがあります。 香典の渡し方のマナー 香典は何度も渡してはいけません。 お香典を何度も渡すことは、「不幸が重なる」ということを意味してしまいます。 自分が行くときに 1回だけ渡すようにしましょう。 受付がある場合は記帳をしたあとに香典を渡すようになります。 香典はふくさに包んで持参し、ふくさから取り出してお悔やみの言葉を言い、両手で差し出しましょう。 この時、「冥福」「供養」「成仏」という言葉を使うことはNGです。 神道と仏教は人が亡くなるということに対しての 考え方が違い、仏教は「仏様」になりますが、神道は「神様」になります。 神道の場合は「御霊のご平安をお祈り致します」「拝礼させていただきます」という言葉を言うようにします。 神道の法事の呼び方について 神道の法事は仏教の法事とは 呼び方が違い、「霊祭」や「御霊祭り みたままつり 」・「式年祭」と呼ばれます。 霊祭や式年祭を行う場所は神社ではなく、自宅やお墓の前で行います。 霊祭について 霊祭は故人がお亡くなりになった日から数えて10日ごとに行われます。 故人が亡くなった日から10日目を「十日祭」といい、その後10日ごとに「二十日祭」・「三十日祭」・「四十日祭」・「五十日祭」というように霊祭を行います。 十日祭は仏教でいう初七日、五十日祭は仏教でいう四十九日と同じもので、この日までに遺骨を埋葬する 納骨祭を行います。 五十日祭を執り行った後は忌明けとなります。 五十日祭の後は「百日祭」、そのあとは「一年祭」を行いますが、一年祭が仏教で言う一周忌になります。 一般的には一年祭が節目と考えられているため、故人の友人や知人、縁が深かった人や親族を招いて盛大に執り行います。 式年祭について 一年祭を執り行ったあとは、「 祖霊祭」という呼び方に変わります。 一年祭を行った後は故人がご先祖になったと考えるようになり、一年祭の後は三年祭、三年祭のあとは五年祭、十年祭というように霊祭が行われることになります。 十年祭が終わった後は十年ごとに霊祭をするようになります。 この頃には故人は 守護神となってその家を守ってくれるようになります。 SPONSORED LINK まとめ さて、今回は神道の法事に招かれたときの香典や香典袋、水引、神道の法事の呼び名などについてお伝えしてきました。 神道の法事は仏教の法事と香典の表書きが違い、使われる香典袋の種類も違います。 「御玉串料 おんたまぐしりょう 」とするのが一般的で、不祝儀袋も仏教で好まれる蓮の絵が入っていないものを選びましょう。 また、香典として包む金額も、会食に出席する場合とそうでない場合で変わります。 金額の目安についても、相手に失礼のない金額を包むように気を付けないといけませんね。 神道の法事についてはこれまで全く知識がなかったので、調べることで知識を得ることが出来て良かったです。 これから神道の法事に初めて参列する方にも、この記事を読むことで準備に慌てることなく、心から故人を偲んでいただければ幸いです。 子供の頃、夏になると「お中元」と書かれた贈り物が届いて喜んでいた記憶はありませんか? 大人の風 こんにちは!ライターのkaricoです。 親と子が、一緒になって集める「ベルマーク」。 こんにちは。 ライターのReilaiです。 先日、知人との会話の中で、神道の葬儀に参列した話題が どれだけ脇役に徹するつもりでもどうしても周囲の目を集めてしまうのが晴れの日のお母さんたちの服装。 地味 ライターのyuzuharuです。 キリスト教の葬儀に参列されたことはありますか? もしク ライターのMichelleです。 結婚式・披露宴の招待状を受け取ると心が温かくなり、主役の2人の新 ライターのMichelleです。 結婚式や披露宴の招待を受けるとウキウキする反面、どのような服装で こんにちは!ライターのfunnyasukaです! 小学生の時に「ベルマーク」を集めていたことは こんにちは!ライターの岸井アオイです。 突然ですがみなさんは毎年初詣には行きますか?私は毎年欠 「結婚式は誰よりも、両親に見てもらいたい。 そしてこれまでのありがとうを伝えたい。

次の

法事の香典の金額はいくら?回忌別・関係性別の金額を紹介します!|終活ねっとのお坊さん

法事 香典 薄墨

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ 香典は薄墨で書くのがマナー 香典は、薄墨を使用して書くことがマナーです。 しかし自宅に薄墨がない場合、急いで用意しなければならず「面倒くさい」と感じる人もいるでしょう。 「どうして香典には薄墨を使用するのか」その理由について解説します。 地域によっては使わない場合もあるため、注意が必要なこともあります。 薄墨で香典を書く理由や地域差について確認しておきましょう。 香典で薄墨を使う理由 薄墨を使用する理由には、いくつかの説があります。 一つは 故人を悲しむ気持ちから涙で墨が薄くなってしまったことを想起させる説、もう一つは 故人の不幸をいきなり聞いて急いで駆けつけたためにしっかりと墨を使用して書く時間がなかったという説です。 薄墨は一般的な墨と比較すると、水分が多めで薄いのが特徴です。 香典を受け取った遺族がなぜ墨が薄いのかを考える時に、書きながら涙をこぼしたことを想起させる印象があるため、薄墨を使うようになったと言われています。 地域によって薄墨を使わない場合もある 一般的に香典には薄墨を使用することがマナーと認識されていますが、必ずしもそうとは限りません。 地域によっては、薄墨を使用せずに普通の墨で香典を書くこともあります。 例えば、 京都では薄墨は使用しません。 その他にも薄墨を使わない場所があるため、香典を書く際は近所の人に「この地域では薄墨を使っていいのか」聞いておくと安心です。 知らないことでマナー違反になり悪印象を与えてしまわないよう、事前に薄墨の使用可否を確認しておきましょう。 【香典の書き方】薄墨を使って書く場合 薄墨を使用するケースは限られており、主に お通夜と告別式の葬儀です。 一般的には、 初七日でも薄墨を使用することがある、と覚えておきましょう。 どのようなケースで使用するのか知っておかないと、必要のない時に薄墨を使ってしまい、マナー違反となる恐れがあります。 以下で、薄墨を使用するケースとその理由を把握しておきましょう。 香典を薄墨で書くのはお通夜と告別式だけ 薄墨を使用するのは、基本的にとの葬儀に限ります。 なぜお通夜と告別式なのかといえば、 突然の訃報を聞いて急いで駆けつける必要があるからです。 お通夜や告別式のシーンで濃い墨を使用してしまった場合、文字を書くことに時間をかけてすぐに駆けつけてくれなかったと思われてしまうかもしれません。 急いで来たために墨が薄くなってしまった、という意味を込めて薄墨を使用するのがマナーと心得ましょう。 薄墨を使うケースとその理由を一緒に覚えておくと、濃い墨を使用してマナー違反となるリスクを回避できます。 この2つはセットで覚えておきましょう。 初七日も薄墨を使う 初七日の香典に関しても薄墨を使用します。 初七日は葬儀と同時に行うことが多いため、薄墨の使用が一般的となっています。 総じて突然の訃報では「急いで駆けつけた」という意味合いから薄墨を使用する、と覚えておきましょう。 薄墨を使用するか濃墨を使用するか迷った場合には、急いで駆けつけた意味合いを表現する必要があるかどうかを考えて判断することが大切です。 【香典の書き方】薄墨を使わない場合 香典を書く際、いつでも薄墨を使うわけではありません。 薄墨を使う必要がないケースもあります。 薄墨は急に駆けつけた際に使用することが多いですが、 事前に予定がわかっている場合や、すぐに駆けつけたこと以上に 丁寧に分かりやすく書く必要がある場合については薄墨を使う必要がありません。 具体的に、薄墨を使う必要がないケースを確認しておきましょう。 中袋に書く住所や名前 香典の中袋に書く 住所や名前は、薄墨である必要はありません。 急いで駆けつけたことよりも香典を受け取った側がはっきり読める文字で書くことが大切です。 薄墨でなく 万年筆やボールペンといった細めのペンで書くと良いでしょう。 筆ペンで書こうと考える人もいるかもしれませんが、住所のような文字数が多くなる項目に関しては太めのペンだと見えづらくなることがあります。 香典を受け取った人が読みやすいように注意してペンを選びましょう。 四十九日や一周忌や三回忌などの法事は濃い墨を使う 事前に予定が分かるものに関しては薄墨を使う必要はありません。 すぐに駆けつけた意味合いを表現する必要がないからです。 例えばや、といった事前に予定が決まっているものに香典を持参する際は、濃墨の筆ペンで書くと良いでしょう。 ボールペンやサインペンで書こうとする人もいますが、これらは略式であるため使わない方が無難です。 濃墨で丁寧に書くことを心がけましょう。 香典を書くときのペンの疑問 香典に字を書く際、疑問点を抱くことも多いでしょう。 「 薄墨を使用した方が良いのか」「 濃墨を使用した方が良いのか」「 滲んでしまった場合はどうすれば良いのか」「 サインペンやボールペンを使っても良いのか」などの疑問について解説します。 香典を書くとき身近に聞ける人がいないと、不安になることがあります。 疑問点がある場合は、以下で解消しましょう。 表書きが印刷されている場合は合わせたほうがいい? 表書きが印刷してある場合は、その 文字に合わせると良いでしょう。 濃墨で印刷してあるにもかかわらず、薄墨で書いてしまうと統一感がなくなってしまいます。 表書きが薄墨で印刷してあれば、薄墨で書いて問題ありません。 しかし、なかには濃墨で印刷してあるものもあるため、その場合は濃墨で統一しましょう。 ただ、できる限り印刷されていないものや、薄墨で書かれているものを選ぶようにすると迷う必要がなく安心です。 薄墨で書いてにじむときの対処法は? 薄墨は水分が多いため、濃墨に比べて滲みやすいという特徴があります。 まずは他の紙で下書きをして、滲んでしまう場合は滲まないようコツを押さえてから書く必要があります。 滲み防止のためには、 筆を少し早めに動かすことがポイントです。 文字を書くスピードが遅いとどんどん滲んでしまいます。 筆ペンを使用する場合は、文字を書く前にティッシュで軽くインクを拭き取っておくと滲みにくくなる、と覚えておきましょう。 薄墨の毛筆がないときはどうすればいい? 香典を書く際、薄墨の毛筆を持っていないこともあるでしょう。 万が一薄墨がない場合は、黒色の筆ペンを使っても問題ありません。 ただし、 可能な限り黒色の筆ペンは避け、薄墨の使用を心がけましょう。 近年、コンビニでも買えることが多く、簡単に手に入りやすくなっています。 そのためすぐに諦めるのではなく、近くのコンビニを見て購入してから書くことが気遣いと言えるでしょう。 濃い墨の毛筆ではなくサインペンやボールペンではダメ? サインペンやボールペンは、マナーとして良い印象を与えません。 香典の中袋であればサインペンを使った方がキレイで読みやすくなることもありますが、基本的には 筆ペンを使用しましょう。 日常生活において筆ペンを使用する機会は少ないため、家に置いてない人も多いと思います。 ただ何かあった時にすぐに使用できるよう、少なくとも1本は家に用意しておくことをおすすめします。 まとめ 日程が突然決まった葬儀では、香典を書く際に薄墨を使用します。 ただし四十九日や一周忌、三回忌といった 事前に予定が決まっているものに関しては、薄墨は使用しないと覚えておきましょう。 人によっては薄墨を自宅に置いていないこともあるかもしれません。 最近ではコンビニでも気軽に買えるようになっているため、自宅にない場合はコンビニで購入して薄墨で書くようにしましょう。 葬儀関連では不明な点も多いと思います。 葬儀に関してご不明な点がある場合は「」にお問い合わせください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

法事の香典の金額はいくら?回忌別・関係性別の金額を紹介します!|終活ねっとのお坊さん

法事 香典 薄墨

香典で「薄墨」を使う意味・理由は? ところで、香典で薄墨を使う理由、皆さんは御存じでしょうか? 昔、手紙や文章の類は、墨を擦り筆を使って書いていました。 硯(すずり)で墨を擦るには時間がかかります。 薄い墨の色は墨を擦る時間も惜しんで、 急いで書いて駆け付けたということを表しているのです。 また、薄い墨は、涙が硯(すずり)に落ちて墨が薄くなったという意味から、 亡くなったことへの哀しみも表しているわけです。 今は、わざわざ墨を擦らずとも、墨汁を水で薄めれば薄墨はすぐに作れます。 しかし、趣味として毛筆を習っている人ならともかく、筆や墨汁などの道具を持っている人は少ないかと思います。 文具店やコンビニなどでは、香典袋とともに、薄墨で文字が書ける 弔事用の筆ペンも売られています。 そうしたものを用いれば薄墨の文字を書くことができます。 香典袋の名前だけ薄墨でいい? 市販の香典袋(不祝儀袋)では、表書きがすでに印刷されているものが多いかと思います。 中には「御霊前」や「御佛前」あるいは「御香典」などと印刷された数種類の表書きが用意されており、用途によって使い分けできるものもあります。 通夜や葬儀用に、表書きの文字が「薄墨」色で印刷されたものもありますが、濃い墨で印刷されたものが主流のようです。 そうした表書きが濃い墨の香典袋を使った場合、薄墨のペンなどで名前を書くと、表書きは濃い墨で、名前の部分だけ薄墨になってしまうことになります。 特に決まりがあるわけではありませんが、濃い墨と薄墨が混在した表書きはあまり好ましいとは言えません。 表書きと名前の墨色は、できれば同じにしたいものです。 一つの提案としては、表書きが印刷されていない 白地の香典袋を用いるということです。 文字に自信がないという方もいるでしょうが、名前に薄墨を使うのであれば、表書きも手書きで「御霊前」としたためてみてはどうでしょうか。 不祝儀袋は残しておくものではありませんが、亡くなったばかりの故人の霊前へ供えるものだからこそ、昔ながらの風習を大切にしたいところだと思います。 中袋の住所なども薄墨で書くの? 表書きと名前を薄墨で書いたならば、中袋の住所も薄墨に統一した方が確かによいはずです。 しかし、薄墨になれていないと、読みにくい文字になってしまう恐れもあります。 特に住所などは、後々、喪主や施主が香典返しを送るために用いることもあるので、見やすくはっきりと書いた方が親切です。 見にくくなりそうだと思ったときは、 はっきりした文字で書くことをお勧めします。 また、筆ペンを用いた場合、文字が太すぎて読みづらくなりそうだと思ったら、 万年筆やボールペンなど、少し細いペンに持ち替えて書くようにするとよいでしょう。 なお、中袋の住所や香典の金額などを書かない人もいるかと思いますが、後々の会計や、香典返しを送る際など、香典の金額や帳簿、名前と住所を照らし合わせる手間を考えれば、書いておくほうが親切だと思います。 相手のことを考えるなら、 住所や金額などの項目は、ぜひ書いておくことをお勧めします。 薄墨がない場合はどうすればいい? 薄墨を用いるというのは、いつごろからの風習なのか、実ははっきりとはしていません。 地域によっては、通夜や葬式の香典でも、濃い墨を用いるというところもあります。 薄墨が用意できない場合は、 濃い墨で表書きや名前を書いても構わないと思います。 特に表書きが濃い墨で印刷された香典袋しか手に入らないこともあるので、その場合、無理に名前を薄く書いても、全体のバランスが崩れてかえっておかしなことになってしまいます。 マナーも大切ですが、もっとも大切なことは、 「読みやすさ」です。 極端なことをいえば、どんなに達筆でも読みにくい草書体よりは、下手な字でも誰もが読める楷書体が一番ということです。

次の