お墓 ランキング。 【2019年最新版】大手石材店の売上ランキングと選び方のコツ

葬儀・お墓など終活の平均価格はいくら? お金にまつわる調査結果を地方・都道府県別に大公開!|株式会社 鎌倉新書のプレスリリース

お墓 ランキング

墓石価格ランキングについて ランキングは価格のみを基準として掲載していますが、実際に建墓するとなると品質もやはり気になるところ。 安い墓石は品質も悪いのでは?という疑問をよく耳にしますが、答えは石種により違いがあります。 一般的に墓石の品質は「硬さ」と「水の吸いにくさ」で決まると言われています。 硬くて水を吸わない石はそれだけ劣化しにくいためです。 一方で、墓石の価格は石の人気や流通量にも左右されます。 そのため、品質が良くて安価な石種や、反対に高価でも品質の良くない石種などもあります。 上記の白御影石、654、桜小目石、北大青、アーバングレーはいずれも流通量が豊富なため、品質に対して価格が割安な石種だと言えます。 墓石本舗は全国の石材店から墓石の価格の情報を一手に集めて、集計をしています。 ですので、安心して購入頂ける石材をご紹介できるのです。 この他にも墓石本舗は全300種類のお墓の石材の種類を扱っています。 このランキングに掲載されている石種はもちろん、どんな石種でも最適価格でご提供できます。 是非ご相談ください。

次の

お墓の人気の色ランキング

お墓 ランキング

現代は、15世帯に1世帯が手元にお骨があり、お骨を持つ世帯の約1割が「お墓がまだない」といわれている。 また少子高齢化の到来で、今後は「アクセスが良い」「管理が楽」「子供に負担がかからない」ことが重視され、お墓の形態や供養のスタイルも多様化が進むと予想されている。 そこでヤシロは、関西における中高年層(40歳〜79歳)約25,000人に対し「お墓に関する意識」を調査し、結果をまとめた。 お墓に関するさまざまな理想と現実のギャップが浮き彫りになったので紹介しよう。 お墓参り「頻度」「所要時間」ともに、理想と現実に大きなギャップ Q. 【お墓参りの頻度】理想と現実は? 「1年に何度か参りたい」が7割を超えるが、現実には「1年に1回以下」が半数を超える。 【理想のお墓参りの頻度】では「1年に2〜3回くらい(30. 【実際のお墓参りの頻度】でも「1年に2〜3回くらい(26. 【お墓までの時間】理想と現実は? お墓参りの移動時間、理想は30分未満、1時間までなら許容範囲。 現実には1時間以上かかる方が約5割。 3時間以上かかる方も2割程度存在している。 【理想のお墓参りの移動時間】1時間未満が8割近くを占めているのに対し、【実際のお墓参りにかかる移動時間】は、30分未満が27. 現実と理想に大きなギャップが見られた。 家族・先祖のお墓に関する「今の不満」は? 自宅から遠い」が最も多く3割半ば、ついで「お墓を継承する人が少ない(いない)」と続く。 アクセスに対する不満、維持管理にかかわる不満が上位を占める。 家族・先祖のお墓に関する「将来の不安」は? 「お墓を継承する人が少ない(いない)」が最も多く、ついで「自宅から遠い」が続く。 将来的には「墓じまいの手間」についての不安も大きい。 15世帯に1世帯が、自宅にご遺骨を保管。 2割が特に理由がなく、1割が「お墓がまだない」 40歳〜79歳の男女25,347名に、自宅に家族・親族のご遺骨があるかどうかを調査したところ、7. 「納骨する予定はない(1. 【納骨しない理由】「特になし」を除く上位5つ 納骨しない主な理由としては、「身近に感じていたい」「お墓がまだない」「時期がまだ」がそれぞれ1割前後。 納骨しない理由が「特にない」人が2割を越えており、何となく手元に保管している世帯も多い。 自分のお墓がない人は4割以上。 自分自身のお墓が「ある方」は42. ほぼ同率の41. お墓がない方で「お墓の購入を検討している」のは5. 先祖代々のお墓、4人に1人は改葬の可能性あり。 「お墓の継承」の考え方に変化 約半数が「先祖代々のお墓」を保有。 そのうち4人に1人は、お墓の引越の可能性あり。 「場合により改葬もあり得る(20. 自分は「先祖のお墓」を継承するが、子供には「継承させない」と考える層も多い。 先祖代々のお墓を自分は「継承する」という人は4割を越えるが、「継承しない」も1割程度存在。 また子供に「継承させるつもり」は17. 構成/ino.

次の

墓石の価格ランキング【全国最安値を紹介】安心して購入できる墓石はどれ??比較してみました。

お墓 ランキング

東京都の霊園事情 東京都の霊園の歴史 東京都での墓地の需要は極めて大きいですが、都内には霊園が多数あり交通至便な都心部に墓地を購入することも可能です。 東京はもともと寺院の多い土地柄であり、現在でも数多くの寺院が残っています。 そのため、都心部にも寺院墓地や寺院墓地を整理・改装した 都市型霊園が多く存在しています。 これらの霊園・墓地は、都心にあって交通が便利だというだけではなく、歴史のある寺院が多く、社会的な信用も高いことから、根強い需要があり 近年の都心回帰の流れが後押しをしているようです。 都立霊園と納骨堂 また、都区部には青山・谷中・雑司ヶ谷・染井などの都立霊園があります。 交通が至便というだけではなく、都心の貴重な緑の空間ともなっており、非常に人気が高いようです。 また、東京都の納骨堂の動きでは、 永代供養墓が増加しています。 都心にお墓がほしいが、一般のお墓は高価であるために購入できないという人や、お墓の継承者がいない、あるいは遺族に負担をかけたくないという人の需要があるようです。 郊外型霊園と樹木葬 少し都心を離れると、ゆったりとした郊外型の霊園が多くなります。 都心に比べてゆとりのある空間を生かし、 バリアフリーに配慮した霊園やガーデニング霊園などが増えているようです。 さらに郊外の多摩地域においては、豊かな自然環境を生かした大型の郊外霊園が多く、また、体の不自由な方でも安心してお参りできるようバリアフリー設計の霊園も多くなっています。 最近では樹木葬などに対応した墓地・霊園もできています。 都心から郊外、伝統的な寺院墓地から先進的な公園墓地や永代供養墓まで、 さまざまなタイプの霊園が数多く揃っているのが東京の霊園の魅力といえるかと思います。 東京都で人気のお墓一覧 多摩聖地霊園 1,000年を超える古刹、西福寺が守る多摩聖地霊園は、35,000㎡を有する広々とした霊園。 静かで日当たりも良く、訪れた人誰しも深呼吸したくなるような、優れた環境も高い評価を受けています。 東京都区内にありながら閑静な環境の中に10種類以上の樹木で構成される緑豊かな霊園です。 駅から近く、園内は整然と区画されお参りがしやすく、春にはソメイヨシノの並木が美しいことでも有名です。 全ての区画が隣のお墓との距離を設けたゆとりタイプ。 各墓域ともお参りしやすい平坦地で管理棟内のエレベータを利用し、各墓域へ移動が簡単です。 墓所区域は園路ごとに26に分けられており、霊園中央にバスが通っているため、自身の墓所近くで下車することが可能です。 都心の一等地にありながら、豊かな自然に囲まれた大型霊園で、最寄り駅より徒歩圏内とアクセスの良さが魅力です。 約600年前の応永22年(1415年)開山。 徳川家菩提寺として親しまれた歴史ある名刹寺院です。 電車・バス、車ともにアクセス至便!きれいに手入れが行き届いた快適な環境の霊園です。 東急井の頭線「久我山駅」より徒歩圏内で、周辺の寺町を代表するような威風堂々とした概観です。 世界初の免震システムを採用した、日本でも類をみない総ケヤキ作りの立派な本堂が建立されました。 葬儀斎場も完備しています。 四季の姿を見事に再現した、武蔵野の面影残す首都圏最大の高級公園墓地です。 都心にありながら駐車場も完備され、平成28年9月、新規区画の受け付けが開始されています。 JR線、東西線、西武新宿線、大江戸線の6駅より徒歩圏の好立地で、参道幅1m以上のためバリアフリーで車いすでも安心です。 中央園路は通称「さくら通り」ともよばれ園路を覆う桜の枝に花が咲くと、まるで桜のトンネルのようになり、桜の名所スポットとしても有名です。

次の