お姫様 になって しまっ た件について 最新話。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」各エピソードネタバレ一覧|最新話まで

ある日、お姫様になってしまった件について32話ネタバレ

お姫様 になって しまっ た件について 最新話

ある日、お姫様になってしまった件について33話ネタバレ 「あっ、申し訳ございません陛下」 ジェニットはハッとして頭を下げる。 「気持ちが先走りいたしました。 オベリアの太陽に栄光と祝福があらんことを」 「……」 きらきらとした瞳でクロードを見つめるジェニット。 「落としたのを今気づいたのに、見つけてくれてありがとうございます」 アタナシアはクロードの前へと進み、ジェニットからリボンを受け取ります。 「とんでもございません。 まだ私の紹介もしておりませんでしたね」 ニコ、と微笑むジェニットの面影に、肖像画のフェネロペの姿が思い出されます。 「私はジェニット・マグリタと申します」 「マグリタ。 アルフィアスが面倒見ているあの子どもか」 「!私のことをご存知でしたか?」 「……」 瞳を大きくして前のめりになるジェニットを、無言で見つめるクロード。 (さっ、さすが本物のジェニット!!) ジェニットの行動に、アタナシアとフィリックスは驚きます。 「アルフィアスの元で育ったせいか大胆だな」 「申し訳ありません」 ジェニットを見つめながら、クロードは「そういうことか」と薄い笑みを浮かべました。 「帰るぞ」 ジェニットに背を向けて歩き出すクロード。 アタナシアはジェニットへ視線を向けます。 ジェニットはどこか切なげに目元を歪めていました。 何も言えず固まるアタナシア。 「アタナシア、さっさと来い」 「ごめんなさい」 クロードの元へ駆け寄るアタナシア。 「姫様はお疲れのようです。 よろしければ馬車まで私がお支えし…」 「フィリックス、10歩後ろに下がれ」 そんな三人の後ろ姿を、ジェニットはずっと見つめていました。 「これは捨てたほうがいい」 「!」 王城の外へ出た途端、クロードはアタナシアの手から先ほどジェニットに手渡されたリボンを奪い取ります。 「床に転がっていたものだ。 わざわざ手を汚す必要はない」 「あっ!」 リボンを放り捨てるクロード。 「でも…」 「その他にも欲しいものがあれば何でも言え。 もっといいものもいくらでも与えてやるから、残念がる必要はない」 (私、神経過敏なのかな?ずっと探って計って調べて。 クロードが何を考えているのかわからない) クロードの脳裏には、会場内での様子が思い出されていました。 「じゃあね、パパ」 人混みに消えていくアタナシア。 「アタナシア。 なぜ」 (そんな表情を) 一人になったクロードの元へ寄る影。 「陛下」 アルフィアス公爵です。 「ロジャー・アルフィアスがご挨拶申し上げます。 オベリアのさらなる…」 「結構だ」 「姫様がもうデビュタントを迎えられるとは感激でございます。 初めてお会いした時は、あれほど小さく幼かったのに」 幼少期のアタナシアを思い返し、クロードの心臓は嫌な音を鳴らしました。 「陛下自ら姫様をエスコートなさったため、会場がざわついております。 私でさえ驚きましたので当然でしょう。 もし、陛下に他の王子や姫様がいらっしゃっても、今と同じように大切にしてくださるでしょう」 「他の王子や姫か。 無駄な仮定だな」 「その通り仮定です」 「公爵も意味のない話をする趣味があったのか」 「未来のことはわからないものではありませんか」 「いや、そんなことはない」 ハッキリと言い切ったクロードに、焦りが見えるアルフィアス公爵。 「あの子が二人にならない限り」 「……。 左様でございますか」 アルフィアス公爵は考えます。 「陛下。 このたび私の姪も姫様と一緒にデビュタントを迎えました。 この曲が終わったらご挨拶してもよろしいでしょうか?」 「姪か。 公爵が前からしつこいほど言っていた子どものことか」 「はい。 とても小さいころからアルフィアスが面倒を見ていた子です」 「アルフィアスで実の娘のように面倒を見ている子とは。 前から思っていたが、公爵らしくなくなかなか興味深いぞ」 「……。 元々姫様くらいの年頃の女の子はガラスの工芸品のように繊細な面があるので、大人の目で面倒を見るには、限界があるものです。 同じ女の子の友達ができれば、姫様もお喜びになられるのでは?表には出さずとも、姫様もおそらく寂しがっていることでしょう」 「寂しい?」 「非常に聡明な姫様なので発言は謹んでおられますが、その心の隙間がないはずありません。 もちろん私がわざわざ言わずとも、陛下はすべてご存知だと思いますが」 「…ただでさえ音楽がうるさいのに面倒なことを。 今日はもう下がれ」 「姫様と一緒にこの場に立ったのも縁ですし、そうおっしゃらず今…」 「下がれと言ったはずだ。 娘との時間を邪魔するな」 「……失礼いたしました」 * 待機していた馬車に乗りながら、クロードは声をかけます。 「アタナシア。 14回目の誕生日と今日のデビュタント…おめでとう」 アタナシアは以前の己の発言を思い出しました。 「デビューダンスもパパと一緒に踊りたいし、14歳のデビュタントおめでとうって言葉もパパから一番最初に聞きたいな」 プッ、と吹き出すアタナシア。 「遅刻だよパパ。 誕生日もデビュタントのお祝いも、もういろんな人から聞いたのに」 「じゃあ取り消すか?」 「あははは!」 33話はここで終了です。 次回34話へ続きます。

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」各エピソードネタバレ一覧|最新話まで

お姫様 になって しまっ た件について 最新話

【3巻発売日】4月3日 【収録話】20話〜28話 ある日、お姫様になってしまった件について3巻が発売されたのは4月3日 収録話は20話〜28話まで。 ある日、お姫様になってしまった件について3巻の最後(第28話)は、アナスタシアの前にルーカスが現れたシーンで締めくくられました。 城の侍女から誕生日のお祝いをされた、アナスタシア。 きらびやかなジュエリーやガラスの靴、クロのぬいぐるみなどがプレゼントとして贈られます。 さらに、 「姫様にお会いできたことが人生で最も大きな喜び」 という嬉しい言葉ももらい、アナスタシアは思わず顔を赤くします。 そしてその後、リリーが大きなケーキを持って登場! 今日のために用意した特別なケーキで、ハンナやセスも協力してくれたのだとか。 楽しい誕生日会を終え、辺りはすっかり真っ暗。 アナスタシアはリリーに見守られながら、ベッドに入りました。 その時リリーは、アナスタシアにこう言いました。 「姫様はオベリアすべての宝。 今日この場にいてくださってありがとうございます」 と。 アナスタシアもリリーに感謝を述べ、眠りにつこうとするのですが、なかなか寝付けません。 「結局クロードは来なかった」 と切ない気持ちになっていると、いきなりルーカスが寝室に現れたのです! これにて「ある日、お姫様になってしまった件について」3巻は終了。 続きである29話以降が気になる方は、下記で紹介している方法を使ってみてください。 【漫画】ある日、お姫様になってしまった件について3巻の続き29話以降を今すぐ読む方法 「ある日、お姫様になってしまった件について」3巻の続きにあたる29話以降は、ピッコマを利用すれば今すぐ読むことができます。 ピッコマは会員登録無料で利用できる漫画アプリ。 また、対象作品は無料で読むこともできます。 では、ある日、お姫様になってしまった件について29話以降はどうすれば今すぐ読めるのか? 方法を詳しく見ていきましょう。 手順その1:無料会員登録 「ある日、お姫様になってしまった件について」29話以降を読むためにはまず、ピッコマの無料会員登録が必要です ピッコマにアクセスしたら「ログイン」ボタンをタッチし、画面下部にある「かんたん無料登録」に進みます。 そして、メールアドレスかTwitter、Facebookアカウントを用いて会員登録を行いましょう。 手順その2:チャージされるまで待つ(WEB待てば¥0) 会員登録が完了したら、ある日、お姫様になってしまった件についてを読み進めることができます。 ただし、「ある日、お姫様になってしまった件について」29話以降は、今すぐ無料で読めるワケではありません。 無料で読めるには読めるのですが、チャージが完了するまで待つ必要があります。 無料会員登録直後にすぐ0円で読めるのは、第1話〜第3話まで。 4話以降はそれぞれ23時間ずつチャージされていきます。 なので、3巻の続きにあたる29話以降を読むには、チャージが完了するまで待たなければなりません。 そんなに待てない!という方は、課金するのが一番手っ取り早いですね。 配信価格は61ポイント。 時間が経つと待てば0円の対象になりますが、それまではポイント配信となっているので、ご理解ください。 手順その3:待ちきれない場合は課金する ピッコマは300ポイント〜21,500ポイントまで購入することができます。 購入できるポイントと金額が下記の通り。 ポイント 金額 お得感 300P 300円 600P 600円 1,030P 1,000円 30ptお得 2,080P 2,000円 80ptお得 5,250P 5,000円 250ptお得 10,600P 10,000円 600ptお得 21,500P 20,000円 1,500ptお得 購入ポイントが多いほどお得になります。 「ある日、お姫様になってしまった件について」だけを読むなら、1,000円〜2,000円ほどの購入で問題ないでしょう。 ですがピッコマには、面白い作品が充実しています。 そのため、ついうっかりポイントを使ってしまいがち。 油断してポイントを使いすぎないように注意しましょう! 【漫画】ある日、お姫様になってしまった件について4巻の発売日はいつ? 続いて、ある日、お姫様になってしまった件について4巻の発売日について詳しく見ていきます。 正式には公表されていないものの、ある日、お姫様になってしまった件についての過去の単行本の発売日を振り返れば、おおよその発売日を予想できます。 では、ある日、お姫様になってしまった件について4巻はいつ発売されるのか?というと… 2020年7月3日ころと予想します。 参考資料として、ある日、お姫様になってしまった件についての単行本の発売日をまとめたので、確認していきましょう。 単行本 発売日 発売周期 1巻 19年7月5日 2巻 19年7月5日 同日発売 3巻 20年4月3日 9ヶ月 4巻 20年7月3日 3ヶ月 また、「ある日、お姫様になってしまった件について」4巻の収録話とピッコマでの配信日が次の通り。 収録予定話 配信予定日 29話 4月5日 30話 4月12日 31話 4月19日 32話 4月26日 33話 5月3日 34話 5月10日 35話 5月17日 36話 5月24日 37話 5月31日 ただし、配信予定日がズレる可能性もあるので、参考程度に見ていただけると幸いです。 【漫画】ある日、お姫様になってしまった件についての最新刊を発売当日に600円お得に読む方法 「ある日、お姫様になってしまった件について」の最新刊は、書店などで購入すると通常1000円ほどします。 ですが、お住いの地域によっては書店に「ある日、お姫様になってしまった件について」が置かれていないことも。 そうなると、Amazonなどの通販サイトで購入するしかありません。 ただ、下記で紹介しているサイトを活用すれば「ある日、お姫様になってしまった件について」の最新刊を600円もお得に読むことができます。 U-NEXTである日、お姫様になってしまった件についての漫画を600円お得に読む U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。 ただU-NEXTでの「ある日、お姫様になってしまった件について」の配信価格は1012円。 なので、600ポイントを使っても無料で読むことはできません。 とはいえポイントを使えば、約400円で「ある日、お姫様になってしまった件について」を読むことができます。 さらに31日間のお試し期間中は、14万本以上の動画コンテンツを楽しむことができます。 jpである日、お姫様になってしまった件についての漫画を600円お得に読む music. jpは無料会員登録するだけで1600円分のポイントをもらうことができます。 ただ、music. jpでの「ある日、お姫様になってしまった件について」の配信価格も1012円です。 600円分のポイントを使えば、「ある日、お姫様になってしまった件について」の漫画を約400円で読むことができます。 また、動画用ポイントを活用すれば映画などを無料で視聴できるので、ぜひお試しください。

次の

ある日、お姫様になってしまった件について32話ネタバレ

お姫様 になって しまっ た件について 最新話

前回第31話のあらすじ 父であるクロードとデビュタントでのデビューを果たしたアタナシアはクロードに背を押されて今年デビューした令嬢達とダンスをすることに。 笑顔で向かうアタナシアにクロードは何かを感じ取ったのか物言いたげな表情で見送ります。 令嬢達とのダンスの合間にジェニットに声を懸けられたアタナシアは驚いてその場から離れますが、イゼキエルに引き留められてダンスを踊ることになったのでした。 第32話ネタバレ それよりここより第32話のネタバレとなります。 姿を消したクロードと募る不安 イゼキエルとのダンスを終えたアタナシアは傍に来たフィリックスに「パパは?」と尋ねます。 「陛下は他のご用件でしばし席を外されました」 フィリックスの返答にアタナシアはまさかジェニットと会っているのではないかと不安を募らせ、背筋を凍らせます。 すぐお戻りになりますのでご心配なさらず 「姫様のデビュタントですからきっと最後まで一緒にいてくださいますよ」 心配するアタナシアの手を取って宥めるようにフィリックスはにこやかに笑うとアタナシアをダンスへと誘います。 「ええ喜んで」 時間は流れ、足を真っ赤にしたフィリックスはアタナシアに私が何かお気に召さないことをしていたらすみませんと謝罪します。 きっとフィリックスはわざとかなと思ってしまうほどにアタナシアから足を踏まれてしまったのでしょう。 それにアタナシアは「わかってて踊ろうって言ったんじゃないの? さっき私がパパの足を踏んだの見てたでしょ?」と答えてフィリックスを驚かせます。 実は先ほど陛下から命じられたのですが…… ジェニットがパーティーホールにいるのを見つけたアタナシアはクロードの用件がジェニット関連ではないのかもしれないと考えます。 思案顔のアタナシアを見たフィリックスは彼女にクロードから命じられた言葉を耳打ちしました。 「これ以上他の虫けらが寄り付かないように姫様のそばをしっかり守るようにとのことです」 少し面白そうな表情のフィリックス、その気持ちはわかるが、と言葉を続けます。 アタナシアが寂しがっていると思ったのか、後で自分は怒られるかもしれないけど、とアタナシアの背を押します。 困惑するアタナシア。 アタナシアは彼女とお近づきになりたい令嬢や令息にすぐに取り囲まれるのでした。 帰りたい! 人々に取り囲まれたアタナシアはどうにかパーティーホールを抜け出してクロードを探し当てます。 「パパ!」 まだデビュタントが終わってないはずだが まだデビュタントが続いているであろう時間だというのに帰りたがるアタナシアにクロードは「どうして帰るんだ?」と疑問を投げかけます。 どもってしまうアタナシアにクロードは何かあったのだろうと言葉を荒げます。 「誰かに傷つけるような言葉や行動でもされたのか?」 アタナシアは単に取り囲まれてしまったのが面倒で疲れてしまっただけなのですが、クロードはそれを誤解してアタナシアが誰かに何か嫌がらせをされたのではと怒りを爆発させるのでした。 どうやら最近俺が大人しくしすぎたようだな どす黒いオーラを纏ってパーティーホールへ戻ろうとするクロードにアタナシアは不穏な空気を感じてクロードに声を懸けます。 「よくも俺の娘に……」 かなりの怒りオーラを纏ったクロードは次々とアタナシアに無礼を働いたものにはこうしてやろうと「舌を焼き尽くし手足を切り落とし」など物騒で過激な発言をします。 その発言は思わずアタナシアもぞーっとしてしまうほどです。 パーティーホールに戻ろうとするクロードの腕にアタナシアは必死でしがみつきました。 「パ……パパちょっと待って行かないで!」 怒らないでと訴えますが、勘違いしたままのクロードは聞きません。 アタナシアとクロードの様子を見守るフィリックスもポカーンとしています。 このままではクロードを止められた感じたアタナシアは半泣きで叫びます。 「パパの姿がずっと見えないから私が探しにきたんだよ!」 「パパと一緒にいたくて来たのにまたパパが中に行っちゃったら意味ないよ!」 アタナシアの必死の呼びかけに怒りのオーラがしぼんでいくクロード。 殺意の消えたクロードにアタナシアは帰ろうとせがむのでした。 自分の命を守るのにも必死なのに他人の命まで守らなければいけないなんてと汗が出るアタナシア。 仕方ないなとクロードもようやく同意をしてくれました。 用があったのでは?とのフィリックスの問いにはアタナシアがこんなにも望んでいるのだから少しくらい時間を作ってもいいとクロードはここでもアタナシアを大事に思っているような発言をします。 ほっとしたのもつかの間、アタナシア・クロード・フィリックスがアタナシアの腰に巻いていたリボンのことを気にしていると、そこにアタナシアのリボンを持ったジェニットが現れるのでした。 ある日、お姫様になってしまった件第32話の感想! 今回はクロードのアタナシアへの寵愛ぶりが更に垣間見えるシーンが盛りだくさんでした。 小説では悲劇的な運命に幕を閉じてしまうアタナシアですが、この現実では是非このままクロードに寵愛されていてほしいですね。 最後の最後にジェニットが登場してしまい、クロードと対面してしまいました。 今後がどうなるのかとても不安ですが楽しみです。 このある日、お姫様になってしまった件についてはピッコマやその他媒体で配信されています。 漫画を読んでみたい方は是非下記リンクからピッコマに飛んでくださいね。 書籍でも今時点で3巻まで発売されていますよ。

次の