エーデルガルト 支援会話。 ドロテア=アールノルト (どろてああーるのると)とは【ピクシブ百科事典】

エーデルガルトはやっぱりヒロインだった【FE風花雪月】

エーデルガルト 支援会話

支援C [ハンネマン] さて、午後の予定は……。 今日はただ貴方の話が聞きたくて。 特に面白い話はないと思うがね。 だが我輩は、より良い環境を求めたのだ。 一長一短であろうな。 いつか機会があれば、君に伝えよう。 この部屋に入るのは初めてではないかね。 生徒だった頃は、避けていましたから。 少し気になることはありますが。 今の貴族を貴族たらしめているのは、 紋章をその血脈に繋いでいるという事実。 我輩もすでに貴族ではない。 そう考えているのだね、君は。 我輩は君の思想に強く共感している。 そう簡単には紋章の影響は消えない。 先に謝っておきます。 どうしても納得できなくて。 君は、かろうじて生まれていたな。 だが、我輩は紋章こそが元凶と考えた。 その貴族には焦りもあったのでしょう。 犠牲者は妹一人ではない。 そのようなことを繰り返す貴族が嫌だった。 そして妹は救われる。 残念ながらそれは果たされていないがね。 それ以上は、口にしないで。 ただ前のみを見て、私たちは戦うのです。 だが、これだけは言わせてほしい。 それに、若かった頃の自分自身をも。 我輩は、君のために戦うのだと。 きっと歌劇を見に来てくれたのね。 伯父に連れられて行きました。 マヌエラ殿の歌が。 それは年齢と共に衰え、いつか失われる。 主の存在は、あたくしの心の支えよ。 片づけましょう。 まあいいわ。 きっと。 お気遣い、ありがとうございます。 実は、 貴方の言葉が心に引っ掛かっているのです。 そして同時に、あなたが思うほど弱くない。 未来へ。 あなたらしいと言えばあなたらしいけれど。 あなたよりちょっと長生きしているだけ。 あなただって、あたくしの心の支えよ。 ほら、中に入りましょ、エーデルガルト。

次の

そらのうきぶくろ — ファイアーエムブレム風花雪月を5周した話

エーデルガルト 支援会話

難易度はメニューの環境から変更ができる。 他にも、細かなゲーム設定やオンライン設定などの変更も可能だ。 モードは変えられないので要注意 ゲームモードは2つから選択できる。 戦闘で倒れた仲間も戦闘後に復活する「カジュアルモード」と、死んだ仲間は復活しない「クラシックモード」がある。 ゲームモードは途中で変更不可なので、縛りプレイを楽しみたい人以外はカジュアルを選ぼう。 復活アイテムが存在するかは不明 クラシックモードでのプレイ時は、 原則として死亡した仲間は復活しない。 過去作に存在した「復活の杖」などがあるかは未確認。 縛りプレイの際はキャラロストに極限の注意を払って進めよう。 学級は再選択不可 学級は一度選んだら変更できない 学級は、ゲーム開始後の学級選択画面以降変更することができない。 自分がストーリーを進めたい学級を選んで、クエストを進めよう。 別学級の生徒はスカウトで仲間になる 黒鷲 青獅子 金鹿 例外として、各学級の級長と一部の生徒はスカウトができない。 級長を重視して、どのストーリーを進めるかを決めるのもアリ。 兵種「踊り子」の取得期限 兵種「踊り子」が取得できるのは、白雲の章12月の白鷺杯のみ。 有用な兵種なので見逃さないようにしよう。 支援会話は期間限定のものあり 支援会話には期間限定のものがあり、期間を過ぎると上記画像のように会話自体が見れなくなってしまう。 「会話が見れない=支援レベルが上がらない」なので、以降支援値を上げることもできない。 支援会話は溜め込まず、すぐに発生させよう。 【ネタバレ注意】ルートにより永久離脱キャラあり ルートにより、ストーリーの途中で永久離脱するキャラが存在する。 永久離脱したキャラの装備は失われ、上述の踊り子を取得したキャラの場合は、踊り子も失うことになる。 離脱するキャラは以下で確認しよう。 スカウト条件を満たしている際、あえてスカウトを断るとその散策中でのスカウトができなくなる。 次週以降の散策内で再スカウトが可能なので、スカウトしたい場合は週を進めよう。 バトルは天刻の拍動で巻き戻せる 戦闘中に不利になってしまった場合は、「天刻の拍動」を使用すると、ターンを巻き戻せる。 戦況が悪くなってしまったときは、天刻の拍動でターンを戻し、戦略を練り直そう。 兵種は戦闘開始時に可能 レベルを上げると、上の階級の兵種にクラスチェンジできる。 ただし、毎回の戦闘開始時に、1度取得した兵種はいくらでも変更可能なので、深く悩む必要はない。 ファイアーエムブレム風花雪月のその他攻略記事 FE風花雪月の初心者向け記事.

次の

【ファイアーエムブレム風花雪月】取り返しのつかない要素まとめ【FE風花雪月】

エーデルガルト 支援会話

支援C [ハンネマン] さて、午後の予定は……。 今日はただ貴方の話が聞きたくて。 特に面白い話はないと思うがね。 だが我輩は、より良い環境を求めたのだ。 一長一短であろうな。 いつか機会があれば、君に伝えよう。 この部屋に入るのは初めてではないかね。 生徒だった頃は、避けていましたから。 少し気になることはありますが。 今の貴族を貴族たらしめているのは、 紋章をその血脈に繋いでいるという事実。 我輩もすでに貴族ではない。 そう考えているのだね、君は。 我輩は君の思想に強く共感している。 そう簡単には紋章の影響は消えない。 先に謝っておきます。 どうしても納得できなくて。 君は、かろうじて生まれていたな。 だが、我輩は紋章こそが元凶と考えた。 その貴族には焦りもあったのでしょう。 犠牲者は妹一人ではない。 そのようなことを繰り返す貴族が嫌だった。 そして妹は救われる。 残念ながらそれは果たされていないがね。 それ以上は、口にしないで。 ただ前のみを見て、私たちは戦うのです。 だが、これだけは言わせてほしい。 それに、若かった頃の自分自身をも。 我輩は、君のために戦うのだと。 きっと歌劇を見に来てくれたのね。 伯父に連れられて行きました。 マヌエラ殿の歌が。 それは年齢と共に衰え、いつか失われる。 主の存在は、あたくしの心の支えよ。 片づけましょう。 まあいいわ。 きっと。 お気遣い、ありがとうございます。 実は、 貴方の言葉が心に引っ掛かっているのです。 そして同時に、あなたが思うほど弱くない。 未来へ。 あなたらしいと言えばあなたらしいけれど。 あなたよりちょっと長生きしているだけ。 あなただって、あたくしの心の支えよ。 ほら、中に入りましょ、エーデルガルト。

次の